在庫管理でIoTを導入するメリットや注意点とは?具体的な活用事例もみてみよう!

「過剰在庫が生じている」「従業員の在庫管理の負担を軽減したい」など在庫管理で悩みを抱えている方も多いでしょう。そこでおすすめなのが、IoTを活用した在庫管理です。IoTを活用することで、これまで人が手作業でおこなってきた在庫管理業務を自動化することができ、より正確的で効率的な在庫管理を実現してくれます。今回は、在庫管理でIoTを活用するメリットや導入時の注意点を解説していきます。

在庫管理におけるIoTとは?

街とインターネットWeb
©metamorworks – shutterstock

はじめに、在庫管理におけるIoTがどのようなシステムなのかを説明します。まずはIoTについて理解を深め、在庫管理を効率化するヒントを得ましょう。

そもそもIoTとは?

IoTとは、Internet of Thingsの略であり、モノをインターネットをつなげる仕組みのことです。例えば、冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの電化製品とインターネットをつなげ、スマホやタブレットなどの端末から操作がおこなえるようにする技術がIoTです。IoTはビジネスの場でも多く活用されており、業務を円滑に進めるためのソリューションとして注目されています。

在庫管理におけるIoTで実現できること

在庫管理でIoTを用いることで、複数の在庫データを連携して管理することができるようになります。一画面で全ての在庫の状況を確認したり、管理画面から在庫を動かしたりすることができるようになります。また、これまで人がおこなっていた在庫管理業務を一部自動化することができるようになり、業務を効率化させることができます。

在庫管理でIoTを導入する4つのメリット

地球と街のインターネット
©Zapp2Photo – shutterstock

次に、在庫管理にIoTを導入する4つのメリットを紹介します。IoTは在庫管理においてさまざまな面で役立ちますので、ここで紹介するメリットを押さえておきましょう。

在庫状況がリアルタイムに把握できる

IoTを活用した在庫管理システムには、センサーが搭載されていることがほとんどです。
在庫を管理しているセンサーを活用することで、モノの重量や振動、光、音、温度など人間では認識できないような情報を瞬時に集めることができます。そのため、倉庫の中にセンサーを設置することで、入庫と同時に在庫数や在庫の保管場所、重量などといった在庫データをリアルタイム把握することができるようになります。

在庫管理業務が効率化する

IoTを用いた在庫管理システムを活用することで、在庫数のカウントや在庫の重量測定などこれまで人がおこなってきた作業をシステムが自動でおこなってくれるようになります。在庫管理が効率化することで従業員は在庫管理にかける時間を削減し、ほかのより重要な業務に時間を割くことができるようになります。また、在庫管理業務に携わる人員自体を削減することができるため、人件費などのコスト削減にもつながります。

精密な在庫管理ができる

また、人の手で在庫管理をおこなっていると、「発注がきておらず在庫が切れてしまった」「なくなると思って発注したのに、じつは違う場所にまだ多くの在庫があった」などの人的ミスが生じがちです。
IoTを活用した在庫管理では、IoTが在庫を自動管理してくれるため、数え間違いや入力ミスなどの人的ミスを軽減させることができます。

導入するIoTの種類によっては、適切な発注のタイミングなどを示してくれるものや、複数拠点の在庫を管理できるものもあります。そういったシステムを活用すれば、属人化しがちな発注のタイミングも統一し、合理的におこなうことができるようになります。

在庫管理に関するさまざまな問題を解決できる

IoTの導入によって在庫に関するさまざまな問題を解決することができます。例えば、在庫管理では、過剰在庫や在庫不足、不動在庫などの問題が生じがちです。IoTを活用することで正確な在庫をリアルタイムかつ俯瞰的に管理することができます。
全体の状況をみて適切な在庫消化や発注をおこなうことができるようになるため、このような問題を解決することができるようになります。

在庫管理でIoTを導入する際の注意点

iotとその接続
©Panchenko Vladimir – shutterstock

在庫管理においてIoTを活用することはさまざまなメリットがある一方で、導入にあたっては注意しておいたほうが良い点もあります。ここでは、在庫管理でIoTを導入する前に準備しておくと良いことを3つ説明します。

従業員へのフォローを欠かさない

IoTを導入する際には、従業員に対して、IoTを導入することなどを必ず事前に説明しておきましょう。IoTの導入により現場従業員の仕事内容はこれまでと変わってきます。導入前に必ず、IoTとはどういったシステムなのか、なぜ導入するのかなどをしっかりと説明しておくと導入への理解を得やすくなります。また、導入前にシステムの使い方を説明する研修などしっかりとフォローをおこなっていくと、スムーズな導入につながります。

管理・運営体制を整えておく

導入後の管理体制や運営体制はしっかりと整えておきましょう。具体的には、システムを運用する管理者を配置したり、問題やトラブルが生じた際にどういった対応をおこなうのかといったフローを決めたりしておくと、導入後の運用がスムーズになります。
また、現場従業員のフォローアップ体制も整えておきましょう。システムの使い方に困ったことやわからないことがあった際に相談できる仕組みを整えておくとよいでしょう。

他社の導入事例を確認しておく

最後に、実際にIoT技術が備わっている在庫管理システムのサービスを紹介していきます。

IoTの導入を検討している方は、必ず同業他社でIoTを導入した事例を確認しておきましょう。どのようなトラブルが起こるのか、事前に把握しておくことで対策を立てることができます。特に、同業他社や同じ規模感の他社の導入事例は役に立つので、事前に調べておくと良いでしょう。

IoT技術を用いた在庫管理システムの事例

タブレット 工業の電子化
©Zapp2Photo – shutterstock

工場や飲食店、医療現場でも活用できる「スマートマット」

Smart Mat
HPより

➤ 公式サイトでチェック

スマートマットは、在庫の重要や残量をインターネット上のWeb管理画面で管理できる在庫管理システムです。
A3、A4、A5サイズのスマートマット上で計測した在庫の残量が一定の基準を下回ると、自動で通知してくれるため、在庫の欠品を防ぐことができます。さらに、自動発注機能でスムーズな在庫の補填も可能です。
月額498円から利用が可能なため、低コストで運用することができます。
また、アメリカや中国、台湾、EU、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、ベトナムなどさまざまな国での利用に対応しています。

ECモールの在庫管理におすすめの「TEMPOSTAR」

tempostar
HPより

➤ 公式サイトでチェック

TEMPOSTARでは、在庫管理のほかにも商品管理や受発注管理が同時におこなえるシステムです。
インターネット上で申し込みをおこなうだけで、即日で利用開始することができます。

また、アカウントの発行から30日間は無料で利用することができるため、本格的な導入の前にじっくりとシステムを試すことができます。
楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングをはじめとしたショッピングモールに対応しているため、ECモールの運用をおこないたい方におすすめです。

在庫管理でお悩みならIoTを導入しよう

今回は、在庫管理におけるIoTの仕組みや導入メリット、さらには導入の際の注意点などをご説明してきました。導入するにあたって、事前に従業員に説明し、使い方を覚えてもらうなどの注意点はありますが、導入メリットは比較できないほど大きなものです。IoTを導入することで、在庫管理での人的ミスを軽減し、業務効率化やコスト削減を図りましょう。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー