請求書発行システム 「楽楽明細」の料金や機能は?郵送代行サービスあり

請求書発行システムとは、請求書の作成や送付する作業の効率化をおこなうシステムのことです。請求書発行システムを導入することで、請求業務にかかる時間の短縮が期待できます。
この記事では、請求書発行システムの一つである「楽楽明細」の概要や機能の特徴、郵送代行サービス、導入事例、料金プランについて紹介します。

楽楽明細とは?

楽楽明細
HPより

楽楽明細とは、ラクス社が提供している請求書発行システムです。
インターネット上で帳票を簡単に発⾏することができるので、請求書発⾏する際の印刷や封入、発送などにかかっていた時間や費用を削減できます。

また、楽楽明細の特徴の一つとして、請求書や納品書、検収書、領収書など、多様に帳票を発行できる点が挙げられます。帳票のレイアウトは、現在使っているものをテンプレートとして再現することも可能です。

そして、楽楽明細には、API連携機能などの請求書発行に特化した便利な機能がたくさん搭載されています。さらに、導入や活用方法などのサポート体制も充実しています。

次に、その特徴について詳しく紹介していきます。

楽楽明細の機能

楽楽明細には豊富な機能が備わっています。ここでは、楽楽明細の機能について詳しく紹介します。

ダウンロードURLで帳票を配信できる

楽楽明細では、帳票をダウンロードURLから配信することができます。そのため、メールにURLを貼り付けるだけで帳票を送付することが可能です。

URLから1クリックで帳票をダウンロードすることができるため、ユーザーIDやパスワードなどの管理をおこなう⼿間を省くことができます。

お客様にとっても便利に利用できる

楽楽明細は、請求書を受け取るお客様にとっても便利に利用することができます。Web上で請求書を発行できるため、郵送と比較すると素早く請求書を受け取ることが可能です。また、請求書はPDFファイルだけではなく、CSVファイルで受け取ることもできます。

さらに、過去の請求書はいつでも確認やダウンロードすることができるため、突然請求書が必要になったときでも安心でしょう。
他にも、お客様の請求書ダウンロードサイトのURLを、自社のドメインに変更ですることができるので、お客様を安全にサイトへアクセスさせることが可能です。

自由に帳票レイアウトを変更できる

楽楽明細では自由に帳票をレイアウトすることもできます。
たとえば、請求書や納品書などの項⽬を自社の形式に合わせて作成したり、配置を変えたりすることが可能です。そのため、現在使用しているフォーマットをそのまま再現して利用することもできます。請求書のフォーマットについては縦型や横型などから選択することが可能です。

また、楽楽明細が用意している請求書のテンプレートを使用することもできます。
さらに、請求書の送付状と明細を分類して発行している顧客にも対応することが可能です。詳しくは運営会社へ問い合わせが必要です。

取引先に応じて請求書の発行方法が選択できる

楽楽明細では、「Web」「メール」「郵送」「FAX」の4種類の方法で請求書を発行することができます。そのため、顧客に応じて請求書の発行方法を選択できることが特徴です。
Web上で請求書を発行する場合、素早く確実に送付できることができるので、早急に請求書を必要としている顧客のニーズに応えることが可能です。

メールで請求書を送付したい場合、請求書のPDFデータをメールに添付することができます。なお、送付された請求書のPDFデータを一括ダウンロードできるという便利な機能もあります。

FAXで送付する際は、低価格のノーマルモードと、印刷がより明確であるファインモードの2種類から選択することが可能です。

また、楽楽明細では郵送代行サービスも提供しており、郵送する請求書の数が少なくても低コストで送付することができます。

簡単にデータ連携できる

利⽤している⾃社システムなどから、出⼒可能な請求データを楽楽明細に取り込むだけでデータを容易に連携させることができます。また、連携するデータはCSV形式とPDF形式で選択することが可能です。

さらに、楽楽明細は、API連携を用いて自社で利用している基幹システムや販売管理システムなどと自動的にデータ連携することもできます。なお、顧客データのAPI連携も可能です。
したがって、楽楽明細と他システム間でスムーズな連携を実現することができ、請求書発行業務の効率向上が期待できます。

郵送代行サービスについて

これまでにも説明したように、楽楽明細では請求書の郵送代行サービスも提供しています。
帳票データをアップロードするだけで、簡単に郵送代行を依頼することができるサービスとなっています。

郵送代行サービスは、1通あたり164円から(※1)利用することが可能です。この料金には、郵送費用・封筒代・紙代・印刷費用・手数料が含まれていて、業界最安値の料金体系を誇っています。
封入する枚数やカラー印刷などによって料金は変動します。

また、1通から発送代行を依頼することができます。他社のサービスは、1通だけ送る場合でも1日分の手数料がかかることもありますが、本サービスでは、作業日ごとの手数料はかかりません。詳しい料金については運営会社へ問い合わせください。

また、顧客それぞれに対して、請求書を郵送代行するのか、Web発行してメールで送るのかなどの情報を一元管理することが可能です。よって、帳票データを楽楽明細に取り込むだけで発送依頼をおこなうことができます。

※1 税抜価格、別途月額費用が必要

楽楽明細の導入事例

ここでは、楽楽明細の導入事例を2つ紹介します。システムを導入したことでどんな効果があったのかを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

請求作業にかかっていた時間を大幅削減|GMOソリューションパートナー社

GMOソリューションパートナー社は、Webサイトの集客や運用のサポートや、メディアサービスなどの多くのインターネットサービス事業をおこなっています。

GMOソリューションパートナー社では請求書などのデータを一つひとつExcelツールで作成し、印刷や封入をおこない、送付作業をしていました。また、顧客の要望によっては、郵送だけではなく、メールやFAXでも送付する必要があったため、手間が多くかかっていました。

楽楽明細の導入後は、請求書の印刷や封入をおこなう作業が不要となり、月に10時間の業務時間の削減に成功しました。また、請求書発行の99%を郵送からWebに切り替えることで、郵送コストや収入印紙代などの削減もできました。

参考:WEB請求書・帳票発行システム楽楽明細の導入事例|GMOソリューションパートナー株式会社様

システム連携も簡単にできる|ラクスル社

ラクスル社は、物流のシェアリングプラットフォームである「ハコベル」を提供しています。ハコベルとは、トラックを探している荷主と運送会社をマッチさせるサービスです。これまでハコベルでは、すべて郵送で請求書の送付をおこなっていたため、毎月多くの時間がかかっていました。

新システムである「ハコベルコネクト」に切り替える際に、業務効率を向上させたいというニーズから、ラクスル社は楽楽明細を導入しました。

楽楽明細とハコベルを連携することで、数クリックするだけで、毎月およそ200件の請求書を簡単に発行できるようになり、多くの時間がかかっていた業務がおよそ10分で完了させることが可能となりました。

参考:「楽楽明細」×「ハコベル」連携事例|ラクスル株式会社

楽楽明細の料金

料金プランは、初期費用が10万円から、月額費用が24,000円からとなっています。帳票のデザインを変更したい場合は別途費用がかかります。
資料請求や見積りが可能なので、詳しい料金プランやオプションについて知りたい方は運営会社へ問い合わせてみましょう。無料トライアル期間が用意されているのも魅力的です。

また、楽楽明細では、導入するにあたってのサポート体制も万全です。

問い合わせ後にまず、専属の営業担当者によって課題などのヒアリングがされます。そしてその内容をもとに、顧客が抱えている課題を解決できるプランを提案してくれます。

このようにサポート体制が丁寧であるため、安心してプランを検討することができるでしょう。

「楽楽明細」で請求業務を効率化しよう!

いかがでしたか。
楽楽明細には、ダウンロードURLで帳票を配信できることや、自由に帳票レイアウトを変更できることなどさまざまな特徴があります。また、API連携が可能であるため、自社で利用しているシステムと自動的にデータ連携することもできます。

楽楽明細を活用することで請求書発行業務を効率的におこなうことができるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。少しでも気になった方はこちらから資料請求してみてください。

楽楽明細の資料請求はこちら!

また、請求書発行システムには、楽楽明細のほかにもさまざまなものがあります。自社のニーズに合ったシステムを選ぶことが重要です。

請求書発行システムの導入を検討している方は、こちらもぜひご覧ください。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

セキュリティ・アクセス管理

ービジネスに役立つ情報を発信中ー