Chatwork(チャットワーク)の評判は?料金や機能、LINEとの違いも!

Chatwork(チャットワーク)とは、Chatwork社が提供しているビジネスチャットツールです。さまざまなコミュニケーションを効率化することができ、多くの企業で導入が進んでいます。チャットワークはどのような機能があり、どんな使い方ができるのでしょうか。この記事では、チャットワークの特徴や料金、導入事例や評判などについて解説します。スラックやLINE WORKSなどとの比較も紹介します。

チャットワークの機能|タスク管理やビデオ通話も可能

Chatwork(チャットワーク)とは、Chatwork社が提供しているビジネスチャットツールです。メールや電話、会議などのさまざまな業務上のやりとりをスムーズにすることができます。

チャット機能:リアクションなど多様なコミュニケーション

チャットワークでは、1対1のチャットや部署・チームごとに作成できるグループチャットが可能です。
また、「マイチャット」という自分だけのチャットルームがあり、メモやファイル管理、タスク管理の場として使うことができます。

「リアクション」機能では、メッセージに対して「了解」などの絵文字で反応をすることができます。絵文字を使うことで、より感情を伝えることができます。
また、テキストを入力せずにリアクションができるため、手が離せないときのレスポンスとして使うこともできます。

タスク管理機能:タスク管理が簡単にできる

チャットワークでは、タスクを管理することができます。自分でタスクを作成したり、メンバーにタスクを割り振ったりすることが可能です。
タスク完了後は、相手に通知が送られるため、完了報告が簡単です。また、一からタスクを作成するのではなく、依頼などのメッセージをそのままタスク化することも可能です。

タスク機能を使えば、チャット上でタスクの依頼から期限管理、完了報告までを完結させることができるため、タスク管理をスムーズにし、業務効率を向上させることが可能です。

ビデオ通話「Chatwork Live」(チャットワークライブ)機能

チャットワークでは、チャットだけではなく音声通話・ビデオ通話が可能です。チャットでは伝わりきらない内容や重要な連絡は、ビデオ通話を使って対面で伝えることができます。
PCだけではなくアプリでも音声・ビデオ通話が可能なため、外出先やテレワークなど、場所を選ばずに通話が可能です。

チャット画面にあるアイコンをクリックすれば、簡単に音声・ビデオ通話を開始することができます。また、画面共有もできるため、資料を見せながら会話をすることも可能です。

ワークフローや勤怠管理システムとの連携ができる

チャットワークは、外部のツールと連携することが可能です。ワークフローシステムやメール、カレンダーと連携して通知を受け取ったり、勤怠管理システムと連携してチャットで打刻をしたりすることが可能です。

勤怠管理システムとの連携

勤怠システムと連携することで、毎日の打刻をチャットワーク上でおこなうことができます。「AKASHI」や「jinjer勤怠」などの勤怠システムと連携することが可能です。
チャットに「出勤」や「退勤」などのテキストを入力するだけで打刻でき、勤怠システムに記録が残ります。勤怠管理システムへのログインなしで簡単に打刻できるため、打刻漏れの防止や勤怠管理を効率化することが可能です。

jinjer勤怠の詳細を見る

ワークフローとの連携

ワークフローシステムと連携すれば、申請・承認の通知をチャットワークで受け取ることができます。たとえば、「ジョブカンワークフロー」と連携すれば、稟議などの申請・承認通知を受け取ることが可能です。
通知で送られてくる承認画面のURLをクリックすれば、すぐに承認をおこなうことができるため、申請から承認までの作業を迅速におこなうことができます。

チャットワークの料金は?無料・有料プランの違いも

ここまで、チャットワークの機能について解説してきました。次に、チャットワークの料金プランについて紹介します。

チャットワークのプラン比較

チャットワークには4つのプランがあり、フリープランもあります。無料プランと有料プランの大きな違いは、作成できるグループチャットの数と、ストレージの大きさ、広告の有無です。

項目 フリー パーソナル ビジネス エンタープライズ

月額費用

0円(1ユーザー)

400円(1ユーザー)

500円(1ユーザー・年間契約の場合)
600円(1ユーザー・月間契約の場合)

800円(1ユーザー・年間契約の場合)
960円(1ユーザー・月間契約の場合)

コンタクト数

無制限

無制限

無制限

無制限

グループチャットの数

累計14グループまで

無制限

無制限

無制限

ビデオ/音声通話

1対1でのビデオ通話/音声通話

複数人でのビデオ通話/音声通話

無制限

複数人でのビデオ通話/音声通話

2段階認証

2段階認証

2段階認証

2段階認証

ストレージ

5GB

10GB

10GB/1ユーザー

10GB/1ユーザー

広告の非表示

×

ユーザー管理

×

×

社外ユーザー制限
IP・モバイル端末制限

×

×

×

ファイル送受信制限

×

×

×

チャットログ・エクスポート

×

×

×

SLA(サービス品質保証)

×

×

×

チャットワークのビジネスプランの特徴は?無料プランとの違いも

4つのプランのうち、企業など組織向けに用意されているのが「ビジネス」プランと「エンタープライズ」プランです。

この2つのプランとフリープラン・パーソナルプランとの違いは、ユーザーの管理ができることです。ビジネスチャットを企業で使用する場合、情報セキュリティに配慮する必要があります。
退職者がグループチャットに残ってしまうと、情報漏洩のリスクになります。ビジネスプランでは、管理者が組織内ユーザーの追加・削除をおこなうことができるため、退職者のアカウントを削除して情報漏洩を防ぎます。

さらに、エンタープライズプランでは、ユーザーのチャットログを確認することができます。また、社外ユーザーとのやりとりを制御したり、モバイル端末制限・IPアドレス制限をしたりすることができるため、より強いセキュリティ管理をおこなうことが可能です。

チャットワークとSlack(スラック)を比較!料金や機能の違いは?

近年、ビジネスで用いるチャットでよく利用されるツールとして、「チャットワーク」と「Slack(スラック)」が挙げられます。

2011年に日本国内で登場した「チャットワーク」は、今もなお人気を誇ります。
近年は2017年に日本語版で公開された「Slack」を利用する会社なども増えてきています。「Slack」はもともと英語版のみの対応でしたが、現在は日本語版も用意されるようになりました。

では、ビジネスチャットツールを利用する際には、どちらを選べばいいのでしょうか。

まず「チャットワーク」と「Slack」ともに、無料で利用することができます。しかし、無料プランでは、「広告が表示される」、「チャンネル数の制限」、「セキュリティ面の不安」など業務で使用する場合にはおすすめできません。

ここからは、「チャットワーク」と「Slack」の料金と機能を比較して解説しましょう。

チャットワークとSlackの料金比較

まず、料金プランについて比較してみましょう!

「チャットワーク」には4つのプラン、「Slack」には3つのプランがあります。
一方、無料プランと有料プランの大きな違いは、作成できるグループチャットの数や、ストレージの大きさ、セキュリティ面です。

有料プランだと、「チャットワーク」ではビジネスプランの年間契約で、1人あたり月額500円、「Slack」ではスタンダードプランの年間契約で、1人あたり月額850円です。したがって、ビジネスで使う際に、「チャットワーク」の方が費用を抑えることができるでしょう。

よって、有料プランを料金の観点から考察すると、「チャットワーク」がおすすめといえるでしょう。

チャットワークの料金プラン
フリー パーソナル ビジネス エンタープライズ

無料
チャット数:14グループまで
ストレージ:チーム全体で10GB

月400円/1人
チャット数:無制限
ストレージ:チーム全体で10GB

月500円/1人
月間契約:月600円
チャット数:無制限
ストレージ:チ1人あたり10GB

月800円/1人
月間契約:月960円
チャット数:無制限
ストレージ:1人あたり10GB
セキュリティ重視

Slackの料金プラン
フリー スタンダード プラス Enterprise Grid

無料
メッセージ数:10,000件まで
ストレージ:チーム全体で5GB

月960円/1人
年間契約:月850円
メッセージ数:無制限
ストレージ:チ1人あたり10GB

月1,600円/1人
年間契約:月850円
メッセージ数:無制限
ストレージ:1人あたり20GB
セキュリティ重視

料金:お問い合わせ
メッセージ数:無制限
ストレージ:1人につき1TB
専任のカスタマーサクセスによるサポート

チャットワークとSlackの機能比較

次に、機能面について比較してみましょう。

チャットワークには先述したようにタスク管理機能という「いつまでに何をすればいいか」ということを視覚化できる機能があります。
一方、Slackでは、スレッド表示という機能があり、会話の整理をおこなうことができます。また、インテグレーション機能により主要なソフトウェアやアプリケーションをSlackに直接組み込み連携させることができます。

よって、「チャットワーク」と「Slack」のそれぞれの機能の特徴を見極めた上で、自身や企業の風土に合ったチャットツールを選択することをおすすめします。

チャットワークとLINE WORKSを比較!料金や機能の違いは?

今度は、ビジネスチャットツールである「チャットワーク」と「LINE WORKS」を比較してみましょう。

2017年に「LINE WORKS」はサービスを開始しました。「LINE WORKS」はLINEをビジネスに特化させたビジネスチャットツールです。
LINEとの大きく異なる点として、ビジネスに特化させるための、既読機能やセキュリティ面が充実していることが挙げられます。

では、ビジネスチャットツールを利用する際には、「チャットワーク」と「LINE WORKS」のどちらを選べばいいのでしょうか。
「チャットワーク」と「LINE WORKS」についても無料プランで使用することは可能です。しかし、ビジネスの観点からは無料プランはおすすめできません。

ここからは、「チャットワーク」と「LINE WORKS」の料金と機能を比較して解説しましょう。

チャットワークとLINE WORKSの料金比較

まず、料金プランについて比較してみましょう!

「チャットワーク」と「LINE WORKS」ともに無料プランから有料プランまでの4つのプランがあります。
一方、無料プランと有料プランの大きな違いは、作成できるグループチャットの数や、ストレージの大きさ、セキュリティ面、メールの送受信可能数などです。

有料プランは、「チャットワーク」と「LINE WORKS」ともにどのプランも同じ程度の価格です。そのため、料金では大きな差がないといえるでしょう。
ただし「ストレージの容量」や機能面については異なる部分があるため、一概に料金だけでは比較できないでしょう。

チャットワークの料金プラン
フリー パーソナル ビジネス エンタープライズ

無料
チャット数:14グループまで
ストレージ:チーム全体で10GB

月400円/1人
チャット数:無制限
ストレージ:チーム全体で10GB

月500円/1人
月間契約:月600円
チャット数:無制限
ストレージ:チ1人あたり10GB

月800円/1人
月間契約:月960円
チャット数:無制限
ストレージ:1人あたり10GB
セキュリティ重視

LINE WORKSの料金プラン
フリー ライト ベーシック プレミアム

無料
チャット数:100人まで
ストレージ:合計5GB

月300円/1人
月間契約:月360円
チャット数:無制限
ストレージ:合計100GB(1人あたり1GB追加)

月500円/1人
月間契約:月600円
チャット数:無制限
ストレージ:合計1TB(1人あたり1GB追加)
メール:1人あたり30GB

月1000円/1人
月間契約:月1200円
チャット数:無制限
ストレージ:合計10TB(1人あたり1GB追加)
メール:無制限

チャットワークとLINE WORKSの機能比較

次に、機能面について比較してみましょう。

ビジネスチャットツールとして必要と考えられる、「タスク管理機能」、「メール連携機能」、「既読機能」、「メンション機能」の4つの機能の観点からそれぞれみていきましょう。なお、「メンション機能」とは、誰宛にメッセージを送るかを設定できる機能のことをいいます。

「チャットワーク」と「LINE WORKS」ともに「タスク管理機能」、「メール連携機能」、「メンション機能」の3つは備わっています。
一方、「LINE WORKS」にのみ「既読機能」があります。メッセージ送信相手の未読・既読や、グループチャットでの既読人数を確認することができ、相手にメッセージが伝わっているかがわかります。

以上より「チャットワーク」は長い歴史や多数の導入実績があり、信用性が高いツールといえます。一方、「LINE WORKS」は多くのユーザーを持つLINEと連携することが可能であり、「既読機能」も活用できます。
それぞれに特性があるため、目的を明確にし、企業に合ったチャットツールを用いることをおすすめします。

チャットワークの評判は?導入事例を紹介

ここでは、チャットワークの評判や、導入事例を元に、導入効果などを紹介します。

名古屋グランパスエイト社の事例

名古屋グランパスエイト社は、社内でコミュニケーションを取る際にはメールや電話、プライベートとして用いているコミュニケーションツールなどを活用していました。
しかし、複数のツールを利用すると、情報共有の観点からみるとが非効率になるという課題や、プライベート用途であるコミュニケーションツールを利用すると組織のなかでセキュリティ管理ができなくなる「シャドーIT」と呼ばれる課題もありました。

これらの問題を解消するために、ビジネスチャット「チャットワーク」を導入しました。「二要素認証」や「IPアドレス制限」などの高度なセキュリティ機能を持ち合わせている「チャットワーク」でコミュニケーションツールを統一することで、社内コミュニケーションをスムーズにし、業務を効率化する方針です。

参考:J1リーグ、株式会社名古屋グランパスエイトがビジネスチャット「Chatwork」を導入|PR TIMES

全国介護事業者連盟の事例

全国介護事業者同連盟は、介護保険制度を今後も持続していくために、介護現場の観点から制度や政策の情報発信をしています。

近年、介護の現場では人手不足が深刻化しており、事務作業の非効率化、社内のコミュニケーション問題、情報共有の課題などさまざまな課題を抱えています。これらの課題によって介護業界は離職率が高い状態となっているといえるでしょう。

これらの課題の解決策として介護業界でのICT化は急務です。そこで「チャットワーク」は介護業界へのサービス普及をおこなってきました。
全国介護事業者同連盟では5つある政策の方針の1つとして、ネットワーク通信技術を活用してコミュニケーションをとる「ICT化」や人手不足を補うために「ロボット活用」の推進を掲げています。

介護事業者が「チャットワーク」を導入することで、スタッフ同士の連携をより強化す、滞りなく情報共有をすることができるようになります。さらに残業時間の削減も可能となり、職場の良好な人間関係の構築によって、離職防止につなげることができるでしょう。
また、「チャットワーク」に「コミュニケーション」と「情報共有」を集約することで、「生活機能向上連携加算」などの介護報酬の加算にもつながることも期待されています。

全国介護事業者同連盟の「チャットワーク」導入によってコミュニケーションや情報共有の効率化において高い実績が証明されています。

参考:介護業界最大規模の全国介護事業者連盟がChatworkを導入|PR TIMES

北九州市役所が推進しているプロジェクトのコミュニケーションツールとしてChatworkを導入

「北九州システムインテグレータネットワーク」と呼ばれるプロジェクトでは、北九州地区における企業の生産性を向上させることを目的として、中小企業を対象に先端IT技術の導入を支援するプロジェクトです。

このプロジェクトでは、現在12社の中小企業が会員となっています。会員企業の間での情報共有する際には、電話やメールを利用していたため、コミュニケーションや情報伝達などがスムーズにできないという課題がありました。
さらに、プロジェクトにおける事務局である北九州市役所から情報共有する際も一方通行になってしまうことが多く、プロジェクトのコミュニケーション活性化という課題もありました。

これらの課題を解決するために、北九州市役所は、会員企業12社と市役所の情報共有などのやり取りをスムーズにするために「チャットワーク」を導入し、企業間の連携の強化を目的としています。また、新型コロナウイルス拡大の影響により、直接対面での会議が難しいなかでも「チャットワーク」を利用することで、業務をスムーズに進めていく方針としています。

参考:北九州市役所が推進する「北九州システムインテグレータネットワーク」プロジェクトのコミュニケーションツールとしてChatworkを導入|PR TIMES

チャットワークを活用して業務を効率化しよう!

「チャットワーク」にはタスク機能やリアクション機能、ビデオ通話機能、メンション機能などのさまざまな機能があります。特に、有料プランの場合でも安く利用できることがおすすめなポイントです。また、長い歴史や導入実績も多くあることから、信用性が高いところがチャットワークの魅力でしょう。

ビジネスチャットツールは「チャットワーク」だけではありません。これまでに紹介したように「SLACK」や「LINE WORKS」などもあります。他にもたくさんのビジネスチャットツールがあるので、ぜひ自社に合った最適なツールを見つけてみてください。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

セキュリティ・アクセス管理

ービジネスに役立つ情報を発信中ー