マーケティングオートメーション(MA)の機能一覧|主要MAの機能比較つき

マーケティングオートメーションを活用することで、効率的なマーケティング活動をおこなえます。
今回は、マーケティングオートメーションに備わっているさまざまな機能や具体的なツールを紹介します。機能を正しく理解し、自社に合ったマーケティングオートメーションツールを活用しながらマーケティング活動をより効率よく進めていきましょう。

マーケティングオートメーション(MA)とは?

マーケティングオートメーション(MA)の機能一覧|主要MAの機能比較つき
©mrmohock – shutterstock

マーケティングオートメーションとは、顧客を獲得するまでに必要な工程を、自動化・効率化させるツールです。見込み顧客の創出、育成、分類をおこなうことができ、効率的に顧客へアプローチすることができるようになります。

マーケティングオートメーションの機能一覧

マーケティングオートメーションはさまざまな機能を有しています。ここでは代表される9つの機能について紹介していきます。

リード管理機能

リード管理機能は、見込み顧客のさまざまな情報を一元管理することができる機能です。
メールの配信履歴やホームページのアクセスデータなどWeb上から取得できるデータはもちろん、過去にどういったセミナーに参加したかなどのオフラインでの行動も合わせて管理が可能です。
さまざまなリード情報を管理することで、より的確にマーケティング活動ができるようになるでしょう。

スコアリング機能

スコアリング機能では、見込み顧客を数値化し分類することができます。
例えばメール開封した人、ホームページへアクセスした人などを細かく点数化することができます。それらで取得した点数から顧客の見込み度合いを判断し、見込みの高い顧客から優先的にアプローチすることで効率的なマーケティングをおこなうことができます。

メールマーケティング機能

メールマーケティング機能では、見込み顧客に対してテキスト形式やHTML形式のメールを配信することができます。ただ単にメールを送るだけではなく、より魅力的なメールになるようなテンプレートが用意されているサービスもあり、より成果を向上させるためのメールの配信が可能です。
また、上記で述べたリード管理機能やスコアリング機能と連携することで、見込み顧客のスコアに応じて配信するメールのコンテンツを変更させることもできます。この一連のメール配信により顧客の購買意欲をさらに高めることができるでしょう。

アクセス解析機能

アクセス解析機能では、自社のホームページに来訪したユーザーがWeb上でどのような行動をとったかを分析することができます。
例えば自社のホームページにアクセスする前にどのようなサイトを閲覧していたかを分析することでそのユーザーが他社との比較をしているフェーズなのか、自社のみを検証対象にしているかなどを可視化でき、マーケティング戦略の最適化へと繋げることが可能となります。
ほかにも自社のホームページのどのページにどのくらいの時間滞在したのかなどのデータも取得することができます。

施策管理機能(キャンペーン管理機能)

施策管理機能では、顧客が商品を購買するまでのシナリオを作成することができます。そして、そのシナリオに沿って、マーケティング活動を自動で実行することができます。この機能を活用することでOne to Oneマーケティングの実現に期待ができます。

広告管理機能

広告管理機能は、各媒体に出稿した広告が実際にどれだけ成約につながったのかを分析することができる機能です。
アクセス解析機能と合わせて利用することで、あるサイトからランディングページへの流入は多いが、もう一方のサイトからの流入は少ないなどといった傾向を掴むことができ、どういった媒体へ広告を出すのが最適かを把握することができます。

Webページ作成機能

Webページ作成機能では、LP(ランディングページ)や登録フォームを容易に作成することができます。
既存のホームページだけでなく追加でページを作成する必要があるときや、新たに提供したいコンテンツが増えた場合などに利用できる機能です。またWEBページ作成機能で作成したフォームに入力されたデータは自動的にリード管理機能へと連携させることもできます。

ソーシャルマーケティング機能

ソーシャルマーケティング機能を活用すると、SNSを活用したマーケティングをより効率よくおこなうことができるようになります。
SNSを活用したマーケティングは比較的安価におこなうことができるため、ソーシャルマーケティング機能を活用することで低コストで効率的なプロモーションをおこなうことが可能です。

SFA/CRM連携機能

マーケティングオートメーションのなかには、SRA/CRM連携できる機能が備わっているものがあります。
マーケティングオートメーションで取得したデータを営業部門が利用するSFAやCRMと連携することで、顧客情報や案件情報がより詳しく把握でき、より有効的な営業活動がおこなえるようになります。

主要マーケティングオートメーション機能比較

ここでは、3つのサービスを紹介します。備わっている機能を比較し、自社に適したマーケティングオートメーシィンを見つけてみてください。

SATORI

マーケティングオートメーション(MA)の機能一覧|主要MAの機能比較つき
HPより

➤ 公式サイトでチェック

SATORIは、SATORI社によって運営されており、550社以上の企業に導入されている国産のマーケティングオートメーションです。
シンプルな設計により、マーケティングオートメーションの運用経験が少ない初心者の人でも安心して利用できます。サポート体制として、セミナー動画やユーザー会の開催、担当者による運用支援をおこなっています。

リード管理機能 スコアリング機能 メールマーケティング機能 アクセス解析機能 施策管理機能(キャンペーン管理機能)

広告管理機能 Webページ作成機能 ソーシャルマーケティング機能 SFA/CRM連携機能

List Finder

マーケティングオートメーション(MA)の機能一覧|主要MAの機能比較つき
HPより

➤ 公式サイトでチェック

List Finderは、イノベーション社によって提供されており、中堅、中小企業様を中心に、国内で1,500アカウント以上の導入実績があります。また、アイティクラウド社主催の「ITreview Grid Award 2019 Summer」において、高いユーザー評価を獲得しています。
BtoB企業の営業活動に必要な機能を中心に備えており、効率的に確度の高い見込み客にアプローチすることができます。

リード管理機能 スコアリング機能 メールマーケティング機能 アクセス解析機能 施策管理機能(キャンペーン管理機能)

広告管理機能 Webページ作成機能 ソーシャルマーケティング機能 SFA/CRM連携機能

SHANON MARKETING PLATFORM

マーケティングオートメーション(MA)の機能一覧|主要MAの機能比較つき
HPより

➤ 公式サイトでチェック

SHANON MARKETING PLATFORMは、シャノン社によって運営されており、国内導入実績数900以上の実績を持つマーケティングオートメションです。
オンライン・オフラインを問わず企業が蓄積する顧客情報と履歴情報の管理ができ、それらを活用したマーケティング施策の実行、実行後のマーケティング効果の見える化までをワンストップでおこなうことができます。

リード管理機能 スコアリング機能 メールマーケティング機能 アクセス解析機能 施策管理機能(キャンペーン管理機能)

広告管理機能 Webページ作成機能 ソーシャルマーケティング機能 SFA/CRM連携機能

機能を最大限活用して効率的なマーケティング活動を

営業活動を実施していくうえで、データの活用はさらに重要性を増していくと考えられます。
今回紹介したマーケティングオートメーションの機能を理解し、最大限活用しながら効率的なマーケティング活動をおこなっていきましょう。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

MA・マーケティングオートメーションの記事一覧

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー