オンライン商談の背景で使える無料サイト5選

最近ではリモートワークが浸透し、会議や商談をオンラインでおこなう機会が増えました。オンライン会議や商談の際に気になる点の1つとして、背景が挙げられるのではないでしょうか。
本記事ではオンライン商談の背景について、選び方のポイントや無料の背景サイト、オンライン商談用の名刺を作成できるサイトなどを紹介します。他にもオンライン会議で好印象を与えるコツについても解説しているため、ぜひ参考にしてください。

オンライン商談中の背景|選び方のポイント

オンライン商談では、使用する背景も重要です。
社内メンバーのみのWeb会議では、背景を気にしない方もいるでしょう。しかし、オンライン商談となると、相手がクライアントや見込み顧客であるため、気を遣う必要があります。

オンライン商談の背景は、商談の雰囲気や相手に与えたい印象を考えて選ぶことがポイントです。
背景は、設定する画像によって画面の雰囲気や相手に与える印象が異なるため、企業や個人の印象作りや、商談の雰囲気作りに役立ちます。

背景を設定しない場合は、自然体の姿を見せることができ、親しみやすい雰囲気を作れますが、真面目さや緊張感に欠ける場合もあるでしょう。
また、リモートワークの場合、自宅の様子が見えてしまいます。

一方で背景を設定すれば、自宅の様子が伝わる心配がなく、スペースを整えたり片付けたりする必要もありません。

オンライン商談が増えてきた昨今では、さまざまなサイトでオンライン商談用の背景が配布されています。
商談相手に与えたい印象などを考慮しながら、背景を選んでいきましょう。

おすすめ!無料のオンライン商談用の背景画像サイト

ここでは、オンライン商談に使える背景画像を提供しているサイトや企業を紹介します。
おしゃれなオフィスの背景やシンプルな背景、アートな背景など、幅広く紹介するので参考にしてみてください。

おしゃれなオフィスの背景画像|ワークスタイリングス

ワークスタイリング
HPより

三井不動産社が運営するシェアオフィス「ワークスタイリング」のホームページ上で提供されている背景は、実際に利用されているシェアオフィスの画像です。

日本橋三井タワーや東京ミッドタウンなどのオフィス写真を使うことができ、商談や会議に適しています。綺麗で堅苦しくないシェアオフィスの画像なので、クリエイティブな雰囲気を作ることができるでしょう。

掲載されている画像はオンラインのバーチャル背景に限って使用することができ、その他の目的での使用はできないのでご注意ください。

参考:オンライン会議で使える!ワークスタイリングのバーチャル背景|WORKSTYLING

シンプルな背景画像|ZOOM ASOBI

ZOOM ASOBI
HPより

「ZOOM ASOBI」では、さまざまな背景画像をダウンロードして利用することが可能です。サイトでは、Zoomでの背景画像の設定方法なども解説されています。

もっとも人気の高い背景はシンプルな単色背景で、青・緑・黄色・ピンク・白など数種類用意されています。
他にもシンプルな4色のグラデーション背景や動物のワンポイントが入った背景などもあるので、好みに合わせて選ぶことが可能です。

参考:シンプルな背景|ZOOM ASOBI

バラエティ豊かな背景画像|Unsplash

Unsplash
HPより

無料写真素材サイト「Unsplash」では、高画質な画像を多種多様に取り揃えています。綺麗なオフィスの画像だけでなく、シンプルな部屋の画像もたくさんあります。

たとえば、フォーマルな商談の場であまり個性は出したくないけれど、リモートワーク中でお客さんに自宅を見られたくないという方にもおすすめです。
もちろん、個性を出したい方向けにも、綺麗な風景やアーティスティックな画像もあります。

また、サイトの画像は商用利用も自由にできます。Web会議やオンライン商談のスクリーンショットを、記事などで公開する際も安心して使うことができます。

参考:Beautiful Free Images & Pictures | Unsplash

アートな背景画像|メトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館
HPより

ニューヨークのメトロポリタン美術館のホームページには「The Met Collection」というページがあり、所蔵作品を探すことができます。
その中でも「Open Access Artworks」の作品はパブリックドメインで、バーチャル背景に設定することも可能です。

アートな背景を設定すれば、商談画面が知的でおしゃれな雰囲気になるでしょう。
作品は375,000以上もあるため、キーワードを設定して好みのアートを探してみてください。

参考:The Met Collection|The Metripolitan Museum of Art

シンプルな背景画像|BAYCREW’S STORE

BAYCREW’S STORE
HPより

アパレル通販サイト「BAYCREW’S STORE」が提供するのは、女性が使いやすいシンプルな背景画像です。実際の店舗の窓辺の写真や木漏れ日の写真など、上品でナチュラルな印象を与えることができるでしょう。

窓辺の画像は日常生活の背景のような自然な雰囲気で、木漏れ日の画像も明るく優しい雰囲気です。特に女性が使うのに最適な、シンプルで使いやすい背景といえます。

参考:ZOOMバーチャル背景配布|BAYCREW’S STORE

オンライン商談用の名刺を作成できるサイト

対面での商談では、名刺交換を必ずおこないます。
オンライン商談でも名刺データを相手に渡したり、背景を名刺代わりにすることが可能です。

その際に役立つのが、オンライン商談用の名刺作成サイトです。
自身の情報を入力すれば簡単に名刺を作成することができ、シンプルな名刺から個性的な名刺まで作成することができます。

ここでは、オンライン商談用の名刺を作成できる3つのサイトを紹介します。

zoomee

zooome
HPより

「zoomee」は、クリップ社が運営するオンライン会議用のバーチャル背景名刺無料作成ツールです。名刺カードを作成したり、バーチャル背景に名刺情報を入れた画像を作成したりすることができます。
プレビュー画面で確認しながら文字入力が可能で、操作方法がシンプルでわかりやすい点も魅力です。

また、カスタマイズオーダーも可能なのでオリジナルデザインにしたり、自社ロゴ・自社サービスを組み込むことなども可能です。

参考:zooome(ズーミー) – テレビ会議用の「バーチャル背景名刺」無料作成ツール

SanSan

sansanのHP
HPより

名刺管理サービス「SanSan」でも、オンライン商談用の名刺背景を作成することが可能です。

作成の手順としては、まずSanSanから提供されているテンプレートをダウンロードして、氏名・会社名・役職などを入力します。
名刺の編集が完了したら、Sansanのオンライン名刺に登録し、QRコードをダウンロードします。そして、作成した名刺にQRコードを埋め込みます。最後に画像の書き出しをおこなえば、オリジナルの名刺背景画像の完成です。

この画像を背景に設定すれば、取引先と簡単に名刺交換をおこなうことができます。

参考:【オンライン名刺】オリジナルバーチャル背景設定ガイド|SanSan

canva

Canva
HPより

「canva」はオーストラリアの企業が運営する、世界190カ国で利用されているデザインツールです。
canvaを利用すれば、プロのデザイナーが作成したテンプレートを使って名刺やチラシ、バナーなどを無料で簡単に作ることができます。

また、iPhoneやAndroidのアプリでも利用できるので、スマホで作成することが可能です。
スタイリッシュでおしゃれなテンプレートから好きなものを選ぶだけなので、デザインに自信がなくても、完成度の高い名刺を作成することができます。

参考:ホーム – Canva

オンライン商談で好印象を与えるコツは?

オンライン商談は対面での商談と異なり、画面越しのみでのコミュニケーションとなるため、その場の雰囲気などを共有することができません。
そのため、オンライン商談ならではの気をつけるポイントがいくつかあります。

ここではオンライン商談で好印象を与えるコツについて解説します。

音声とカメラを事前にチェックしておく

オンライン商談が始まる前には、音声とカメラのチェックは必須です。
商談が始まってから音が聞こえなかったり、カメラが映らなかったりした場合、調整に時間がかかって商談の開始時刻が遅れてしまい、お客さんに迷惑をかけてしまいます。

また、PCに内蔵されているカメラの画質やマイクの音質が悪い場合は、外付けのデバイスを導入してもよいかもしれません。
事前に環境を整えておき、スムーズにオンライン商談をおこなえるようにしておきましょう。

要点は簡潔に伝え、はきはきと話す

対面の商談であれば、その場の雰囲気を共有しているため、無言で考えている時間なども気になりません。
しかし、オンライン商談ではそのような空気感が伝わらず、コミュニケーション方法を明確にしなければなりません。

そのため、相手には要点を簡潔に伝え、はきはきと話すことを意識する必要があります。
プレゼンテーションなどのスライド資料なども利用しつつ、伝え方を工夫しましょう。

一方的に話すだけでなく、質問もする

オンライン商談の場では画面越しでしか顔が見えず、実際には部屋に1人の状況である場合が多く、コミュニケーションが一方的になりがちです。
また、人数が多い場合、発言をしていない人は商談への参加意識が薄い可能性も考えられます。

そのため、商談中は喋ることと聞くことのバランスを意識することが大切です。一方的に喋るのではなく、質問をしたり意見を述べたりするようにしましょう。

対面の商談時よりも、間の取り方や相手の表情などに意識を向けることで、相手に気持ちよく商談に参加してもらえるでしょう。

背景を設定してオンライン商談を円滑にしよう

オンライン商談では、背景の活用も重要です。
背景によって印象を変えることもでき、名刺代わりにすることもできるため、商談の雰囲気や相手に与えたい印象によって選びましょう。

また、それぞれのオンライン商談ツールによって搭載されている機能は異なるため、背景画像を設定したい場合は、その機能が搭載されているツールを選定する必要があります。
オンライン商談をする際は、ツールの比較・検討を十分にし、自社に合ったものを導入して商談を円滑に進めましょう。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

セキュリティ・アクセス管理

ービジネスに役立つ情報を発信中ー