SalesforceのSlack買収検討に対する皆さんの声を集めました #SaaSトレンド

ビジネスチャットツール「Slack」を提供する米スラック・テクノロジーズ社に対して、CRM(顧客管理システム)最大手の米セールスフォース・ドットコム社が買収に向けて交渉中だと、米ウォール・ストリート・ジャーナルが11月25日(現地時間)に報道しました。今回のニュースに関して、各メディアが発信している分析や解説、それに対する皆さんの声をまとめました。

SalesforceによるSlack買収のニュース

11月25日、米ウォール・ストリート・ジャーナルは、米セールスフォース・ドットコム社が、米スラック・テクノロジーズとの買収交渉に入ったと報じました。これは、同社にとって、過去最大規模の買収となると予想されています。

セールスフォース・ドットコム社といえば、SaaSを代表するサービス「Salesforce」を提供しており、世界のCRMにおけるシェアはNo.1です。また、日本においても、もっとも利用されている営業支援システム(SFA)でもあり、多くの人にとって馴染みがあるサービスではないでしょうか。

他方でSlackは、IT系の企業を中心に人気を集めているビジネスチャットです。フリーミアムモデルにより多くの利用者を集め、利便性や拡張性の高さから有料での利用者を伸ばしてきました。
今となっては、ビジネスコミュニケーションで欠かせない存在となっています。その勢いに乗り2019年にニューヨーク市場への上場を果たし、それが直接上場であったことも市場に強い印象を残しました。

セールスフォース・ドットコム社による買収にはどのような意図があるのか、両者が生み出すシナジーや市場への影響など、皆さんの声を見てみましょう。

SalesforceとSlackのシナジーに期待する皆さん

SalesforceによるSlackの買収報道について、ツイッターを見てみると好意的に受け止めている人が多い印象でした。
SFA/CRMのSalesforceと、ビジネスチャットのSlackどちらも、事業を推進する上で欠かせないクラウドサービスとなっています。両者の顧客層は相性がよく、クロスセルによってより大きな拡大を期待している人が多く見られました。

大企業とスタートアップの資本主義関係を懸念する皆さん

買収のニュースでは、企業同士の資金力によるパワーバランスに注目が集まることがあります。特に、大企業によるスタートアップの買収については、資本主義の構造を憂う声が少なからず存在します。
Slackは、サービスの提供開始から7年、創業は2009年となっており、創業期の企業という意味での”スタートアップ”に該当するかは判断が微妙なところです。

しかし、一部の人の中では、大企業によるスタートアップの買収に見られるような、いわゆる「札束でひっぱたく」関係と映っているようです。

SlackにとってSalesforceが渡りに船だと思う皆さん

Slackといえば、競合するサービスとしてマイクロソフト社が提供する「Teams」を思い浮かべる方も多いでしょう。Slackはサービス提供開始以降、利用者を伸ばしてきましたが、昨年、Teamsがその数を大きく追い抜いたことがニュースとなりました。

マイクロソフト社のExcel、PowerPointなどのOffice製品は、長年ビジネス場で愛されているソフトです。同社はこれらのOffice製品とTeamsを「Office365」というサブスクリプションモデルで販売をし、Slackを大きく引き離す利用者を獲得しました。このような背景から苦境にあったSlackにとって、買収を仕掛けるSalesforceは渡りに船と映った人もいるようです。

SalesforceのChatterを憂慮する皆さん

Salesforceに搭載されている社内コミュニケーション機能「Chatter」。ビジネスチャットツールであるSlackとの機能の重複から、両者の棲み分けやコラボレーションがどのようになるのか気になっている方もいるようです。ツイッターでは「SlackがChatterみたいになったら嫌だ」という声もあり、Chatterの先行きを不安視する声がみられました。

両社の株価を気にする皆さん

今回のような大きな買収報道を受けて、やはり気になるのは、各社ならびのそのマーケットを取り巻く株価の変動です。また、株価の動きから今回の買収検討のニュースを知ったという声もありました。

市場は経済の写し鏡とも言われます。今回の株価の動きは一時的なものなのか、両者にとって長期的に好影響をもたらすものなのか、市場の動きから見てみるのも興味深いかもしれません。

予言者の皆さん

最後に紹介するのは、なんとSalesforceがSlackを買収する日が来るのではないかと予言していた皆さん…!すさまじい先見性です。

SalesforceのSlack買収検討の傍ら、GoogleがSalesforceを買収するのではないかという声も見られました。
この予言は当たるのでしょうか。今後の各社の動きにも注目したいところです。

SaaSの一大トレンドに今後も注目!

米セールスフォース・ドットコムによる米スラック・テクノロジーズの買収が実現すれば、CRMやビジネスチャットツールを中心にSaaS市場にも大きな変化が起こります。今回は、そのニュースを受けての皆さんの声を集めてみました。あなたはどのポイントに注目していますか?

今後も注目のメガトレンド。ぜひキャッチアップの参考にしてみてください!

【Torteo(トルテオ)に貴社のサービスを掲載しませんか?】

トルテオにサービスを掲載することで、「認知拡大」と「良質なリード獲得」に寄与します。
貴社のサービスを、ほんとうに必要としている顧客へ届ける。
だからこそ、営業活動の効率化と提供価値の最大化を実現します。

まずは「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください!

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

セキュリティ・アクセス管理

ービジネスに役立つ情報を発信中ー