人事管理とタレントマネジメントの違いとは?おすすめのシステムも紹介!

個人の能力や経験値を元に人材配置をおこなうことを、タレントマネジメントといいます。通常の人事とは違い、戦略的に人材を配置をすることで企業にメリットを与えるでしょう。各部署の業務にマッチした人材を配置することにより、スピーディな事業展開をおこなうことも可能です。この記事では、人事管理システムとタレントマネジメントシステムについて解説していきます。双方を理解して、企業をより成長させられる人材配置をおこないましょう。

更新日:2021.10.7

人事管理とは

人事管理とは、企業や組織が雇用した人材のさまざまな情報やデータを一元化し、管理することをいいます。よく似た業務として、労務管理があります。この2つの違いは、対組織か対個人かで分類され、人事管理は社内の従業員を管理することを指します。
具体的な業務内容としては、企業が必要としている人材を採用し、採用した人材を社内研修やOJTなどで育成します。その後、各個人のスキルや適性を見て、適切な部署に配置したり、人事評価の基準を決めて、各人材の能力をバランスよく評価したりすることもあります。

また、雇用した人材のコンディションやモチベーションを管理するのも人事管理の業務です。定期的に面談などをおこない、各従業員の仕事に対するモチベーションやコンディションを把握することで、最終的に離職率の低下にもつながるでしょう。

人事管理システムとタレントマネジメントシステムの違い

ここでは、人事管理システムとタレントマネジメントシステムの違いについて解説していきます。システムの導入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

人事管理は労務・人事業務の効率化がメイン

人事管理システムを導入するメリットは、人事管理の効率化ができるという点です。各従業員の個人情報をはじめとした、膨大な量のデータを一元化することによって、効率化が図れます。
紙での管理や簡易的なファイルでの管理は、入力や管理方法が複雑で情報が重複していたり、散らばっていたりします。システムを導入すれば、そういった情報やデータの管理面での業務を快適に進めることができるでしょう。

また、データが一元化されていることで、各部署にどのような人材が不足しているのかの把握や、既存社員の育成指標の設計も可能です。履歴を遡るのも容易で、過去のデータなどを確認したい時にシステムであれば、入力のみで検索をかけることができます。従来のやり方であれば、膨大な量の紙のデータから探すことになるので、システムを導入すると効率化できるでしょう。また、間違えてシュレッダーをかけてしまうといったミスなどもなくなるので一石二鳥です。

タレントマネジメントは人材配置や評価が主目的

タレントマネジメントシステムを導入するメリットは、個人の能力を可視化することや能力に応じた適正な評価などができるという点です。
組織としてではなく、個人としての能力やスキルを評価し管理することによって、組織のパフォーマンス向上の手助けとなるでしょう。従業員を個々に評価することにより、今までよりも多くの従業員に活躍の幅が増え、個人のモチベーションやコンディションの向上にもつながります。

従業員の適性を考えて、価値を見出すことで企業の成長にもつながるので、タレントマネジメントは経営戦略にもおすすめです。経営の中でも重要な組織づくりに一役をかってくれるでしょう。

人事管理システム3選

ここでは、実際に利用できる人事管理システムについて3つ紹介します。

jinjer人事

jinjer人事のHP
HPより

「jinjer人事」は、ネオキャリア社が提供している人事管理システムです。ペーパーレス化を支援するシステムで、従業員の情報を一元管理できます。採用の際の手続きや、年末調整などの紙でのやり取りが不要で、システム内で完結できるのが特徴です。

操作もシンプルで、知りたい情報が1クリックで確認できるメリットもあります。従業員の状況を把握し、比較・分析することにより組織のパフォーマンスを向上させることも可能です。
jinjer人事は、さまざまなプランがあり、企業の課題に合わせて組み合わせて利用することができます。一つひとつのプランが格安なので、社内の課題を洗い出し、複数組み合わせて利用してみましょう。

COMPANY

COMPANYのHP
HPより

「COMPANY」は、Works Human Intelligence社が提供している人事管理システムです。採用後の入社から退職までの人事管理をするシステムとして利用できます。
人事管理以外にも、給与計算や勤怠管理などを効率化できる、さまざまな機能があります。在宅勤務やフレックスタイム制など、多様な働き方を1つのシステムで管理できるのでおすすめです。複数の機能を連携して使用することもできるため、大変便利なシステムです。

費用は、企業の課題によって異なるので、導入を検討している企業は資料請求かお問い合わせをして確認をするようにしましょう。

人事奉行11

人事奉行11のHP
HPより

「​​人事奉行11」は、オービックビジネスコンサルタント社が提供している人事管理システムです。通常の人事業務に追加して、総務人事の業務まで利用でき、人事部門の生産性向上を手助けします。
また、過去に蓄積したデータを効果的に活用することもできます。多彩なデータを保管して、欲しい情報を簡単に抽出できるため、業務スピードの向上が期待できます。効率よく人事の情報を収集して、管理できるのが人事奉行11の魅力です。

プランは2つ選択できるので、公式サイトで確認してみましょう。無料でお試しもできるので、導入を検討している企業は利用してみてください。

タレントマネジメントシステム3選

ここでは、タレントマネジメントシステムについて紹介します。

タレントパレット

タレントパレットのHP
HPより

「タレントパレット」は、プラスアルファ・コンサルティング社が提供するタレントマネジメントシステムです。人事にマーケティング要素を取り入れることで、次世代人材の育成や最適な人事配置を実現できます。
人材のデータ分析機能をはじめ、採用のミスマッチ、離職防止などの管理がおこなえるため企業のパフォーマンスを向上させることができます。

また、多様な働き方が広がってきている今、テレワークでの社員の状況を把握することが難しいという課題があります。タレントパレットを導入すれば、社員のモチベーションを見ることができるので、管理も容易になります。
資料請求ができるので、導入を検討している人はぜひ問い合わせてみましょう。

カオナビ

カオナビ
HPより

「カオナビ」は、カオナビ社が提供するタレントマネジメントシステムです。従業員の個性や才能を発掘することで、企業戦略を活発化させるシステムです。
機能としては、従業員の情報の見える化に加え、人材データを直接的に活用することで経営の意思決定の支援をおこないます。また、紙や独自のシートを使っておこなっていた評価制度をシステム内で完結させることで、効率化を実現できます。評価に応じて、人材配置を決めるシミュレーションをおこなうことができ、簡単に組織図を作成することができます。

カオナビは3つのプランに分かれていて、シンプルなプランから、企業の成長のために戦略的な人事をおこなえる最上位のプランまで、会社の課題やフェーズに合わせて選ぶことができます。
プラン変更も可能なので、まずは組織課題を洗い出して最適なプランを設定しましょう。

Profile Manager

Profile ManagerのHP
HPより

「Profile Manager」は、富士通ラーニングメディア社が提供するタレントマネジメントシステムです。適した人材を発掘し、企業のパフォーマンス向上の手助けをします。現在、働き方改革で進められているテレワークでの社員のコンディションの管理などもおこなうことができます。

最適な人材配置をおこなうことによって、スピーディーな組織運営を実現します。適材適所を早い段階で把握すれば、次期リーダーの育成などを早めることができたり、優秀な人材を確保することができるでしょう。従業員のキャリアを支援することもでき、自発的に能力を発掘していく力を身につける仕組みを構築します。
無料セミナーやデモも提供されているので、導入を検討している方はぜひ受けてみましょう。

自社の目的に合ったシステムを選ぼう!

この記事では、人事管理システムとタレントマネジメントシステムについて紹介してきました。自社の課題や抱えている悩みを各部署にヒアリングし、企業の目的にあったシステムを選ぶようにしましょう。
システムを導入することにより、業務を効率化でき、企業の成長スピードやパフォーマンスを向上させることができるのでぜひ導入を検討してみてください。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

セキュリティ・アクセス管理

ービジネスに役立つ情報を発信中ー