自分で機能が選べて組み合わせられるSFA「Ecrea」の特徴や機能、料金は?

SFAは、営業業務の効率化と受注増大を実現するために活用できるシステムです。SFAを初めて利用するなら、コーディネート型SFA「Ecrea」を検討してみてはいかがでしょうか。さまざまな機能のなかから気に入ったものを選び、かつそれを低価格で利用できるため、導入のハードルが低く運用しやすいことが魅力です。今回はそんなEcreaについて紹介します。

そもそもSFAとは?

SFAとは、Sales Force Automationの略称で、営業支援システムとも呼ばれます。営業業務を効率化し、受注や利益を増大させることを目的としています。

SFAはさまざまな機能を備えています。たとえば顧客情報管理機能や案件管理機能が挙げられます。これらの機能を利用し、顧客情報をリアルタイムに共有することで、複数の営業担当が同じ顧客にアプローチするのを防いだり、顧客対応を忘れて受注の機会を失うのを防いだりする効果が期待できます。
また営業プロセス管理や日報管理、売上状況管理の機能もあるため、マネージャー層が営業活動の状況を把握しやすくなり、メンバーに適切な指示をするうえで役立ちます。

コーディネート型SFA「Ecrea」とは?

Ecrea
HPより

➤ 公式サイトでチェック

Ecreaとはエクレアラボ社が提供するSFAです。6種類の機能の中から自社に必要なものだけを選んで導入できるコーディネート型であることが特徴です。
自社に合った機能のみを導入でき、かつ比較的低コストで運用できるため、限られた予算であっても導入に踏み切りやすく、初めてSFAを導入する企業にもおすすめであるといえるでしょう。

Ecreaの4つの特徴

Ecreaには、大きく分けて4つの特徴があります。自社に合うSFAなのかどうか、参考にしてみてください。

コーディネート型のSFA

Ecreaは、コーディネート型の営業支援システムです。
多くのSFAは高機能な反面導入費用も高価であり、すべての機能を使いこなせない企業にとっては費用が負担になることもありました。
Ecreaにもさまざまな機能がありますが、すべてを利用する必要はありません。Ecreaは機能ごとに料金が設定されており、必要な機能だけを選んで導入できます。導入する機能を絞り込むことで、費用を抑えながら営業業務の効率化を実現することが可能になります。

選べるシステム形態

Ecreaは、クラウド型とオンプレミス型の2つのシステム形態でサービスを提供しています。

では、そもそもクラウド型とオンプレミス型でどのような違いやメリットがあるのでしょうか?それぞれ見てみましょう。

クラウド型SFAの特徴

クラウド型SFAは、インターネットを通じて利用することができます。そしてユーザーは企業ごと、個人ごとにアカウントを作成し、システムにログインして情報の入力や管理をおこないます。
クラウド型SFAのメリットとしては、導入のしやすさが挙げられます。自社に合わせてシステムを構築する必要がないため、導入までの時間や費用を大幅に抑えることが可能です。また、インターネットに接続できる環境であれば場所やデバイスの種類を問わず利用できることも魅力の1つです。

オンプレミス型SFAの特徴

オンプレミス型SFAは、自社にサーバーを導入して構築・運用をおこないます。社内のネットワークのみで利用できることから、インターネットを経由するクラウド型SFAよりもセキュリティが強固なことが特徴です。また、システムのカスタマイズがしやすく、社内の別システムと連携させたり、自社の営業手法や管理手法に合うものを構築できたりするメリットもあります。
導入コストは高価であるものの、利用者数に応じて費用が発生するケースが多いクラウド型SFAと比べ、従業員数が多い場合はかえって割安になることもあります。

6つの機能

Ecreaにはおもに6つの機能が備わっているため、そのなかから自社に必要な機能を選択することになります。機能の詳細を以下のようになっています。

機能名 機能の詳細
ベースシステム 顧客情報の管理機能、Todo機能、チャット機能、ポータル機能、オファーリンク機能(※1)
活動 行動履歴の管理・共有機能、日報機能、アラート機能、活動ランキング機能(※2)
案件 案件管理機能、売上見込管理機能、予算対比表自動作成機能、受注管理機能
プロダクト 導入製品管理機能、サポート対応履歴・保守期限の管理機能
カスタマーボイス クレーム対応管理機能、要望管理機能
メール配信 一斉メール機能、ステップメール機能

※1:オファーリンク機能
顧客にメールでURLを共有する際に顧客独自のURLを発行することができる機能です。その際、URLがクリックされると営業担当に通知が届くようになっています。この機能を利用することで、どの顧客がどういった情報を必要としているのか把握することができ、営業担当が適切なタイミングで顧客にアプローチすることができるようになります。

※2:活動ランキング機能
ゲームグラフィック画面上で設定したKPIに対する活動状況を可視化する機能です。営業活動をゲーム化することで、目標達成に向けて意欲的に楽しく取り組めるようになっています。

選べるサポート体制

Ecreaは機能を選べるのと同様に、サポート体制も必要に応じて選択することができます。
システムを利用する従業員の人数は何人か、運用ルールを自社で決めるかどうか、システム設計を自社でおこなうかどうか、自社人材で操作説明化をおこなえるかどうかなどといった判断軸で、サポート内容を決めましょう。
このように自社に合うサポート体制を選ぶことで不必要なコストを削減することができます。

Ecreaの料金形態

初期・保守費用
システム形態 初期費用 保守費用
クラウド型 0円 0円
オンプレミス型 問い合わせ 問い合わせ
各機能の費用
機能名 ベースシステム 活動 案件 プロダクト カスタマーボイス メール配信
クラウド型月額費用 1,000円 500円 500円 500円 500円 500円
オンプレミス型月額費用 14,000円/1ライセンス 6,000円/1ライセンス 6,000円/1ライセンス 6,000円/1ライセンス 6,000円/1ライセンス 6,000円/1ライセンス

Ecreaは、必要な機能を選択して利用できるため、機能ごとに利用価格が決められています。また、オンプレミス型の場合は機能価格とは別途で初期費用と保守費用が必要です。

必要な機能を厳選できるEcreaで業務効率向上へ

Ecreaなら自社が必要とする機能のみを選ぶことができるため、費用を抑えて導入・運用することが可能です。活用したい機能がすでに決まっているという企業や、初めてSFAを導入する企業にとっては、Ecreaは業務効率化や受注拡大に貢献するSFAとなるでしょう。
今回紹介した内容を参考に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー