【3/18更新】無償提供中のリモートワーク支援ツール21選|すぐに始められる

新型コロナウイルスの感染拡大や働き方改革、オリンピック開催期間に向けてリモートワークの導入を急速に進めている企業も多いのではないでしょうか。そこで、今回はリモートワークをする上で必要なツールと無償提供中の企業向けリモートワーク支援ツールをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

更新日:2020.3.18

【コロナ対策】無償提供中のリモートワーク支援ツールまとめ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くのツールがリモートワークを支援するために無償提供中をおこなっています。ここでは、企業向け無償提供中のリモートワークを支援するツールを紹介していきます。リモートワークを実施したいと考えている企業はぜひ試してみてください。

サービスの無償提供の状況を一覧表でまとめましたので、こちらからご覧ください。
また、リモートワークに必要なツールをじっくり理解したい方はこちらからお読みください。

ビジネスチャット

まずは、無償提供中のビジネスチャットを紹介します。リモートワーク中のコミュニケーション手段としてビジネスチャットはなくてはならないツールです。ぜひチェックしてみましょう。

ChatWork

ChatWork
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

ChatWorkは、Chatwork社が提供されているビジネスチャットで、25万社以上の導入実績があります。
チャット画面は、過去の履歴が見やすいように設計されており、コミュニュケーションをスムーズにおこなえます。
また、やり取りのなかで発生したタスクをそのままタスクとして追加し、管理できるタスク管理機能など便利な機能が多く搭載されています。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年3月16日〜2020年4月30日

利用開始から1カ月間

・2020年4月30日17時までの申し込みが必要
・ビジネスプラン、エンタープライズプランの利用

ChatLuck

ChatLuck
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

ChatLuckは、ネオジャパン社から提供されており、セキュリティ対策に力を入れているビジネスチャットツールです。
アクセス権限やネットワークポリシーの設定、端末認証、セキュアカメラ、ログ監視などさまざまなセキュリティ対策が施されている上に、ユーザー情報を全て自社管理することができるため、機密情報を扱うことも多いビジネスシーンでも安心して利用することができます。
また、チャットのほかに、音声やビデオでの通話機能やファイル共有も機能も備わっており便利です。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年3月9日~2020年3月31日

2020年6月30日まで

・ChatLuck クラウド版(100ユーザー)の利用

Tocaro

Tocaro
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

Tocaroは、伊藤忠テクノソリューションズ社が提供する必要な情報を見つけやすい高い検索力を有したビジネスチャットツールです。
1対1やグループでリアルタイムでメッセージのやり取りができるほか、複数拠点でのビデオ通話やToDo管理などもおこなうことができます。
また、直感的にわかりやすい操作性で誰でも簡単に利用することができます。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

~2020年9月30日

2020年9月30日まで

・無償提供ご希望の場合は、お問い合わせページの質問内容記入欄に「9月末まで無償利用を希望」と明記

Linkit

Linkit
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

Linkitは、ACCESS社が提供する導入実績が5,000社以上のビジネスチャットツールです。
スマートフォンにLinkitのアプリをダウンロードし、申し込みと登録をおこなうだけで利用を開始することができます。
スマホやタブレット、PCなどマルチデバイスで利用することができます。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年3月2日~2020年4月30日

申し込み月を含めた3カ月間

・最低申込数は10アカウントから
・アカウント数の上限は2000まで

JANDI

JANDI
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

JANDIは、ビジョン社が提供するVWSサービスやTrello、JIRA、Googleカレンダーといったさまざまなビジネスツールと連携できる便利なビジネスチャットツールです。
チャットは、チームや部署、プロジェクト別に分けて管理することができます。
ほかにも、ファイルを管理や共有をおこなうことができ、共有したファイルは暗号化されるためセキュリティも安心です。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

~2020年4月30日

2020年4月30日まで

・JANDIのエンタープライズプランの利用
・無償提供ご希望の場合は、新規登録ページの備考欄に「テレワーク企業」と明記

EASYテレワークTM by InCircle

EASYテレワークTM by InCircle
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

EASYテレワークTM by InCircleは、AI CROSS社が提供するBCP(事業継続計画)機能付きのビジネスチャットツールです。
最短2営業日で利用開始することができ、通常では月々3万円で運用することができます。
主な機能として、チャット機能のほかに、一斉同報機能や安否確認機能、端末認証機能、自動ログアウト機能、グループ間アクセス機能がついています。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年3月2日〜2020年3月31日

2020年3月2日〜2020年3月31日

・無料月も含めた最低2カ月の契約が必要

Web会議ツール

次に、無償提供中のWeb会議ツールを紹介します。チャットだけでは伝わらない内容や直接対面して話したいときにはWeb会議ツールが欠かせません。

Calling

Calling
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

Callingは、ネオキャリア社が提供するさまざまなコミュニュケーション形態に対応したWeb会議ツールです。
URLとパスワードを共有するだけで会議をおこなうことができ、相手にアカウント登録やアプリのインストールをしてもらう必要はありません。
Web会議機能のほかにも、チャット機能も充実しており、自動対応のチャットボットの設置や有人チャットへの切り替え、顧客管理などもおこなうことができます。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年3月3日~2020年3月31日

アカウント発行から1カ月

・ネオキャリアグループと取引がある場合は、2020年5月末まで無償で利用が可能

bellface

bellface
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

bellfaceは、ベルフェイス社が提供する営業に特化したWeb会議ツールです。
商談相手にはアプリのインストールなどの事前準備が必要なく、簡単に利用をすることができます。
録画機能や資料共有機能、営業トークのカンニングペーパーの表示など、商談に便利なツールが整っています。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年3月5日~2020年4月30日

2020年4月30日まで

FACEHUB

FACEHUB
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

FACEHUBは、FacePeer社が提供するマルチデバイス対応のWeb会議ツールです。
直感的に操作できるデザインが設計されており、利用が初めての人でも簡単に使うことができます。
基本機能として、ビデオ通話のほかにチャットボード機能やファイル共有機能、ホワイトボード機能が備わっています。
ほかにも、スマホカメラIN-OUT切替え、カメラ・マイクON-OFF切替え、スクリーン切替えもおこなうことができます。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年2月17日〜2020年3月31日

環境設定完了後から2020年5月31日まで

・無償提供ご希望の場合は、お問い合わせ種別から「新型コロナウイルス無償提供希望」を選択

V-CUBEミーティング

V-CUBEミーティング
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

V-CUBEミーティングはアイキューブ社が提供するクラウド型Web会議ツールです。
シード・プランニング社の実施した「2019 ビデオ会議/Web会議の最新市場とクラウドビデオコミュニケーションの現状」の調査では、Web会議のクラウド市場でナンバーワンシェアを獲得した実績があります。
Office 365と連携して、予定表やメールなどと連動して利用することができます。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年3月2日~2020年5月31日

2020年3月2日~2020年5月31日

・1つの契約あたり10IDまで

sMeeting

sMeeting
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

sMeetingは、ドコモ・システムズ社が提供する高セキュリティなWeb会議ツールです。
Opusコーデックを採用しており、Web会議でありながらストレスなく、高音質で会議をおこなうことができます。
ドコモ・NTTグループで23万人の利用実績から改善を重ねて提供されているため、安心して利用することができます。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年3月1日~2020年5月31日

2020年5月31日まで

・同時接続数は25IDまで

RemoteMeeting

RemoteMeeting
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

RemoteMeetingは、クラウドコンピューティング専門企業のRSUPPORT社が提供しているWeb会議ツールです。
Web会議中の音声を自動でテキストに変換する機能が備わっており、AIが自動で会議の議事録を作成してくれます。
また、映像での共同作業もおこなうこともできる利便性の高いツールです。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年1月30日~2020年4月24日

2020年2月1日~2020年4月30日

・製品利用後のアンケートへの回答
・既にRSUPPORTソリューションを導入している場合でも、新規アカウントでの無償利用が可能

勤怠管理ツール

勤怠管理をおこなうことで、企業が従業員の勤務状態を把握できるだけでなく、従業員も就労時間とプライベートのメリハリをつけることができます。リモートワークでは、勤怠管理ツールも備えておくと良いでしょう。

ジョブカン

ジョブカン
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

ジョブカンは、Donuts社が提供している7万社以上の累計導入実績のある勤怠管理ツールです。
変形労働やフレックスタイム制、裁量労働などのさまざまな勤労形態に対応しており、従業員の働き方に応じて細かい設定をおこなうことができます。
また、同社が提供するジョブカンシリーズを褐葉することで勤怠管理のほかに、採用管理、労務管理、給与管理、ワークフロー・経費精算、労務管理といった人事分野のさまざまな業務を一括で管理することができます。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年3月2日~2020年3月31日

1カ月間

・ジョブカンシリーズへの新規契約
・創業3年未満の企業は「起業支援プログラム」が適用されるため1年間無償

AKASHI

AKASHI
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

AKASHIは、ソニービズネットワークス社が提供するクラウド型勤怠管理ツールです。
パソコンやiPad、スマートフォン、FeliCaカード、専用打刻機といった多様なデバイスからの打刻に対応しており、自社の状況に応じた打刻方法を設定することができます。
また、勤怠管理のほかにも、シフト管理や工数管理なども合わせておこなうことができます。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年3月9日~2020年3月31日

2020年3月9日~2020年5月31日

・AKASHIプレミアムプランの利用

プロジェクト管理ツール・タスク管理ツール

次に、無償提供中のプロジェクト管理ツールやタスク管理ツールを紹介します。仕事の進捗を見える化して、リモートワークでも滞りなく業務が進むように工夫しましょう。

Bizer team

Bizer team
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

Bizer teamは、Bizer社が提供しているリアルタイムで進捗共有ができるタスク管理ツールです。
何度もおこなうタスクはテンプレートで登録することができ、登録の手間を省くことができます。
基本機能として、タスク管理やファイル管理、コメント機能などがあり、日々業務で忙しいチームに役立ちます。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年4月30日まで

・テレワークの手順やタスクをテンプレート化して無償で提供

My Redmine

My Redmine
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

My Redmineは、ファーエンドテクノロジー社の提供するプロジェクト管理ツールです。
メンバーが複数の拠点で仕事をしていてもプロジェクトの最新の課題や情報を共有することができます。
また、サーバーの購入や維持管理が不要なので運用も楽におこなうことができます。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年3月1日~ 2020年3月31日

2020年5月31日まで

・2020年3月31日17時までに通常の1カ月無料試用版に申し込むことで5月末までの無償利用が可能
・すでにMy Redmineを利用している場合でも、新規アカウントでの無償利用が可能

ファイル共有ツール

最後に無償提供中のファイル共有ツールを紹介します。大容量の資料やデータがスムーズにやり取りできることで、リモートワーク中でも生産性を落とさずに仕事をおこなうことができます。

セキュアSAMBApro

セキュアSAMBApro
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

セキュアSAMBAproは、スターティアレイズ社が提供する法人向けファイル共有ツールです。
外出先や在宅勤務をする際には情報漏えい防止機能を設定することができるため、リモートワークでの活用に最適です。
また、バージョン履歴管理機能でデータが自動に保存されるため、人的ミスによるデータの損失を防ぐことができます。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

2020年2月28日~2020年4月30日

・300名以下の企業
・一定条件を満たせば2020年9月6日までの延長が可能
・無償提供ご希望の場合は、お問い合わせ内容のチェックボックスで「コロナウイルス感染対策の無料提供について」を選択

moreNOTE

moreNOTE
HPより

➤ 公式サイトでチェック
➤ 無償提供の申し込みはこちら

moreNOTEは、富士ソフト社が提供するファイル共有システムです。
フォルダ形式だけでなく、カレンダー形式で会議の予定などに合わせて資料を表示させることができます。
また、外出時には画面同期機能を用いることで、データ化したドキュメントの説明したい箇所を示すことができ、遠隔地での情報共有や提案のサポートしてくれます。

無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など

3カ月間

・30IDまで
・1GBまで
・有料版のサービスが一部利用不可
・サポートはメールのみ
・登録したユーザデータやファイルデータは期間終了後に削除される

無料提供中のリモートワーク支援ツール一覧表

ここでは、無料提供中のリモートワーク支援ツールの提供状況を一覧でまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

ビジネスチャット

サービス名 無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など 無償提供申し込みページ

ChatWork

2020年3月16日〜2020年4月30日

利用開始から1カ月間

・2020年4月30日17時までの申し込みが必要
・ビジネスプラン、エンタープライズプランの利用

特設申し込みページ

ChatLuck

2020年3月9日~2020年3月31日

2020年6月30日まで

・ChatLuck クラウド版(100ユーザー)の利用

特設申し込みページ

Tocaro

~2020年9月30日

2020年9月30日まで

・無償提供ご希望の場合は、お問い合わせページの質問内容記入欄に「9月末まで無償利用を希望」と明記

お問い合わせページ

Linkit

2020年3月2日~2020年4月30日

申し込み月を含めた3カ月間

・最低申込数は10アカウントから
・アカウント数の上限は2000まで

特設申し込みページ

JANDI

~2020年4月30日

2020年4月30日まで

・JANDIのエンタープライズプランの利用
・無償提供ご希望の場合は、新規登録ページの備考欄に「テレワーク企業」と明記

新規登録ページ

EASYテレワークTM by InCircle

2020年3月2日〜2020年3月31日

2020年3月2日〜2020年3月31日

・無料月も含めた最低2カ月の契約が必要

お問い合わせページ

Web会議ツール

サービス名 無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など 無償提供申し込みページ

Calling

2020年3月3日~2020年3月31日

アカウント発行から1カ月

・ネオキャリアグループと取引がある場合は、2020年5月末まで無償で利用が可能

特設申し込みページ

bellface

2020年3月5日~2020年4月30日

2020年4月30日まで

特設申し込みページ

V-CUBE ミーティング

2020年3月2日~2020年5月31日

2020年3月2日~2020年5月31日

・1つの契約あたり10IDまで

特設申し込みページ

sMeeting

2020年3月1日~2020年5月31日

2020年5月31日まで

・同時接続数を25IDまで

無料トライアル申し込みページ

RemoteMeeting

2020年1月30日~2020年4月24日

2020年2月1日~2020年4月30日

・製品利用後のアンケートへの回答
・既にRSUPPORTソリューションを導入している場合でも、新規アカウントでの無償利用が可能

特設申し込みページ

勤怠管理ツール

サービス名 無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など 無償提供申し込みページ

ジョブカン

2020年3月2日~2020年3月31日

1カ月間

・ジョブカンシリーズへの新規契約

公式ホームページ

AKASHI

2020年3月9日~2020年3月31日

2020年3月9日~2020年5月31日

・AKASHIプレミアムプランの利用

特設申し込みページ

プロジェクト管理ツール・タスク管理ツール

サービス名 無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など 無償提供申し込みページ

Bizer team

2020年4月30日まで

・テレワークの手順やタスクをテンプレート化して無償で提供

特設申し込みページ

My Redmine

2020年3月1日~ 2020年3月31日

2020年5月31日まで

・2020年3月31日17時までに通常の1カ月無料試用版に申し込むことで5月末までの無償利用が可能
・既にMy Redmineを利用している場合でも、新規アカウントでの無償利用が可能

無料試用版申し込みページ

ファイル共有ツール

サービス名 無償提供申込期間 無料期間 無償提供の条件など 無償提供申し込みページ

セキュアSAMBA

2020年2月28日~2020年4月30日

・300名以下の企業
・一定条件を満たせば2020年9月6日までの延長が可能
・無償提供ご希望の場合は、お問い合わせ内容のチェックボックスで「コロナウイルス感染対策の無料提供について」を選択

お問い合わせページ

moreNOTE

3カ月間

・30IDまで
・1GBまで
・有料版のサービスが一部利用不可
・サポートはメールのみ
・登録したユーザデータやファイルデータは期間終了後に削除される

特設申し込みページ

おさらいしよう!リモートワークとは?

パソコンを操作する女性
©GaudiLab – shutterstock

リモートワークとは、遠隔で働くことを意味します。
リモートワークを実施することで、重要員は自宅やワークスペースといった会社以外の場所での勤務ができるようになり、働き方の幅が広がります。
ここ数年で働き方改革が推進されていることや2020年2月から流行しているコロナウイルスの影響から、リモートワークは多くの企業から注目されています。

リモートワークに必要なコミュニケーションツール

電話する女性
©StudioByTheSea – shutterstock

企業が仕事を進めていく上でコミュニケーションが欠かせません。
しかし、リモートワークはそれぞれ遠隔で仕事をすることになるため、コミュニュケーションロスが生じがちです。
そういった場合に有効なのが、ビジネスチャットツールやWeb会議ツールなどといった、遠隔でのコミュニュケーションを支援してくれるツールです。

ビジネスチャットツール

リモートワークでコミュニケーションをとるのに役立つのがビジネスチャットツールです。
ビジネスチャットでは、メールのような挨拶や改まった言い回しを省略することができます。
また、個人やプロジェクトごとにルームを設定して会話を管理することができ、リモートワーク中のスピーディなコミュニュケーションに役立ちます。

Web会議ツール

Web会議ツールは、インターネットを通じて、遠く離れた人とでも顔を合わせて話すことができるツールです。
PCやスマートフォンのデバイスから会議に参加することができ、会議室を用意する必要がありません。

リモートワークに必要な時間・進捗管理ツール

時計
©Lemau Studio – shutterstock

リモートワークによって遠隔地で仕事をしていると、誰がどこまで仕事を進めているのかが分かりづらかったり、きちんと稼働しているのか見えづらかったりといった問題が生じがちです。
こういった課題を解決するためには、勤務時間をきちんと管理し、進捗状況を見える化するころが重要です。
以下では、時間管理や進捗管理に役立つツールを紹介します。

勤怠管理システム

リモートワークをする際は、離れたところでも問題なく勤怠を管理できるシステムや、人事データを保存して管理し、適切に評価するための人事管理システムをあらかじめ整えておくべきでしょう。
リモートワークの人が不当に評価されないようなシステムをあらかじめ整備しておいて、誰もが働きやすい環境を作りあげる必要があります。

タスク管理ツール

自分の組織やチーム内のメンバーそれぞれのタスクを管理し、進捗を確認することができるツールです。
リモートワークで働くとなると、それぞれのメンバーの業務進捗を管理することが難しくなるため、タスク管理ツールを導入して、メンバーそれぞれの進捗を管理できるようにしておくべきでしょう。

タスク管理ツールのなかには、無償で使えるにもかかわらず、高いクオリティのものも多いので、使いやすいタスク管理ツールをそれぞれ試してみてもいいかもしれません。

プロジェクト管理ツール

プロジェクト管理では、プロジェクトを開始から完了するまでのスケジュールやタスク、コストなどを管理します。
タスク管理では、メンバーそれぞれのタスクの管理をおこないましたが、プロジェクト管理では、プロジェクトの進捗に対してタスクがどれだけ完了しているかといったことをみることができます。
特に、リモートワークでチームが目標を達成していくためには、プロジェクト管理ツールなどを用いて、プロジェクト全体の進捗状況を共有しておくべきでしょう。

リモートワークに必要なその他ツール

データの送信
©Rawpixel.com – shutterstock

リモートワークの実施を成功させるために必要なツールはほかにもあります。以下では、リモートワークに役立つツールを紹介していきます。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスとは、住所や電話番号など、基本的な情報を借りることができるサービスです。
社員全員がリモートワークで働くものの、事業存続上、住所や電話番号のような肩書をもっておきたいと考える企業におすすめのサービスです。
物理的な職場やオフィスを持たずにリモートワークのみで会社が成り立つため、固定費を大幅に削減することができるでしょう。

ファイル共有ツール

インターネットを通じて、複数人でデータを共有することができるサービスを、ファイル共有ツールといいます。
紙媒体でデータを管理している企業が、ペーパーレス化を推進するうえでも注目を集めているサービスです。
GoogleドライブやDropboxなどが当てはまります。

必要なツールを揃えてリモートワークを成功させよう!

コロナウイルス対策の影響から、現在企業は多様な働き方への対応が求められています。そのなかでもリモートワークへの対応は急務でしょう。
生産性を向上させながらリモートワークを実施させていくためにも今回紹介したツールをチェックし、自社のリモートワークを成功に導きましょう!

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします