オンライン商談とは?メリット・デメリットから活用事例やおすすめのツールまで

従来の営業手法の非効率の部分を解決するオンライン商談。
オンライン商談ツールを活用することで、従来の営業で負担となっていたコストを削減して、業務の生産性向上の実現が可能です。そのため、オンライン商談はさまざまな業界や企業での活用が増えてきています。
ここでは、オンライン商談のメリット・デメリットや機能、利用シーンと合わせて、おすすめのオンライン商談ツールを紹介していきます。

更新日:2019.10.28

オンライン商談とは

オンライン商談とは
©fizkes – shutterstock

オンライン商談とは、その名の通りオンライン上で商談をおこなえるツールのことです。
オンライン商談ツールには、商談に必要な機能が備わっており、相手の表情を見ながらコミュニケーションを取ることができます。このオンライン商談ツールによって、社内にいながらあらゆる場所のお客様と商談をすることができ、コストを最小限に抑えることが可能です。

まずは、オンライン商談ツールを活用するメリット・デメリットからみていきましょう。

オンライン商談のメリット

オンライン商談のメリット
©Rawpixel.com – shutterstock

オンライン商談ツールを活用することで、さまざまなメリットを受けることができます。これらのメリットによって、業務の生産性や売上の向上に繋がっていきます。
オンライン商談ツールを活用するメリットを把握していきましょう。

オンライン商談のメリット①:移動時間と交通費を削減することができる

従来の訪問営業は、お客様先に出向くまでの移動時間と交通費に大きなコストがかかっていたため、企業は常に負担を抱えていました。
しかし、オンライン商談ツールを活用することによって、社内にいながらあらゆる場所のお客様と商談をすることができます。その結果、今まで企業が負担として抱えていた移動時間と交通費のコストを削減することが可能です。

これらのコストを減らすことによって、企業は業務の効率化を図ることができます。

オンライン商談のメリット②:アプローチできる件数が多くなる

オンライン商談ツールの活用によって、移動時間が削減されて既存のお客様へのフォローや新規のお客様へのアプローチに充てられる時間が増えます。
今まで移動にかけていた時間を商談に充てることによって、1日の商談数を増やすことが可能になります。
また、商談数を増やすだけではなく、既存のお客様へのフォローや商談に向けた準備を時間をかけて綿密におこなうことができます。そのため、今までより短い時間で商談の件数を増やすことができ、生産性の向上に繋がります。

オンライン商談のメリット③:リードタイムを短縮することができる

リードタイムとは、各工程のはじまりから終わりまでにかかる時間のことで、職種や業種によって対象となる工程や概念が異なります。
一般的にオンライン商談においてのリードタイムは、アポイント獲得から受注までの日数を指すことが多いです。

従来の訪問営業では、日程調整などの都合によってアポイントを獲得してから商談をおこなうまでの日数がかかっていました。そのため、お客様の熱量が下がってしまい、商談が上手くいかないことが度々ありました。
しかし、オンライン商談では、リードタイムを短縮することができ、アポイントから商談まで一貫して進めることが可能です。
その結果、アポイント獲得から受注までをスピーディーにおこなうことができ、業務の工数を減らすことに繋がります。

オンライン商談のメリット④:商談の履歴が登録される

オンライン商談ツールには、お客様とのやり取りの履歴が登録されます。
お客様とのやり取りの履歴が可視化されていることによって、営業担当者の商談の振り返りに役立ち、次の商談に活かすことができます。

オンライン商談のメリット⑤:アポイントを獲得しやすくなる

オンライン商談ツールの活用は、営業担当者だけではなく、お客様の負担を軽減することに繋がります。
訪問営業の場合、お客様は商談場所の確保やお茶出しなどの雑務が必要なため、お客様側に多少の負担を与えることになります。
しかし、オンライン商談ツールを活用することで、これらの負担をなくすことができ、お客様に余計な手間を与えません。
お客様からしてみれば、時間と手間がかからないオンライン商談は対面の商談に比べて、受け入れやすいといえるでしょう。

オンライン商談のデメリット

オンライン商談のデメリット
©ASDF_MEDIA – shutterstock

続いて、オンライン商談のデメリットを紹介していきます。
このようにメリットがたくさんあるオンライン商談ですが、いくつかのデメリットがあります。

オンライン商談のデメリット①:端末やブラウザが限られてしまう場合がある

オンライン商談ツールは、お客様側の動作環境によって、接続が限られてしまう場合があります。
ツールごとに対応しているOSやブラウザが異なるため、Macでは機能が正しく動かない、Google Chromeでしか接続ができないという問題が発生します。

オンライン商談をする際は、お客様が使っているOSやブラウザを確認して、事前に接続環境を整えてもらうことが大切です。

オンライン商談のデメリット②:接続が悪くなるとコミュニケーションが途切れる

オンライン商談は、インターネットに接続して利用するため、インターネットの接続状況が不安定のとき、商談の途中で会話が途切れてしまう恐れがあります。
会話が途中で途切れてしまうと、歯切れが悪くなってしまい、スムーズな商談ができなくなります。

オンライン商談をおこなう際は、事前にネットワークの接続環境を確認しておくことが大切です。

オンライン商談のデメリット③:オンライン商談を好まないお客様がいる

お客様によっては、オンライン商談を良しと思っていない人がいるかもしれません。
オンライン商談ツールは便利ですが、認知度はまだまだ低く、活用していない企業の方が多いと思います。そのため、新しい営業スタイルや手法に抵抗があるお客様に対しては、対面での商談が効果的な場合があります。

お客様に合わせて、訪問商談とオンライン商談ツールを使い分けて柔軟に対応することが大切です。

オンライン商談ツールの主な機能

オンライン商談の主な機能
©hanss – shutterstock

オンライン商談のメリットとデメリットをそれぞれ把握することはできましたか?
オンライン商談は、業務を支えてくれる反面、これらのデメリットがあるので、事前のリスクヘッジを意識することが大切です。

オンライン商談ツールは、どういう用途で活用するかによって必要な機能が異なります。
用途に合わせた機能を理解するために、まずはオンライン商談ツールの主な機能を把握していきましょう。

オンライン商談ツールの主な機能①:画面共有機能

画面共有機能とは、自分のデスクトップ画面をお客様にリアルタイムに共有できる機能のことです。
この画面共有機能を活用することで、会話だけでは伝えにくい部分が伝えやすくなり、お客様とのコミュニケーションが円滑になります。

オンライン商談ツールの主な機能②:資料共有機能

資料共有機能とは、WordやExcel、PowerPointなどで作った提案資料を事前にアップロードして、商談時にお客様に見せることができる機能です。
状況に応じて資料を切り替えることができ、見積書や申込書、契約書などの資料も共有することが可能です。

オンライン商談ツールの主な機能③:チャット機能

ルーム内チャット機能とは、商談ルーム内で営業担当者とお客様がチャットでやり取りできる機能のことです。
WebサイトのURLやメールアドレスなどを共有することができます。

お客様に見せたいサイトやページを共有するときに役立つ機能です。

オンライン商談ツールの主な機能④:自動音声議事録機能

自動音声議事録機能とは、通話音声を自動で文字起こしをして、議事録として残すことができる機能です。
営業担当者は、商談後の振り返りに活用することができます。
また、議事録として残したテキストは、ダウンロードすることも可能です。

オンライン商談ツールの主な機能⑤:トークスクリプト表示機能

トークスクリプト表示機能とは、事前に用意したトークスクリプトを商談中に表示することができる機能です。
作成したトークスクリプトは、営業担当者のみ表示されます。
オペレーターは、事前アポイントやヒアリング、クロージング時のトークやノウハウが詰まったトークスクリプトを商談中に見ることができます。
そうすることで、オペレーターのアポイント獲得率や成約率の向上に繋がります。

オンライン商談ツールの主な利用シーン

オンライン商談の主な利用シーン
©Rawpixel.com – shutterstock

オンライン商談ツールの機能を確認できましたか?
オンライン商談ツールには、商談の必要な機能が備わっていて、これらの機能を使いこなすことによって、質の高い商談をすることができます。
じつは、オンライン商談ツールは商談だけではなく、その他のビジネスシーンにおいても活用することが可能です。

ここでは、オンライン商談ツールを活用する主な利用シーンを紹介していきます。

オンライン商談ツールの主な利用シーン①:インサイドセールス

インサイドセールスとは、非対面のコミュニケーションでおこなう内勤型の営業手法のことです。主に電話やメール、チャットを活用して営業をおこないます。
オンライン商談ツールには、インサイドセールスをおこなう際に必要な機能が備わっています。

オンライン商談ツールの機能を活用することで、業務プロセスが効率化されて、今まで以上の成果を期待することができます。

オンライン商談ツールの主な利用シーン②:ユーザーサポート

ユーザーサポートとは、商品・サービスの疑問やトラブル、クレームなどを電話やメールで対応する業務のことです。
ユーザーサポートで大切なことは、相手の状況を正確に把握して相手の理解力に応じたわかりやすい説明をすることです。その点、オンライン商談ツールは、このユーザーサポート業務に適しているといえるでしょう。

オンライン商談ツールの画面共有機能やルーム内チャット機能を使うことで、お互いの画面を共有しながら密接なユーザーサポートをすることができます。

オンライン商談ツールの主な利用シーン③:採用面接

企業にとって優秀な人材の採用は、会社を成長させていくうえで欠かせないことです。
しかし、地方に住んでいる面接者は、面接に参加するだけでも移動時間と交通費に多くのコストがかかってしまいます。

オンライン商談ツールを活用することで、そのような面接者の面接を効率的におこなうことができます。
「交通費が高くて面接に行けない」「時間がなくて都心でおこなう面接に行けない」といった面接者の悩みをオンライン商談ツールで解決することができます。

オンライン商談ツールの主な利用シーン④:接客業務

オンライン商談ツールは、個別でやり取りをする塾や英会話などでも活用することができます。そのため、オンライン商談ツールはマンツーマンのレッスンをおこなう接客業にも向いています。

オンライン上で授業がおこなえるようになれば、生徒は全国どこに住んでいても、自宅で授業を受けることができます。

オンライン商談ツールの主な利用シーン⑤:セミナー・説明会

オンライン商談ツールは、セミナーや説明会でも活用することができ、特に地方でおこなわれる際に有効的です。
地方のセミナーや説明会をおこなうときは、社員のスケジュールを調整するのが難しいですよね。
1対多数での通話ができるオンライン商談ツールを活用することで、地方のセミナーや説明会でも簡単におこなうことができます。また、大多数に向けて映像を配信することができるため、別会場に向けた中継をおこなう際にも活用することができます。

オンライン商談の導入事例

オンライン商談の導入事例
©Andrey_Popov – shutterstock

では、オンライン商談ツールを活用した企業は、どのような効果が得られたのでしょうか?
実際にオンライン商談ツールを導入した企業を紹介します。

パーソルプロセス&テクノロジー社では、営業特化のオンライン商談システム「bellFace」を活用し、セールスアウトソーシングサービスを開始しました。
これまでは、メールや電話を活用して、顧客からの資料請求や問い合わせ対応、商品・サービス紹介をおこなっていました。
bellFaceを活用したことで、成約までビデオ通話で完結させることが可能となり、より効率的に、かつスムーズに成約に結び付けられるようになりました。それによって、これまでアプローチが行き届いていなかった顧客にも時間を費やすことができ、商談数や受注数を増加させることが可能となっているようです。

参考:訪問営業で費やしていた時間を削減し、商談件数・成約件数の増加を実現 業界No1の営業特化オンライン商談システム、「ベルフェイス」を使った新たなアウトソーシングを開始

おすすめのオンライン商談ツール

いかがでしたか?
オンライン商談ツールは、商談に限らずビジネスのさまざまなシーンで活用することができます。
最後におすすめのオンライン商談ツールを紹介していきたいと思います。
紹介した機能や利用シーンと合わせてチェックしてみてください。

また、こちらの記事ではオンライン商談ツールを料金と機能別に比較をしているので、合わせてチェックしてみてください。

関連記事:オンライン商談ツール6選、料金・機能で比較|導入に向けて準備しておきたい4つのこと

おすすめのオンライン商談ツール①:bellFace

bellFace
HPより
➤ 公式サイトでチェック

bellFaceは5秒で繋がるオンラインルームとして、簡単で安定した接続が特徴のオンライン商談ツールです。
瞬間接続機能によって、お客様は接続ナンバー発行後に「開始」のボタンを押すと5秒で接続することができます。そのため、商談までストレスなくスムーズに進めることができます。
また、商談時はどのブラウザでも接続することが可能のため、お客様にアプリのインストールや事前の招待などの手間を与えることがありません。

bellFaceは、いかに簡単にお客様と接続できるのかを重視している企業に向いているオンライン商談ツールといえるでしょう。

初期費用 月額費用 無料トライアル

問い合わせ

問い合わせ

あり

画面共有 資料共有 ルーム内チャット 自動音声議事録 トークスクリプト表示 スマホ・タブレット対応

×

おすすめのオンライン商談ツール②:Mee2box

Mee2box
HPより
➤ 公式サイトでチェック

Mee2boxは、インサイドセールスに特化したオンライン商談ツールで、訪問時間の短縮と効率的な商談を実現することができます。IT業界をはじめとした、Web広告営業や不動産、士業、ネットショップ、各種コンサルティングなどの幅広い職種で活用されています。

Mee2boxの特徴は、導入企業に対しての活用サポートです。管理画面の操作・レクチャーや接続の流れと機能の使い方を確認するロールプレイングなどのサポートを受けることができます。

導入企業は、これらのサポートを受けることによって、導入後にも安心して活用することができます。

初期費用 月額費用 無料トライアル

98,000円

9,000円~/1アカウント

7日間

画面共有 資料共有 ルーム内チャット 自動音声議事録 トークスクリプト表示 スマホ・タブレット対応

×

おすすめのオンライン商談ツール③:RemoteOperator Sales

RemoteOperator Sales
HPより
➤ 公式サイトでチェック

RemoteOperator Salesは、営業担当の働き方改革を実現できるオンライン商談ツールです。
月額1万円で利用することができ、インサイドセールスの売上アップを実現することが可能です。
訪問営業にかかっていたコストを削減することで、今までフォローできなかった顧客の対応までおこなうことができ、売上アップにつなげることができます。

初期費用 月額費用 無料トライアル

0円

10,000円~/1アカウント

14日間

画面共有 資料共有 ルーム内チャット 自動音声議事録 トークスクリプト表示 スマホ・タブレット対応

〇(制限あり)

おすすめのオンライン商談ツール④:ONTALK

ONTALK
HPより
➤ 公式サイトでチェック

ONTALKは、高画質・高音質の画面で対面営業とほとんど変わらない営業を実現させることができるオンライン商談ツールです。
営業担当者は、カメラ映像・資料共有・デスクトップの3つのウィンドウを自由に切り替えることができます。
カメラ映像のウィンドウは、営業担当者の顔が表示されるため、顧客は安心して商談をおこなえます。
また、資料共有のウィンドウでは、営業担当者がポイントやペンを使って説明することができる機能が搭載されています。

初期費用 月額費用 無料トライアル

20,000円

28,000円~

あり

画面共有 資料共有 ルーム内チャット 自動音声議事録 トークスクリプト表示 スマホ・タブレット対応

ー(制限あり)

おすすめのオンライン商談ツール⑤:AERU

Aeru
HPより
➤ 公式サイトでチェック

AERUは、10秒でオンライン商談をスタートすることができ、会員登録とアカウント登録が不要なシステムです。
1対1の商談だけではなく、複数人との商談やカスタマーサポート、会議、セミナーなどのさまざまな用途で活用することができます。また、顧客はスマホやタブレット上でも操作をすることができるため、好きなタイミングで商談をおこなうことが可能です。

このようにAERUは、用途や状況に合わせた商談をすることができるオンライン商談ツールです。

初期費用 月額費用 無料トライアル

問い合わせ

問い合わせ

問い合わせ

画面共有 資料共有 ルーム内チャット 自動音声議事録 トークスクリプト表示 スマホ・タブレット対応

オンライン商談は生産性と成約率を向上させる

今回は、オンライン商談について解説してきました。
オンライン商談ツールを活用することで、移動時間や交通費などのコストが削減されて、業務の生産性向上を期待することができます。また、オンライン商談ツールは導入する企業側だけではなく、お客様にとってもメリットがあり、双方に役立つツールといえるでしょう。

オンライン商談ツールの導入は、自社でやりたいことや必要な機能を明確にしてから決めることが大切です。
自社でおこなっている業務に少しでも課題を抱えている企業は、一度オンライン商談ツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします