「クラウドサイン」とIDを統合管理する「KDDI Business ID」のシステム連携から読み解く #SaaSトレンド

弁護士ドットコム社の提供する電子契約サービス『クラウドサイン』と、KDDI社の提供するクラウドサービスのIDを統合管理できる『KDDI Business ID』が、2020年12月21日よりシステム連携を開始しました。今回のプレスリリースの内容のまとめと、電子契約サービスの拡張可能性に着目します。

クラウドサイン×KDDI Business IDがもたらす、自由なワークスタイル

PR TIMESより

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けてリモートワークが推進され、それに伴って多くの企業で業務の電子化・ペーパーレス化が進みました。また、複数のSaaS・クラウドサービスの活用が進んだことで、各サービスに割り当てられる社員のID、パスワードの管理コストやセキュリティ対策をどうするかということが多くの企業の抱える課題となりました。そうした背景から、セキュリティ保護を一元管理できるような仕組みに対するニーズは高まっています。

『KDDI Business ID』は複数のSaaS・クラウドサービスで用いられているID、パスワードを一元管理できるサービスです。ID、パスワードを一つにまとめることで、それらの管理コストを大幅に改善することができます。

『クラウドサイン』は、これまで紙面でおこなっていた契約業務をクラウド上で完結させることができる電子契約サービスです。電子契約機能には電子署名とタイムスタンプ機能があり、「いつ・誰が・何を契約したか」を確認できるため、改ざんなど不正のリスクを回避しています。

これら2つのサービスの連携により、ビジネスフローで必ず発生する契約業務の電子化と、そこに関わるセキュリティ対策の効率化および管理コストの低減ができるようになりました。Web上で安心して契約業務ができるようになったことで、企業はこれまで以上に「どこでも働けるワークスタイル」を実現しやすくなっていきます。

電子契約サービスの基本的な仕組みや導入手順に関しては、以下の記事をご覧ください。

クラウドサインの外部連携を一部紹介

©Bloomicon – shutterstock

近年では多くのSaaSが他社サービスとの連携を進め、独自のつながりをつくっています。『KDDI Business ID』だけではなく、クラウドサイン外部システムや他社サービスとの連携を積極的におこない、サービスの拡大を続けています。他社とは一線を画し、クラウドサインは各領域のNo.1プラットフォーマーに対して積極的に外部連携をおこなっていることが、特徴の一つといえるでしょう。各領域において大きなシェアを持つサービスとの連携は、新たな顧客層の獲得につながったり、高度な機能拡張をもたらしたりするといったメリットがあります。

ここでは、クラウドサインの代表的な外部連携の事例を3つ紹介します。

参考:外部連携|クラウドサイン

クラウドサインとSalesforceの連携

クラウドサインは世界的なCRM(顧客管理)システム大手『Salesforce』と連携することができます。Salesforceとの連携によって、以下のような機能が実現可能になります。

  • Salesforce上で管理している顧客情報から帳票を作成してクラウドサインで送信・締結する
  • 帳票作成は別でおこなった上で、Salesforce上の顧客に対してクラウドサインで契約締結・管理をする
  • 対面での契約・申し込みをおこない、入力された顧客情報をSalesforceで管理する

これらは、どのような契約フローを取ったとしても顧客管理と契約管理を一元管理できることを意味しています。クラウドサインとSalesforceの連携には一部専用のプランへの契約が必要です。

Salesforceについては、以下の記事をご覧ください。

クラウドサインとSlackの連携

クラウドサインは、世界的なビジネスチャットツール『Slack』と連携することができます。Slackといえば、先日セールスフォース・ドットコム社によって買収が発表されました。Slackとの連携によって、自分が送信した書類の進捗状況を、Slackに通知することができます。ステータスごとに通知するチャンネルやDMを指定することもできます。

通知できる進捗状況として「関係者による同意」「各プロセスの却下」「締結完了」があります。通知できる場所としては「指定したパブリックチャンネル」「指定したプライベートチャンネル」「DM」があり、特定の人物やグループへの進捗の共有もカスタマイズすることが可能です。

Slackについては、以下の記事をご覧ください。

クラウドサインとジョブカンの連携

クラウドサインは国内で大きなシェアを誇る勤怠管理システム『ジョブカン(ワークフロープラン)』と連携することができます。ジョブカンワークフローを連携することで、ジョブカンの申請に契約書を添付し、承認が完了したタイミングで指定した締結権限者に契約書の確認依頼メールを送ることができます。このように、煩雑なワークフローをスピーディに一元管理することが可能になります。

ジョブカンワークフローとの連携には、一部専用のプランへの契約が必要です。

電子契約サービスが生み出す、サービス連携の経済圏に注目しよう

繰り返しですが、「契約」はビジネスをおこなううえで必ず発生するステップです。その業務の性質から、電子契約サービスの多くは他の業務システムと連携が可能です。今回はクラウドサインと、クラウドサービスのIDを統合管理できる『KDDI Business ID』に着目しましたが、その他にもWeb会議システム、ビジネスチャットツール、CRMシステムなど、電子契約サービスはさまざまなサービスと外部連携をすることでビジネス全体の電子化を後押ししています。

クラウドサインを例として、電子契約サービスが形成するサービスの経済圏は今後も大きくなっていくのではないでしょうか。電子契約サービスの選定の際にも、「どんな外部サービスと連携が可能か」という点にも注目をしてみると良いでしょう。

今回の #SaaSトレンド はここまで。今後も、最新のSaaS・クラウドサービスの情報を発信していきます。楽しみにお待ちください!

本記事でのシステム連携に関する発表の詳細

本記事は、「PR TIMES」を参照して執筆しました。
参考:クラウドサインとIDを統合管理する「KDDI Business ID」がシステム連携。セキュリティ対策の効率化を実現|PR TIMES

プレスリリースの発表主体は以下をご覧ください。

【弁護士ドットコム株式会社】

  • 東京都港区六本木四丁目1番4号
  • 代表取締役社長 内田 陽介
  • 事業内容:「専門家をもっと身近に」を理念として、人々と専門家をつなぐポータルサイト「弁護士ドットコム」「ビジネスロイヤーズ」「税理士ドットコム」、Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供
  • URL:https://corporate.bengo4.com

【Torteo(トルテオ)に貴社のサービスを掲載しませんか?】

トルテオにサービスを掲載することで、「認知拡大」と「良質なリード獲得」に寄与します。
貴社のサービスを、ほんとうに必要としている顧客へ届ける。
だからこそ、営業活動の効率化と提供価値の最大化を実現します。

まずは「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください!

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー