大手企業向けのSFA比較9選|SFA導入メリットや選ぶ際のポイントつき

SFAを導入することで営業部門の業務効率向上や負担軽減に期待ができます。そんなSFAの導入を考えている企業も多いのではないでしょうか。
SFAを導入する際にはいくつか押さえておくべきポイントがありますが、なかでも自社の企業規模に合ったSFAを選ぶことは大切です。
そこで今回は、大手企業向けのSFAについて紹介します。

SFAとは?

大手企業向けのSFA比較9選|SFA導入メリットや選ぶ際のポイントつき
©metamorworks – shutterstock

そもそも一般的にSFAはどのような機能を備えているのでしょうか。また、導入することでどのようなメリットがあるのでしょうか。
まずは、SFAについて機能やメリットを紹介していきます。

そもそもSFAとは?

SFAとはSales Force Automationの略で、「営業支援システム」と呼ばれています。
顧客情報や営業活動の履歴、営業担当者の行動、ナレッジなど営業活動に必要な情報をシステム内で一元管理することができ、組織内にリアルタイムで共有をすることができます。

SFAの機能

基本的な顧客情報の管理はもちろん、顧客ごとの過去の商談履歴、商談の進捗状況、受注確度といった商談管理が可能です。
また、営業担当別や期間別など項目ごとに売上実績を管理することで、分析が容易になり売上予測が立てやすくなります。見積書や請求書の作成といった面倒な作業もシステム内で対応できるため、業務効率を向上させることができます。

SFAの導入メリット

SFAを導入する最大のメリットは、情報を一元管理できることです。情報を一元管理することで企業内での情報の共有が容易になり、従来の情報共有にかかっていた手間を大幅に省くことができます。

また蓄積されたデータを活用することで、顧客の傾向を把握でき、より効果的な営業活動をおこなうことができます。合わせて、営業活動におけるナレッジの共有もしやすくなり、組織のスキル向上に期待ができます。

関連記事:SFAとは?導入前に知っておきたい8つのメリットと5つのポイント

大手企業がSFAを選ぶ際のポイント

大手企業向けのSFA比較9選|SFA導入メリットや選ぶ際のポイントつき
©metamorworks – shutterstock

拠点をたくさん持つ企業や従業員が多い企業ほど情報が行き届きにくく、営業担当のスキルにもばらつきが生じやすいでしょう。
そのため、会社規模が大きければ大きいほど、情報の一元管理をし、可視化することが重要です。
それらを踏まえたうえで、大手企業がSFAを選ぶ際のポイントを3つに分けて紹介します。

SFAの導入目的を明らかにする

新しいシステム・設備を導入する際は事前に自社の課題を洗い出し、何のために導入するのかという点を明確にしておくことが重要です。これはSFAを導入する際も同様です。

企業がSFAを導入する際には、「各拠点の連携や情報共有を容易にしたい」「営業担当のスキルのばらつきを改善したい」などさまざまな課題があるでしょう。そういった課題の解決にもっとも適したSFAを選ぶことが大切です。

機能の多さ・カスタマイズ性に注目する

特に大手企業の場合、多くの従業員がSFAを利用することになるでしょう。部門ごとに必要な機能が異なるため、各部門で必要な機能がSFAに備えられているかという点を十分に確認する必要があります。
また、導入後も社内で挙がる要望に対応できるよう、カスタマイズ性に優れたSFAを選ぶことも大切といえるでしょう。

使いやすさ・見やすさを重視する

従業員の人数が多ければ、SFAの利用人数も多くなります。そのため、どんな人にとっても使いやすく見やすいシステムである必要があります。使いやすさを確認するためには、導入前に必ず無料トライアルやデモを試してみて、使用感をチェックすると良いでしょう。

また、SFAをもっとも使用するであろう営業担当は、顧客対応で外出することが多いです。そういった状況も考慮し、社外でもSFAを利用できるようにモバイル対応をしているか、クラウド型なのかど・うかといった点も確認項目に入れておく必要もあります。

大手企業が活用できるSFA9選

ここからは、大手企業向けのSFAを9個紹介していきます。自社の企業規模、営業形態に適したSFAを選びましょう。

大手企業が活用できるSFA①:eセールスマネージャーRemix Cloud

アプリ対応しているSFA6選を紹介|営業活動の効率性をさらに高めるために
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 純国産のSFAのため、日本の「顔を見せる」「足で稼ぐ」といった日本の営業スタイルに合わせて開発されている
  • 専門のアドバイザーが営業スタイルや課題の確認をおこなったうえで活用方法やカスタマイズを提案してもらえる
  • 5,000社を超える導入実績があり、定着率は95%を誇る
初期費用 月額費用 トライアル モバイル対応 システム形態

月額6,000円~/ユーザー

クラウド
ホスティング
オンプレミス

大手企業が活用できるSFA②:Microsoft Dynamics 365 for Sales

大手企業向けのSFA比較9選|SFA導入メリットや選ぶ際のポイントつき
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 日々の業務の数値を入力するだけで、AIが顧客の優先順位をつけてくれる
  • 企業がすでに使用しているマイクロソフト製品とシームレスに連携させることができる
  • 懸念のある商談を積極的に特定し、接触履歴を可視化できる
初期費用 月額費用 トライアル モバイル対応 システム形態

月額7,070円~/ユーザー

クラウド

大手企業が活用できるSFA③:Salesforce(Sales Cloud)

アプリ対応しているSFA6選を紹介|営業活動の効率性をさらに高めるために
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • AIが商談につながりそうな顧客に優先順位をつけ、営業担当に次に取るべきステップの提案もおこなってくれる
  • 年に3回バージョンアップがあり、最新技術を常に活用することができる
  • 社内承認や見積もり・請求に関するプロセスも自動化できる
初期費用 月額費用 トライアル モバイル対応 システム形態

月額3,000円~/ユーザー

30日間

クラウド

大手企業が活用できるSFA④:Oracle Sales Cloud

大手企業向けのSFA比較9選|SFA導入メリットや選ぶ際のポイントつき
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 世界1,000社の営業組織で活用されている
  • 購買履歴から顧客の傾向を分析でき、積極的なアプローチができる
  • 直感的でわかりやすい売上予測レポートを作成でき、的確な判断に役立てられる
初期費用 月額費用 トライアル モバイル対応 システム形態

問い合わせ

お問い合わせ

クラウド

大手企業が活用できるSFA⑤:UPWARD

大手企業向けのSFA比較9選|SFA導入メリットや選ぶ際のポイントつき
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • ユーザーからの顧客満足度は90%、継続率は93%
  • 最優先でアプローチするべき顧客を地図上で可視化することができる
  • 導入後も定期的なフォローアップと、目標達成のための活用プランを提案してもらえる
初期費用 月額費用 トライアル モバイル対応 システム形態

100,000円

基本パック月額21,000円
+月額2,200円~/ユーザー

30日間

クラウド

大手企業が活用できるSFA⑥:cyzen

大手企業向けのSFA比較9選|SFA導入メリットや選ぶ際のポイントつき
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 外回りの多い営業担当にとって使いやすいことを第一に考えて作られており、スマートフォンに最適化されたアプリケーションを提供している
  • 大手中小規模問わず1,300社以上の導入実績あり
  • 顧客リストを地図上に表示させることができる
初期費用 月額費用 トライアル モバイル対応 システム形態

問い合わせ

問い合わせ

クラウド

大手企業が活用できるSFA⑦:NICE営業物語

大手企業向けのSFA比較9選|SFA導入メリットや選ぶ際のポイントつき
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 営業担当者はポータルを見れば、1日のスケジュールを一目で把握でき、所属チームや個人の目標に対する進捗状況も把握も可能
  • Googleカレンダーと双方向で連携しており、スケジュール入力の二度手間を省くことができる
  • 年間保守サービスに加入すると、リモートメンテナンスや電話対応によるサポートを受けることができる
初期費用 月額費用 トライアル モバイル対応 システム形態

問い合わせ

問い合わせ

大手企業が活用できるSFA⑧:GEO CRM

大手企業向けのSFA比較9選|SFA導入メリットや選ぶ際のポイントつき
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 地図上で顧客情報を管理できる
  • あらかじめヒアリング項目を設定し、情報を埋めていくことで顧客カルテを作成できる
  • 地図上で訪問期間が空いている顧客など顧客の状況に合わせて色分け表示ができ、適切な顧客フォローができる
初期費用 月額費用 トライアル モバイル対応 システム形態

50,000円

月額1,800円/ID~

クラウド

大手企業が活用できるSFA⑨:WaWaFrontier

大手企業向けのSFA比較9選|SFA導入メリットや選ぶ際のポイントつき
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 初期費用無料で1人あたり月額1,000円からの利用できる
  • 案件のフィルタ検索ができるため、案件が埋もれてしまうことを防ぐことができる
  • 社内情報共有用グループウェア「WaWaOffice」、申請業務効率化アプリケーション「WaWaFlow」、エクセルで管理しているデータをWEBで共有できるデータベース「WaWaD-Be」といったWaWaOfficeシリーズと簡単に連携ができる
初期費用 月額費用 トライアル モバイル対応 システム形態

月額1,000円~

14日間

クラウド

自社の規模に合ったSFAを導入し、さらなる利益拡大へ

大手企業がSFAを導入する際には、自社の規模に合って誰もが使いやすいシステムを選ぶことが重要です。
上記を参考にして自社の業務効率を改善し、利益拡大を目指していきましょう!

関連記事:SFA38選比較【2019年最新版】|SFAを選ぶ際の5つのポイントとは?

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします