仕入管理システム6選を紹介|メリットや導入を検討すべきタイミングもチェック

みなさんの中には、仕入伝票の登録や修正、発注漏れの確認、納品書の確認などの仕入業務に、負担を感じている人もいるのではないでしょうか?
もし、仕入業務の負担が増えてしまうと、その仕入業務を管理するコストが余分にかかってしまいます。
そのため、仕入業務を円滑に進めることは重要といえるでしょう。
今回は、仕入業務の負担を減らすことができる仕入管理システムを紹介します。

仕入管理システムとは?

仕入管理システムとは
©panuwat phimpha – shutterstock

仕入管理システムとは、仕入先から届いた商品・部品の検品や仕訳入力などの仕入確定処理をサポートしてくれるシステムのことです。
この仕入管理システムを活用することで、仕入情報をまとめて管理することができます。
また、近年ではクラウド型の仕入管理システムが登場し、インターネットの環境さえあれば、スマホやタブレットで簡単にシステムにアクセスすることができます。

このように利便性が向上した結果、業務の効率化を図ることができ、業務コストを削減することができます。

仕入管理システムのメリット

仕入管理システムのメリット
©one photo – shutterstock

ここでは、仕入管理システムの具体的なメリットを紹介します。
仕入管理システムの導入を検討するうえで、ぜひ参考にしてみてください。

仕入管理システムのメリット①:業務時間と人的コストの軽減ができる

仕入管理システムは、拠点ごとのばらばらな仕入情報を一元管理することができます。
そのため、各拠点間の仕入情報の確認作業やほかの拠点とのやり取りなどの業務を軽減することが可能です。
その結果、作業負担を軽減することができ、今までよりも業務時間や人的コストを減らすことにつながります。

仕入管理システムのメリット②:業務の属人化を減らすことができる

これまでは、担当者ごとに紙やExcelで仕入情報を管理していたことが多く、業務の属人化が起きていました。
しかし、仕入管理システムを導入することで、発注業務から仕入管理までの一連の流れをシステム内で一括管理することができます。
そうすることで、属人的な業務を減らし、発注から仕入までの管理を誰でもスムーズにおこなうことが可能です。

仕入管理システムのメリット③:人為的なミスを減らすことができる

これまでは、紙やExcelで仕入情報を管理していたため、記入ミスや発注数の間違いなどの、人為的ミスが起こっていました。
しかし、仕入管理システムを導入することで、在庫数や必要な商品数を一元で管理することが可能です。
そのため、数値の転記ミスを防いだり、必要以上の数を発注したりするのを防ぐことができます。

仕入管理システムの導入を検討すべきとき

仕入管理システムの導入を検討すべきとき
©Zapp2Photo – shutterstock

次に仕入管理システムの導入を検討すべきタイミングを紹介します。
以下で挙げるような問題に思い当たることがあれば、仕入管理システムを導入するべきかもしれません。

仕入管理システムの導入を検討すべきとき①:在庫数を把握できていないとき

仕入管理に関してよくある問題は、今どれだけの在庫があるのかを把握できていないことです。
その結果、必要以上の数を発注したり、発注数が足りなかったりといった事態が起こります。
このような問題を感じている場合は、仕入管理システムを活用して、常に正確な在庫数を把握するようにしましょう。

仕入管理システムの導入を検討すべきとき②:発注ミスや仕訳入力のミスがあるとき

仕入管理をおこなっていると、担当者のミスで必要以上の数を発注してしまったり、不必要な在庫を抱えてしまったりすることがあります。
もし、こういったことが何回も起こっているのであれば、仕入管理システムを導入して、管理方法を見直す必要があります。

仕入管理システムの導入を検討すべきとき③:仕入管理のフローが大変なとき

仕入管理を複雑なルールでおこなっていたり、属人化された管理をしたりしている場合は、導入を検討しましょう。
仕入管理システムを導入すれば、担当者が入れ替わってもスムーズに業務を進められる管理フローを設計することができます。

仕入管理システム6選

仕入管理システム6選
©Alexander Kirch – shutterstock

最後に仕入管理システムを6つ紹介します。
自社に合うシステムを見つけてみてください。

仕入管理システム①:ALL-IN

ALL-IN
HPより

➤ 公式サイトでチェック

ALL-INは、経営に必要なあらゆる機能を1つのシステムに凝縮したクラウドサービスです。
そのなかに販売・仕入・在庫管理システムの機能が備わっていて、見積から請求作業までを管理することができます。
また、商品名で検索をかけることができるため、商品コ-ドを覚える必要がありません。そのため、商品コードがわからずコードを調べるといった手間を省くことができます。

仕入管理も含めて、販売業務全体の効率化を実現したい企業におすすめのシステムです。

プラン 課金形態 初期費用 月額費用 無料トライアル

ユーザー数

100,000円

基本料金:50,000円
サポート料金:20,000円
(追加ユーザー料金:1ユーザー3,000円)

仕入管理システム②:販売王(販売・仕入・在庫)

販売王
HPより

➤ 公式サイトでチェック

販売王は、充実したサポート体制が特徴の仕入管理システムで、初めて仕入管理システムを活用する人でも安心して導入することができます。
専属オペレーターによる電話サポートに加え、問い合わせ内容のデータベース化により、前回の質問の続きを相談されても迅速に対応することが可能です。
また、柔軟できめ細やかな商品管理をすることができ、売価・原価・区分などのさまざまな詳細情報を登録することができます。

プラン 課金形態 初期費用 月額費用 無料トライアル

60,000円

30日間

仕入管理システム③:蔵奉行10

蔵奉行
HPより

➤ 公式サイトでチェック

蔵奉行10は、調達から購買業務までの一連のプロセスを効率化することができ、コスト管理と業務量の削減を可能にする仕入管理システムです。
細かな商品管理に対応していて、商品だけではなく材料・部品・備品などの登録もすることができます。
堅牢なセキュリティ機能が特徴で、利用者ごとに権限を設定できたり、ログ管理機能で処理履歴を確認できたりするので、データの改ざんや不正処理を防ぐことができます。

多くのデータを扱い、強固なセキュリティを実現したい企業におすすめのシステムです。

プラン 課金形態 初期費用 月額費用 無料トライアル

スタンドアロン

220,000円〜

問い合わせ

仕入管理システム④:flam

flam
HPより

➤ 公式サイトでチェック

flamは、導入費用と維持管理費用が抑えられており、低コストで利用することができる仕入管理システムです。
スタンダードプランであれば、1日300円という低コストで運用することができます。低コストながら使いやすいUIが特徴で、ストレスなくスピーディーに操作をすることが可能です。
また、集計や検索、出力の処理スピードが早いため、業務上のロスタイムを減らすことができます。

システムの使いやすさとスピーディーな処理を重視する企業におすすめのシステムです。

プラン 課金形態 初期費用 月額費用 無料トライアル

スタンダード

ユーザー数

0円

9,300円

30日間

プロフェッショナル

ユーザー数

0円

19,800円

30日間

プレミアム

ユーザー数

0円

49,800円

30日間

仕入管理システム⑤:EX/EX-Slim販売管理システム

EX/EX-Slim販売管理システム
HPより

➤ 公式サイトでチェック

EX/EX-Slim販売管理システムは、発注から仕入までのデータ接続ができる仕入管理機能を搭載した販売管理システムです。
仕入や支払いデータを入力することで、買掛残高の管理から支払い予定の管理までおこなうことができます。
ビルドアップ方式で、あとから必要な業務を導入して連動できるのが特徴で、自社に合わせた運用を実現することが可能です。そのうえで、在庫業務に接続することで、商品の在庫を把握することができます。

柔軟な仕入業務を実現したい企業におすすめのシステムです。

プラン 課金形態 初期費用 月額費用 無料トライアル

仕入管理システム⑥:Aladdin Office

Aladdin Office
HPより

➤ 公式サイトでチェック

Aladdin Officeは、直接販売から運用、保守までを一貫しておこなっていて、5,000社を越える導入実績を誇る販売・在庫管理のパッケージシステムです。
原価管理・案件管理・収支管理を1つのシステムで管理することができ、管理の属人化を防ぎ、事業全体を見渡した管理が可能です。
また、柔軟性という点においても優れていて、あらゆる業種・業態で導入することができ、カスタマイズで必要な機能だけを追加できることもできます。

プラン 課金形態 初期費用 月額費用 無料トライアル

仕入管理システムを導入してあらゆる業務を一元管理しよう

仕入業務は、仕入情報の登録ミスや発注ミスなどが起こりやすく、無駄が生まれやすいです。
仕入管理システムを導入することで、これらのミスを改善し、発注から仕入までを正確に管理することができます。
そうすることで、業務効率の向上はもちろん、全社的な業務改善へとつなげることができます。

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします