決済代行サービスとは?クレジットカードなど主要5種の決済方法を図解してみた

みなさんは決済代行サービスを知っていますか?
電子マネー決済やキャリア決済など、テクノロジーの発達によって、消費者の決済手法は多様化しています。
多様な決済手法に対応するには一事業者、一企業では限界があり、多くの会社は決済代行会社に代金の回収などの決済業務を依頼しています。
ここでは、そもそも決済代行サービスとは何なのか、またどんな仕組みで成り立っているのか、決済代行のすべてを紹介します。

決済代行とは?

そもそも決済代行とはどういったサービスなのでしょうか?
まずはじめに、決済代行そのものの役割について紹介します。

決済を代行してくれるサービス

トルテオ編集部

決済代行とは、その名の通り「決済を代行してくれる」サービスです。
現代の消費者は、クレジットカード決済、電子マネー決済、キャリア決済やコンビニ決済などさまざまな手段で決済をおこないます。

一方、商品を販売する事業者は、各クレジットカード会社や携帯キャリア会社などと決済に関する事務処理を個別におこないます。
もし、事業者が1種類のクレジットカード(例えばVISA)にしか対応していないのであれば、VISA社と事務処理をおこなうだけで対応できますが、対応カードが増えたり、さらにキャリア決済や電子マネー決済に対応したりするとなると、会社ごとに決済に関する事務処理をおこなう必要があります。

さらに、クレジットカード会社や携帯キャリア会社などそれぞれで決済の締日が異なっていたり、決済に関して顧客情報を保護するためのセキュリティを整備する必要があったりと、対応決済手段が増えるほど事務処理は煩雑になります。
そんな中で、煩雑な事務処理業務を代わりにおこなってくれるのが、決済代行サービスです。

決済代行会社は事業者の代わりにクレジットカード会社や携帯キャリア会社などと連携し、決済に関する事務処理をおこなってくれます。

決済代行の種類

ひとえに決済手段といっても、クレジットカード決済、携帯キャリア決済、電子マネー決済など、さまざまな種類があります。
ここでは、決済代行会社がどういった決済の代行をおこなっているのかを紹介します。

決済代行の種類①:クレジットカード

クレジットカードに関しては、通常はクレジットカード会社と商品の購入者と事業者の3者で決済処理がなされます。
クレジットカード決済の仕組みはこちら

事業者はそれぞれのクレジットカード会社と決済のための手続きをおこなう必要があると同時に、顧客のクレジットカード情報を保護するためのセキュリティ証明も必要になります。

さらに、VISAやJCBなど、多くのクレジットカードに対応するとなるとそれだけ事務処理が増えてしまい、工数やコストがかかってきます。
そこで、決済代行会社は店舗などの事業者と各クレジットカード会社の間に入り、決済に関する面倒な事務処理を代わりにおこないます。

クレジットカード決済代行の仕組み

クレジットカード決済代行の仕組み
トルテオ編集部
  1. 顧客が商品やサービスをクレジットカードで購入
  2. 商品購入代金の決済に関する事務処理の連携を決済代行会社とおこなう(審査など)
  3. 決済代行会社が代理で決済に関する事務処理の手続きをおこなう(審査など)
  4. 商品やサービスの提供
  5. クレジットカード会社が決済代行会社に商品購入代金から手数料を引いた分の料金を支払う
  6. 決済代行会社は受け取った代金から手数料を引いた金額を事業者に支払う

※顧客は月1回の支払日に、クレジットカード会社に利用代金を支払います。

決済代行の種類②:銀行口座振替

家賃の支払いや公共料金の支払いなど、毎月固定で支払いが発生する場合にこの銀行口座振替が有用です。
顧客にとっては、毎月コンビニや銀行でこれらの料金を支払うよりも、銀行口座から自動で引き落とされたほうが便利でしょう。
決済代行会社は、毎月期日になると顧客の金融機関口座から商品購入代金分を引き落とされるように、銀行と連携してさまざまな決済事務作業を事業者の代わりにおこないます。

銀行口座振替の仕組み

銀行振替の決済代行の仕組み
トルテオ編集部
  1. 顧客が商品を購入すると同時に、もしくはそれより前に銀行口座振替を事業者に依頼する
  2. 事業者は振替依頼データと請求データを決済代行会社へ送信
  3. 決済代行会社が金融機関と連携し、請求データを送信
  4. 商品やサービスの提供
  5. 顧客の口座から商品購入代金分が引き落としされる
  6. 金融機関が商品購入代金分を決済代行会社に支払う
  7. 受け取った代金から手数料を引いた金額を事業者に支払う

決済代行の種類③:電子マネー決済

普段、我々が消費者として商品を購入するとき、SUICAやnanacoなど、電子マネーで決済することもあるでしょう。
現在さまざまな種類の電子マネーがあり、できるだけ多くの電子マネーに対応した方が多くの顧客のニーズに対応できるでしょう。一方で、顧客の要望に合わせて対応電子マネーの種類を増やせば、その分だけ決済に関する事務作業が増えてしまいます。
そこで決済代行業者は各電子マネー運営会社と各事業者の間に入り、さまざまな決済事務作業を代わりにおこないます。

電子マネー決済代行の仕組み

電子マネー決済代行の仕組み
トルテオ編集部
  1. 顧客が商品やサービスを電子マネーで購入
  2. 同時に商品購入代金分の電子マネーが差し引かれる
  3. 事業者が電子マネー決済に関する決済データを決済代行会社に送信
  4. 決済代行会社が決済に関する事務処理を代理でおこなう
  5. 商品やサービスの提供
  6. 電子マネー運営会社が商品購入代金分の代金を決済代行会社に支払う
  7. 受け取った代金から手数料を引いた分を事業者に支払う

※顧客は不定期に一定金額を電子マネー運営会社に支払うことで電子マネーをチャージします。

決済代行の種類④:コンビニ決済

商品の代金や公共料金などを、コンビニで24時間いつでも支払うことができるというのがコンビニ決済です。
顧客にとってはコンビニ決済ができる店舗が増えれば増えるほど便利になりますが、事業者にとってはそれだけ各コンビニ会社との決済業務が増えてしまい、煩雑になります。
決済代行会社は、事業者と各コンビニとの間に立って決済に関する事務処理を代理でおこないます。

コンビニ決済の仕組み

コンビニ決済代行の仕組み
トルテオ編集部
  1. 顧客が商品やサービスをコンビニ決済で購入
  2. コンビニ側が支払い情報を連絡する
  3. 商品購入代金の決済に関する事務処理を決済代行会社と連携する
  4. 決済代行会社が決済に関する事務処理を代理でおこなう
  5. 商品購入代金・サービス利用料金をコンビニで支払う
  6. 商品やサービスの提供
  7. コンビニエンスストア側が商品購入代金分を決済代行会社に支払う
  8. 受け取った代金から手数料を引いた分を事業者に支払う

決済代行の種類⑤:キャリア決済

商品やサービスを購入したときの代金を携帯代金と一緒にまとめて支払うことができるのがキャリア決済です。
ほとんどの人が持っている携帯電話で商品を購入することができると、顧客にとっては非常に利便性が高くなるといえるでしょう。
決済代行会社は、携帯キャリア会社と各事業者との間に入り、煩雑な決済事務を代行します。

キャリア決済の仕組み

キャリア決済代行の仕組み
トルテオ編集部
  1. 商品やサービスをキャリア決済で購入
  2. 事業者が、キャリア決済の情報を決済代行会社に連携する
  3. 決済代行会社が決済に関する事務処理を代理でおこなう
  4. 商品やサービスの提供
  5. 携帯キャリア会社商品購入代金分を決済代行会社に入金
  6. 受け取った代金から手数料を引いた分を事業者に支払う

※顧客は月1回の携帯代金支払日に、携帯代金と一緒に商品購入代金も支払います。

決済代行会社を利用するメリット・デメリット

事業者と決済先の企業との間に入って決済に関する事務処理を代行してくれる決済代行会社ですが、ここでは決済代行会社を利用するメリット・デメリットを紹介します。
実際に決済代行会社を利用する前にメリット・デメリットを把握しておきましょう。

決済代行会社を利用するメリット①:決済管理が容易に

通常、事業者がさまざまな決済手段を導入するとなると、その決済先の企業とそれぞれで決済事務をおこなう必要があります。
クレジットカードを3種類取り入れるだけでも3社と決済に関する事務処理をおこなう必要があり、電子マネー決済や銀行口座振替などにも対応しようとすると、膨大なコストと手間がかかります。
対して、決済代行会社はこれらの事務処理を代行してくれるため、事業者はコストや手間を抑えることができます。

決済代行会社を利用するメリット②:決済システムの開発・保守の手間やコストが省ける

事業者が自分の店舗で決済を導入するとなると、顧客の決済情報を保護するためのセキュリティ対策が必要になります。独自の決済システムを開発し、かつ時代の流れに合わせてそのシステムをアップデートするという保守・点検作業も必要になってきます。
その点、決済代行会社に決済業務を委託すると、決済代行会社が構築した決済システムを使うことができるため、事業者の手間やコストが大幅に削減されます。

決済代行会社を利用するメリット③:経理の処理が容易に

クレジットカード会社や電子マネー運営会社などそれぞれの会社で締日や支払日が異なるため、決済手段が多様化すると入金対応もばらばらのタイミングになってしまいます。決済代行会社に委託すると入金窓口を一本化することができるため、経理担当の工数が削減されます。

決済代行会社を利用するメリット④:さまざまな決済手段に対応できるようになる

クレジットカード決済や銀行口座振替をはじめ、PaypalやAlipayなど、現在はさまざまな決済手段があります。事業者としては、多くの決済手段に対応した方が顧客の利便性を向上させることができるものの、多様な決済手段に対応するとなると、膨大な手間やコストがかかります。
その点、決済代行会社に決済に関する事務処理を委託すると、新たな決済手段導入に対する手間やコストが相対的に少なく抑えられ、さまざまな決済手段の導入に積極的になれるでしょう。

決済代行会社を利用するデメリット:手数料が多くかかる

決済代行会社を利用するデメリットはそれほどありません。ただ、大きなデメリットが1つあります。それは「手数料」です。事業者は決済に関する煩雑な事務作業を決済代行会社に委託する分、それだけ費用(=手数料)が発生します。
また、「初期費用」や「決済手数料」など、さまざまな手数料が発生し、また決済のたびにかかる手数料もあるので、手数料が高くつくこともあります。

クレジットカードの決済代行

ここまで、「決済代行会社がどんなことをしているのか」「決済代行会社を利用するメリットやデメリットは何なのか」といったことを紹介しました。
近年キャッシュレス化も流行しているとともに、クレジットカード利用へのニーズが高まっていることから、事業者もクレジットカードに対応することが必要となってきています。

ニーズが高いクレジットカード決済

決済方法種類のグラフ
トルテオ編集部

Amazonや楽天などネット通販の流行によって、多くの人がネット上でショッピングをおこなった経験があると思います。上のグラフは総務省の「平成28年 通信利用動向調査報告書」をまとめたものです。
インターネットで物やサービスを購入するときは、63%もの人がクレジットカードで決済をしています。一方で、クレジットカード以外の決済手段で決済をする人は約40%未満であり、インターネット上ではクレジットカードでの決済がもっとも主流であることが読み取れます。
インターネット上で買い物をする人が増えてきている今日、クレジットカード利用へのニーズは高まっています。

クレジットカード決済の仕組み

クレジットカード決済の仕組み
トルテオ編集部
  1. 消費者がクレジットカードで商品やサービスを購入する
  2. その商品やサービスを受け取る
  3. クレジットカード会社が各事業者に代金を立て替えて支払うと同時に、その一部を手数料をして得る
  4. 商品購入代金分を購入者へ請求する
  5. 購入者が商品購入代金分を支払う

このようにクレジットカード会社が商品購入者の購入代金を先に立て替えて事業者へ支払い、後で購入者がその代金をクレジットカード会社に支払うというのが、クレジットカード決済の仕組みです。

クレジットカード決済のメリット①:機会損失を減らせる

キャッシュレス化が進む今日、クレジットカードしか持ち歩かない人もある程度います。そんな人が自分のお店に来た時に、自分の店舗が現金しか対応していなかったら、本来得られた売り上げを失うことになってしまいます。
その点で、クレジットカード決済を導入していれば、現金対応の場合よりも多くのお客様に商品を購入してもらえる機会が増えます。

クレジットカード決済のメリット②:客単価の向上が期待できる

クレジットカード決済の場合、基本的に平均購入金額が高くなるといわれています。現金以外のほかの決済手段と比較すると、クレジットカードの平均決済金額は約2倍から10倍ほどになるため、客単価の向上が期待でき、ひいては売上の向上につながるでしょう。

参考:キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2017|JCB

クレジットカード決済のデメリット①:手数料がかかる

クレジットカードを導入することで、機会損失が低減し、また客単価が向上する可能性があることは上で示した通りですが、一方でクレジットカード会社に支払わなければならない手数料が発生することも事実です。
クレジットカード会社は商品購入代金立て替えの際に手数料を一部差し引いてから事業者に支払うため、お客様がクレジットカードで決済をした場合、一商品から得られる利益が減ってしまいます

クレジットカード決済のデメリット②:キャッシュが手に入るのが遅い

お客様がクレジットカード決済で商品を購入された場合、その場で現金を手にすることはできず、数日後にクレジットカード会社から代金が支払われるため、その間の資金繰りに苦労するケースもあるようです。手元にキャッシュが入るタイミングが少し遅くなってしまうため、計画的に資金繰りをおこなう必要があります。

代表的な決済代行会社

ここまで決済代行の仕組みやそのメリット、また決済の中でももっともニーズが高いクレジットカード決済の仕組みについて紹介してきました。
つづいては、代表的な決済代行会社を紹介します。

GMOペイメントゲートウェイ株式会社

GMOペイメントゲートウェイ
HPより

東証一部上場のGMOインターネット株式会社が展開する決済代行サービスです。2018年6月末現在で、93,450もの店舗・ネットショップサイトの決済代行としてこのサービスが導入されており、業界でも最大級の規模を誇ります。

➤ 公式サイトでチェック

株式会社ペイジェント

payjent株式会社
HPより

株式会社DeNAと三菱東京UFJニコスが共同で展開しているサービスです。クレジットカードの決済代行に強みがあります。

➤ 公式サイトでチェック

ソフトバンク・ペイメント・サービス

softbankpaymentservice
HPより

ソフトバンクグループが運営する決済代行サービスです。安全で満足度の高い決済代行サービスを展開するだけでなく、マーケティング支援など、決済代行に関連するさまざまなオプションが充実しています。

➤ 公式サイトでチェック

結論は「時間をとるか」or「お金をとるか」

決済代行は、煩雑な決済の事務作業を代理でおこなってくれる便利なサービスですが、それだけ利用するためにはコストもかかります。
今、決済業務にかかっている時間と、決済代行に委託する料金面のコストを比較し、お金を払うことによって得られる時間というリターンの方が大きいのであれば、決済代行会社に依頼するべきでしょう。

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします