個人事業主必見!確定申告に便利な会計ソフトの基本とおすすめ製品

個人事業主は年に1度、確定申告をおこなう必要があり、1年の収支をまとめて報告しなければなりません。
経理や会計の知識がないと難しい確定申告も、会計ソフトを使えば負担を減らせる可能性があります。そこで、確定申告をする個人事業主におすすめの会計ソフトの基本とおすすめ製品情報をまとめました。

まずはおさらい!個人事業主がおこなうべき確定申告とは?

個人事業主必見!確定申告に便利な会計ソフトの基本とおすすめ製品
©fizkes – shutterstock

確定申告には、青色申告と白色申告の2種類の方法があります。青色申告とは、青色申告承認申請書を税務庁に提出し、承認された企業がおこなうことができる確定申告です。
確定申告の際に提出する書類は煩雑で、複式簿記による日々の記帳作業が必要になります。少し手間がかかりますが、その代わり最高で65万円の青色申告特別控除を受けることができます。そのため、個人事業主の8割が青色申告をおこなっています。

一方で、白色申告は青色申告承認申請書を提出していない個人事業主がおこなう確定申告です。白色申告では、青色申告よりも比較的シンプルな記帳で済みますが、いずれにしても記帳業務の必要性が生じます。

記帳作業は毎日おこなう必要があります。また、会社の会計を正しく把握するために、各種帳簿に転記したり、各種財務関係書類にまとめたりする必要が生じたりします。これらの作業を手作業でおこなっていると、煩雑に感じることもあるでしょう。そこで利用したいのが、会計ソフトです。
会計ソフトを利用することで、記帳や転記を自動化できたり、帳簿を自動で集計して確定申告に必要な書類を作成したりできるため、業務を大幅に効率化することができます。

会計ソフトの種類とは

個人事業主必見!確定申告に便利な会計ソフトの基本とおすすめ製品
©Andrey_Popov – shutterstock

会計ソフトがあるだけで特別な知識がなくても確定申告がしやすくなり、負担を減らすことができます。
そんな会計ソフトには、大きく分けてインストール型とクラウド型の2種類があります。それぞれ導入方法や運用形態が異なりますのでしっかりと確認しておきましょう。

インストール型

インストール型は、パッケージ版として店舗などで販売されているソフトウェアや、インターネット上でダウンロードすることができるソフトウェアを、パソコンにインストールして使用するタイプです。

自分のパソコンにインストールして使うため、設定によっては特定デバイスのみがサーバーにアクセスできるような環境を構築することもできます。その場合、外部のインターネットを経由しないため、サイバー攻撃やウイルス感染などのリスクが抑えられます。そのため、自社の運用に合わせたセキュリティ対策ができます。
また、カスタマイズ性が高いシステムが多く提供されています。自社の運用にあわせたシステム設計をしたい場合にもインストール型がおすすめです。

一方で、ソフトのバージョンアップ時に追加費用がかかったり、税制改正時には自身で設定し直すか改正後のバージョンを購入し直したりしなければなりません。
ほかにも、Windows版とMac版でソフトが分かれていることが多いため、自社で使用するOSに変更があった際にはソフトを買い直す必要が生じます。

クラウド型

インターネットを通して使用するタイプが、クラウド型です。ソフトウェアの購入やインストールが不要で、サービス会社の専用サイトにアクセスするだけで、データの編集や閲覧が可能です。

クラウド型の会計ソフトは、ほかのクラウドシステムと連携が可能です。システムによっては、銀行口座やクレジットカードとの連携することができます。自動的に請求書を読み込み仕訳までしてくれるので、日々の入力業務を効率化できます。
また、ネット回線があれば端末を問わず使える点もメリットでしょう。さらに、アップデートやバージョンアップの際にも自動でおこなってくれるため、手間がかかりません。

一方で、ネット回線の影響を受けやすく、オフラインで運用ができません。また、多くのサービス会社でセキュリティ対策は万全にしてはいるものの、外部のインターネットを経由するため、データ漏洩のリスクがあります。

比較&検討を!おすすめのインストール型会計ソフト3選

MM総研社がおこなった会計ソフト利用状況調査によると、7割の個人事業主がインストール型の会計ソフトを利用しています。近年では、クラウド型の利用者も増えているものの、インストール型会計ソフトのほうが人気であるといえます。
ここでは、数ある会計ソフトのなかでも、個人事業主におすすめのインストール型ソフトを3種類紹介します。

参考:クラウド会計ソフトの利用状況調査(2019年3月末)|株式会社MM総研

やよいの青色申告

個人事業主必見!確定申告に便利な会計ソフトの基本とおすすめ製品
HPより

➤ 公式サイトでチェック

青色申告ソフトのなかで、国内シェアナンバー1を誇るやよいの青色申告です。
初めての確定申告でも迷わず操作できるスタートアップガイドや会計の知識がなくても入力しやすいかんたん取引入力など、初心者にもやさしい機能を搭載しています。取り込んだデータは、AIが自動的に仕訳をおこなってくれるので、記帳にかかる手間を減らせるでしょう。

みんなの青色申告

個人事業主必見!確定申告に便利な会計ソフトの基本とおすすめ製品
HPより

➤ 公式サイトでチェック

みんなの青色申告はWindows対応の会計ソフトです。
国内の99%の金融機関から利用明細を取り込み、AIが自動仕訳をしてくれるため、入力業務が大幅に短縮できます。また、有償サポートでは電話やメールFAXによるサポートが利用できます。さらに、有償サポートに加入していれば、法令改正や消費税改正に迅速に対応してくれるため、安心して利用することができます。

Macの青色申告

個人事業主必見!確定申告に便利な会計ソフトの基本とおすすめ製品
HPより

➤ 公式サイトでチェック

Macを使っている人には、こちらのMac専用ソフトがおすすめです。
帳簿形式で簡単に入力ができ、マウスだけで入力ができる入力補助機能も搭載しています。専用のiPhoneアプリも用意されており、アプリで読み込んだ領収書やレシートをMacと連携して取り込めるので、外出先でも帳簿の記録がしやすいのが特徴です。

会計ソフトを使って会計処理をスムーズに

1年分すべての会計処理を手作業でおこなうのは、相当な時間と手間、労力がかかってしまいます。自動的にデータの取り込みや仕訳をしてくれる会計ソフトがあれば、毎年確定申告にかける時間を短縮できるでしょう。今回紹介したソフトを活用し、スムーズに確定申告をおこないましょう。

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします