タレントマネジメントシステムの主な機能とメリット・デメリット

経営環境の変化やグローバル化、働き方改革などに伴い、企業の中長期的な成長戦略として「タレントマネジメント」に注目が集まっています。この記事では、タレントマネジメントシステムの主な機能とメリット・デメリット、また実際にシステムを導入する際の注意点や、成果を出している企業の事例をご紹介します。

タレントマネジメントシステムとは?

タレントマネジメントとは、自社の従業員が持つ資質や能力(タレント)に着目し、それらの情報を一元管理することで、戦略的な人材配置や効果的な人材育成をおこなうためのマネジメント手法です。

人材の流動が激しかった1990年代のアメリカにおいて、優秀な人材の流出を防ぎ、企業の生産性を高めるための方法として誕生しました。

タレントマネジメントの目的は組織のパフォーマンスの向上

タレントマネジメントの目的は、組織全体のパフォーマンスを高めることです。それぞれの従業員のタレントに着目し、より効果の高い人材配置を実行することで、従業員一人ひとりが高いパフォーマンスを発揮できる環境づくりが可能です。

組織への貢献を重視した日本の人事評価の見直し

日本では古くから年功序列や終身雇用の考え方が主流で、人事評価制度においても均一的な施策を採っていました。現場の管理者の感覚で評価をおこない、「個々の能力の高さ」よりも「会社の方針に合っているか」を重視した人事評価や人材配置によって、より組織に貢献した人材が評価される形でした。

しかし、日本の雇用環境は変化し、従来の人事評価制度は見直されつつあります。社員の能力を客観的に把握し、適性な評価をおこなうことが重視されています。

時代の変化に合わせた組織づくりが求められる

現代はグローバル化が進行し、自国だけでなく世界を視野に入れた組織づくりが重要です。企業が継続的かつ効果的な成長を進めていくためには、従業員一人ひとりの個々の能力(タレント)を活かし、高めていくことが求められます。

また、働き方改革によってワークライフバランスが見直され、仕事に対する従業員の個々人の価値観も多様化しています。労働人口の減少による売り手市場は今後も加速し、能力のある人材の争奪戦はますます激化していきます。

こうした時代の流れに対し、企業は柔軟的な対応が求められています。従業員のモチベーションを高め、離職を防ぎ、企業が継続的な成長を果たすための手段として注目されているのが、タレントマネジメントです。

タレントマネジメントシステムの基本的な機能

近年注目を集めているタレントマネジメントを加速させ、より効率化なものにするために、タレントマネジメントシステムを導入する企業が増えています。

次に、タレントマネジメントシステムの基本的な4つの機能について解説します。

1.スキル・プロフィール管理機能

タレントマネジメントシステムでは、従業員一人ひとりの能力や人員配置、これまでの経歴、評価面談の記録など、分散したデータを一元管理できる人材データベースを整備することができます。

これによって、今までは膨大な情報量の中から検索したり、管理者から直接聞き込んだりと、人事評価に多大な時間と労力を要していた作業が効率化され、より効率的かつ効果的な従業員情報の管理が実現できます。

2.データ分析機能

タレントマネジメントシステムには、登録された従業員情報をもとに分析をして、人事評価に用いる正確な人材データを作成できる機能があります。また、タレントマネジメントシステムには、過去の経験や評価内容を参照し、各従業員にスコアを付けていく機能も備わっています。

これによって、従業員本人や管理者の主観的な考えに左右されない客観的な人材データを蓄積し、適切な人事評価や人員配置を進めることができます。

3.目標管理機能

タレントマネジメントシステムでは、人事評価や人員配置に役立てるだけのものではありません。従業員が歩みたいキャリアについて目標を設定し、それに対する人材評価の指標や実績を管理することができます。

つまり、従業員が目指したいキャリアプランに対し、良かった点や今後必要な課題などを明確化し、フィードバックすることで意欲の向上につなげることができます。

4.従業員の育成計画機能

タレントマネジメントシステムは、従業員の適切な育成計画の策定についても役立ちます。人材データベースに基づき、それぞれが苦手とする分野のスキルや知識に対し、効果的な研修やトレーニングのプログラムを計画できます。

タレントマネジメントシステムを導入するメリット

タレントマネジメントシステムを導入することで、最適な人材配置や人材の育成、従業員の維持確保などの課題解決につなげることが可能になります。
具体的な4つメリットについて、以下にて解説します。

1. 戦略的な人材配置により組織のパフォーマンスが向上する

タレントマネジメントでは、過去の業務経験だけでなく、個人の持つスキルや資格、性格や志向を可視化し、業務や部署との相性を検証します。これによって、組織内で個人が持つ得意分野やスキルを活かし、最大限のパフォーマンスが発揮できるような部署に配置転換させることが可能です。

これは何も優秀な人材のみに限った話ではありません。たとえば海外との取引が多い企業であれば、「外国語が話せる」や「外国人とのコミュニケーション経験がある」といった特性を持つ人材が求められます。
企業が新たに事業展開する際にも、より効果的な人材を選出し最適なメンバーを編成するのに、タレントマネジメントは有効です。

2. 中長期的な人材育成や人材採用の効率化につながる

タレントマネジメントは、従業員の不得意分野や弱点を発見するのにも効果的です。組織に合わなければ配置転換すれば良いということではなく、苦手とする分野を克服するためにも、従業員一人ひとりに合った適切な研修やトレーニングなどの人材育成計画を整えることができます。

また、人材の情報を可視化することで、その組織に不足しているスキルや能力を発見することができます。たとえば、ある部署に「対外交渉力が弱い」という弱点があれば、それを既存の社員で補えない場合には、「営業経験のある人」として業務領域を絞った効率の良い採用活動が可能です。

3. 人材の流出防止と定着化につながる

タレントマネジメントによって人材を適材適所に配置することは、組織のパフォーマンス向上はもちろんのこと、従業員一人ひとりのモチベーションアップにもつながります。業務に対する意欲が高まれば、同時に組織に対する貢献意欲も高まります。

仕事にやりがいを感じ、組織の居心地が良ければ、多少の苦難も乗り越えられ、離職したいという考えも和らぎます。その結果、人材の流出を防ぐことができ、従業員の定着化につなげることができます。

4. 従業員一人ひとりの生産性が向上する

タレントマネジメントは従業員一人ひとりの個性を活かすことができます。それは従業員側からも、「注目されている」や「自分の個性を尊重してもらえる」という想いに結びつきます。

適材適所によって能力が最大限に発揮できれば、仕事に対する正当な評価を受けることができ、従業員にも大きな自信になります。また、自分の能力で不足している部分が明確になれば、それを自覚し補おうとする意欲が高まります。

こうした従業員のモチベーション向上は、一人ひとりの生産性を高め、組織の業績アップにつなげることが可能になります。

タレントマネジメントシステムを導入するデメリット

多くのメリットがある反面で、導入に際して事前に理解しておかなければならないデメリットもあります。懸念される3つのデメリットについて、以下にて解説します。

1. システムの導入にコストがかかる

システムを導入するためには多くのコストを要します。導入規模や備えている機能によって、そのコストも高くなります。高機能のシステムを導入しても、それを十分に活用できなければ無駄なコストとなってしまいます。

システムを導入する際には、自社の導入目的や必要な機能をしっかりと整理しておくことが重要です。

2. 従業員に浸透させるのが難しい

タレントマネジメントシステムには、従業員から多くの情報を収集する必要があります。従業員がシステムの導入に対して意図や目的を十分に理解していないと、正確な情報は集まりません。

事前に従業員に対してシステム導入の目的や意図を説明し、必要性を理解してもらうためには、相当な時間や労力が必要になります。

3. 社内ルールや制度の抜本的な見直しが必要となる

タレントマネジメントシステムを活用するには、これまでの社内ルールや制度を大きく見直していく必要があります。人事異動のルールや、労務制度などを新たに制定し、それを社内に周知していかなければなりません。

新しいルールの浸透には、意見の対立が生まれることもあるかもしれません。そのようなさまざまな意見を調整しながらシステム導入を進めていく必要があるため、十分な期間と手順を準備しておきましょう。

タレントマネジメントシステムを導入する際の選び方・注意点

人事データを分析・活用し、有効なタレントマネジメントをおこなうためには、システムの導入が必要です。
現在はさまざまなタレントマネジメントシステムのソフトウェアが開発されていますが、自社に合ったシステムを導入する際の選び方や注意点について解説します。

1.自社のタレントマネジメントの目的に合っているか

タレントマネジメントの要は人材情報であり、人材データをいかに収集し、整理や分析を進められるかが重要です。よって最も重視すべきは、必要な人材データを適切に管理し活用できるか、という点です。

自社が果たしたい目的や課題に合っているか、必要とする情報を網羅しているかなど、自社のタレントマネジメントに合った最適なものを選びましょう。

2.コストは最適か

導入するメリットの大きいシステムとはいえ、費用がかかりすぎると、経営を圧迫することにもなりかません。また、システムの運用する人材の確保など、導入費用以外のコストもかかります。

導入コストはシステムの提供形態や利用人数によって異なりますが、数十万〜数百万円の費用がかかる場合もあります。クラウド型の製品であれば、比較的コストを抑えることができるため、自社にとって最適な形態や機能を検討しておくことが重要です。

3.システムサポートが受けられるか

新たなシステムの導入は、初期設定で多くの労力を要します。これまで分散されていた膨大な量の人事情報をデータベースにまとめるという作業を、新しいシステムに不慣れな状態から進めていかなければなりません。

そんなときに、タレントマネジメントを構築するためのサポートが受けられるサービスがあれば、安心して導入を進めていくことができます。

タレントマネジメントシステムの導入事例

最後に、実際にタレントマネジメントシステムを導入している企業の導入事例についてご紹介します。

日産自動車社の事例

日産自動車社はタレントマネジメントの先進企業として有名で、日本のみならず世界中にいる社員から優秀な人材を発掘・育成する取り組みをおこなっています。

優秀な人材を発掘するために、「キャリアコーチ」と呼ばれる社内スカウトマンによって、人材データが社内データベースに蓄積されます。
データベースに登録された人材データは、タレントマネジメント委員会で審議にかられ、とくに優秀な人材はリーダー育成専用プログラムにエントリーされます。

優秀な人材が担う役職が明確で、本社の役員や各部門のトップなど、それぞれに合致する人材候補を常に把握し育成する仕組みがとられています。

参考:「日産自動車 日本タレントマネジメントの取組」|独立行政法人大学改革支援・学位授与機構
参考:HITO 第2号(2012年3月発刊)タレントマネジメントの未来|パーソル総合研究所

サイバーエージェント社の事例

サイバーエージェント社では2013年頃からタレントマネジメントに着目し、さまざまな人事施策を導入しています。

同社では独自のサーベイシステム「GEPPO(ゲッポウ)」の開発と、社員の能力と事業成果を伸ばすために、適材適所を目的とした「キャリアエージェント」を発足しています。
組織と従業員の状態を把握するGEPPOでは、質問に回答する従業員のハードルを下げることで、従業員の平均回答率は97%となっています。回答の得られなかった従業員には個別でヒアリングするなど、実質100%の回答率を実現しています。

人材配置をする際は、データのみで判断するのではなく、役割と期待を本人に直接伝え、最終的には本人の意志も反映させるようにしています。

参考:「才能開花」と「適材適所」を実現するサイバーエージェントのタレントマネジメント| HR Trend Lab

タレントマネジメントシステムを活用して最適な社内環境づくりを目指そう

人材こそが企業の財産であり、従業員一人ひとりの戦力化が企業のさらなる成長につながります。だからこそ、詳細な人材情報を可視化し、最大限の効果が期待できる人材配置を実現するタレントマネジメントの有効性に注目が集まっています。

タレントマネジメントを導入するには、従業員の理解や協力も必要不可欠です。背景や理由を十分に説明し、システム導入によって最大限の効果が出せるような体制整備が重要です。

企業の長期的な成長のためにも、自社の目的に合ったシステムを十分に活用し、企業にとっても従業員にとっても最適な社内環境作りを目指しましょう。

また、こちらの記事ではタレントマネジメントシステムを多数紹介しています。導入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

セキュリティ・アクセス管理

ービジネスに役立つ情報を発信中ー