人事制度改革におけるポイントとは?会社を成長させる人事制度の制定方法

働き方改革や労働力不足といった背景もあり人事制度の改革をおこなう必要性が高まっている会社も多いのではないでしょうか?
今回は、人事制度の運用を成功させるためのポイントや、会社を成長させる人事制度の制定方法について詳しく解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

人事制度とは

仕事中
©nd3000 – shutterstock

一般的に、企業の経営資源にはヒト・モノ・カネの3つがあります。
人事制度は、そのなかでもヒトにあたる人的資本を適切に運用していくために実行する制度です。

会社の設備が整っており、資金が十分に用意されていても優れた人材を用意できなければ企業は経営を続けることができません。
採用した人材がそれぞれの能力を発揮し、適材適所で働ける環境を整えるためには人事制度が必要になります。

人事制度の構成要素と目的

会議中の会社
©Matej Kastelic – shutterstock

人事制度の主軸として、等級制度、評価制度、報酬制度があります。そのほかにもにも勤務制度や福利厚生、教育制度があります。
ここでは、人事制度を構成する要素がそれぞれどのような役割と目的をもつのか紹介します。

等級制度 自社の人材を能力や職務、役割に序列化する仕組みのことをいいます。従業員を序列化することは、従業員の業務の責任や権限の範囲、待遇を決める際の根拠が明確になります。
評価制度 一定期間における従業員の成果や行動を評価する仕組みのことをいいます。従業員を評価する項目や基準を明確に定めることで、従業員の行動を会社の経営戦略と紐付けることができます。
報酬制度 報酬制度は、等級や評価によって各従業員に支払う給与や賞与などの報酬を決定する制度です。企業の資本を適切に分配していくために必要な制度です。
その他の人事制度 人材の育成や開発をおこなう教育制度や従業員の生活の満足度を向上させる福利厚生制度、人材の配置を決定する人材管理なども人事制度に含まれます。従業員の労働環境や成長の機会を設け、従業員が経営目標達成に貢献できる環境を整えていく必要があります。

人事制度改革をおこなう目的は?

会議をしている人
©Pressmaster – shutterstock

テクノロジーの進化や働き方改革など労働を取り巻く環境は日々変化しています。また、会社が成長するに従って社内の組織体制は変わります。
こうした労働環境の変化や企業の成長段階と人事制度の内容のずれが生じると、人材を適材適所に配置したり、正しい資産の分配がおこなえなくなったりします。

そういった状況が続くと、従業員の離職や組織成長の停滞を招きかねません。
そのため、社会情勢や会社の状況に応じて、人事制度を適切に改革していく必要があります。

人事制度改革の失敗事例

頭を悩ませる人
©Yuganov Konstantin – shutterstock

ここでは、人事制度改革で起こりがちな失敗事例について紹介します。発生するのかを理解しておくことも大切です。
ここでは、人事制度の運用がうまくいっていない会社で考えられる失敗例を2つ紹介します。

制度を細かく作りすぎた

人事制度の基準や内容を細かく設定しすぎてうまくいかないといったケースがあります。特に、評価制度を実施するには明確な基準設定が必要です。
しかし、設定した基準が細かすぎると、成果を上げているにも関わらず、評価基準の項目に当てはまらないから評価されないといった事態が生じかねません。

そういった事態が生じると、従業員はモチベーションが下がったり、新しい取り組みがおこなわれにくくなったりします。
そのため、人事制度では明確な基準を定めつつも、さまざまな業務をおこなっている従業員や新しい取り組み内容に対しても応用の効く内容や基準を設定する必要があります。

自社の状態に合っていなかった

人事制度には、時代によってトレンドがあります。しかし、トレンドの人事制度だからといって自社の性質や成長段階を無視してなんでもかんでも取り入れると、実態と合わず失敗します。
自社の状態をしっかりと把握した上で、必要な内容だけを取り入れるとよいでしょう。

一方的な改革だった

人事制度の改革自体は、経営者や人事部のみで企画・実施することができます。
しかし、人事制度は、会社の従業員全員に関わります。

従業員の意見を無視して人事制度設計をおこなってしまうと、従業員から不満が生じ、離職につながる可能性が上がります。従業員の実態も把握しながら人事制度の制定をおこなうと良いでしょう。

人事改革制度の進め方

ブレインストーミング
©Pixel-Shot – shutterstock

人事制度改革を成功させるためには、段階的に進めていく必要があります。
まず、組織の現状を分析し、抱えている人事に関する問題や課題を把握します。次に、改革に向けた大枠の目的を決めます。この目的の設定は、自社が現状抱えている問題や課題のなかから、最も重要なものを抽出して決めると良いでしょう。

大枠の目的が決まったら、現状の人事制度と照らし合わせながら制度の再設計をおこなっていきます。
その際、目的に応じて、等級制度や評価制度、報酬制度といった主軸の制度だけでなく、福利厚生や教育体制などといった制度についても関連性をもたせながら改革をおこなっていくと良いでしょう。
制度を再設計した後は、実際の運用に向けて準備をおこないます。

具体的には、社員に周知するために資料の作成をおこなったり、研修を実施したりします。
導入後も適宜制度を見直し調整をしていくと人事制度の改革はうまくいきやすくなります。

人事制度改革におけるトレンド

トレンド
©Rawpixel.com – shutterstock

人事制度改革をおこない成功している会社は、社会情勢に合わせた人事制度をおこなっています。
ここでは、人事制度のトレンドとして、2つを紹介します。

HRテックによるピープルアナリティクス

ピープルアナリティクスとは、企業が保有する従業員や組織の情報をもとに、適切な採用や配置、育成、評価などをおこなうことを指します。
具体的には、どのような採用ルートで入社したメンバーが活躍しているのかといったデータから採用戦略を設計したり、活躍している人材のコンピテンシーをもとに教育制度を設計したりします。
近年では、人事分野でもテクノロジーの導入が進んでおり、ピープルアナリティクスを活用できるようなテクノロジーに明るい人材の採用活動も活発におこなわれています。

OKR

OKRは、新たな目標管理手法として、注目されています。
Oは、Objectivesの意味で組織の目標を指し、KRはKey Resultsの意味でその目標を達成するための主要指標を指します。

会社全体のOKR、組織のOKR、個人のOKRというように、会社と個人の目標と行動を結びつけることができます。
OKRについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

ピアボーナス

ピアボーナスとは、従業員同士が日々の行動に対して互いに評価し、その評価に応じて報酬を与えるという人事評価・報酬制度です。
従来、人事評価は仕事の成果を指標として、上司から部下に対しておこなわれるものでした。一方、ピアボーナスは従業員同士が互いの行動に対して称賛し合う仕組みです。
組織の活性化や、コミュニケーションの促進につながるとして、導入する企業が増えています。

社会のトレンドや会社の方針に沿った人事制度を整えよう

従業員に適切な評価を与え、時代の変化にあった会社の運営をしていくためには、社会のトレンドや会社の方針に沿った人事制度を整えることが大切です。
また、会社の意向だけでなく、その内容を従業員が納得しているかどうかも考慮しましょう。
会社の体制に合った人事制度を設定し、人事評価や人材配置、人材育成を正しくおこなうことで従業員のモチベーションを上げるきっかけともなり、それが結果として会社企業の利益向上につながります。今回紹介した内容も参考にしながら人事制度を見直してみるのも良いでしょう。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー