社会人の出会いが少ない理由とは?出会いのきっかけ11選をランキングで紹介

みなさんは恋人や好きな人はいますか?
恋人がいたら、仕事が終わって一緒にご飯を食べたり、休日にはデートに出かけたりすることで、毎日が充実しますよね。
しかし、「毎日の仕事が忙しくて恋人をつくる暇なんかない!」と頭を抱える社会人はたくさんいるのではないでしょうか。
今回は、そんな忙しい社会人におすすめの出会いの場所を紹介していきます。

更新日:2019.12.20

社会人は出会いのきっかけが少ない?

じつは、社会人のプライベートの悩みで多いのが異性との出会いが少ないことです。
リンクバル社の全国の20歳以上の独身男女931名を対象とした「社会人の悩み調査」によると、「異性との出会いが少ない」と61%の人が回答しました。
また「新しい友達ができない」と13%が回答し、出会いが少ないことに悩んでいる社会人が7割以上いることがわかります。

参考:社会人のプライベートの悩み「出会いがない」が7割以上!男性が女性よりも「異性との出会い」がないことに悩む|PR Times

社会人が異性との出会いが少ない理由とは?

では、実際に社会人はどんな理由で出会いが少なくなるのでしょうか?
素敵な出会いを見つけるには、出会いが少ない理由を先に知っておきたいですよね。
まずは、社会人の出会いが少ない理由を見ていきましょう。

社会人が異性との出会いが少ない理由①:仕事が忙しい

仕事が忙しくなると、残業時間が長くなったり、休日に出勤したりして、プライベートの時間を確保することが難しくなりますよね。
特に、新社会人や転勤などで環境が変わった人は、業務内容や環境に慣れるまでに時間がかかってしまうため、仕事中心の生活になりがちです。仕事が中心の生活を続けていると、出会いがないまま時間が過ぎていってしまいます。

一生懸命に仕事をするのは大切ですが、オンとオフを切り替える習慣を身につけて、プライベートの時間を確保することが大切です。

社会人が異性との出会いが少ない理由②:行動範囲が狭くなる

仕事をしていると、毎日が自宅と職場の往復になり、単調な生活になってしまう人が多いと思います。
そのため、行動範囲が限られてしまい、出会いの可能性が減ってしまいます。

出会いを増やしていくためには、普段行かないような場所で飲んだり、遊んだりすることで、新たな出会いを掴むきっかけになります。

社会人が異性との出会いが少ない理由③:失敗を恐れるようになる

若いときは出会いのチャンスがあれば、積極的な行動ができていたのが、年を重ねるごとに失敗を恐れて行動をしなくなりがちです。
しかし、恋愛で上手くいっている人たちは、行動をして失敗を積み重ねた結果、出会いのチャンスを掴んでいます。

失敗をすることは恥ずかしいですが、積極的に行動をして出会いを掴んでいきましょう。

社会人が異性との出会いが少ない理由④:職場に異性がいない

職場に異性がいる環境だと、仕事の相談に乗ってもらったりして、恋愛に発展することが期待できます。
しかし、職場に異性が少ない場合だと、職場での出会いを期待することは難しいですよね。
異性に職場が少ない環境でも、社内のイベントに積極的に参加することで、意外な出会いが隠れているかもしれません。

出会いだけではなく、社内人脈に繋がる社内イベントには、積極的に参加していきましょう。

社会人の出会いのきっかけランキング

ここからは社会人の出会いのきっかけランキングを第1位から第11位まで紹介します。
ここで紹介するランキングは、NEXER社の「既婚者に聞く出会いに関するアンケート」を参考にしたものです。
自分に合う出会い場所を見つけていきましょう。

参考:既婚者に聞く出会いに関するアンケート|value press

第11位:婚活アプリ(0.4%)

気軽に出会いのきっかけを掴めるものとして人気なのが婚活アプリです。
自分の好きなタイミングでアプリを使うことができるため、時間の融通が利きやすいです。
また、チャット中心のやりとりになるので、気楽にコミュニケーションが取れて、人見知りの人でも安心して使うことができます。

第10位:婚活パーティー(2.2%)

婚活パーティーは遊び目的で参加している人は少ないので、真剣に結婚相手や恋人を探している人にはおすすめの出会いの場所です。
婚活パーティーでは、全員の異性と話す機会があるため、さまざまなタイプの異性と出会える可能性があります。
結婚を意識した出会いを求めている人には、おすすめの出会いの場所です。

第9位:婚活アプリ以外のSNS(2.5%)

これまでは、合コンや職場恋愛などで出会いを見つけるのが一般的でしたが、最近はTwitterやInstagramなどのSNSで出会いを見つける人が増えています。
SNSはメッセージのやり取りを気軽におこなうことができるため、人とつながりやすいのが特徴です。
ただし、特定の人に粘着したり、会うことを強要したりするなどの行為は迷惑となるので、使い方には十分に気を付けましょう。

第8位:ナンパ(3.1%)

見ず知らずの人に声をかけるナンパは、なかなかハードルが高いと感じてしまう人が多いのではないでしょうか。
出会いの数を増やすには有効的な手段ですが、テクニックや勇気が必要なため、慣れるのに時間がかかってしまうかもしれません。
話しかける勇気がある人は、一度トライしてみてはどうでしょうか?

第7位:趣味・習い事・サークル活動など(4.0%)

趣味・習い事・サークル活動は、職種や年齢など関係なく集まることができる場です。
スポーツやアウトドア、料理など、自分に合ったイベントに好きなタイミングで参加できるのが特徴です。
また、そこで出会った人と付き合った後も同じ趣味を共有できることもメリットといえるでしょう。

第6位:合コン(4.9%)

出会いの場として定番の合コンですが、軽い印象を受けたり、気恥ずかしかったりする人が多いのではないでしょうか。
しかし、合コンは男性と女性が少人数で集まるため、男性にとっても女性にとっても出会いの場所としては最適です。
もし、その場でフィーリングが合えば付き合える可能性もありますし、普段知り合えない人と話せるチャンスにもつながります。
合コンに対する先入観を持たずに、一度参加してみてはどうでしょうか?

第5位:社外の人との付き合い(5.3%)

社外での付き合いや異業種交流会なども出会いにつながる可能性が十分にあります。
仮に交際に発展することがなくても、そこで知り合いを作ることで、次の新たな出会いとしての、合コンや飲みの誘いにつながるかもしれません。
異性との出会いだけではなく、人脈も作りたい人は積極的に社外の人との交流を増やしていきましょう。

第4位:学校(8.7%)

学校での出会いとは、学生時代に知り合った人と社会人になってから付き合うというパターンです。
社会人になってからも学生時代からのつながりを大切にしておくことで、将来恋愛に発展するかもしれません。
まずは、久しぶりに会う学生時代の友人と再会してみてはどうでしょうか?

第3位:お見合い(10.7%)

お見合いは、遊び目的で参加している人が少ないため、真剣に結婚相手や恋人を探している人にはおすすめの出会い場所です。
お互いが結婚に対する気持ちが強いため、結婚を前提にお付き合いすることにつながり、結婚に焦りを感じている人におすすめ出会い場所といえるでしょう。

第2位:知人の紹介(23.1%)

数ある出会いのきっかけのなかでも、友人から異性を紹介してもらうケースは多いです。
お互いに共通の知り合いがいるため、付き合う前から付き合った後まで、相談しやすい相手がいるメリットがあります。
自分のことをよく理解してくれている友人から、自分好みの人を紹介してもらいましょう。

第1位:職場(29.3%)

社会人の出会いのきっかけといえば、職場が最も多いのではないでしょうか。
職場は、ほぼ毎日顔を合わせることになるので、恋愛に発展しやすい傾向があります。
恋人と職場が同じことで、仕事で困難な課題に直面したときに、共感を得られて一緒に乗り越えてくれる力になってくれます。
また、お互いに仕事の様子を把握することができるため、忙しいときなどは会うことを控えるなどの配慮をすることもできます。

出会いのチャンスを掴みにいこう!

気になる出会いの場所は見つかりましたでしょうか?
社会人は、毎日が忙しくて出会いを見つけるのはなかなか大変かもしれません。
しかし、出会いは積極的に行動をすることでチャンスが巡ってくるものです。
今回紹介したなかから、気になる出会いの場所があればぜひ試してみてください。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー