有料版Web会議システム比較9選!有料版と無料版は何が違う?

Web会議システムのなかには、ZoomやSkypeのように無料で提供されているものもあれば、有料で提供されているものもあります。有料のWeb会議システムは、セキュリティが強化されていたり、高品質な映像・音声でWeb会議をおこなえたりといったメリットがあります。
新型コロナウイルスの感染拡大によってテレワークが推進されるなか、Web会議システムの本格導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。今回は、有料版ならではのメリットや、有料版Web会議システムを選ぶときに押さえておきたいポイント、おすすめの有料版Web会議システムを紹介していきます。本格的にWeb会議システムを導入しようと検討している方はこの記事を参考にして、自社に合ったWeb会議システムを探してみてください。

Web会議システムにおける有料版と無料版の違い

Web会議システムにおける有料版と無料版の違い
©Viktoria Kurpas – shutterstock

まずは、Web会議システムにおける有料版と無料版の違いについて解説していきます。

テレワークに対応するためにWeb会議システムを探していくなかで、有料で提供されているWeb会議システムと無料で提供されているWeb会議システムがあることに気付いた方もいるのではないでしょうか。
Web会議システムは、基本的に無料でも利用することができますが、有料のWeb会議システムを利用することで得られるメリットも多くあります。
Web会議システムにおける有料版と無料版の違いは以下の通りです。

項目 有料版 無料版

セキュリティ

万全な対策がなされている場合が多い

十分な対策がなされていない場合がある

同時接続人数

大人数に対応している場合が多い

人数が少ないもしくは人数制限がある

管理機能

参加者の権限をコントロールする機能が充実している

参加者の権限をコントロールできない場合が多い

アプリインストールの必要性

アプリインストールが必要となることが多いが、ブラウザにも対応をしていることがある

アプリインストールが必要となることが多い

映像・音声の品質

比較的良い

安定しないことがある

自治体でも導入しているWeb会議システムはこちら

有料版Web会議システムを利用するメリット

有料版Web会議システムを利用するメリット
©paper_Owl – shutterstock

これまで、Web会議システムにおける有料版と無料版の違いを解説してきました。ここでは、有料版Web会議システムを利用するメリットを詳しく解説します。

セキュリティが強い傾向にある

有料版Web会議システムは無料のWeb会議システムと比べて、セキュリティが強い傾向にあります。
無料で提供されているWeb会議システムでも、公的認証にあたるプライバシーマークやISMS認証は多くのベンダーが取得しています。
しかし、無料のWeb会議システムではユーザー管理機能や通信履歴保存機能が搭載されていない場合があります。ユーザー管理やログ管理ができていなければ、もし不正アクセスが発生したときに、その経緯を辿ることが困難になります。
有料のWeb会議システムには、これらの機能が搭載されているものもあります。有料のWeb会議システムの導入を検討するとき、これらのセキュリティ機能が充実しているかどうか、確認しておきましょう。

同時接続人数が多い傾向にある

有料のWeb会議システムは無料のWeb会議システムと比べて同時接続の人数が多い傾向にあります。
また、有料のWeb会議システムのなかでもプランによって同時接続人数は違いがあります。

1つのWeb会議ルームに大人数が参加すると、サーバーに負荷がかかり、通信状況が悪化することがあります。そのため、無料のWeb会議システムでは、同時接続人数を少なく設定していることが多くあります。

有料のWeb会議システムでは、無料のものと比べて同時接続人数が多めに設定されています。そのため、大規模な会議やセミナーなどに活用することができます。
大人数で利用するケースが多い場合、有料版のWeb会議システムを導入すると良いでしょう。

有料版Web会議システムを選ぶときに押さえておきたいポイント

有料版Web会議システムを選ぶときに押さえておきたいポイント
©blocberry – shutterstock

これまで、有料のWeb会議システムを利用するメリットを紹介しました。ここでは、有料のWeb会議システムを選ぶときに押さえておきたいポイントを3つ紹介します。ここで紹介するポイントを押さえたうえで、自社に合ったWeb会議システムを探してみてください。

安心できるセキュリティが担保されているかどうか

有料のWeb会議システムを選定するとき、どのようなセキュリティ対策がおこなわれているのか確認しておきましょう。

新型コロナウイルス感染拡大によって引き起こされた景気悪化により、重要な意思決定をおこなう機会が多くなった企業もあるでしょう。そのような重要な決定事項が不適切に外部に流出してしまうと、経営に大きな影響を及ぼすことがあります。

インターネットを経由して利用するWeb会議システムだからこそ、セキュリティ対策の重要性は増してきます。実際に導入する前に、どのようなセキュリティ対策をおこなっているのか、あらかじめベンダーに確認しておきましょう。

映像・音声に懸念がないかどうか

有料Web会議システムを導入するときは、導入前に無料トライアルや無料デモで映像・音声が問題なくコミュニケーションできるものかどうかを確認しておきましょう。

新型コロナウイルスの感染拡大により、Web会議システムを導入する企業が急増しています。それにより、有料のWeb会議システムであっても回線が混みあってしまう場合があります。

テレワークを導入すると、Web会議でのコミュニケーションの重要性は大きくなります。そのため、快適なWeb会議をおこなうために無料トライアルや無料デモで懸念がないか、確認しておくと良いでしょう。

自社の業務で必要な機能が搭載されているかどうか

Web会議システムを導入するとき、自社の業務で必要な機能が搭載されているかどうかを確認しておきましょう。

一概にテレワークといっても、業務内容は企業や担当者によってさまざまです。会議のときに必ずホワイトボードが必要だったり、業界の特性に応じた使い方をする必要があったりする場合があります。

そのため、自社で普段どのように会議をおこなっているのかを振り返り、その会議を進行するために必要な機能を備えているツールを選ぶようにしましょう。

自治体が導入しているおすすめの有料Web会議システム比較表

自治体が導入しているおすすめの有料Web会議システム価格比較表

サービス名 プラン 初期費用 定額費用 無料トライアル サポート体制

Calling Meeting

5ルーム

月額59,000円

チャット、Web会議

10ルーム

月額99,000円

チャット、Web会議

15ルーム

月額180,000円

チャット、Web会議

sMeeting

Super Lite

30,000円

月額28,800円

あり

Lite

30,000円

月額42,000円

あり

Standard

30,000円

月額60,000円

あり

Fresh Voice

ASPタイプ(リミットプラン)

100,000円

月額15,000円〜

14日間

電話、メール、訪問(オプション)、教育(オプション)

ASPタイプ(フラットプラン)

100,000円

月額18,000円〜

14日間

電話、メール、訪問(オプション)、教育(オプション)

オンプレミス型

問い合わせ

問い合わせ

電話、メール、訪問(オプション)、教育(オプション)

自治体が導入しているおすすめの有料Web会議システム機能比較表

サービス名 プラン 画面共有機能 チャット機能 資料共有機能 対応端末 対応人数 システム形態

Calling Meeting

5ルーム

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

30人まで

クラウド

10ルーム

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

30人まで

クラウド

15ルーム

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

30人まで

クラウド

sMeeting

Super Lite

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

500人まで

クラウド

Lite

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

500人まで

クラウド

Standard

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

500人まで

クラウド

Fresh Voice

ASPタイプ(リミットプラン)

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

200拠点まで

クラウド

ASPタイプ(フラットプラン)

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

200拠点まで

クラウド

オンプレミス型

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

200拠点まで

オンプレミス

業界に特化したおすすめの有料Web会議システム比較表

業界に特化したおすすめの有料Web会議システム価格比較表

サービス名 プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制

Calling for Telemedicine

問い合わせ

問い合わせ

電話、メール

Cisco Webex Meetings

無料

0円

電話、チャット(英語のみ)、フォーム

Starter

月額1,490円/ID

電話、チャット(英語のみ)、フォーム

Plus

月額1,980円/ID

電話、チャット(英語のみ)、フォーム

Business

月額2,980円/ID

電話、チャット(英語のみ)、フォーム

Enterprise

問い合わせ

電話、チャット(英語のみ)、フォーム

V-CUBEミーティング

ベーシック

月額2,000円/ID

30日間

マニュアル、FAQ

プロ

月額2,700円/ID

マニュアル、FAQ

V-CUBE One

問い合わせ

マニュアル、FAQ

業界に特化したおすすめの有料Web会議システム機能比較表

サービス名 プラン 画面共有機能 チャット機能 資料共有機能 対応端末 対応人数 システム形態

Calling for Telemedicine

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

複数人可

クラウド

Cisco Webex Meetings

無料

×

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

100人まで

クラウド

Starter

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

50人まで

クラウド

Plus

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

100人まで

クラウド

Business

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

200人まで

クラウド

Enterprise

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

クラウド

V-CUBEミーティング

ベーシック

○(iOSアプリのみ)

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

50人まで

クラウド

プロ

○(iOSアプリのみ)

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

50人まで

クラウド

V-CUBE One

○(iOSアプリのみ)

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

50人まで

クラウド

営業活動に役立つおすすめの有料Web会議システム比較表

営業活動に役立つおすすめの有料Web会議システム価格比較表

サービス名 プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制

bellface

問い合わせ

問い合わせ

60日間

専任コンサルタント、ユーザー会、チャット

B-Room

Sプラン

0円

月額35,000円/1ルーム

電話、チャット、FAQ、オンラインレクチャー

Mプラン

0円

月額69,000円/3ルーム

電話、チャット、FAQ、オンラインレクチャー

Lプラン

0円

月額400,000円/20ルーム~

電話、チャット、FAQ、オンラインレクチャー

ONTALK

0円

月額28,000円~

あり

営業活動に役立つおすすめの有料Web会議システム機能比較表

サービス名 プラン 画面共有機能 チャット機能 資料共有機能 対応端末 対応人数 システム形態

bellface

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

クラウド

B-Room

Sプラン

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

4拠点

クラウド

Mプラン

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

4拠点

クラウド

Lプラン

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

4拠点

クラウド

ONTALK

PC:ブラウザ

無制限

クラウド

自治体が導入しているおすすめの有料Web会議システム3選

これまで、有料のWeb会議システムが無料のものとどのように違うのか、有料のなかからWeb会議システムを選ぶときにどのような点を押さえれば良いのかを解説しました。ここでは、自治体が導入しているおすすめの有料Web会議システムを3つ紹介します。

Calling Meeting

Calling
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 奈良県三宅町で窓口業務のオンライン化のために導入されている
  • URLとパスワードを共有するだけで、ソフトをインストールせずに参加者を招待することができる
  • トークスクリプトを自分の画面にだけ表示させることができる
価格
プラン 初期費用 定額費用 無料トライアル サポート体制

5ルーム

月額59,000円

チャット、Web会議

10ルーム

月額99,000円

チャット、Web会議

15ルーム

月額180,000円

チャット、Web会議

機能
プラン 画面共有機能 チャット機能 資料共有機能 対応端末 対応人数 システム形態

5ルーム

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

30人まで

クラウド

10ルーム

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

30人まで

クラウド

15ルーム

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

30人まで

クラウド

sMeeting

sMeeting
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 島根県健康福祉部で導入され、職員の移動負担を大幅に削減した実績あり
  • クリアな音声でストレスのないWeb会議をおこなうことができる
  • 端末にデータを残さないことで強固なセキュリティを実現している
価格
プラン 初期費用 定額費用 無料トライアル サポート体制

Super Lite

30,000円

月額28,800円

あり

Lite

30,000円

月額42,000円

あり

Standard

30,000円

月額60,000円

あり

機能
プラン 画面共有機能 チャット機能 資料共有機能 対応端末 対応人数 システム形態

Super Lite

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

500人まで

クラウド

Lite

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

500人まで

クラウド

Standard

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

500人まで

クラウド

Fresh Voice

FreshVoice
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 京都市役所で導入し、非常時の迅速な連携に活用されている
  • オンプレミス型でも提供しており、外部からの不正アクセスのリスクを最小限に抑えることができる
  • 地図機能で会議参加者の居場所を特定することができる
価格
プラン 初期費用 定額費用 無料トライアル サポート体制

ASPタイプ(リミットプラン)

100,000円

月額15,000円〜

14日間

電話、メール、訪問(オプション)、教育(オプション)

ASPタイプ(フラットプラン)

100,000円

月額18,000円〜

14日間

電話、メール、訪問(オプション)、教育(オプション)

オンプレミス型

問い合わせ

問い合わせ

電話、メール、訪問(オプション)、教育(オプション)

機能
プラン 画面共有機能 チャット機能 資料共有機能 対応端末 対応人数 システム形態

ASPタイプ(リミットプラン)

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

200拠点まで

クラウド

ASPタイプ(フラットプラン)

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

200拠点まで

クラウド

オンプレミス型

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

200拠点まで

オンプレミス

業界に特化したおすすめの有料Web会議システム3選

次に、業界に特化したおすすめの有料Web会議システムを3つ紹介します。
医療や教育など、その業界ならではの使い方に対応したツールを紹介するので、自社が属する業界に特化したWeb会議システムがある場合、そのなかから選ぶと良いでしょう。

自治体でも導入しているWeb会議システムはこちら

Calling for Telemedicine

Calling for Telemedicine
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • オンライン診療に特化したWeb会議システム
  • 本人確認から予約から処方箋発行までの一連の流れをシステム上でおこなうことができる
  • URLを共有することで、ほかの医療関係者などを紹介することができる
価格
プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制

問い合わせ

問い合わせ

電話、メール

機能
プラン 画面共有機能 チャット機能 資料共有機能 対応端末 対応人数 システム形態

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

複数人可

クラウド

Cisco Webex Meetings

Cisco Webex Meetings
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • オンライン授業、オンライン診療に対応することができる
  • オンライン授業のために、解答へのヒントを共有して学習を促すことができる
  • オンライン診療では、予約から診察までWeb上でおこなうことができる
価格
プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制

無料

0円

電話、チャット(英語のみ)、フォーム

Starter

月額1,490円/ID

電話、チャット(英語のみ)、フォーム

Plus

月額1,980円/ID

電話、チャット(英語のみ)、フォーム

Business

月額2,980円/ID

電話、チャット(英語のみ)、フォーム

Enterprise

問い合わせ

電話、チャット(英語のみ)、フォーム

機能
プラン 画面共有機能 チャット機能 資料共有機能 対応端末 対応人数 システム形態

無料

×

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

100人まで

クラウド

Starter

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

50人まで

クラウド

Plus

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

100人まで

クラウド

Business

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

200人まで

クラウド

Enterprise

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

クラウド

V-CUBEミーティング

V-CUBEミーティング
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 香川県医師会でオンライン診療のために導入した実績あり
  • 13年連続シェアNo.1を獲得した人気のWeb会議システム
  • リアルタイム翻訳で字幕を表示させることができる
価格
プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制

ベーシック

月額2,000円/ID

30日間

マニュアル、FAQ

プロ

月額2,700円/ID

マニュアル、FAQ

V-CUBE One

問い合わせ

マニュアル、FAQ

機能
プラン 画面共有機能 チャット機能 資料共有機能 対応端末 対応人数 システム形態

ベーシック

○(iOSアプリのみ)

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

50人まで

クラウド

プロ

○(iOSアプリのみ)

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

50人まで

クラウド

V-CUBE One

○(iOSアプリのみ)

スマホ・タブレット:アプリ
PC:ブラウザ

50人まで

クラウド

営業活動に役立つ有料のWeb会議システム3選

最後に、営業活動に役立つ有料のWeb会議システムを3つ紹介します。
営業活動に活かせるWeb会議システムには、トークスクリプトを自分の画面だけに表示する機能や、オンラインで名刺交換をできる機能などがあります。
自社の営業活動に活用するイメージを持って導入するシステムを選んでみてください。

営業活動にも使えるWeb会議システムはこちら

bellface

bellface
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 固定電話やスマートフォンと連携して使用するため、音声の不安を払拭できる
  • 事前のアプリインストールやURLの共有をせずにオンライン商談をおこなうことができる
  • トークスクリプトを自分の画面だけに表示することができる
価格
プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制

問い合わせ

問い合わせ

60日間

専任コンサルタント、ユーザー会、チャット

機能
プラン 画面共有機能 チャット機能 資料共有機能 対応端末 対応人数 システム形態

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

クラウド

B-Room

B-Room
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 音声をもとに自動で議事録を作成することができる
  • 顧客と共通のメモに記録することができる
  • ソフトをインストールせずに利用することができる
価格
プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制

Sプラン

0円

月額35,000円/1ルーム

電話、チャット、FAQ、オンラインレクチャー

Mプラン

0円

月額69,000円/3ルーム

電話、チャット、FAQ、オンラインレクチャー

Lプラン

0円

月額400,000円/20ルーム~

電話、チャット、FAQ、オンラインレクチャー

機能
プラン 画面共有機能 チャット機能 資料共有機能 対応端末 対応人数 システム形態

Sプラン

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

4拠点

クラウド

Mプラン

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

4拠点

クラウド

Lプラン

スマホ・タブレット:ブラウザ
PC:ブラウザ

4拠点

クラウド

ONTALK

ONTALK
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 音声をもとに自動で議事録を残すことができる
  • 大人数で利用することもできるため、ウェビナーに活用することができる
  • 商談中にチャット機能をつかうことができる
価格
プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制

0円

月額28,000円~

あり

機能
プラン 画面共有機能 チャット機能 資料共有機能 対応端末 対応人数 システム形態

PC:ブラウザ

無制限

クラウド

有料のWeb会議システムを導入して快適なテレワークを実現しよう!

いかがでしたか。
Web会議システムは無料で利用することもできますが、有料のシステムをつかうことでセキュリティを今日かできたり、より高度な使い方をできたりすることがあります。
ここで紹介した9つのシステムのほかにも、多くのWeb会議システムがあります。多くのシステムのなかから自社に最適なシステムを探してみてください。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー