アプリと連携できるシフト管理ツール5選比較|管理者や店長の負担を減らす

従業員が自分のシフトを認識できておらず、出勤日なのに出勤してこないという事態は管理者や一緒に働いているほかの従業員にとって一番困ることでしょう。
今回紹介するアプリと連携できるシフト管理ツールは、管理者や従業員のシフト管理をサポートするものです。活用を通して、スムーズな店舗運営が可能となるほか、従業員にとっての働きやすさの向上に期待ができます。

無料あり、Android対応もあり!アプリ連携できるシフト管理ツール比較表

サービス名 費用 対応デバイス 無料トライアル

Sync Up

月額6,000円~/1店舗

iOS、Android

60日間

CAST

月額2,500円~

iOS、Android

AirSHIFT

月額100円/1スタッフ

iOS、Android

2カ月

beepシフト

月額3,000円〜

iOS、Android

TimeTree

0円

iOS、Android

アプリと連携できるシフト管理ツールの利用メリット:管理者

コーヒーサーバーと女性
©Monkey Business Images – shutterstock

アプリと連携できるシフト管理ツールを利用してもらうことで、管理者や店長などシフト管理者の負担軽減に期待ができます。ここでは、管理者にとってのメリットを2つ紹介します。

従業員のシフト管理を強化できる

自店舗の従業員が自分のシフトを忘れていたり、勘違いしていたりして、出勤日にも関わらず出勤してこないという状況を経験したことがあるシフト管理者もいるのではないでしょうか。一度きりであればともかく、このような事態が続けば、ほかのスタッフの負担にもなり、店舗の営業にも支障が出ます。そのような従業員が自分のシフトをきちんと管理するために役立つのもシフト管理アプリです。あらかじめシフトを登録しておけば、当日シフトが入っていることをアラームで教えてくれ、出勤日を忘れてしまうリスクを減らすことができます。

複数人のシフト回収や共有がスムーズになる

シフト管理者にとって、従業員全員からシフトの希望を回収するのはなかなか手間のかかる業務です。シフト希望を出し忘れる従業員がいれば催促する必要もあります。
シフト管理アプリのなかには、シフト回収日の期限をリマインドしてくれるものもあります。従来のように管理者が1人ひとりに声かけをする必要がなくなるため、管理者のシフト回収の負担軽減に期待できます。また、シフトの変更や追加などの際も、そのたびに従業員に通知されるためシフトに関する情報共有がスムーズになるでしょう。

アプリと連携できるシフト管理ツールの利用メリット:従業員

アパレル販売員
©Monkey Business Images – shutterstock

従業員は店舗が利用しているシフト管理ツールに対応したアプリをダウンロードして利用することになります。ここでは、従業員がアプリでシフト管理できるようになると得られるメリットを2つ紹介します。

シフトをいつどこにいても確認できる

従業員がシフトを忘れたり勘違いしたりしてしまうのは、出勤時に店舗や事務所でしかシフト表を確認していない、もしくは手書きで自分のメモ帳に書き写しているというのが理由に挙げられます。
シフト管理にアプリを利用することで、自分のスマートフォンでいつでもどこでもシフトを確認できるようになります。そうすることで、人的工数も減らすことができ、シフトの時間を書き間違えるといったリスクも軽減させることができます。

さらに、シフト予定と合わせてメモを登録できる機能を備えたアプリもあります。このようなアプリであれば、当日の持ち物や注意事項なども記録しておくことができ、勤務するうえでも役立つでしょう。

自分の月々の稼動時間や給与がすぐわかる

シフト管理できるアプリのなかには、給与計算機能を備えているものもあります。あらかじめ勤務先の時給や残業代、深夜手当、交通費などを登録しておけば、シフトから稼働時間を算出して当月の給与を表示することができるのです。自分が今月いくら稼げるのかを可視化することで、従業員が収入の計画を立てやすくなることや、仕事に対するモチベーションが向上すること期待できます。

アプリによっては税金や保険料を計算する機能を備えたものもあります。アルバイトや勤務先を掛け持ちして生計を立てている人にとっては、これらの金額を把握しておくことは重要です。また家族の扶養に入っている人にとっても、稼ぎすぎて扶養から外れることがないよう注意しながら働くことができるといったメリットがあります。

アプリと連携できるシフト管理ツールの選び方

シフト管理アプリには多くの種類があります。ここでは、使いやすいシフト管理アプリを選ぶために気をつけるべきポイントを紹介します。

必要な機能が備わってるか

上述したように、シフト制の職場において、シフト管理アプリは非常に役立ちます。そんなシフト管理アプリのなかでも備わっていると便利な機能として、カレンダー表示機能や給与計算機能、メモ機能や通知機能などが挙げられます。特に給与計算機能に関しては、残業代や交通費の計算に加えて、税金や保険料の計算もできるとより正確な給与が把握でき、従業員にとって非常に便利です。

業界や業種に合っているか

シフト制は多くの業種で取り入れられており、その働き方はさまざまです。シフト管理アプリの多くは幅広い業種で利用が可能ですが、勤務体系や給与形態が変則的な場合は対応していないこともあります。特に、変則的なシフトで働く介護士や看護師、薬剤師など特定の業種や職種の方は注意が必要でしょう。

無料あり、Android対応もあり!アプリ連携できるシフト管理ツール5選比較

アプリと連携できるシフト管理ツールにはさまざまな種類があり、それぞれ対応する機種や機能が異なります。ここでは、おすすめのシフト管理アプリを紹介します。

Sync Up

syncup
HPより

➤ 公式サイトでチェック

Sync Upは、シフトの作成や調整をパソコンとスマーとフォンで簡単におこなうことができるものです。シフト管理者の「シフト作成に時間がかかる・・・」「従業員がシフトを出してくれない・・・」などといった悩みを解決させることができます。機能の1つにあるスタッフリレーション管理では、店長アカウントから、スタッフアプリのタイムラインへ最新情報を投稿・編集できるため、従業員が変更や追加の連絡を見逃すことを防ぎます。

費用 対応デバイス 無料トライアル

月額6,000円~/1店舗

iOS、Android

60日間

CAST

cast
HPより

➤ 公式サイトでチェック

CASTは、シフト管理業務を効率化する紙とExcelを使用しないシフト管理ツールです。
シフトの自動収集や催促、チャットでの連絡、人件費や労働時間の管理などをおこなうことができます。また、LINE連携機能も可能なため、AIによってLINE上でリマインドやシフト確定の連絡ができます。したがって、シフト管理者の手間を大幅に削減することができます。

費用 対応デバイス 無料トライアル

月額2,500円~

iOS、Android

AirSHIFT

AirSHIFT
HPより

➤ 公式サイトでチェック

AirSHIFTは、シフトに関するやり取りや作成が楽になるシフト管理サービスで、2018年にはグットデザイン賞を受賞しています。従業員には、シフト管理アプリ「シフトボード」を利用してもらうことでシフトの回収や共有がスムーズにできるようになります。
シフト作成に関しても、従業員から集めた希望をもとにワンクリックで大枠のシフトを作成することができ、必要な部分のみを調整していくだけなので、効率化に期待ができます。

費用 対応デバイス 無料トライアル

月額2,500円~

iOS、Android

beepシフト

beepシフト
HPより

➤ 公式サイトでチェック

beepシフトは、ボタン1つで最適なシフトを決め、管理者の負担を軽減することができるツールです。主な機能として、シフト管理やスタッフシェアリング、モチベーション管理などがあります。一方で、スタッフが使う専用アプリにはシフト提出・確認、欠勤申請、チャット機能などが備わっています。また、勤務時間などの勤怠情報はCSVでダウンロードすることができ、大手会計ソフトと連携ができます。

費用 対応デバイス 無料トライアル

月額3,000円〜

iOS、Android

TimeTree

Timetree
HPより

➤ 公式サイトでチェック

共有を前提に作られたカレンダーTimeTreeを利用して、シフト作成や管理、共有をおこなうことも可能です。
店舗従業員で共有カレンダーを作成し、従業員ごとに休み希望の日や外せない予定を記載してもらいます。それをもとに管理者が調整します。カレンダー1つで管理でき、誰でも直感的にスケジュールを把握できるため、シフトに関するトラブルを減らすことができるでしょう。また、新しい予定が登録されたり、更新されたりした場合は、その履歴が新着順でアプリ内のタイムラインに表示されます。

費用 対応デバイス 無料トライアル

0円

iOS、Android

従業員のシフト管理を強化して、安定した経営を

上述したように、アプリと連携できるシフト管理ツールはシフト管理者、従業員の双方にメリットがあります。従業員のシフトの管理が甘く、急な欠勤に管理者が困ることが減るよう、今回紹介した内容を参考に導入を進めてみてはいかがでしょうか。また、勤怠管理システムでもシフト管理機能ができるものもあります。詳しくはこちらをご覧ください。

ほかにも飲食店など店舗運営には、予約管理システムの導入もおすすめです。詳しくは下記のページをご覧ください。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー