社内SNSの失敗事例と成功事例を紹介!導入のポイントも解説!

社内SNSを導入しようとしているものの、失敗してしまうのではないかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。社内SNSの導入を成功させるには、どのような企業が失敗するのか、どのような企業が成功するのかを押さえておく必要があります。
今回は、社内SNSの導入での失敗事例と成功事例を紹介します。

社内SNSの失敗事例

社内SNSの失敗事例
©alekseiveprev – shutterstock

ここでは、社内SNSの失敗事例を紹介します。
しかし、失敗事例はあまり世に出てくることはありません。そのため、ここでは社内SNSを導入するときに起こりがちな失敗のパターンを想定し、架空の事例を紹介します。

導入目的を社員に伝えられていない

社内SNSに限ったことではありませんが、ツールを導入するときは導入目的を社員に伝えておかなければいけません

今回はこのような企業での失敗事例を紹介します。

会社名:株式会社A
業種:広告代理業
従業員数:150人

A社は、社員同士のつながりが希薄になっていると考え、社内コミュニケーションを活性化させるために社内SNSを導入しました。
しかし、同社は社内でどのようなコミュニケーションを活性化させたいのか明確にさせていませんでした。コミュニケーションといっても、雑談を気軽に交わせることなのか、業務のノウハウを共有できることなのかによって、社内SNSの使い方が違ってきます。

同社は業務ノウハウの共有のために社内SNSを導入しましたが、そのことを社員に十分に共有できておらず、プライベートな発信が多くなってしまったり、一部の人しか利用しなくなってしまったりといった問題が起こりました。

既存ツールとのすみわけができていない

社内SNSは、ビジネスチャットツールやグループウェアなどと似たような側面も多く、社内SNSを導入する前からそのようなツールを利用している場合があります。社内SNSを導入するときは、既存のツールとどのように使い分けるのかを決めておかなければいけません。

会社名:株式会社B
業種:Web製作事業
従業員数:300人

B社は、社内での横のつながりを強くするため、タイムラインでコミュニケーションを取れる社内SNSを導入しました。

同社は社内SNSの導入前からビジネスチャットツールを利用しており、社員間でのコミュニケーションはビジネスチャット上でおこなわれていました。

ビジネスチャットとのすみわけをきちんとしていなかったことから、わざわざ社内SNSのタイムラインに投稿してコミュニケーションを取ろうとする社員は多くありませんでした。
そのため、社内SNSを導入しても、ビジネスチャットツールで親しい社員同士だけでコミュニケーションを取り続けるようになってしまいました。

社員の負担が大きい

社内SNSは社員同士のコミュニケーションを活性化できるツールですが、仕事の人とSNSでつながりたくないと考える人も少なからずいます。そのため、社内SNSを導入することで社員が負担に感じることもあります

会社名:株式会社C
業種:医薬品メーカー
従業員数:600人

C社は、社員同士のコミュニケーション活性化のために社内SNSを導入しました。
社内SNSを利用することで社員同士の会話のきっかけが生まれ、新しいアイデアが生まれることを期待していました。

しかし、社内SNSを導入して利用を促したものの、利用することで社員が得られるメリットを提示できていませんでした。そのため、社内SNSの利用を負担に感じる社員から反発があり、コミュニケーションを活性化させるための社内SNSは次第に利用されなくなってしまいました。

社内SNSの成功事例

社内SNSの成功事例
©Mix and Match Studio – shutterstock

これまで、ありがちな社内SNSの導入事例を紹介してきました。ここでは、実際にあった成功事例を紹介します。

豊田通商株式会社|Goalous

豊田通商社はトヨタグループの総合商社として、金属や自動車、機械など、生活に関わる領域で事業を展開している企業です。

世界中に拠点を持つ同社は、社の未来を担う経営人材の育成のための研修をおこなっています。1年間を通して密度の高い研修をおこなうものの、その後世界中の拠点に分かれてしまうため、コミュニケーションを取り続ける場がないことに課題を感じていました。

Goalousを導入する以前はほとんどメールで連絡を取っていたものの、導入後は研修を受けたメンバーの学びや気づきをシェアし合うようになっているようです。すでに3年程度Goalousを利用しており、研修OB・OGの軌跡を追うことができたり、OB同士の持続的な情報共有の場として活用が広がっているようです。

参考:豊田通商株式会社|Goalous

ヤブサキ産業株式会社|Goalous

ヤブサキ産業社は、自動車への関わりを通じて豊かな未来を実現する、トータルカーサポート企業です。

同社はGoalousを導入する前、社内新聞を発行していました。しかし、社内新聞ではメッセージが社員一人ひとりに届いていなかったり、届くまでにタイムラグが発生してしまったりといった課題を抱えていました。

社内SNSのGoalousを利用することで、社内新聞で発信していた内容をリアルタイムで伝えることができるようになりました。また、Goalousではタイムラインにコメントができるため、社内新聞では一方通行だったコミュニケーションが双方向のものへと進化しました。

そのほかにも、プライベートな近況を報告することで、社員同士のつながりを強めることにもつながりました。

参考:ヤブサキ産業株式会社|Goalous

株式会社ウィットワン|Goalous

ウィットワン社は、ゲーム運営のサポート事業をおこなっている企業です。同社の社員は客先常駐として派遣されることもあります。

同社は急速な組織拡大によって、以下のような課題を抱えていました。

  • スタッフ間の意思疎通が取れない
  • 人事評価が体系化されていない
  • 他社に派遣したスタッフとコミュニケーションが取れない

Goalousは社内SNSというだけでなく、ゴールを設定してその過程を見える化させることができます。Goalousを導入して「誰がどんなゴールのために、何をしたのか」を社員同士が見えるようになることで、社内のコミュニケーションを活性化させていきました。

客先常駐になることが多いことから、同社の社員は直接顔を合わせることが多くありません。しかし、Goalousでゴールを共有してコミュニケーションを取ることで、スタッフ同士で新たな企画を生み出すなどといったポジティブな動きが生まれたようです

参考:株式会社ウィットワン|Goalous

社内SNSの導入を成功させるためのポイント

社内SNSの導入を成功させるためのポイント
©VectorKnight – shutterstock

これまで、社内SNS導入の成功事例と失敗事例を紹介してきました。ここでは、社内SNSの導入を成功させるためのポイントを紹介します。
成功させるためのポイントを押さえたうえで、導入を進めていきましょう。

導入目的を明確にし、社員に伝える

社内SNSツールを導入するときは、導入目的を明確にして社員に伝えておきましょう

冒頭で紹介した事例のように、導入目的が明確になっていなかったり、社員にしっかりと伝えられていなかったりすると、せっかく導入しても活用されないことがあります。

社内SNSツールを導入するときは、なぜ導入するのか、どのように活用してほしいのかを社員に伝えるようにしましょう。

既存ツールとのすみわけをはっきりさせる

社内SNSツールを導入するときは、既存ツールとのすみわけをはっきりさせておきましょう

社内SNSを導入する前にも、ビジネスチャットやグループウェアなど、似たようなツールを利用している企業も多いでしょう。これらのツールとのすみわけをはっきりさせておかないと、使い慣れているこれまでのツール上でコミュニケーションを取り続けることになってしまいます。

社内SNSを活用してコミュニケーションを活性化させるためにも、既存ツールとのすみわけをはっきりさせておきましょう。

社員が利用するメリットを示す

社内SNSを導入するときは、社内SNSを利用することで社員が得られるメリットを示すようにしましょう

社員のなかには、SNSで仕事の人とつながりたくないと考える方も少なくないでしょう。そのような人に対して「コミュニケーションを活性化させるために社内SNSを使おう!」というような会社側の目的を伝えても、進んで利用するようにはならないでしょう。

社内SNSを導入するときは、社内SNSでの発信を人事評価に活用したり、オープンな場でコミュニケーションを取ることで、上司の言葉遣いが柔らかくなったりといった、社員側のメリットを伝えるようにしましょう。

社内SNSの導入事例を参考に、導入を進めよう!

いかがでしたか。
社内SNSは、上手く活用することで社内コミュニケーションを活性化させ、新たなイノベーションを起こす可能性のあるツールです。しかし、ポイントを押さえて導入しないと、利用されずに終わってしまうこともあります。

今回紹介した導入事例を参考に、導入を進めていってください。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー