ERPとは?5つのメリットと導入のポイント、注目のクラウド型ERPをまとめてみた

ERPとは何のことか知っていますか?「働き方改革」を成し遂げるうえで、多くの企業が無駄な業務の削減や業務の効率化を画策しています。
ここではそのための鍵となるERPについて紹介します。ERPにはどのようなものがあるのか、またERPを導入することでどういったメリットがあるのか、働き方改革を成し遂げて、業務を効率化させたい方は必見です。

ERPとは?

ERPとはそもそも何のことでしょうか?「働き方改革にはERPパッケージの導入を!」「業務改善にはERP導入が最適」などといわれることがあると思いますが、ERPとは何のことかわからずに読み飛ばしている方も多いでしょう。
ここでは、ERPとはどんなサービスなのか、どのような経緯で生まれたサービスなのかを紹介したいと思います。

ERPとは経営効率の向上を図るための基幹業務システム

ERPは、Enterprise Resource Planningの略で、企業内のヒト・モノ・カネ・情報の動きを管理して可視化し、業務改善ひいては経営効率の向上を図るための基幹業務システムです。

具体的には、財務や会計、人事、生産システムなどの業務情報を一元かつリアルタイムでまとめて管理することが可能です。
また、このような全てのシステムを統合して一元化しているソフトウェアを「ERPパッケージ」と呼びます。

ERPの主な機能

ERPはさまざまな業務のデータを包括的にリアルタイムで管理できるシステムです。ベンダーによっては製造工程管理システムやCRM、需要予測システム、また業界別に合ったERPを提供しているものもあります。

具体的に管理しているシステムは以下のものです。

  • 会計管理
  • 販売管理
  • 在庫管理
  • 生産管理
  • 人事管理
  • サービス管理
  • プロジェクト管理
  • ワークフロー管理

ERPの発展過程

ここではERPがどのようにして生まれたのか紐解きながら、現代のERPパッケージのトレンドまでを紹介します。

ERPの始まりはMRPから

ERPとは、そもそもMRP(Material Requirements Plannning)という資材所要量計画を意味する言葉にその由来があります。このMRPとは、在庫管理を軸に生産計画を立てるための管理手法として編み出され、在庫改善を通じて利益を上げようというものです。

このサプライチェーンにおける生産管理体制を意味するMRPという概念を、経営視点としてヒト・モノ・カネ・情報といった切り口へと発展させ、企業全体の情報へと応用したものがERPです。

クラウド型ERPへ

これまでのERPはオンプレミス型という、自社でERPシステムを一から構築し、適度なタイミングでアップデートを施す必要がある形態のシステムでした。ただ、オンプレミス型のERPは導入コストや保守コストが莫大にかかるため、ERPの普及を阻害する要因になってしまっていました。

しかし数年前にクラウド型のERPがリリースされて以降は、ERP導入へのハードルがかなり下がりました。
これまでのオンプレミス型とは異なり、クラウド型のERPでは、インターネットなどのネットワークを用いて容易に導入できるため、余計な導入・保守コストがかかりません。

そのため多くの企業がクラウド型ERP導入に興味を示しています。

ERP導入のメリット

ここまでERPについて紹介してきましたが、そもそもなぜ企業はERPを導入する必要があるのでしょうか?また、実際に企業がERPを導入するとどういったメリットがあるのでしょうか?

ここではERPを導入することによって、企業が得られるメリットを紹介したいと思います。

ERP導入のメリット①:情報をデータベース上で一元管理

ERPを導入すると、これまでばらばらだった情報が1つのデータベース上でリアルタイムで一元管理されます。
生産管理システムの在庫データや資材データ、また営業システムの顧客データがすべて1つのデータベース上で一元管理され、かつリアルタイムで反映されるため、情報の連携が促進されます。

また、これまでとは異なり1つのデータベース上で管理されるようになるため、社員全員が必要なデータを集めるための工数が削減され、組織や会社自体のスピード感向上が期待できます。

ERP導入のメリット②:情報の可視化

社員全体が1つのデータベース上にデータを入力して、それをシステムが管理しまとめあげるため、これまで手に入りにくかった情報や手に入れるために時間がかかった情報が手に入りやすくなります。
例えば、営業が商品を売るときには、他部署に確認してその在庫を聞く必要がなく、即座に商品の在庫情報がシステム上で手に入ります

合わせて、ERPには集めた情報をまとめて分析する機能も備わっているため、会社全体や所属部署の状況を把握することができます。

ERP導入のメリット③:業務の最適化・効率化

ERPを導入することで、全員がリアルタイムでさまざまなデータを把握することが可能になります。その結果さまざまな業務を最適化・効率化させることができます。
そして部門間にまたがる業務フローを可視化し、リアルタイムでウォッチすることでさらなる業務フローの最適化を図ることができます。

また、これまでの業務では売り上げの管理や顧客の情報などをそれぞれの担当者が別々のシステムに手動で入力する必要があったため、それらの情報をまとめあげるのに工数が多くかかってしまっていました。

しかしERPは1つのデータベース上で同じデータを管理するため、その都度各担当者の入力する作業が削減されて情報の取扱いがわかりやすく簡潔になり、業務の効率化が図ることができます。

ERP導入のメリット④:経営の意思決定の迅速化

これまで経営者が会社のかじ取りの意思決定をする際は、そのためのデータをさまざまな部署の担当者から上がってくるのを待ち、それらのデータをまとめてから分析する必要がありました。
そのため何かしらの経営方針について、経営者や経営幹部が緊急に対応する必要がある場合でも、情報が集まるまでに少し時間がかかってしまっていました。

しかし多くのERPには経営分析機能が搭載されています。この機能は組織全体のデータを集積し分析して、経営者が欲しいデータを抽出してくれます。

したがって、経営者のが欲しいタイミングで欲しい情報を手に入れることができ、迅速な経営意思決定をおこなうことが可能です。

ERP導入のメリット⑤:内部統制、社内ガバナンスの強化

近年、コンプライアンス(法令順守)志向が高まっており、企業内の情報管理や内部統制対策をきちんと施す必要があります。
コンプライアンスを順守するうえで、「業務の有効性・効率性」「財務報告の信頼性」「法令の遵守」という基準を満たす必要があります。

これらの基準を満たすためには、企業内にある情報を適切な形で管理し、かつ透明性を担保させなければならいでしょう。
ERPを導入することで、企業内の情報がリアルタイムで一元に管理されるため、組織間での情報のずれが発生しないと同時に、適切な情報を全員が管理することができます。

したがって、企業内の情報を適切に管理するための運用コストを大幅に削減させることができます。

ERP導入のデメリット

ERPのメリットをここまで紹介してきましたが、一方でERPを導入する際にはデメリットもあります。
ここでは、ERPを導入する前に知っておきたい、ERPを導入するうえでのデメリットを紹介します。
これらのデメリットを事前に知っておくことで導入する前からしっかり対策しておくことができるでしょう。

ERP導入のデメリット①:セキュリティ対策

オンプレミス型では、自社内にサーバーを設置して自社内であらゆるデータを管理していましたが、クラウド型では外部のクラウド上で自社のデータを管理するため、セキュリティのリスクにさらされます。
外部のベンダーが保有しているサーバーへサイバー攻撃がなされた際などは、自社の情報が漏洩する危険性もあります。

もちろん、クラウド型のERPパッケージを販売するベンダーはしっかりセキュリティ対策を施しており、リスクを限りなく下げていますが、もし気になるようであれば一度確認してみてもいいかもしれません。

ERP導入のデメリット②:システム選定が難しい

現在ERP市場には数多くのERPパッケージが販売されています。
国内海外のERPパッケージを合わせるとかなりの数が市場に出回っており、自社に合ったERPパッケージを選定することは非常に困難です。

オンプレミス型ERPがいいのか、クラウド型ERPがいいのか、はたまた完全統合型ERPがいいのかコンポーネント型ERPがいいのか、さまざまな種類のERPがあるため、ジャンルを見極めるだけでも一苦労です。

ERP導入のデメリット③:データ管理の徹底

ERPを導入すると、社員同士のデータ連携のための工数が削減される反面、自分の業務と関係のない重要なデータまで見ることができるようになります。
そのため、全社員にデータについての教育をしっかり施す必要があるでしょう。

また、1つのデータ入力ミスがあらゆる場所に反映されてしまうため、しっかりとデータ管理をするための仕組みを作る必要があります。

ERP導入のデメリット④:機能のカスタマイズが難しい

ERPを導入する際には、各業務の基幹システムへERPを導入し、会計や人事、生産管理など各業務に関しては自社に合った機能をカスタマイズする必要があります。
ERPによってはこのカスタマイズが複雑になっているため、自社に最適なカスタマイズをおこなうのにコストがかかり、導入当初はかえってシステムに対応しづらくなることもあります。

ERPの種類

ひとえにERPといってもさまざまな種類のERPがあります。
ここでは汎用的に導入できるERPから、一部の機能に特化したERPなど、どういった種類のERPがあるのかを紹介します。

ERPの種類①:完全統合型ERP

完全統合型ERPは、販売管理や生産管理、人事、予算管理などのすべての業務を一元化して管理するERPシステムです。
これらのデータを一元で管理することで、さらなる経営効率の向上、ならびに迅速な意思決定が可能になります。

「企業全体として企業内情報の透明性をあげたい」「各事業部の連携をさらに効率化して結束力を強化したい」「全社視点でさまざまな業務の効率化を図りたい」と考えている企業におすすめなERPです。

ERPの種類②:コンポーネント型ERP

コンポーネントとは、「一部」「部分」といった意味を持つ英単語からくる言葉です。
コンポーネント型ERPとは、完全統合型とは異なり、業務の効率化を図りたい部門にのみERPを導入するものです。

また、ほかの業務や既にシステムを導入している部門にERPを導入したい場合も、追加で機能を拡張するだけで対応できるため、企業のスタイルに合わせた柔軟な導入も可能になります。

このコンポーネント型ERPは、企業体制や企業内の仕組みが変わったとしても柔軟に新たなERPの導入・拡張が可能であるため、多くの企業から人気を集めています。

ERPの種類③:業務ソフト型ERP

業務ソフト型ERPとは人事や労務、会計、生産管理などの一つひとつの業務に導入することができるERPシステムです。
単独業務の効率性が向上されるため、業務効率性をさらに向上させたい部門に導入することでその効果が発揮されます。

流行りのクラウド型ERP

今、ERP業界はクラウド型へと移行しようとしています。ここでは、クラウド型ERPとはどんなものなのか、またクラウド型ERPを導入するとどういったメリットがあるのかを紹介します。

クラウド型ERP

クラウド型ERPとは、ベンダーがインターネット上でアプリケーションを提供しているERPのことです。
企業はインターネットを通じてERPを導入することができます。

これまでのオンプレミス型とは異なり、導入・保守コストがかなり低減されると同時に短時間での導入が可能になっているため、多くの企業から注目を集めています。

クラウド型ERP導入のメリット①:コストの削減

オンプレミス型のERPを導入する際は、社内に新たなERPのソフトウェアやハードウェアを設置するための費用、また運用・保守のための費用が莫大にかかります。
しかしクラウド型のERPはインターネットを通じてベンダーのシステムにアクセスするため、インフラ整備を含めた導入コストや運用・保守コストが大幅に削減されます。

クラウド型ERP導入のメリット②:常に最新のシステムを利用できる

オンプレミス型のERPを運用するうえで付き物なのは、システムアップデートなどのシステム保守です。
システムをアップデートするために、営業時間外である休日や夜中にシステム管理者がつきっきりで作業をおこなう必要がありました。

また、時と場合によってはこのアップデートがうまくいかず、次の日の営業に支障をきたす場合もしばしばありました。
クラウド型ERPはベンダー側のサーバーでシステムアップデートがなされるので、企業側の負担が減ります。
また、このアップデートも基本的に営業時間外になされるため、企業の営業が阻害されることはめったにありません。

したがって、企業側は負担なしに常に最新のシステムを利用することができます。

クラウド型ERP導入のデメリット①:オフラインで使えない

クラウド型ERPは、その性質上インターネットを用いてアクセスしてそのサービスを利用するため、インターネットが通る状況下でしか利用することができません。
したがって、オフライン環境ではERPシステムを利用することができなくなってしまいます。

クラウド型ERP導入のデメリット②:ランニングコストがかかる

クラウド型のシステムは基本的に毎月、毎年といったように定期的に費用がかかったり、使った分だけ費用がかかる従量課金だったりと、さまざまな費用体系を備えたものがあります。
そのため、最初に費用を払いきることで利用できるオンプレミス型のERPの方が、費用体系がわかりやすいため好まれることもあります。

しかし、オンプレミス型のERPでもシステム運用代金や保守、アップデートにかかる費用など、買い切った後でも少しずつ費用はかかってきます。
自社でERPを導入したい目的をしっかり整理して、費用対効果をしっかり吟味してからクラウド型かオンプレミス型かを選ぶべきでしょう。

ERP導入の際のポイント

ここまでERPについて一通り紹介してきました。
ここでは実際にERPを導入するにあたり、事前に検討しておくべきポイントを紹介します。

ERP導入の際のポイント①:費用

ERPに限った話ではありませんが、企業はあらゆるサービスを導入するうえで費用対効果を考える必要があります。
やはりERPを導入する際に費用は無視できないポイントでしょう。

ERPは初期コストやランニングコストが莫大にかかり、決して安易に導入できるシステムではありません。
またさらに、自社のビジネスが拡大した際に追加でかかりそうなコストや、トラブルの対応など、さまざまなコストを多角的に考慮する必要があります。

したがって、ERPを導入することで削減できる工数とERPを導入するためにかかるコストを比較して、前者の方が重要なのであれば導入してみてはいかがでしょうか。

ERP導入の際のポイント②:使いやすさ

ERPを導入するうえで重要視するべきポイントとして、使いやすさも挙げられるでしょう。
IT企業でもない限り、会社にいる全従業員がITリテラシーが高くシステムを完全に使いこなせるとは限りません。
また、毎日使うシステムでもあるので、使いやすいデザインで設計されているシステムの方が使いやすいに越したことはありません。

したがって、一度デモなどを見てみて、興味を持ったERPの使いやすさをチェックしてみるべきでしょう。
その際、特にパソコンを使いこなせない人たち、いわゆるITリテラシーが高くない人たちにも使いやすいかどうか、という視点も入れてチェックするべきかもしれません。

また一方で、ITリテラシーが高い人が多く所属する組織にとっては、機能を追加するための開発環境が提供されていたり、利用者が利便性を追求して機能を設計できるERPシステムの方がより業務の効率化を図れます。

したがって、その場合は玄人向けのERPを選択肢に入れるべきでしょう。

ERP導入の際のポイント③:機能性

企業ごとに業種や業態、働き方はさまざまです。そのためERPを導入する際には自社に合った機能をカスタマイズする必要があります。
モノを販売している企業は販売管理機能が充実しているERPを選んだり、サービスしか提供していない会社はサービス管理機能が整っているERPを選んだり、さまざまな機能が各ERPパッケージには含まれています。

自社のどの業務を最も効率化させる必要があるのか再整理し、その業務をしっかり効率化させられる機能をもったERPを選ぶべきでしょう。
また、自社の拡大に合わせて機能を追加していくことも考えられるため、さまざまな機能を取り揃えたERPも選択肢に入れてみてもいかがでしょうか。

ERP導入の際のポイント④:サポート体制

ERPを導入するうえで、ベンダーのサポート体制が整っているかどうかもしっかりチェックしておく必要があります。
このシステムは会社全体のあらゆるデータを管理すると同時に、経営方針にまで関与するため、何かあった際は迅速な対応してくれるベンダーの方が安心感があるといえるでしょう。

また、24時間対応してくれるのか、電話対応もしてくれるのかなど、あらゆる側面からサポートの充実したベンダーをしっかり選定するべきでしょう。

ERP導入の際のポイント⑤:既存システムとの親和性

IT化が進んだ今日、ほとんどすべての企業にはすでに何らかの業務システムが導入されているでしょう。
そのような既存のシステムとの親和性を考慮することもERPを導入するうえで考慮すべきポイントの1つです。

拡張したい機能が既存システムの運用を阻害するものではないか、またその逆が発生することはないか、しっかり事前に確認したうえでERPを選ぶべきでしょう。

ERP導入の際のポイント⑥:セキュリティ

ERPを導入するうえで重要な要素としてセキュリティが挙げられるでしょう。
顧客の個人データや売上データなどさまざまな機密データがERP内には保存されています。

そのため、ERPベンダーがどのようなセキュリティ対策を施しているのかは事前にチェックしておくべきでしょう。
ISMS認証」や「クラウドサービス安全・信頼性に係る情報開示認定」など、外部の機関から安全性を保証されているかどうかチェックしておきましょう。

ERP導入の際のポイント⑦:ERP担当者が自社にいるか

自社にERP担当者がいるかどうかも、あらかじめ確認しておくべきでしょう。
ERPを導入する際には、既存の業務プロセスの整理、ERPパッケージ機能整理、開発進捗管理、結合テストなどさまざまな付随業務が発生します。

これらすべての業務に対応するためには、ERPを導入する際に音頭をとって各部署と連携する人が必要です。
自社に合うERPを見つけた後、導入に踏み切る前に一度受け入れ態勢がしっかり整っているのかチェックしておきましょう。

主要なERPパッケージ

最後に主要ERPベンダーを数社紹介します。世界的に有名なERPや国産のERPなど、大手のERPベンダーを紹介していきます。

NetSuite|世界No.1のクラウドERPシステム

netsuite
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 世界100カ国以上、40,000を超える企業で導入されているERP
  • あらゆる業界、業種に対応した専門ERPを販売
  • 機能カスタマイズの開発や多種多様な機能など、自社に合ったシステムの構築が可能

ZAC|プロジェクトの収支を、見える化。

zac
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 案件や契約単位で業務が進むプロジェクト型ビジネスに最適化されたERPシステム
  • 工数管理機能と配布計算機能を搭載
  • 経営管理レポートを多数出力可能

Microsoft Dynamics NAV|必要なことをすべて行えるシステム

microsoft_dynamics_nav
HPより

➤ 公式サイトでチェック

  • 中小企業のERP導入に強みを持つ
  • グローバルに展開するうえで役に立つ機能を添えたERP
  • 柔軟なオプション機能があるため、多種多様な事業体に合わせた導入・運用が可能

自社に合ったERPを

今回はERPの仕組みから、ERPを導入するメリットやデメリット、また主要なERPベンダーを紹介しました。
まだまだいろいろなERPベンダーがいるため、自社の事業を再度見つめ直し、改善するべきところをしっかり改善してくれるようなERPベンダーを選ぶべきでしょう。
まさに「痛いところに手が届く」ERPがきっとどこかにあるはずです。

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします