受発注システム比較10選|クラウド型やパッケージ型など受発注システムを徹底理解!

近年、大手企業のみならず、中小企業においても受発注システムを導入しているところが増えてきています。
受発注システムを導入することで、受注業務や発注業務において作業を効率化することができます。
この記事では受発注システムはどういったシステムなのか、導入におけるメリットや製品を選ぶ際のポイントにはどういったものがあるのかをご紹介します。

更新日:2020.2.28

受発注システムとは?

受発注システムとは?
©THINK A – shutterstock

受発注システムは、商品の受発注業務に伴う在庫管理、取引先管理などの業務を自動化し効率的にサポートしてくれるシステムです。
受発注業務をEDIなどの技術によってオンライン化することで、これまで紙や電話を利用しておこなっていた発注業務や在庫管理などの業務を効率化することができます。
その結果、用紙やFAXのインク代などにかかるコストや、記載ミスのような人的ミスの削減を図ることができます。

受発注システムを導入するメリット

受発注システムを導入するメリット
©Yevhen Tarnavskyi – shutterstock

それでは、受発注システムを実際に導入する際のメリットについて詳しくご紹介します。

受発注業務を効率化できる

FAXや電話などを使ったアナログなやり方で、受発注業務をおこなっている方もいるのではないでしょうか。
取引先に電話で在庫の確認を取ったり、メールやFAXを使って発注伝票を送信していたり、届いた注文を自社独自のシステムに入力し直したりするとなると、多くの時間や工数がかかります。

これらの業務は、受発注システムを導入することで効率化することができます。
また、受発注システムを導入したことで削減された時間を、ほかの業務に充てることができるようになるでしょう。

人的ミスの軽減

受発注業務を手書きやExcelで管理するとなると、聞き間違えて数値を誤ったり打ち間違いをしたりと、人的ミスもしばしば発生します。
受発注システムを導入することで、どこかにミスがあった場合にエラーとして表示されたり、入力ミスや転記ミスといった人的ミスも未然に防いだりすることができます。
受発注情報を可視化することで、これらの人的ミスを減らし、手戻しにかかる工数も削減することができます。

進捗を把握しやすくなり、管理しやすくなる

受発注システムを導入することで、何をどれだけ受発注したかが可視化されると同時にシステム上にそのデータが蓄積されていきます。
そのため、注文の進捗状況や注文履歴を把握しやすくなり、担当者が変わった場合や部門をまたぐ場合であってもスムーズに情報共有を図ることができます。
そのため、業務の効率化が期待されるほか、取引先の満足度も向上するでしょう。

受発注システムの導入前に確認したい注意点

倉庫管理
©Chaay_Tee -shutterstock

ここまでで紹介してきたように、受発注システムを活用することでさまざまなメリットを享受することができます。
しかし、導入に際していくつかの注意点もあるので、本格的に導入を進める前に確認しておくとよいでしょう。

取引先との連携が必要

受発注システムを導入し効果的に運用していくためには、取引先と通信回線やシステムを連携する必要があります。
取引先とデータ連携できなければ、結局これまでどおり電話やメール、FAXでやり取りした受発注をシステムに手入力する必要が生じ、受発注システムを導入する効果を十分に得ることができません。

また、受発注のフローを変更する必要が出てくるかもしれません。
そのため、取引先が利用している受発注システムの確認をしたり、取引先に同意を得たりするなど、あらかじめ連携体制が整っているかどうかを確認しておきましょう。

コストの発生

受発注システムを導入して業務が効率化することで人的コストなどのコストが削減できる反面、利用には導入コストや保守・運用コストなどのコストがある程度かかってきます。
そのため、現在、受発注業務にかかっている人件費や工数などを計算し、システムの導入によって削減できるコストとシステムの導入によって新たに生じるコストを比較して削減できるコストが多いのであれば導入を進めるようにしましょう。

受発注システムを導入する際のポイント

受発注システムを導入する際のポイント
©kasahasa – shutterstock

実際に受発注システムを選ぶ際にはどういったポイントに注目して比較すれば良いのでしょうか。
ここでは受発注システムを選ぶ際の比較ポイントについて詳しく解説していきます。

費用

導入する際にかかるコストをきちんと把握しておきましょう。
高機能な高価なシステムであっても、操作が難しいために現場に定着しないこともあります。

反対に、最低限の機能を備えた安価なシステムでも、自社で使える機能が少なかったりすれば十分な効果が得られず、お金をかけて導入した意味がなくなってしまいます。
まずは、自社が受発注システムを導入することで得たい効果や導入目的を明らかにし、費用対効果の高いシステムを選ぶようにしましょう。

備わっている機能

システムによって搭載されている機能やサービスが異なります。
その点に留意して、自社が必要とする機能を整理し、自社の受発注業務を効率的におこなえる機能を備えたシステムを選定しましょう。

また、受発注システムのなかには、特定の業種や業態に特化したパッケージサービスを提供しているものもあります。
こういったものを参考にすることで、機能の選定においても迷うことなくシステムを活用することができるでしょう。

また、システムによっては販売管理システムや仕入管理システム、購買管理システムの機能の一部として受発注管理がおこなえる場合もあります。
一連の業務を合わせて管理したい場合は、視野を広げて受発注管理機能が備わったほかのシステムを検討してみても良いでしょう。

システムの使いやすさ

システムの操作性もあらかじめ確認しておきましょう。操作が難しいと、実際に活用する現場の方たちが使いこなせず、機能を活かしきることができません。
ほとんどのシステムは、無料トライアルやデモサービスを提供しているので、コスト面や機能面が希望に合うシステムであっても、導入前に一度試してみることをおすすめします。

導入方法

受発注システムの主な導入の方法として、クラウド型、パッケージ型、オープンソース型の3つの形態があり、提供形態によって特徴が異なります。
違いをきちんと確認して自社に合う形態を選ぶとよいでしょう。
以下の表で特徴をまとめたので参考にしてみてください。

提供形態 特徴

クラウド型

インターネット環境でアカウントにログインするなどして利用できるサービス形態。アップデートやバグの修正が自動でおこなわれるため、比較的簡単に運用することができる。

パッケージ型

必要なシステムが備わったパッケージ製品を購入して利用するサービス形態。必要に応じて機能を追加することができ、自社に合わせた運用がおこなえる。

オープンソース型

インターネット上で公開・配布されているソースコードをダウンロードして利用するサービス形態。
自社に合わせて自由にソースコードを改変することができるため、自社に最適なシステムを構築できる。

サポート体制

システムのサポート体制も事前に確認しましょう。法人向けの有料システムであれば一定水準のサポートはついてきますが、細部にわたるサポートについては各メーカーによって異なります。
あらかじめ対応可能な問い合わせ方法(メールや電話など)や受付時間などを、きちんと確認したうえで導入するようにしましょう。

受発注システムに備わっている機能

受発注システムの機能
©Rawpixel.com – shutterstock

受発注システムは、受注側と発注側で利用できる機能が異なります。
ここでは、受注側と発注側のそれぞれの機能についてご紹介します。

受注側で使える機能

受注側で使える機能の詳細は以下のとおりです。

機能 内容

受注管理

受注管理は、顧客からの注文状況を管理できる機能です。注文された商品、価格、数量のほか、今受けている注文に関する進捗状況を確認できます。

在庫管理

在庫数や商品の品質、商品の所在地や棚番号を管理します。

取引先管理

顧客の氏名や住所といった基本情報を登録します。BtoBでの取引の場合は、企業情報や担当者情報を登録します。

商品管理

商品名や商品の仕様、商品コードといった自社が取り扱う商品に関する詳細情報や商品画像を登録します。

伝票出力

受注伝票や領収書など、さまざまな伝票を必要に応じて出力します。

発注側で使える機能

続いて、発注側で利用できる機能の詳細を紹介します。

機能 内容

発注管理

発注状況を一括して管理できる機能です。

発注入力

仕入れたい商品情報をシステムに入力し、発注するための機能です。システム上に発注情報を入力することで受注側が情報を受け取り、発注の処理が進んでいきます。

伝票出力

発注書や注文書など発注に関する伝票を必要に応じて出力します。

在庫管理

自社の在庫を管理します。在庫が減ると自動的に発注処理をおこなってくれるシステムもあります。

取引先管理

取引先の氏名や住所といった基本的な情報を管理します。

無料で使える受発注システム2選比較

ここからは、現在サービスが提供されているシステムについて紹介していきます。
まずは、無料で利用できる受発注システムから紹介します。

COREC

corec
HPより

➤ 公式サイトでチェック

CORECは、ラクーンコマース社が提供しているBtoB企業向け受発注システムです。
無料プランと月額1,980円(受注側)または月額980円(発注側)で利用できるビジネスプランが用意されています。

Web上で簡単に発注書の作成や送信ができるほか、受注側はオリジナルの注文フォームを簡単に作成することができ、自社のホームページ上に掲載することでWebからすぐに受注業務を開始することができます。
また、パソコン、スマホやタブレットなどさまざまなデバイスから操作が可能です。

CO-NECT

CO-NECT
HPより

➤ 公式サイトでチェック

CO-NECTは、CO-NECT社が提供している受発注システムです。発注者側は完全無料で使うことができます。
システムから入力した情報を自動的にFAXやメールに変換して送信することができます。
そのため、取引先ごとに連絡手段を確認して発注をおこなう手間を省くことができます。
また受注者側も初期費用が無料で、アプリなどをダウンロードする必要などがなくブラウザから利用開始することができるので、簡単に導入することができます。

クラウド型の受発注システム4選比較

次に、クラウドの形態で利用できる受発注システムを紹介していきます。
比較的導入が楽でお試しも豊富なので気になるサービスは、一度登録してみても良いかもしれません。

MOS®

mos
HPより

➤ 公式サイトでチェック

MOS®は、アクロスソリューションズ社が提供しており、10万人以上に利用されているBtoB向け受発注システムです。
スマホやタブレットといった限られた画面でも使いやすいよう設計されており、営業の外回り中や倉庫の中にいる際など、場所や時間に捉われず利用することができます。
また、使いやすくシンプルなUIである点も特徴的で、発注者と受注者双方にとって利便性の高い使用感で作り込まれています。

コムチュア株式会社

コムチュア株式会社
HPより

➤ 公式サイトでチェック

コムチュア社は、クラウドやビッグデータを活用したさまざまなソリューションを提供している企業です。
コムチュア社が提供する受発注管理システムは、インターネット環境があればPC、スマートフォン、タブレットなどどんな端末からでも発注業務をおこなうことができます。
このシステムを活用することで、これまで電話、FAX、メール、Excel、紙の書類などバラバラにおこなわれていた受発注内容をシステム上に転記し、一括で管理することができます。

楽楽販売

楽楽販売
HPより

➤ 公式サイトでチェック

働くDBは、ラクス社が提供している受発注システムです。
自社仕様に簡単にカスタマイズをすることができるので、自社の業務プロセスに合うように機能を組み替えることができます。

また、異なる部門であっても、進捗状況や対応状況などを簡単に情報共有することができ、情報確認のための手間と時間を削減することができます。
費用は、利用するユーザ数やデータベースの作成数に応じて変動します。無料トライアルが提供されているので、ほかのシステムと比較検討をする際にご利用ください。

らくうけ~る

らくうけ~る
HPより

➤ 公式サイトでチェック

らくうけ〜るは、JFEエンジニアリング社が提供しているクラウド型受発注システムです。
価格や入荷日の変動がある生鮮品に特化した生鮮品向け機能が搭載されており、生鮮品を取り扱う事業所におすすめの受発注システムです。

月額料金の基本料金は月額20,000円で、そのほか申し込んだサービス内容によってオプション料金が追加されます。
無料トライアルを利用することができるので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

パッケージ型で提供されている受発注管理が可能なシステム2選比較

アラジンEC

アラジンEC
HPより

➤ 公式サイトでチェック

アラジンECは、アイル社が提供している受発注システムです。
基本パッケージをはじめとして、多くの企業に導入されてきた実績をもとに、アパレルや医療など業種特化型のパッケージを提供しています。

独自システムとの連携やオプション機能の追加など、自社に合わせて柔軟にシステム構築をおこなうことが可能です。
また、サポート体制が充実しており、システム操作がわからない、トラブルが起きた、という場合でも安心です。

e受発注

e受発注
HPより

➤ 公式サイトでチェック

e受発注は、コスモスネットワーク社が提供するBtoBに特化したWeb受発注システムです。
サイト画面は自社CIに合わせてデザインすることができ、新商品告知ページの設置、顧客別の商品・価格表示、デジタルカタログとの連携など、必要に応じて機能を追加することができます。
また、在庫は数量情報だけでなく、商品の適正に合わせて「多い・少ない」、「◯・△・✕」、「上・中・下旬」などといった指標に書き換えて管理することができます。

オープンソース型の受発注管理が可能なシステム2選比較

最後に、オープンソース型の受発注管理システムを紹介します。
自社に合わせて自由なカスタマイズがおこなえるので、自社の運用に合わせたシステム構築がしたい方におすすめです。

SalesCube

SalesCube
HPより

➤ 公式サイトでチェック

SalesCubeは、システムクレイス社が提供するオープンソース型の販売管理システムです。
データベースはMySQL、開発言語はJavaを使用しており、JavaやMySQLを使いこなすことができれば、自由にカスタマイズをおこなうことができます。
また、カスタマイズをおこなわなくても販売管理システムに必要な「受注」「発注」「請求」「支払」「在庫管理」機能をそれぞれ標準機能として備えているため、十分活用することができます。

Compire

Compire
HPより

➤ 公式サイトでチェック

Compireは、コンピエールジャパン社が提供する中小企業向けのオープンソースERPです。
無料でオープンソースをインストールして利用することができるため、導入費用が掛かりません。
また、システムの稼働中でも画面や項目の追加を自由におこなうことができ、自由度高くシステムをカスタマイズできます。
さらに、グローバル対応しており、言語や通貨、税率、原価計算、会計基準は複数の国に対応しています。

受発注業務を効率化して生産性向上へ

煩雑な受発注業務を効率化させるため、受発注システムを導入して生産性向上を目指してみてはいかがでしょうか。
また、受発注業務のみならず、生産管理や販売管理などの業務を一元的に管理したい場合には、基幹系業務を統合するITツールであるERPをおすすめします。
ぜひ受発注システムと合わせてチェックしてみてください。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー