タレントマネジメントシステム「カオナビ」の機能・料金は?

自社の人材の特性を正確に把握したり、人事評価を効率化させたりすることに課題を感じている企業は少なくありません。近年では、それらの課題を解決へと導くタレントマネジメントシステムが注目されています。
本記事では、タレントマネジメントシステム「カオナビ」の特徴や機能、料金プランについて詳しく解説します。タレントマネジメントシステムの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

タレントマネジメントシステム「カオナビ」とは

カオナビは、カオナビ社が提供しているタレントマネジメントシステムです。カオナビを利用すれば、人材不足の解消や事務業務の負担軽減、リモートワークへの対応などの人事課題を解決することができるようになります。導入から運用まで経験豊富なスタッフのサポートや、他社と交流できる機会を積極的に設けていることも、カオナビ独自の特徴といえます。

また、カオナビは業種を問わずさまざまな企業で導入されていて、公式サイトによると、導入実績数はおよそ2,000社となっています。(※2021年2月末時点)システムを導入する前に、自社の規模や解決したい人事課題を相談でき、自社に最適なプランを提案してもらうことができます。

タレントマネジメントシステム「カオナビ」の特徴

ここでは、タレントマネジメントシステム「カオナビ」の特徴について詳しく紹介します。

直感的に操作できる

カオナビは社内の誰でもシステムを利用しやすいように、直感的な操作ができるように開発されています。操作画面は従業員の顔と名前が一目でわかるような設計となっており、チェックボックスやドロップダウンなどのシンプルな仕様によって、見つけたい人材の検索や管理したい項目の作成を簡単におこなうことができます。

調査・分析もできる

カオナビはデータベースと連携しているため、売上や資格保有者数、男女比、従業員の年齢・勤続年数などのグラフを簡単作成することができます。また、マトリクス分析では、役職や等級なども含めて、より細かい分析をおこなうことも可能です。

さらに、カオナビにはダッシュボード機能もあります。人材データベースである「プロファイルブック」からグラフを作成し、時系列に並べてデータを分析することが可能です。また、書類やレポートを共有する範囲を設定することもできます。

パルスサーベイ機能を利用すれば、アンケートによって、従業員のコンディションを把握することができます。アンケートには設問がデフォルトで登録されているため、システム導入後すぐに開始することが可能です。また、蓄積したデータから、従業員のコンディションの推移を確認することもできます。

このように、カオナビには調査や分析できる機能が充実しているため、効率よくタレントマネジメントをおこなうことができるでしょう。

安心のセキュリティ

カオナビには、大手企業や金融機関でも採用されているような、さまざまなセキュリティ対策が施されているのも特徴です。

IDとパスワードに加えて、専用アプリのワンタイムパスワード機能を使用し、2段階認証をおこなうことでセキュリティが強化されています。また、遠隔操作により、従業員のシステム利用を個別に停止させることも可能です。さらに、IPアドレスの制限をかけることもできるので、特定のIPアドレスや社外からのアクセスを制限し、システムに接続できないようにすることも可能です。

ほかにも、シングルサインオン機能があったり、パスワードの強度を自在に設定できたりと豊富なセキュリティ対策がおこなわれています。そしてカオナビは、ISO27001(ISMS認証)の情報セキュリティに関する国際規格を取得しているところも安心できるポイントです。

タレントマネジメントシステム「カオナビ」の機能

ここでは、タレントマネジメントシステム「カオナビ」の機能について詳しく紹介します。

顔写真付き人材データベース

カオナビの人材データベースは、顔写真が画面に一覧として並んでいるのが特徴です。従業員一人ひとりの経歴・スキル・評価・性格などのデータを人材データベースとして、一元管理することができます。また、自社のニーズに合わせて、自由自在に管理したい項目をカスタマイズすることも可能です。

さらに、人材データベースの閲覧・編集の権限は、項目ごとに細かく設定できるため、内部統制の強化にもつながります。

カオナビでは、スマホアプリも提供しているため、スマートフォンからも人材データベースにアクセス可能です。近年ではスマートフォンで写真を撮ることが多いため、スマホアプリを利用すれば、人材データベースへの画像登録も簡単におこなうことができます。

組織ツリー図の作成

カオナビでは、顔と名前を並べた組織図を作成することができます。人材データベースと同様に顔写真が並ぶため、組織の構成やどのような人材が配置されているかを明確に把握することが可能です。

また、従業員の顔写真や部署・プロジェクトなどのグループをドラッグ&ドロップで移動させて、簡単に組織図を作成することもできます。

さらに、組織図を印刷したい場合や画像データとして保存したい場合でも、ボタン1つで簡単に対応することができます。PCで作成した組織図は、カオナビのアプリからスマートフォンでも確認することが可能です。

ワークフロー

カオナビのワークフロー機能では、申請書の入力項目や配置を自社に合わせてカスタマイズすることができます。また、業務に応じて承認者や回覧者の設定をおこなうことも可能です。PCだけではなく、スマートフォンからも利用可能なので、いつでも承認や回覧をおこなうことができます。また、承認された申請書データは自動的にデータベースに登録されます。

また、カオナビには評価ワークフロー機能もあり、豊富な項目から選んでいくだけで、自社に合った評価制度を実現させることが可能です。

API連携・外部ツール連携

カオナビではAPI連携や外部ツール連携により、よりスムーズにタレントマネジメントをおこなえるようになります。

カオナビは、チャットツール「Slack」とAPI連携させることができます。Slackと連携させれば、先述したパルスサーベイ機能やワークフロー機能などを利用して、メールだけではなく、Slackにも通知を送付することができます。

また、カオナビと人事労務ソフト「SmartHR」をシステム連携させることも可能です。SmartHRと連携させれば、SmartHRに登録していた従業員データを、カオナビに取り込むことができるようになります。

タレントマネジメントシステム「カオナビ」の料金プラン

カオナビは、機能プランと利用人数で月額料金が決まる料金体系となっています。機能プランは、「データベースプラン」「パフォーマンスプラン」「ストラテジープラン」の3種類です。すべてのプランで、API・スマホアプリ・セキュリティの機能を無料で利用することができます。ワークフロー機能やパルスサーベイ機能は有料のオプションとして付けることが可能です。

データベースプランでは、人材データベースの利用や組織図の作成が可能です。

パフォーマンスプランでは、データベースに関する機能に加えて、評価ワークフロー機能やアンケート機能が利用でき、評価運用ができるようになります。

ストラテジープランでは、評価運用ができる機能に加えて、社員データのグラフやダッシュボードを作成でき、分析がおこないやすくなります。

詳しい料金については、公式サイトから見積りを出してもらうことが可能です。

タレントマネジメントシステム「カオナビ」で戦略人事を実現しよう!

いかがでしたか。タレントマネジメントシステム「カオナビ」は、初めて利用する人でも操作しやすく、人材データベースの分析や調査をおこなう機能が豊富に搭載されています。また、万全なセキュリティ対策がされているため、安心してシステムを利用することができます。

タレントマネジメントシステムには、カオナビのほかにもさまざまなものがあります。自社のニーズに合わせてシステムの導入・検討をすることが大切です。

ほかのタレントマネジメントシステムについて気になる方は、こちらもぜひご覧ください。

従業員満足度バナー

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

セキュリティ・アクセス管理

ービジネスに役立つ情報を発信中ー