ECサイトでマーケティングオートメーション(MA)を活用しよう

ECサイトの売上拡大やコスト削減のための手段として、近年マーケティングオートメーションが注目を集めています。
今回はECサイトにおけるマーケティングオートメーションの活用やメリット、おすすめのマーケティングオートメーションを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

マーケティングオートメーション(MA)とは?

ECサイトでマーケティングオートメーション(MA)を活用しよう
©ProStockStudio – shutterstock

マーケティングオートメーションという言葉は知っていても、じつは内容をしっかり把握できていないという人もいるのではないでしょうか。
ここでは、マーケティングオートメーションに関する基本情報を紹介していきます。

そもそもマーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは、見込み客を創出・育成して顧客獲得するまでの一連のマーケティング活動を自動化する仕組みのことを指します。
マーケティングオートメーションをうまく活用することで顧客の状況に応じて最適なアプローチをおこなえるようになり、効率的な営業活動につなげることができます。

関連記事:【かんたん図解】マーケティングオートメーション(MA)とは

マーケティングオートメーションができること

マーケティングオートメーションでは、おもに見込み顧客の創出や育成、分類をおこなうことができます。
具体的な機能としては、見込み顧客の情報や行動履歴を管理するリードの管理や行動履歴を数値化してくれるリードスコアリング機能、行動に合わせて最適なメールを送ることができるメールマーケティング機能、自社サイトの閲覧データやメール開封率など、顧客の行動を分析する機能などがあります。こうした機能を活用することで最適なマーケティング活動をおこなえるようになります。

ECサイトがマーケティングオートメーションを導入するメリット

ECサイトでマーケティングオートメーション(MA)を活用しよう
©PopTika – shutterstock

近年は、ECサイトでもマーケティングオートメーションの導入が進んでいます。ECサイトがマーケティングオートメーションを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、2つに分けて紹介していきます。

業務効率が良くなる

これはECサイトに限ったことではありませんが、マーケティングオートメーションを導入することで業務の自動化ができ、業務効率を向上させることができます。

例えば、見込み顧客へメルマガを送る際、従来であれば配信先リストの作成やメンテナンス、それぞれのコンテンツに合わせた顧客の選別など膨大な手間がかかります。見込み客が増えるほど作業量も増え、何人もの社員を雇う必要が生じるでしょう。
そこでマーケティングオートメーションを利用すれば、これらの作業をシステムで一括しておこなうことができます。そうすることで作業にかかる時間を短縮でき、人件費も削減することができます。社員は空いた時間を利用して今後の施策を考えることができ、生産性の向上につなげることができます。

顧客ごとに最適なコミュニケーションをとれる

ECサイトでは、顧客1人ひとりの行動に応じて対応するOne to Oneマーケティングが特に重要とされています。カートに入れたまま購入を忘れてしまっている商品のリマインドや、以前にチェックした商品の値下げ情報など、その顧客が最も必要とするであろう情報を適切に届けることが売上拡大につながります。
マーケティングオートメーションを活用することで、顧客の行動履歴を把握・管理することができるため、One to Oneマーケティングを実現できます。また購入前のアプローチだけでなく、購入後にも関連商品やアフターサービスを紹介するといった方法で長期的な関係を築くことも可能になります。

ECサイトで活用できるマーケティングオートメーション3選

マーケティングオートメーションツールは各社からさまざまな特徴のものが提供されています。
ここでは、ECサイトで活用できるマーケティングオートメーションを3つ紹介します。

b→dash

ECサイトでマーケティングオートメーション(MA)を活用しよう
HPより

➤ 公式サイトでチェック

b→dashはフロムスクラッチ社が提供するデータマーケティングツールです。
商品情報や顧客情報、ウェブサイトへのアクセス履歴などさまざまなデータが統合されており、誰でも簡単に欲しい情報へアクセスすることができます。
またマーケティングオートメーション以外にも、Web接客やLINE連携など幅広い機能が備わっています。自社に必要な機能を選んで取り入れることでさらに業務を効率化することができるでしょう。
UIUXにも力を入れており、簡単かつスムーズに操作できるという利点もあります。

Probance

ECサイトでマーケティングオートメーション(MA)を活用しよう
HPより

➤ 公式サイトでチェック

Probanceはブレインパッド社が提供するマーケティングオートメーションツールです。
AIを利用し、顧客データをもとに顧客一人ひとりがアクセスする曜日や時間帯、反応率が高いコミュニケーション手段などを予測し、的確なコミュニケーションを実現します。
また、継続的に利用できるようサポートにも力を入れており、手厚いサポートが期待できます。

カスタマーリングス

ECサイトでマーケティングオートメーション(MA)を活用しよう
HPより

➤ 公式サイトでチェック

カスタマーリングスはプラスアルファコンサルティング社が提供する分析型マーケティングオートメーションツールであり、450社以上で導入されています。
顧客の年齢・性別といった条件はもちろん、特定商品の購入回数など自由な条件でセグメントを作成できるので、きめ細やかな施策を実行できます。
また、導入の際には担当コンサルタントによる支援や社員向けトレーニングを受けられるため、安心してシステムの導入ができます。

自社のECサイトに合うマーケティングオートメーションを選び、売上拡大へ

いかがでしたか。
自社に合ったマーケティングオートメーションを導入することで、業務を効率化し顧客によりきめ細やかなサービスを提供できるようになります。ぜひ上記を参考にして、ECサイトの売上拡大を図ってみてください。

関連記事:価格と機能で比較|マーケティングオートメーションツール29選【2019年最新版】

\フォローして最新情報を受け取ろう/

MA・マーケティングオートメーションの記事一覧

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー