オンライン商談ツール「ベルフェイス」の評判は?使い方や料金を解説!

新型コロナウイルスの影響により、対面の営業ができなくなったことで、オンラインで商談をおこなうことが増えています。
しかし、「先方がネット対応に不慣れなため、商談しづらい」「接続方法が複雑なので導入に踏み切れない」といった悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、ネットに不慣れな方でも簡単にオンライン商談をおこなうことができる「ベルフェイス」の特徴や機能、料金について詳しく解説していきます。

ベルフェイスとは

bellface
HPより

ベルフェイスとは、リリースから5年で3,000社以上の企業に導入される実績を持つ、オンラインでの営業に特化したオンライン商談ツールです。オンライン営業ツールの中では国内シェアNo.1で、複雑な設定をすることなく利用することができます。

従来のオンライン商談ツールでは、専用アプリのインストールやルームURLを発行する必要がありましたが、電話番号とネット環境さえあれば、どこでも接続することが可能です。そのため、法人営業だけではなく、リテール営業も簡単におこなうことができます。

ベルフェイスの3つの特徴

ベルフェイスには、以下3つの特徴があります。ここでは、ベルフェイスの特徴について解説します。

  • オンライン商談に特化した機能を搭載
  • 簡単に接続できる
  • 定着支援やウェブセミナーなど充実サポート

オンライン商談に特化した機能を搭載

ベルフェイスには、従来のオンライン商談ツールで利用できていた、画面共有・メンバー内チャット機能だけではなく、シンクロプレゼンテーション機能やトークスクリプト機能などの商談に特化した機能を複数搭載しています。搭載機能の詳細については後述していきます。

簡単に接続できる

ベルフェイスは、先方に専用アプリケーションを用意してもらう必要はありません。電話をつなぎながらお客様にブラウザ上からベルフェイスを検索してもらい、接続ナンバーを発行するだけでオンライン商談をおこなうことが可能です。

また、SMS送信機能を利用すれば、接続ナンバー発行ページのURLを送信することができます。そのため、商談相手にブラウザ上で調べてもらう必要もなく、スマートフォンからでも簡単に接続ナンバーの発行をおこない、会議に接続することが可能です。

定着支援やウェブセミナーなど充実のサポート

社内でオンライン商談ツールの使用を推奨していたとしても「社員がオンライン営業を嫌がって使用してくれない」といった心配も出てくるでしょう。
ベルフェイスでは、導入した企業のスタッフへの定着支援やウェブセミナーを開催しています。

そのため、オンライン営業に消極的な社員に対しても重要性を理解してもらい、積極的にベルフェイスを使用してもらうことが可能です。

ベルフェイスの使い方|商談に役立つ機能

ベルフェイスには、商談に役立つ機能があります。ここでは、その中から5つの機能をピックアップして解説します。

  1. シンクロプレゼンテーション機能
  2. トークスクリプト機能
  3. レコログ機能(録音録画機能)
  4. デジタル名刺機能
  5. CRM連携機能

シンクロプレゼンテーション機能

シンクロプレゼンテーション機能とは、商談中の端末画面を双方が自由に操作することができる機能です。
一般的な画面共有機能では、商談中の資料を1人しか操作できないため、商談相手が思ったように資料を確認することができません。

しかし、シンクロプレゼンテーション機能を利用することで、資料の気になる部分を自分の好きなように確認することが可能です。
また、お互いのマウスの位置でどこを見ているのかがわかるため、オンライン商談でも確認して欲しい資料を指示することができます。

お互いが自由に資料を見たり操作したりすることで、提案内容に理解を得ることができ、商談の成功率の向上も期待できます。

トークスクリプト機能

トークスクリプト機能とは、自分しか確認することができないカンペです。話すべき内容を画面上に表示することで、商談対応をスムーズに進めることができます。
成績の良い営業のトークスクリプトを真似したり、質問への返答をあらかじめ準備したりすることができるため、商談を上手く進めることができます。

レコログ機能(録音録画機能)

レコログ機能とは、商談内容を録音録画することができる機能です。記録したデータを確認することで商談終了後に自身の対応を振り返ることができます。
また、記録したデータは社内共有することができるため、営業教材として活用することも可能です。

また、商談音声は自動でテキスト化がおこなわれるため、細かい部分まで再度確認できます。
レコログ機能は、同じ場面を検索して表示することも可能なので、ほかの営業動画と比較して自身の良い点・悪い点を可視化できます。

デジタル名刺機能

オンライン商談では、紙の名刺を渡すことができませんが、ベルフェイスにはデジタル名刺機能が導入されているため、自身の名刺を先方に送ることが可能です。
商談日程などの確認の際に事前に名刺を送っておくのもよいでしょう。

名刺の中には、所属企業情報だけではなく、担当の趣味や写真、出身地も表示されます。共通点があれば話も盛り上がりやすく、営業担当の人となりがわかれば親近感も湧きやすくなります。
商談中のちょっとした会話のきっかけを作る材料となるため、商談をスムーズに進めることが可能です。

CRM連携機能

ベルフェイスでは、蓄積した商談データをCRMと連携させることで、商談記録・顧客情報を一元管理することが可能です。顧客情報や商談履歴などのデータを確認したり、営業やマーケティングに活用したりすることができます。

また、商談に関するデータを全て保管することができるため、CRM上で顧客データの分析がおこなわれ、営業進捗・数値管理が容易になります。

ベルフェイスの料金

ベルフェイスの基本料金体系は、初期費用と月額費用(定額)となります。
しかし、具体的な金額に関しては、公式サイトで提示されておらず、確認するためには問い合わせする必要があります。

また、以下サービスを利用するためには別途課金が必要です。

  • 運営支援費用
  • オンライン商談コンサルティング
  • 他ツールとの連携サポート
  • デスクサポート
  • 各種無料のウェブセミナー受講

ベルフェイス導入までの流れは以下の通りです。

  1. お問い合わせ
  2. 希望サービスに応じた見積もり確認
  3. 契約・導入

ベルフェイスでは、問い合わせ時に相談すれば、契約前にトライアルを利用することが可能です。

各種サービスの詳細に関しては資料請求できるので、確認してみると良いでしょう。

ベルフェイスを導入してオンライン商談を成功させよう!

以上、ベルフェイスの特徴や機能、料金について解説していきました。
ベルフェイスは、ネット環境と電話番号さえあれば、先方に負担をかけることなくいつでもオンライン商談を始めることが可能です。

オンライン商談に特化した、レコログやシンクロプレゼンテーションなどのさまざまな役に立つ機能を利用することができます。
社内でベルフェイスが普及しない場合は、定着支援やウェブセミナーが無料で開催されているので、社員にベルフェイスの重要性を理解してもらうことも可能です。

また、ベルフェイスの料金体系は公式サイトで明記されていないので、別途問い合わせが必要になります。

本記事では、ベルフェイスについて詳しく解説していますが、ほかにもさまざまなオンライン商談ツールは存在しています。ツール独自の機能が搭載されている場合もあるので、自社の営業スタイルにあうオンライン商談ツールを検討してみてはいかがでしょうか。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

セキュリティ・アクセス管理

ービジネスに役立つ情報を発信中ー