無料版クラウド型CRM8選|押さえておきたいポイントも紹介

顧客と良好な関係を構築するためのツールである、CRM。ここでは無料で使えるクラウド型のCRMを紹介します。
機能や対応顧客数などに制限はあるものの、一度CRMを試してみたい、予算がまだ使えないといった方にはおすすめのものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。
また、有料版へ移行しやすいCRMも紹介しているので、今後事業が成長した後に移行したいといった方も必見です。

更新日:2019.11.26

クラウド型CRMとは

クラウド型CRMとは
©one photo – shutterstock

CRMとは、Customer Relationship Managementの頭文字をとったもので、「顧客関係管理」や「顧客管理」と呼ばれます。
顧客との良好な関係を築くための活動や仕組みを実現するツールのことを指し、Webマーケティングを効率よく推し進めるうえでは欠かせないツールです。

顧客の購入履歴、接触頻度などを適切に管理することができるため、顧客関係の構築に向けた戦略的なアプローチをとることができるようになります。
また、近年はクラウド型CRMも広く提供されており、導入・運用コストをそれほど多くかけずにCRMを活用することができるようになっています。

無料で使えるクラウド型CRMとは

無料で使えるクラウド型CRM

クラウド型CRMの中には無料で使えたり、無料トライアルで試せたりするものもあります。
有料版のものと比べて使える機能に制限があったり、登録できる顧客数に制限があったりするので、まだ事業がそれほど大きくない場合や、使える予算に限りがある場合などにはおすすめです。

オープンソース型CRM

オープンソース型CRMとは、ソースコードが公開されているCRMのことを指します。
オープンソース型CRMの場合、ソースコードが無料で公開されていることが多いので、自社で開発したりカスタマイズしたりすることができるリソースがあるのであれば、コストをかけずに手軽に導入することができます。

無料で使えるクラウド型CRM

ここでは、無料で使えるクラウド型CRMを紹介します。
機能や容量に制限があることもありますが、使ったことのない方は一度試してみてもいいかもしれません。

Zoho CRM

ZohoCRM
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • メールや電話、SNS、チャットなどの情報を一元管理でき、数多くの機能が搭載されているクラウド型CRM
  • 無料版プランでは、3ユーザーまで無料で活用することが可能
  • メールがいつ配信されたか、そのメールが開封されたか、いつ読まれたかなどを知ることができ、メルマガ分析機能が豊富

プラン

初期費用

料金

データ量

無料版

なし

0円

5,000件

スダンダード

なし

月額1,400円/ユーザー

100,000件

プロフェッショナル

なし

月額2,400円/ユーザー

無制限

エンタープライズ

なし

月額4,200円/ユーザー

無制限

アルティメット

なし

月額12,000円/ユーザー

無制限

Ambassador Relations Tool

Ambassodor Realtions Tool
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • CRM、MA双方の機能が搭載されており、顧客情報を一元管理しつつ効率の良いアプローチができる
  • 一部機能を除く、ほとんどの機能を無料で活用することができる
  • NPSを計測するメールを定期的に実施でき、効果的なアンバサダーマーケティングを実施することができる

プラン

初期費用

料金

データ量

無料版

なし

0円

~10,000人

クラウドプラン

なし

月額26,800円

~30,000人

クラウドBプラン

なし

月額100,000円

~100,000人

Flex CRM

flex
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • CRMだけでなく、SFA、MAなどの機能も活用できる
  • 業種や業態別のテンプレートが用意されているため、自社に合った形で運用することが可能
  • アプリでも利用することができ、業務効率の向上に役立てることができる

プラン

初期費用

料金

データ量

無料版

なし

0円

有料版

なし

問い合わせ

Fullfree

fullfree
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 無料で活用することができ、かつ自由にカスタマイズもできるクラウド型CRMシステム
  • CTI連携機能が搭載されており、問い合わせの電話とともに注文履歴や顧客情報を確認することが可能
  • Gmailなどのほかのシステムとも連携することが可能

プラン

初期費用

料金

データ量

Fullfree

なし

0円

~3,000人

Fullfree PRO

なし

8,000円

~100,000人

無料トライアルで試せるクラウド型CRM

ここでは無料トライアルで活用できるクラウド型CRMを紹介します。

Salesforce

salesforce
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 高い業界シェアを誇るクラウド型CRM
  • 見込み顧客の開拓から新規顧客の獲得、商談成約、マーケティングなどさまざまな分野で活用することができる
  • SFAやMAなど、ほかのツールも提供しており、連携して成果の向上に役立てることができる
プラン 初期費用 料金 データ量 無料トライアル

問い合わせ

問い合わせ

問い合わせ

問い合わせ

あり

ちきゅう

ちきゅう
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 蓄積したデータをグラフで可視化することができ、直感的に把握しやすい
  • 商談に関する情報を蓄積して、売上予測をすることができる
  • チャット機能も搭載されており、自由にディスカッションすることができる
プラン 初期費用 料金 データ量 無料トライアル

ライト

なし

月額1,480円

30日間

スタンダード

なし

月額2,480円

30日間

プロ

なし

月額4,480円

30日間

無料で使えるオープンソース型CRM

ここでは無料で活用できるオープンソース型のCRMを紹介します。
自社社員のITリテラシーがある程度高い場合は、オープンソース型を検討してもいいかもしれません。

F-RevoCRM

frevocrm
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 無料でダウンロードできる、オープンソース型のCRM
  • 自社で構築・運用できない場合は、有償で構築運用代行もおこなっている
  • 営業支援・保守サポート・販売管理機能などさまざまな機能が揃っている
プラン 初期費用 料金 データ量

なし

0円

vtiger

vtiger
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 15日間の無料トライアル期間が設けられているため、自社業務に組み込みやすいかどうかを判断することができる
  • マーケティング、販売、カスタマーサポートなどさまざまな分野で活用できる
  • オープンソース型ではあるものの、操作しやすくカスタマイズ性の高いCRM
プラン 初期費用 料金 データ量

Starter

月額42ドル/1ユーザー

Professional

月額28ドル/1ユーザー

Enterprise

月額14ドル/1ユーザー

無料で使えるクラウド型CRMを選ぶ際に押さえておきたいポイント

無料で使えるクラウド型CRMを選ぶ際に押さえておきたいポイント
©one photo – shutterstock

ここでは、無料で使えるクラウド型CRMを選ぶ際に押さえておきたいポイントを紹介します。
自社に合ったクラウド型CRMを活用するために、選定段階で以下の点を整理しておきましょう。

無料で使える機能

CRMには、顧客との良好な関係を構築するためのさまざまな機能が搭載されていますが、無料版だとすべての機能が使えず、制限されていることがよくあります。
したがって、どんな機能を活用できて、どんな機能を活用できないのかをあらかじめ把握しておきましょう。

容量

無料で使えるCRMのなかには、取扱可能なデータ容量がそれほど多くないものもあります。
データ容量が少ないと、顧客データや取引データなどのデータを保存できる量も減ってしまうので、CRMの効果を活かしきることができません。
そのため、あらかじめ保存可能な容量を把握したうえで、選定するようにしましょう。

有料版への移行のしやすさ

無料のCRMを活用しながら、そのうち事業が成長したら有料版CRMに移行したいという方もいるかもしれません。
サービスによって、無料版CRMから有料版CRMへの移行のしやすさが異なるので、事業を成長させて多くの売上を見込める可能性がある場合は、有料版CRMへの移行のしやすさもあらかじめ把握しておきましょう。

サポート体制

CRMを活用するうえで、何か不明点や疑問点が生まれることもあるでしょう。
そんな時に電話で問い合わせることができるのか、メールで問い合わせることができるのかなど、サポート体制を把握しておきましょう。
もし自社にITリテラシーの高い社員がいない場合は手厚いサポート体制を敷いているCRMツールを選定した方がいいかもしれません。

無料のクラウド型CRMを活用して、顧客とよりよい関係を

CRMを活用することで、これまで以上に顧客とよりよい関係を保つための施策を打ち出すことができるようになります。
そのため、一度無料で活用できるクラウド型CRMを活用して、自社に合ったCRMはどんなものなのか、探してみてもいいかもしれません。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー