不動産業界向けCRM8選|不動産業で顧客管理をするメリットや選び方まで

インターネットの普及により、顧客自身が情報収集できるようになったことで不動産業界を取り巻く環境も変化しています。そんななかで、従来の営業手法に限界を感じている担当者も多いのではないでしょうか。
そこで注目されているのがCRMです。CRMは、最適なマーケティング施策の策定や顧客対応の質の向上、業務の効率化に役立ちます。今回は、不動産業界向けのCRMについて紹介していきます。

CRM(顧客管理システム)とは?

CRM
©Den Rise – shutterstock

CRM(顧客管理システム)は、顧客に関するさまざまな情報を一元的に管理できるシステムのことを指します。
集めた顧客情報は、購買意欲や接触頻度などのセグメントに分けて管理したり分析をおこなったりするとができます。また、これらのデータを活用することで、顧客の状態に応じて適切なアプローチをおこなうことができるようになり、顧客と良好な関係性を構築するのに役立ちます。

なぜ不動産業界でCRMが注目されているのか

家と商談
©giggsy25 – shutterstock

従来の不動産業界では、チラシや店頭広告を見た顧客が来店し、接客するといった営業スタイルが一般的でした。
しかし、近年ではインターネットが普及し不動産業界を取り巻く環境は変化してきています。顧客自身がインターネットで多くの情報を集めることができるようになったことで、顧客によっては目的の物件がある状態で来店したり、賃貸取引ではインターネット上のやり取りだけで成約が生じたりといったように、顧客の購買フローが多様化してきているのです。
そのため、不動産業界では多様化する顧客のニーズに対応し、適したアプローチをしていく必要になっています。そんなときに役立つのが不動産業界向けにつくられたCRMです。

不動産業界でCRMを活用するメリット

握手
©mojo cp – shutterstock

不動産業界でCRMを活用するメリットは大きく4つあります。CRMの活用を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

効率的に営業活動をおこなうことができる

CRMを活用すると、顧客の基本情報に加え、接触履歴やヒアリング内容などのデータをすぐに確認することができます。顧客の状況に応じて最適なアクションや営業トークをスピーディーにおこなうことができるようになり、成約率の向上にもつながります。
また、蓄積した顧客データを分析することで、最適な営業戦略を立てることができるようになり、効果的に営業活動をおこなうことができるようになります。

顧客の引き継ぎが簡単になる

CRMがあれば、顧客情報を一元管理でき、共有することができます。そのため、担当が不在であったり変更したりした際にも蓄積された顧客情報を確認することで、ほかの営業担当が引き継いで適切に対応することができます。

より効果的なマーケティングをおこなうことができる

CRMに蓄積した顧客情報をマーケティングツールと紐づけることで、より高い効果をもたらすことができます。
また、顧客がオンラインでどのような物件を閲覧していたのかといったようなミクロな情報も収集することもできるため、顧客のニーズに先回りしたサービスを提供することができます。

顧客満足度の向上が期待できる

CRMを活用することで、より顧客に寄り添った提案ができるようになります。そのため、接客品質の向上や顧客満足度の向上が期待できます。
また、顧客の要望に上手に対応できれば顧客の紹介やリピーターを獲得できるため、自社の利益を拡大につながります。

CRMを選ぶ際のポイント

CRM
©Boiko Y – shutterstock

不動産業界に向けたCRMはさまざまなサービスが提供されています。そのなかから自社に最適な製品を選ぶために、どのような視点で比較していけばいいのかを紹介します。

コスト

CRMの導入コストは、企業にとって最大の関心事ではないでしょうか。
CRMの料金形態には月額課金や導入費用のみが必要なもの、無料で利用できるものまで幅広く存在します。また、サポートを受けるためには別途料金が発生する場合もあります。自社に必要な機能を見極め、予算と合うシステムを選ぶことが大切です。

導入形態

CRMの基本的な導入形態としてクラウド型とオンプレミス型の2つがあります。

クラウド型は、CRMの運営会社が所有するインターネット上で設定したアカウントにアクセスし、顧客情報をアップロードすることで顧客管理をおこなうシステム形態です。比較的低コストで短期間で導入を進めることができます。また、システムのアップデートやバグの修正を自動でおこなってくれます。一方で、カスタマイズが難しかったり、インターネットを経由するためセキュリティ面のリスクに注意する必要があります。

オンプレミス型は、自社にサーバーを設置し、システムを自社に合わせてオーダーメイドで設計することができます。自社の営業形態に適したシステムを構築できるという強みがある反面、カスタマイズ費用が高額になってしまう場合があります。また、運用するにあたってシステムの保守に人員を配置するか、保守サポートサービスを利用する必要があります。

導入形態ごとにメリット・デメリットがあるので、自社に適したものを選びましょう。

分析機能が搭載されているか

CRMによっては、初めから分析機能が搭載されているものもあります。
分析機能があれば、顧客データをセグメントしたうえで、セグメントごとの顧客数や売上の推移を時系列に沿って集計したり分析したりすることができます。この分析データを活用することでマーケティング戦略の立案に役立たせることができ、より効率的な集客がおこなえるようになります。

SFA、マーケティングオートメーションの機能が備わっているか

SFAやマーケティングオートメーションなどの機能が備わっていたり、連携したりすることができるCRMも存在します。
SFAとは営業支援システムのことを指し、営業活動を効率化し生産性を高めるための機能です。
マーケティングオートメーションはマーケティング自動化のことを指し、マーケティングプロセスを自動化するための機能です。

これらの機能が備わっていれば、別途SFAやマーケティングオートメーションを導入する必要がないため、コストを抑えつつCRMの顧客データをそのまま日々の営業活動やマーケティングに活用することができます。

スマートフォン対応しているか

CRMがスマートフォン対応していれば、営業担当が出先で顧客情報を入力することができます。不動産営業は、物件を内見するために顧客と行動を共にすることが多くあります。
移動中や内見中の会話など、出先で新たな情報を入手する機会も多々あることでしょう。そのようなとき、CRMがスマートフォン対応していればすぐに記録して共有することができます。

不動産業界に特化したCRM6選

ここでは、不動産業界に特化したCRMを6つ紹介します。サービスによって特徴が異なるため、自社にあったものを選ぶようにしましょう。

いえらぶCLOUD

いえらぶCLOUD
HPより

➤ 公式サイトでチェック

いえらぶCLOUDは、全国12,000社以上からの導入実績がある不動産会社専用のCRMです。
顧客管理機能では、顧客の連絡先や希望条件、応対履歴、追客状況などの顧客情報を把握がすることができます。これに加えて、定期的な追客を自動化することができ、営業担当の負担を軽減しつつ顧客対応の質が向上させることができます。また、顧客管理以外にも空家対策や賃貸管理などの管理業務やホームページの作成など業務効率化に役立つ機能がオールインワンで提供されています。

ラクアポ

クラアポ
HPより

➤ 公式サイトでチェック

ラクアポは、不動産ポータルの物件情報や顧客情報を一括管理できる不動産データの総合管理システムです。
ポータルページのデザインは豊富で、自社に合わせたカスタマイズをおこなうことができます。また、顧客管理機能では顧客の物件閲覧履歴や検索条件、最終ログインなどを確認できる仕組みが整っています。ほかにも、顧客の希望条件にマッチした物件を自動配信する機能が備わっており、定期的に最新情報を配信することで、追客の手間を軽減しつつ来店率の向上に期待できます。

ノマドクラウド

ノマドクラウド
HPより

➤ 公式サイトでチェック

ノマドクラウドは、不動産仲介会社の営業業務をサポートするクラウド型のCRMです。
顧客のデータから自動で物件を抽出し、自動で物件提案や追客メッセージを送る機能が備わっているため、業務削減が期待できます。
また、オプション機能として顧客からの問い合わせの一部をAIが返信するAIチャット機能や、LINEのトーク画面で顧客への自動物件提案やメッセージ送信ができるLINE連携機能があり、顧客対応がよりスムーズになります。

マルチユースV3

マルチユースV3
HPより

➤ 公式サイトでチェック

マルチユースV3は、物件入力、ホームページ掲載、ポータル転送ができる物件管理システムです。
顧客管理では、顧客一人ひとりにマイページが用意することができ、希望条件登録、物件閲覧、資料請求などマイページでおこなったアクションをリアルタイムで把握できます。また、マイページには、営業担当がおすすめしたい物件を表示することができ、店舗に来店してもらわなくても物件を紹介できる仕組みが整っています。
さらに、物件管理ではらくらく路線駅入力機能や周辺環境画像選択機能など入力業務を効率化する機能が備わっており、業務の効率化が期待できます。

みらいえ

みらいえ
HPより

➤ 公式サイトでチェック

みらいえは、不動産事業に特化したホームページ制作および不動産管理システムを提供しています。
システムは、ユーザーの使い勝手を一番に考えて設計されたUI/UXが設計されており、直感的な操作で利用することができます。また、物件入力やメール作成業務はAIによって自動化することができ、顧客管理業務や不動産管業務の業務負担を大幅に軽減することができます。
不動産ポータルの運用ではマイクロキーワードSEOやリンク構造の最適化でホームページの運用を支援してくれます。

ReSFA-Cloud

ReSFA-Cloud
HPより

➤ 公式サイトでチェック

ReSFA-Cloudは、CRMとSFAを一体化させた住宅・不動産営業支援システムです。
物件に対して反響のあった顧客情報を一元管理できる機能が備わっており、これまで手動でおこなっていた作業を減らすことができます。また、分析機能も豊富で、収集したデータの集計期間を指定して、物件ごとの来場者や契約者の属性を分析表として出力することができます。

不動産業界で導入実績のあるCRM2選

最後に、不動産業界で導入実績が多数あるCRMを2つ紹介します。

Salesforce Sales Cloud

Salesforce(Sales Cloud)
HPより

➤ 公式サイトでチェック

Salesforce Sales Cloudは、セールスフォース・ドットコム社が提供する、世界シェアNo.1のCRMです。
顧客の連絡先や営業とのやり取りの履歴の記録はもちろん、FacebookやTwitter、YouTubeなどのソーシャルメディアの情報も収集することができるため、顧客のニーズをより深く、正確につかむことができます。

また、分析データや機密文書はSalesforceが独自に用意した社内SNSのChatterで簡単かつ安全に共有することができます。スマートフォンからもアクセスでき、社内外のどこからでも進行中の案件の情報確認や更新ができます。

eセールスマネージャー

eセールスマネジャー
HPより

➤ 公式サイトでチェック

eセールスマネージャーは、日本の営業スタイルに多いフィールドセールス向けに設計されたCRM/SFAです。
スマートフォンもしくはPCで入力した内容は各アプリケーションに自動的に反映されるため、営業担当の業務負担を削減します。顧客情報画面では、名刺情報や案件情報、スケジュール、ToDo、商談履歴、売上推移、クレーム情報などがさまざまな情報を確認することができ、視認性が高い画面の設計がされています。
また、導入後は活用段階に応じて訪問やWeb、電話などで手厚いサポートを受けることができます。

CRMを活用して顧客対応の質を高めよう!

今回は、不動産業界向けのCRMを紹介してきました。
インターネットの発達により、不動産業界を取り巻く環境は年々変化してきています。CRMはそんな環境の変化に対応しつつ、業務効率や顧客対応の質の向上させることができます。自社に合うCRMを選んで、利益拡大を図りましょう。

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします