ビジネスチャット11選徹底比較!選び方や無料プランなど|最適なサービスが見つかる

ビジネスチャットは、日々のコミュニケーションや情報共有をスムーズにし、業務を効率化してくれます。そのため、ビジネスチャットを利用してみたいと考える企業も多いのではないでしょうか。
今回は、ビジネスチャットを利用するうえでのメリットとデメリットや各種機能、また具体的なサービスについても詳しく紹介していきます。自社に合ったサービス選び、業務を効率化させましょう。

まずはおさらい!ビジネスチャットの基礎知識

ビジネスチャット11選徹底比較!選び方や無料プランなど|最適なサービスが見つかる
©SeventyFour – shutterstock

近年、多くの企業が新しいコミュニケーション手段の1つとしてビジネスチャットの導入を進めています。ビジネスチャットを利用することで、従来のコミュニケーション手段である電話やメールよりも、効率化よくコミュニケーションをとることができます。
まずは、ビジネスチャットとはどういったものか基本的な知識を整理しましょう。

ビジネスチャットとは

ビジネスチャットとは、業務を進めるうえで必要となるコミュニケーションや情報共有をスムーズにすることができるシステムです。ビジネスチャットの機能は各サービスにより多少の違いはありますが、テキストでのチャット機能やビデオ会議機能、タスク管理機能、ファイル共有などが備わっています。

ビジネスチャットの機能についてより詳しく知りたい方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

ビジネスチャットのメリット

ビジネスチャットを導入するメリットとして、スピーディにコミュニケーションを取ることができるという点が挙げられます。メールでコミュニケーションを取る場合、文頭に役職名を記載したり、挨拶文が必要になったりするなど、文章の作成にやや時間がかかります。
一方で、ビジネスチャットは挨拶や言い回しのルールがメールのようにあるわけではないため、スピーディーに情報をやり取りするができます。

また、メールでは過去のやり取りを振り返る際には、複数の宛名が混在するメールボックスのなかから該当のメールを探すため、必要な回答を得られるまでに時間がかかってしまいます。
しかし、ビジネスチャットでは、やり取りをする相手ごとにルームを作成することができ、キーワード検索によって該当のメッセージをすぐに検索することができます。
さらに、ビジネスシーンでの利用を前提としており、セキュリティ面でも安心して利用できるように設計されています。

ビジネスチャットを導入する際の注意点

ビジネスチャットを導入することで、より手軽かつ簡単にコミュニケーションを取ることができるようになります。
しかしその一方で、社内で対面の会話が減少したり、業務時間とプライベートの時間の切り分けが難しくなったりすることも考えられます。そのため、これらの問題に備えて、導入前には利用ルールを作成し、ルールに則った運用をおこなう必要があります。

ビジネスチャットの選び方

ビジネスチャット11選徹底比較!選び方や無料プランなど|最適なサービスが見つかる
©Production Perig – shutterstock

ビジネスチャットは数多く存在しますが、サービスごとに機能や料金も異なります。ここではどういった点に着目して自社に導入するサービスを選ぶべきかを紹介していきます。

運用費用

ビジネスチャットの費用にはさまざまな形態があります。
1つは利用するユーザー数によって費用が発生する形式です。そして、もう1つがあらかじめユーザー数や利用できるグループ数などが決まっており、年額もしくは月額など一定の費用が発生する形式です。
企業の運用の仕方によって、どういった料金形式が良いのかは変わってくるため、自社の利用人数や運用方法を確認してシステムを選ぶと良いでしょう。

機能

ここでは、ビジネスチャットの機能のなかでも備わっていると便利な機能を7つ紹介します。

タスク管理機能

ビジネスチャットのタスク管理機能を利用すれば、組織内のタスクをまとめて管理することができます。
具体的には、コミュニケーションとるなかでタスクが発生した場合にその会話自体をタスクとして保存したり、タスク管理用のチャンネルを作って必要な業務をまとめたりすることができます。また、実施していないタスクを自動的にリマインドする設定をすることもできます。

カレンダー機能

カレンダー機能では、自身のスケジュール管理に加え、所属する組織やプロジェクト全体のスケジュールを作成することができます。また誰かと打ち合わせをしたい時にも公開されているスケジュールは他者も確認することができるため、確認しながら簡単に日程の調整をすることができます。

メッセージ検索機能

業務をおこなうなかで、昔のやり取りを遡る必要が出てくることがあるかと思います。そういった際に便利なのがメッセージ検索機能です。必要な単語を入力することですぐにその言葉が含まれるやり取りを抽出することができます。

音声・ビデオ通話機能

ビジネスチャットのサービスのなかには、音声通話やビデオ通話の機能が搭載されているものもあります。テキストではわかりづらい内容も音声通話やビデオ通話を通じて直接確認することができます。

画面共有機能

画面共有機能は、自分が開いているパソコンの画面を相手のパソコンに表示させることができる機能です。
特に、音声通話やビデオ通話をおこなう際に、画面共有機能を利用することで資料を見せながら説明することができ、より円滑なコミュニケーションを図ることができます。

メンション機能

メンション機能とは、自身がメッセージを送信する際に宛先を指定して送信する機能を指します。
ビジネスチャットを利用していると同じ組織やプロジェクト内でグループを作り、そのグループのなかでやり取りをすることも多くあります。自分に直接関係のないやり取りもチャットのなかでは発生することもあり、通知が多く来てしまったり、自分に必要なメッセージを見逃してしまったりする場合があります。その際に、メンション機能があるとメッセージの見逃しを防ぐことができます。

アカウントロック機能

ビジネスチャットでは企業の重要資料や個人情報がやり取りされる場合もあります。そのため、万が一、端末を紛失した場合など、社外秘情報が漏れてしまう可能性があります。その際に、アカウントロック機能があると、管理者側でいつでもアカウントへのアクセスをブロックでき、情報漏洩のリスクを抑えることができます。

使いやすさ

ビジネスチャットは多機能なサービスも多いですが、自社にとって不要な機能が多いと、利用画面が必要以上に複雑化してしまい使いにくくなってしまうことがあります。
導入前には自社に必要な機能は何かを明らかにし、従業員にとって使いやすいサービスを選ぶ必要があります。

対応するデバイス

スマートフォンやタブレットでも利用できるビジネスチャットであれば、社員は移動時間や隙間時間などでもチャットの対応をすることができるため、時間を有効活用することができます。そのため、対応するデバイスについても確認しておくと良いでしょう。

無料プランのあるビジネスチャット6選

ここからは実際に提供されているビジネスチャットの機能について紹介していきます。
まずは、無料プランのあるビジネスチャットを6つ紹介します。本格的な導入の前に試してみたい方やあまり多くの機能を必要としない方は無料プランを利用してみるのも良いでしょう。

Chatwork

Chatwork
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 24万社以上の導入実績があり、サーバー稼働率が100%のビジネスチャット
  • GmailやGoogleカレンダー、Twitterなどの外部サービスと連携して、各種サービスの通知をチャットへ集約することができる
  • SSL/TLS通信でデータを暗号化するため、情報漏洩や改ざんのリスクを抑えることができる
プラン 月額利用料 無料トライアル ユーザー数 グループ数 スマホアプリ
フリー 0円 14グループ
パーソナル 400円/1ユーザー 無制限
ビジネス 417円~/1ユーザー※年間契約 無制限
エンタープライズ 800円/1ユーザー 無制限

InCircle

InCircle
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 国内の利用を想定し、国内の法律に沿って設計されたビジネスチャット
  • 社内利用だけでなく、プロジェクトに関わる社外メンバーもグループに招待できる
  • データセンターが国内に設置されており、オンプレミス版も提供されているため自社の運用に合わせたセキュリティ管理ができる
プラン 月額利用料 無料トライアル ユーザー数 グループ数 スマホアプリ
トライアル(30日間) 0円 ~20
ライト 180円 30~
スタンダート 360円 30~
プレミアム 600円 30~
オンプレミス版 お問い合わせ 100~

LINE WORKS

LINE WORKS
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • LINEと同じ使い勝手の画面であるため、誰でも簡単に使いこなすことができる
  • 24時間365日体制で専門エンジニアチームに監視されているため、安心して利用することができる
  • ノート機能や予定機能、フォルダ機能で予定やファイルを簡単に共有することができる
プラン 月額利用料 無料トライアル ユーザー数 グループ数 スマホアプリ
フリー 0円
ライト 300円~/1ユーザー※年間契約
ベーシック 500円~/1ユーザー※年間契約
プレミアム 1000円~/1ユーザー※年間契約

Microsoft Teams

Microsoft Teams
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • WordやExcel、PowerPoint、SharePointなど各種マイクロソフト社のサービスと連携することができる
  • 音声通話やビデオ通話は組織内外問わず利用することができ、1対1の対話から最大10,000人のライブイベントに利用することができる
  • 録音機能があるうえ、自動文字起こしもすることができ、会議内容の振り返りを簡単におこなうことができる
プラン 月額利用料 無料トライアル ユーザー数 グループ数 スマホアプリ
Microsoft Teams 0円 ~300
Office 365 Business Premium 1,360円/ユーザー※年間契約 ~300
Office 365 E3 2,170円/ユーザー※年間契約 無制限

Slack

Slack
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 音声通話機能やビデオ通話機能で話すことができ、必要に応じて画面共有をおこなうことができる
  • PDFや画像、動画などさまざまなファイルをドラック・ドロップの簡単な操作で共有することができる
  • 検索機能によって対話履歴から該当のメッセージを抽出することができる
プラン 月額利用料 無料トライアル ユーザー数 グループ数 スマホアプリ
フリー 0円
スタンダード 850円/1ユーザー※年間契約
プラス 1,600円/1ユーザー※年間契約

Workplace

Workplace
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 46言語に対応しており、即時翻訳することができる
  • 組織図機能で担当者へスピーディーに連絡することができる
  • ニュースフィード機能で仕事関連の最新情報を常に確認することができる
プラン 月額利用料 無料トライアル ユーザー数 グループ数 スマホアプリ
エッセンシャル 0ドル/1ユーザー 50グループ
アドバンス 4ドル/1ユーザー 30日間 無制限
エンタープライズ 8ドル/1ユーザー 無制限

機能が豊富なビジネスチャット5選

次に、機能が豊富なビジネスチャットを6つ紹介します。サービスによってさまざまな便利機能が搭載されているので、気になるサービスはぜひチェックしてみてください。

ChatLuck

ChatLuck
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • クラウド版とオンプレミス版から選ぶことができ、自社に合わせた運用をすることができる
  • メンション機能で相手にプッシュ通知を送ることができる
  • オリジナルスタンプをアップロードして利用することができる
プラン 月額利用料 無料トライアル ユーザー数 グループ数 スマホアプリ
クラウド版 300円/1ユーザー 30日間 5~ 無制限
パッケージ版/ユーザーライセンス 初年度:360,000円~、次年度以降:72,000円~ 60日間 100~ 無制限
パッケージ版/ルームライセンス 初年度:150,000円~、次年度以降:30,000円~ 60日間 ~1,000 10グループ

direct

direct
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • テキストでのチャットに加え、ボイスメッセージや位置情報を簡単に送ることができる
  • 自由に選択肢を作成できるアンケートやタスクをトーク画面から送信することができる
  • ゲストモード機能を利用すると、社外のメンバーとやり取りする際にファイル共有やダウンロードに制限をかけることができる
プラン 月額利用料 無料トライアル ユーザー数 グループ数 スマホアプリ
30日無料トライアル 0円 ~10
ベーシック 6,000円 ~10
プラス 12,000円 ~20
プレミアム 27,500円 ~50
マックス 50,000円 ~100※100ユーザー以上は問い合わせ

Talknote

Talknote
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 飲食業や小売業、製造業、IT業などさまざまな業界で利用されている
  • 離職意向がある社員を発見するアクションリズム解析機能を利用することで、常に社員の業務に対する意欲を把握することができる
  • チャットにアクセスしている時間帯を把握することができ、オーバーワークを防止することができる
プラン 月額利用料 無料トライアル ユーザー数 グループ数 スマホアプリ
お問い合わせ 14日間

WowTalk

WowTalk
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 操作画面は直感的にわかりやすく、さまざまな機能をカスタマイズすることができる
  • 掲示板機能では公開範囲を細かく設定して情報共有をおこなうことができる
  • タスクの期日をアラート通知してくれるため、タスク漏れを防ぐことができる
プラン 月額利用料 無料トライアル ユーザー数 グループ数 スマホアプリ
シンプル 300円/1ユーザー 30~
スタンダード 500円/1ユーザー 30~
プロフェッショナル 800円/1ユーザー 30~

ZONE

ZONE
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • マルチウインドウ機能でトーク画面を最大5つまで同時に開くことができる
  • ファイル管理機能では、ファイルを自動で分類してくれるため、必要な情報をすぐに見つけることができる
  • プロフィールの情報から人物の検索をおこなうことができ、スムーズな連絡が取れる
プラン 月額利用料 無料トライアル ユーザー数 グループ数 スマホアプリ
ライト 500円~/1ユーザー※年間契約 1カ月 無制限
スタンダード 800円~/1ユーザー※年間契約 1カ月 無制限
プレミアム 1500円~/1ユーザー※年間契約 1カ月 無制限

ビジネスチャット11選比較表

プラン 月額利用料 無料トライアル ユーザー数 グループ数 スマホアプリ
Chatwork フリー 0円 14グループ
パーソナル 400円/1ユーザー 無制限
ビジネス 417円~/1ユーザー※年間契約 無制限
エンタープライズ 800円/1ユーザー 無制限
InCircle トライアル(30日間) 0円 ~20
ライト 180円 30~
スタンダート 360円 30~
プレミアム 600円 30~
オンプレミス版 お問い合わせ 100~
LINE WORKS フリー 0円
ライト 300円~/1ユーザー※年間契約
ベーシック 500円~/1ユーザー※年間契約
プレミアム 1000円~/1ユーザー※年間契約
Microsoft Teams Microsoft Teams 0円 ~300
Office 365 Business Premium 1,360円/ユーザー※年間契約 ~300
Office 365 E3 2,170円/ユーザー※年間契約 無制限
Slack フリー 0円
スタンダード 850円/1ユーザー※年間契約
プラス 1,600円/1ユーザー※年間契約
Workplace エッセンシャル 0ドル/1ユーザー 50グループ
アドバンス 4ドル/1ユーザー 30日間 無制限
エンタープライズ 8ドル/1ユーザー 無制限
ChatLuck クラウド版 300円/1ユーザー 30日間 5~ 無制限
パッケージ版/ユーザーライセンス 初年度:360,000円~、次年度以降:72,000円~ 60日間 100~ 無制限
パッケージ版/ルームライセンス 初年度:150,000円~、次年度以降:30,000円~ 60日間 ~1,000 10グループ
direct 30日無料トライアル 0円 ~10
ベーシック 6,000円 ~10
プラス 12,000円 ~20
プレミアム 27,500円 ~50
マックス 50,000円 ~100※100ユーザー以上は問い合わせ
Talknote お問い合わせ 14日間
WowTalk シンプル 300円/1ユーザー 30~
スタンダード 500円/1ユーザー 30~
プロフェッショナル 800円/1ユーザー 30~
ZONE ライト 500円~/1ユーザー※年間契約 1カ月 無制限
スタンダード 800円~/1ユーザー※年間契約 1カ月 無制限
プレミアム 1500円~/1ユーザー※年間契約 1カ月 無制限

組織にあったビジネスチャットを選ぼう

ビジネスチャットはサービスによって機能や利用料金の形態がさまざまです。そのため、ビジネスチャットを選ぶ際には、自社に必要な機能があるか、料金体系は自社の運用に適切かという点を確認することが大切です。
自社に最適なビジネスチャットを選び、より円滑なコミュニケーションを実現することで、自社の生産性を向上させましょう。

下記では、数多くあるビジネスチャットを、「純ビジネスチャット」「グループウェア型」「SNS派生型」「ビジネスチャットとして使えるツール」と要素別に分類して紹介しています。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー