営業における案件管理とは?Excelよりも効率的!案件管理できるシステム3選も

営業の案件管理は、営業活動の生産性向上のために欠かせません。
Excelで案件管理をおこなっている企業もあるかと思いますが、手入力する部分も多く、データを更新するたびに大幅な時間を取られてしまうでしょう。
今回は効率的な案件管理の方法やSFAで案件管理をおこなうメリット、おすすめの案件管理システムについて紹介していきます。

そもそも案件管理とは?

営業活動における案件とは、自社と取引先の間で発生した商談のことを指します。そして、その案件を受注まで結びつけれるよう、情報を適切に管理することを案件管理といいます。
適切に案件管理をおこなうことで、売上見込みや商談スケジュール、営業の進捗状況を適切に把握することができます。具体的なアクションを把握するための案件管理は、効率的な営業活動をするうえで欠かせないプロセスです。

案件管理をおこなう方法

営業における案件管理とは?Excelよりも効率的!案件管理できるシステム3選も
©VectorHot- shutterstock

ここでは、案件管理をおこなう方法として、ExcelとSFAの2種類を紹介します。
まずは、それぞれの特徴や機能について理解しておきましょう。

案件管理をおこなう方法①:Excel

案件管理をおこなう方法の1つにExcelが挙げられます。
Excelには多様な機能が備え付けられているため、表作成や計算など細かな数字管理をおこなう際に役立ちます。案件リストや集計・レポートを作成しやすいこともメリットです。
しかし、Excelはあくまで表計算ソフトであり、業務管理に特化したツールではありません。手作業での入力が必要な場面も多く、取引先が増えるにつれて業務負担が大きくなるというデメリットがあります。また、進捗状況や商談漏れなどの人的ミスも起こりやすいため、こまめなデータ更新が必要です。

案件管理をおこなう方法②:SFA

SFAとは、Sales Force Automationの略称で、営業支援システムとも呼ばれるツールです。
機能の1つに「案件管理機能」があり、商談日や取引先、進捗状況、受注具合、履歴などを一元管理できます。そしてリアルタイムで組織内で共有することができます。
Excel管理で生じていた手間も減るため、営業活動の生産性アップが期待できます。

関連記事:SFAとは?導入前に知っておきたい8つのメリットと5つのポイント

SFAで案件管理をおこなうメリット

営業における案件管理とは?Excelよりも効率的!案件管理できるシステム3選も
©nd3000- shutterstock

案件管理においてExcelは導入しやすいツールですが、作業効率に限界を感じている企業の方も多いのではないでしょうか。
ここでは、案件管理をSFAでおこなった際のメリットについて紹介します。

案件の可視化により、リアルタイムで情報共有ができる

SFAを導入することで、営業担当ごとにばらばらになっていた情報を一元管理できます。
訪問回数や商談日などが視覚化され、日々の業務も把握しやすくなるでしょう。
また、データは自動更新されるため手入力の必要がなく、情報はリアルタイムで共有が可能です。
営業の進捗状況や受注見込みなどを確認して、マネージャーからメンバーへの進捗管理の指導に役立てることもできます。

業務効率が上がる

SFAでは、案件ごとに顧客や取引先情報などを紐付けて管理することができたり、検索機能を活用して瞬時に必要な情報を抽出できたりします。
また、商談内容や失敗要因などの情報を営業活動のナレッジとしてシステム内に蓄積することで、次回以降の営業活動でより効果的な戦略を打つことができます。
そのため、SFAは営業活動の効率化を図れると同時に企業全体の営業力を高めることができます。

引継ぎが容易におこなえる

営業担当は会社の顔として取引先と何度もコミュニケーションをとります。したがって、属人的な関係になりやすく、営業担当の引継ぎ時に情報不足で取引先を不快にさせてしまうこともあるかもしれません。
しかし、SFAを利用すると情報共有も容易になるため、前任者がどんなコミュニケーションを取ってきたか、取引先がどんな悩みを抱えているかなどを履歴で把握することができます。したがって、引き継ぎ業務をスムーズに進めることができます。

案件管理ができるシステム3選

ここでは、案件管理ができるシステムを3つ紹介します。
機能や特徴などを比較して、自社に適したシステムを選ぶようにしましょう。

案件管理ができるシステム①:eセールスマネージャーRemix Cloud

アプリ対応しているSFA6選を紹介|営業活動の効率性をさらに高めるために
HPより

➤ 公式サイトでチェック

ソフトブレーン社が運営しているeセールスマネージャーRemix Cloudは、5,000社を超える企業で活用されています。営業支援からマーケティング、分析までおこなえるこのシステムは、案件管理だけでなく営業活動全体を効率化させたい方におすすめです。
日本の営業スタイルに適した純国産のCRM・SFAシステムとして大手企業から中小企業までさまざまな業界業種から支持されています。

案件管理ができるシステム②:ネクストSFA

アプリ対応しているSFA6選を紹介|営業活動の効率性をさらに高めるために
HPより

➤ 公式サイトでチェック

営業活動の効率化に特化したネクストSFAは、ジオコード社が運営するSFAシステムです。
リードソース管理から案件管理までの情報を一元化できる点が特徴です。
クラウド型のシステムのため、端末さえあればどこにいても情報をリアルタイムに確認を確認することができ、効率的に時間を使えます。
サポート体制としてはメールや電話、WEB会議で対応をしており、回数無制限で利用することができます。無料トライアルも用意されているため、SFAを導入したことがない企業も安心して取り入れることができるでしょう。

案件管理ができるシステム③:働くDB

営業における案件管理とは?Excelよりも効率的!案件管理できるシステム3選も
HPより

➤ 公式サイトでチェック

働くDBは、ラクス社が運営しているクラウド型業務システム構築ツールです。このような業務システム構築ツールを利用して案件管理システムを構築するという方法もあります。
また、項目を自由に組み合わせることができる高いカスタマイズ性で、自社に最適なフロー構築を実現することができます。

案件管理システムを導入して、営業活動をもっと効率的に

営業の効率化を図るためには、適切な案件管理が必要です。
案件を可視化し、情報を共有する案件管理システムでは、営業活動のナレッジが蓄積されるため、組織全体で業務効率を高めることができます。スケジュール管理も容易になることで余計な作業に時間を費やすこともなく、業務の負担も軽くなることでしょう。
ぜひ自社に合ったシステムを導入して、営業活動の生産性向上に努めてみてください。

関連記事:SFA38選比較【2019年最新版】|SFAを選ぶ際の5つのポイントとは?

関連記事:無料で使えるSFA10選を比較|SFAを本格導入する前に試してみよう

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします