中小企業でシェアの高いERP3つを紹介!ERPのメリットや導入時の注意点とは?

ERPは中小企業の業務を効率化し、限られた人員で会社を運営していくために役立ちます。人手不足が深刻化しているなかで、これまでERPに馴染みのなかった中小企業でも活用を検討する機会が増えてきているのではないでしょうか。
今回は、中小企業がERPを導入するメリットや中小企業でシェアの高いERPを紹介します。ぜひ、ERPの導入を考える際の参考にしてみてください。

ERPとは?

ERPとは?
©Wright Studio – shutterstock

ERP(Enterprise Resource Planning)とは、企業内のヒト・モノ・カネ・情報の動きを管理して可視化することができる基幹業務システムのことです。
ERPによって、企業内の顧客情報や会計情報、人事情報などが一元管理されることで、業務の効率化や経営効率の向上を図ることができます。

ERPについてより詳しく知りたい方は以下の記事も合わせてご覧ください。

関連記事:【かんたん図解】ERPとは?ERPシステムを導入するメリットを解説

ERPを中小企業で導入するメリットとは?

ERPを中小企業で導入するメリットとは?
©adriaticfoto – shutterstock

ERPの活用メリットはさまざまありますが、ここでは中小企業でERPを導入するメリットを3点紹介します。

情報の一元管理ができる

中小企業のなかには、部門ごとにシステムが異なったり、手作業とシステムの部分が混同したりして、組織全体での情報統合に課題を抱えている中小業企業も多いでしょう。
このような状況下では、重複入力や入力間違いといったミスも生じがちです。

また、必要な情報を探す際に他部署に問い合わせる必要があるなどといった手間もかかってしまいます。
しかし、ERPを導入すれば、ばらばらだった全社の情報を統合することができます。そうすることで、簡単に情報を共有できたり、必要な情報を素早く抽出できたりするため、業務の効率化に期待ができます。

中小企業が抱える人手不足の解消につながる

労働力人口の減少に伴い、人手不足は深刻化しています。
「採用がうまく進まない・・・」といった悩みを抱えている中小企業も多いのではないでしょうか。
ERPによって業務効率化を図れば、これまで従業員がデータの入力や分析に割いていた時間を削減することができ、それぞれがコア業務に集中できるようになります。
その結果、1人当たりの生産性が向上し、人手不足による企業の課題を軽減することができるでしょう。

素早い経営判断をサポートしてくれる

経営判断をする際には多くの情報が必要です。
ERPを導入すれば情報が一元管理されるため、全社の情報が素早く手に入ります。また、多くのERPには経営分析機能が搭載されており、スピード感のある経営判断が可能になります。

ERPを中小企業で導入する際に注意しておきたい点とは?

ERPを中小企業で導入する際に注意しておきたい点とは?
©Monkey Business Images – shutterstock

新しいシステムを導入するには困難が伴うこともあります。
ここでは、中小企業で実際にERPを導入することになった場合に注意しておきたい点を紹介します。

自社の運用状況に適合しない場合もある

多くのERPは一般的な企業の運用状況に合わせて、システム設計されています。
しかし、中小企業のなかには独自の業務フローや情報管理をおこなっている企業もあるでしょう。
そういった場合、自社の運用状況にERPシステムが適合しないといった事態も考えられます。

このような中小企業でERPを導入する場合は、中小企業向けのカスタマイズ性や拡張性が高いERPが適しています。
そうすることで、自社の運用状況に合うシステムを設計することで活用が容易になるでしょう。

実際にERPを使う現場の従業員の理解を得る必要がある

実際に、ERPシステムを運用するのは現場の従業員です。
そのため、現場の従業員にはERPの導入に対して理解を得る必要があります。
また合わせて、システムの使い方もしっかり周知することが大切です。

導入・運用費用が自社にとって現実的か検討する

ERPは会社全体の情報を統合するシステムです。
全社に関わる多くの情報を一元管理するため、費用も高額であることが多いです。
しかし、中小企業は大手企業よりもシステム導入のための予算確保が難しい場合もあるでしょう。
そのため、初期費用や導入後のアップデート、保守でかかる運用費用の見積もりをきちんとおこない、予算の範囲で継続的な運用が可能かどうかを検討する必要があります。

中小企業でシェアの高いERPシステム3つ

中小企業ではどのようなERPシステムが利用されているのでしょうか?
ここでは、IT専門の調査会社であるIDC社が発表した「2018年国内EMP市場シェア」の上位3サービスを紹介しています。
IDC社はEMP市場を財務、人事管理、給与計算、販売管理、購買管理、EPM、EAM、PPMといった8つの機能市場と定義しており、これは一般的にERPと呼ばれます。

SAP Business One

SAP Business One
HPより

➤ 公式サイトでチェック

SAP Business Oneは世界的なERPシェアを誇るSAP社が運営する中小企業向けERPです。
特に、企業の成長に応じたソフトウェアの拡張が可能なため、中小企業のビジネス管理能力を強化することができます。
また、ネットワーク環境とPCがあれば導入することができるので、環境整備のコストを大幅にカットできます。
加えて、最短3カ月といったスピーディーな導入が可能です。

GLOVIA きらら

GLOVIA きらら
HPより

➤ 公式サイトでチェック

GLOVIAきららは、富士通社が運営する中小企業向けERPです。
販売管理、会計、人事給与を中心に展開しており、そのうちの1種類だけの利用や2種類以上を組み合わせた利用など企業の業務状況に合わせた運用が可能です。
また、パッケージ版で提供されている高機能のサービスをクラウド版によって比較的低コストで運用することもできます。
クラウド版の月額基本料金は販売管理が15,000円、会計が15,000円、人事給与が12,000円となっています。

OBIC7

OBIC7
HPより

➤ 公式サイトでチェック

OBIC7はオービック社が提供する、累計20,000社を超える企業に導入実績のあるERPソリューションです。
会計システムを中心に、人事、給与、就業、販売、生産などさまざまな基幹システムとの連携が可能になっており、社内の幅広い経営情報を一元管理することができます。
また、製造業、建設工事業、不動産関連業、金融関連業、卸・物流業、小売・サービス業といった業界に特化したサービスも用意されており、自社の業種や業界に合わせた運用をしていくことも可能です。
さらに、自社の希望する運用に合わせてソフトウェアでの導入かクラウドでの導入化を選ぶこともできます。

ERPを活用して業務を効率化しよう!

ERPを活用することでさまざまなメリットが得られます。
中小企業向けERPも多く存在するため、独自の商習慣や予算の制限があったとしてもきっと適切なシステムが見つかるでしょう。
業務効率化に大きく貢献してくれるので、ぜひ自社に合うものを検討して活用してみてください。

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします