【最新】オンライン商談ツール比較8選|おすすめと選び方を紹介

働き方が多様化する中でテレワークで営業活動をおこなうことも一般的になり、オンライン商談ツールが注目を集めています。オンライン商談は、移動時間や交通費の削減の他、さまざまな機能を活用することで営業の生産性向上にも寄与するものです。
今回は、おすすめのオンライン商談ツール8選を比較してご紹介。選定のポイントも解説しているので、ぜひ自社に適したサービスを見つける参考にしてみてください。

更新日:2021.3.1

オンライン商談ツールとは

オンライン商談ツールとは、インターネットを利用して遠隔地にいる相手との商談を実現するツールのことです。
パソコンやスマホ、タブレットなどのデジタル端末に内蔵または外付けされたWebカメラ・マイクを用いることで、離れた場所にいる相手の映像を見ながら、リアルタイムで対話できます。
光通信の普及によって大容量の映像・音声データの高速通信が可能となった今、対面商談とほぼ変わらないスムーズなコミュニケーションを取ることが可能です。

オンライン商談ツールが注目を集め始めたのは、2019年に施行された「働き方改革」がきっかけです。
また、翌年に流行した新型コロナウイルスの影響により、多くの企業がオンライン商談ツールの導入を開始しています。

オンライン商談ツールを導入するメリット

オンライン商談ツールを導入する最大のメリットは、移動の手間とコストを節約できるところです。
従来の対面商談では、顧客や取引先のもとへ足を運ばなければならないため、1回の商談につき移動時間と交通費、場合によっては宿泊費がかかってしまうところがネックでした。

オンライン商談ツールなら、自社オフィスにいながら遠方の相手とコンタクトを取れるので、移動にかかる手間とコストを大幅に削減することができます。浮いた時間をほかの業務や営業活動に回せば、1人あたりの労働生産性が向上し、会社全体の売上や業績アップにつながります。

また、県外や海外など遠方にいる人とも時間やコストを気にせず、手軽にコミュニケーションを取れるため、新規顧客の獲得範囲を拡大できます。
もちろん、新型コロナウイルスが猛威を振るう現在、対面商談による感染リスクを避けられるところも大きなメリットです。

オンライン商談ツールを導入する際の注意点を紹介

オンライン商談ツールは、時間とコストの削減および感染リスク対策に役立つ便利なツールです。一方、導入にあたってはいくつか注意しなければならない点があります。

まず1つ目は、オンライン商談ツールを導入するための環境を整えなければならないところです。
オンライン商談ツールを利用するには、最低でもインターネット環境と、インターネットに接続できるデバイスが必要になります。すでに光通信や推奨スペックを満たすマシンを保有している場合は、コストをかけずにすぐ導入できますが、そうでない場合は新たに備品や設備を整えなければなりません。

2つ目は、顧客側にオンライン商談ツールの利用を承諾してもらわなければならないことです。商談の相手がオンライン商談に抵抗を感じるケースは少なくないでしょう。
また、会社の規定でパソコンやスマホにソフト・アプリをインストールできない場合もあります。オンライン商談ツールは、相手の意向や事情を確かめたうえで導入しなければならないのです。

オンライン商談ツールの導入時に準備すべきこと

オンライン商談ツールの導入時に準備すべきこと
©VVadyab Pico – shutterstock

まずは、オンライン商談ツールを導入するときに準備しておくべきことを紹介していきます。

オンライン商談ツールを導入すれば、すぐオンライン商談が始められるというものではありません。対面での商談と遜色なくオンライン商談を実施できるように、以下の点に注意して準備を進めましょう。

お客様に共有する資料を作成しておく

オンライン商談ツールには、事前にアップロードした提案資料をお客様に見せることができる資料共有機能が備わっています。

通常の商談では印刷した資料を用いて提案をします。しかし、オンライン商談では資料共有機能を使ってお客様に資料を共有し、商品やサービスを提案します

あらかじめ営業担当がオンライン商談ツールに設定した資料を、お客様自身の画面で見るため、お客様の環境によって資料の見やすさにばらつきが生まれます。そのため、大きな文字で記載したり、図や表を使ってわかりやすくしたりする工夫が必要です。
また、汎用的に使える資料にすることで、お客様ごとに資料を差し替える必要がなくなります。

商談の流れをイメージして、オンライン商談に最適な提案資料を事前に作成しておきましょう。

シーンに合わせたトークスクリプトを用意しておく

オンライン商談ツールには、事前に用意したトークスクリプトを商談中に表示することができるトークスクリプト機能が備わっているツールがあります。
この機能を使うことで、営業担当者は事前に作成したトークスクリプトを見ながら商談をおこなうことができます

オンライン商談をおこなうときは、シーンに合わせたトークスクリプトを用意します。たとえば、初回商談や、決裁者商談、クロージング、FAQなどのトークスクリプトを用意すると良いでしょう。
シーンに合わせた営業トークのスクリプトを使い分けることで、より効果的な商談をおこなうことができます。

オンライン商談を初めて使うお客様は、接続の仕方やツールの使い方がわからない人がほとんどです。接続するまでのフローや使い方をサポートするトークスクリプトを活用することで、商談をスムーズに進めることができます。
このように、オンライン商談時のさまざまなシーンをイメージしたトークスクリプトを事前に用意しておくことで、商談の質が向上していきます。

オンライン商談を想定したロールプレイングをする

オンライン商談ツールを導入するときは、実際にツールを使ったロールプレイングをおこない、操作性を確認しておくと良いでしょう

オンライン商談ではお客様と対面でコミュニケーションを取ることができないため、画面上でスムーズなやり取りをする必要があります。お客様とのコミュニケーションがスムーズになることで商談の質が向上し、成果につながっていきます。

実際導入する前に、オンライン商談ツールを使ったロールプレイングをして、使用感を確認しておきましょう。

インターネット環境を確認しておく

オンライン商談ツールはインターネットに接続して利用するため、商談をおこなうときのインターネット環境を確認しておく必要があります。

インターネット環境が不安定な場合、接続が途切れてしまい、商談が中断されてしまいます。会話が止まってしまうと、スムーズな商談ができなくなってしまいます

インターネット環境の問題とはいえ、商談をスムーズにおこなえないと、お客様からの印象を損なってしまうことにもつながります。オンライン商談ツールを使って実際に商談をする前に、インターネット環境を確認しておきましょう。

オンライン商談ツールを選ぶときのポイント

オンライン商談ツールを選ぶときのポイント
©blocberry – shutterstock

これまで、オンライン商談ツールを導入するときに準備しておくべきことを解説してきました。ここでは、オンライン商談ツールを選ぶときに押さえておきたいポイントを紹介していきます。
ここで紹介するポイントを押さえたうえで、自社に合ったツールを探してみてください。

課金形態を把握する

オンライン商談ツールを選定するときは、金額と合わせて課金形態も把握しておく必要があります

オンライン商談の課金形態は、大きくルーム課金、ID課金の2つに分けられます。

ルーム課金の場合、同時に利用できるルーム数の上限数に応じて、費用が発生します。同時に利用できるルーム数が決まっているため、Web会議ルームの予約管理をおこなう必要があります。最小限のルーム数で高いルーム稼働率を実現できれば、費用対効果の高い課金形態といえます。

一方、ID課金では、オンライン商談ツールにアクセスできる人数に応じて費用が発生します。
同時に商談をおこなう上限数が決まっておらず、営業担当がそれぞれにお客様との商談を実施することができます。人数に応じて費用が発生するため、営業担当ごとの商談の多寡がある場合は、費用対効果が低くなる可能性があります。

自社がどのくらいの頻度でオンライン商談をするのか、何人で利用するのかを確認したうえで導入するシステムを選ぶようにしましょう。

動作・接続環境を確認する

オンライン商談を活用するうえで、接続の容易さは重要なチェックポイントです。多くのオンライン商談ツールでは、お客様側のアプリインストールが不要となっています。

しかし、場合によってはお客様がアプリをインストールしなければいけないものもあります。この場合、お客様側の企業ポリシーによって、アプリがインストールできないなどの問題が発生することがあります。
ほかにも、Windows対応のみ、ブラウザが限定されているなど、システムによって接続環境がことなるため、事前に確認しておくことが大切です。

自社でおこなう商談に必要な機能が備わっているのか

オンライン商談ツールには、画面共有機能やトークスクリプト表示機能など、商談に役立つ機能が備わっています。これらの機能を活用することで、商談をスムーズに進めたり、成約率を高めたりすることができます。

しかし、オンライン商談ツールはものによって備わっている機能が異なります。そのため、自社でおこなう商談に必要な機能が備わっているオンライン商談ツールを選定する必要があります。

ツールを導入をする際は自社でおこなう商談に必要な機能を洗い出したうえで、必要な機能が備わっているツールを選ぶようにしましょう。

おすすめのオンライン商談ツール比較8選

それでは、おすすめのオンライン商談ツールを8つ紹介します。これまで紹介したポイントを踏まえたうえで、自社に合ったツールを選んでみてください。

オンライン商談ツール①:Calling

Calling
HPより

Callingの詳細を見る

Callingは、URLとパスワードを共有するだけですぐに商談を始められるオンライン商談ツールです。
招待を受ける側は、相手から送られてきたURLをクリックするだけで参加できるので、顧客に負担をかけずにオンライン商談をおこなうことができます。

1対1の対話はもちろん、最大30人のWeb会議にも対応していますので、オンライン商談のみならず、ウェビナー(Webセミナー)にも活用できるところが特徴です。

オンライン商談中は映像や音声のやり取りだけでなく、画面や資料の共有も可能です。
言葉だけでは伝わりにくい内容を、ビジュアルで補完しながら説明できるので、効率よくオンライン商談を進められます。

公式サイトから申し込めば、すべての機能を使える無料トライアルも利用できます。
オンライン商談ツールを初めて導入する方にもおすすめです。

特徴

  • インストール不要のブラウザ通話対応で、手軽に利用できる
  • 画面・資料の共有、ホワイトボード、チャットなど、シーンに応じて使える多彩な機能を搭載
  • 通信の暗号化、パスワード強度の設定、アクセス元IPアドレス制限など、強固なセキュリティを採用
  • 導入支援から運用のアドバイスまで、万全のサポートを実施
料金
プラン 初期費用 月額費用 無料トライアル

200,000円

15,000円/10ID~

7日間

機能
画面共有 資料共有 チャット 自動音声議事録 トークスクリプト表示 スマホ・タブレット対応

×

オンライン商談ツール②:B-Room

B-Room
HPより

B-Roomの詳細を見る

B-Roomは、双方インストール不要ですぐに使えるオンライン商談ツールです。
インターネットに接続できるパソコンやタブレット、スマホなどのデバイスを用意すれば、URL接続またはワンタイムパスワード接続で簡単にオンライン商談に参加できます。

商談中は、プレゼン時に話す内容(トークスクリプト)を自分の画面だけに表示することが可能です。
新人の方や、初めてオンライン商談をおこなう方でも、スムーズにコミュニケーションを取ることができるでしょう。

また、商談中の会話をAIが認識し、自動でテキスト化してくれる音声自動議事録機能も搭載しています。
議事録の作成をコンピューターに任せられるため、目の前の商談に集中することが可能です。

利用料金は開設できる会議室の数によって異なり、1ルーム(最大4人入室)単位で追加できる柔軟なプランとなっています。会社ごとのニーズや利用シーンに合わせて無駄なく導入できるところが特徴です。

特徴

  • 最大4拠点から参加できる、海外同士の接続も可能
  • 打ち合わせ予定前日に、自動で自分と相手の両方にリマインドメールを送る機能を搭載
  • マニュアルなしでも使えるシンプルでスマートなデザイン
  • 信頼性の高いセキュリティシステムを採用
料金
プラン 初期費用 月額費用 無料トライアル

1ルーム

0円

35,000円

3ルーム

0円

70,000円

20ルーム以上

0円

400,000円~

機能
画面共有 資料共有 チャット 自動音声議事録 トークスクリプト表示 スマホ・タブレット対応

オンライン商談ツール③:どこでもSHOWBY

どこでもSHOWBYのHP
HPより

どこでもSHOWBYの詳細を見る

いつもの営業電話にプラスαの機能を付加できる簡単でリーズナブルなオンライン商談ツールです。
画面共有やWebカメラを使った映像通信といった基本機能のほか、チャットや名刺交換、カンペ(トークスクリプト)など、商談を支援する多彩な機能が盛り込まれており、電話だけではわかりにくい説明・プレゼンをしっかりサポートしてくれます。

また、ユーザーをグループ管理したり、スタッフごとのログ管理といった便利な機能も搭載しています。
別途オプションを追加すれば、必要に応じてWeb上での音声通話も可能です。

多彩な機能を搭載しながら、月額料金は1ユーザーあたり1,800円と比較的低価格です。
会社内でバランス良く活用したい場合は、1部屋5,000円での契約も可能となっており、用途やニーズに合わせて自由に選ぶことができます。

特徴

  • 資料やWebページをスムーズに表示できる画面共有機能
  • 自分にしか見えないカンペでオンライン商談を円滑に実施できる
  • フィードバックに活用できるアンケート機能を搭載
  • 即接続可能なウィジェットをホームページなどに埋め込み可能
料金
プラン 初期費用 月額費用 無料トライアル

ルーム課金タイプ

0円

5,000円/部屋

90日間

ユーザー課金タイプ

0円

1,800円/ユーザー

90日間

機能
画面共有 資料共有 チャット 自動音声議事録 トークスクリプト表示 スマホ・タブレット対応

オンライン商談ツール④:VCRM

VCRM
HPより

VCRMは、営業電話からスムーズにオンライン商談へ移行できるオンライン商談ツールです。
URL共有型のオンライン商談ツールとは異なり、ホームページで5桁の固有番号を入力すれば直接商談ルームに入れることができます。

メールアドレスや業務用チャットのアカウントを知らない相手でも気軽に入室できます。営業電話の流れからオンライン商談へ誘導することも可能です。
オンライン商談には最大10名が参加できます。マンツーマンの商談だけでなく、複数名の会議やディスカッションなど、多彩なシーンに活用できるでしょう。

また、営業活動を支援する機能として、画面・資料共有機能に加えて、資料の事前セットアップ機能も実装しています。クリック1つであらかじめセットアップしておいた資料を呼び出せるので、事前に資料を添付したメールを送る必要はありません。

商談中の映像は録画・保存して見返すこともできるので、課題の整理や商談の振り返りに使えるほか、トーク指導の教材として活用することもできます。
アウトバウンド型の営業活動をおこなう企業にぴったりです。

特徴

  • 選べる2つの接続方法で、シーンに合わせたオンライン商談ができる
  • 資料共有や事前セットアップで、多彩なプレゼンテーションが可能
  • 相手に公開されない商談メモや、双方が自由に書き込めるノート機能を搭載
  • ネット注文なら1ルームから導入可能
料金
プラン 初期費用 月額費用 無料トライアル

ネット注文限定プラン

98,000円

9,000円/1ルーム~

スタンダードプラン

98,000円

36,000円/4ルーム~

機能
画面共有 資料共有 チャット 自動音声議事録 トークスクリプト表示 スマホ・タブレット対応

オンライン商談ツール⑤:BellFace

bellface
HPより

bellFaceは、インターネットに慣れていない方でも手軽に利用できるリテール営業向けのオンライン商談ツールです。
従来の営業活動と同じく、初めは電話での商談からスタートし、途中で接続ナンバーを相手に教えれば、すぐにオンライン商談に移行できる仕組みになっています。

映像データのやり取りはオンラインでおこないますが、通話はそのまま電話を利用します。そのため、ネットワークの調子が悪いときでも、音声が途切れることはありません。

オンライン商談でありながら、なるべく対面に近いスタイルで商談を実施できるよう、現場のニーズに応えた機能も多数搭載しています。名刺交換や資料の同期操作、共有議事録など多彩な機能を活用することで、対面とほぼ変わらないスタイルで商談を進められます。

「相手と気兼ねなく対話したい」「電話からの移行をスムーズにしたい」など、手軽さや導入のしやすさを重視する方におすすめのツールです。

特徴

  • シンプルな接続方法で、電話営業からの移行がスムーズ
  • オンライン上で名刺情報を交換できる機能を実装
  • 双方で編集・ダウンロード可能な共有議事録機能を搭載
  • 参加者が同時に操作できるシンクロプレゼンテーション機能
価格
プラン 初期費用 月額費用 無料トライアル

問い合わせ

問い合わせ

機能
画面共有 資料共有 チャット 自動音声議事録 トークスクリプト表示 スマホ・タブレット対応

オンライン商談ツール⑥:RemoteOperator Sales

RemoteOperator Sales
HPより

RemoteOperator Salesは、「はじめやすさ」「使いやすさ」を重視した初心者にやさしいオンライン商談ツールです。
公式サイトから接続専用ページにアクセスし、ワンタイムパスワードを入力するだけで簡単に商談を開始できるので、面倒なアプリのダウンロード・インストールは一切必要ありません。

PCはもちろん、スマホやタブレットなどの端末からでも利用できるので、場所やシーンに合わせたオンライン商談が可能です。どのデバイスを使用していても、やり取りするデータはすべて暗号化されるので、安心・安全な環境でオンライン商談をおこなうことができます。

気になる料金は、1ライセンスあたりの月額料金が10,000円(税抜)で、それ以外の初期費用はかかりません。最低3カ月以上から1カ月単位で契約できるため、「オンライン商談がどんなものか試してみたい」「いきなり年間計約するのは不安」と考えている方におすすめです。

特徴

  • アプリインストール不要で、誰でも簡単に接続できるシステム
  • 商談中にPDFやワード、エクセルなどのファイルを共有可能
  • 暗号化された安全な環境でオンライン商談をおこなえる
  • 1ライセンス1万円とわかりやすい料金体系を採用
価格
プラン 初期費用 月額費用 無料トライアル

0円

8,000円~/1ID

14日間

機能
画面共有 資料共有 チャット 自動音声議事録 トークスクリプト表示 スマホ・タブレット対応

オンライン商談ツール⑦:ONTALK

ONTALK
HPより

ONTALKは、新たに開発された技術により、対面商談と変わらない高画質・高音質のオンライン商談を可能としたツールです。
画面上には利用者の顔、資料ファイル、デスクトップ画面の3つのウインドウが表示され、任意でサイズ変更と切り替えが可能です。
直感的な操作でスムーズに稼働するので、初めてオンライン商談ツールを利用する方でも簡単に使いこなせます。

画面や資料の共有機能はもちろん、音声データをテキスト化してくれる音声自動議事録や、文字でやり取りするテキストチャットなど、シーンに応じて使い分けられる便利な機能が多く搭載されており、幅広い用途に活用できます。

なお、管理者はユーザーを人数制限なしで追加できるので、マンツーマンのオンライン商談だけでなく、多人数を相手にセミナー配信をおこなうことも可能です。
また、通信の安全面にも特化しており、国際規格の認証を取得するなど、徹底したセキュリティ対策を整えています。

特徴

  • 高画質かつ高音質でリアルと変わらないオンライン商談ができる
  • 画面・資料共有や音声自動議事録など、商談やアフターフォローに役立つ機能が満載
  • 管理者によるユーザー追加には人数制限なし
  • 一社ごとに専用担当者がつき、導入後も丁寧なサポートを実施
価格
プラン 初期費用 月額費用 無料トライアル

0円

28,000円~

機能
画面共有 資料共有 チャット 自動音声議事録 トークスクリプト表示 スマホ・タブレット対応

オンライン商談ツール⑧:V-CUBEミーティング

V-CUBEミーティング
HPより

V-CUBEミーティングは、HD対応の高画質映像と、高い接続性を兼ね備えたオンライン商談ツールです。
接続状況を確認し、帯域状況に合わせて自動調整してくれるので、常に最適なパフォーマンスでオンライン商談に臨めます。インターフェイスは見やすさ・わかりやすさを重視したシンプルなレイアウトになっており、直感的に操作することが可能です。

オンライン商談を支援する機能が充実しており、画面共有や録画機能、チャット機能のほか、利用環境を把握できるサジェスト機能やステータス表示機能も兼ね備えています。

導入後は、24時間365日体制で使い方に関する質問やトラブル対応のサポートを受けられるので、ネットワークやオンライン商談に不慣れな方にもおすすめです。
導入方法は自由にカスタマイズできるオンプレミス型のほか、面倒な設定・メンテナンス不要で利用できるクラウド型も提供されています。

特徴

  • HD対応の高画質、自動調整されるクリアな音質で、快適なオンライン商談ができる
  • 誰でも簡単に操作できるシンプルなインターフェイス
  • マンツーマンはもちろん、多拠点・多人数での利用にも対応
  • 導入・運用を支援するトータルサポートサービスを提供
価格
プラン 初期費用 月額費用 無料トライアル

問い合わせ

問い合わせ

15日間

機能
画面共有 資料共有 チャット 自動音声議事録 トークスクリプト表示 スマホ・タブレット対応

オンライン商談ツールを定着させるポイント

オンライン商談ツールを現場に定着させるために、押さえておきたいポイントを2つご紹介します。

1. 既存の商談スタイルにツールを活用する

これまでおこなってきた対面商談のすべてをオンライン商談に切り替えると、現場に戸惑いや混乱が生じる恐れがあります。まずは慣らし期間として、初回のヒアリングのみオンライン商談ツールを使うなど、既存の商談スタイルに組み込む形で利用すると、現場からも抵抗なく受け入れられるようになるでしょう。

2. 録画・録音機能を使って商談の内容を共有する

オンライン商談ツールの録画・録音機能を使うと、商談中の映像や音声をデータとして保存することができます。
実際の商談の様子を社内で共有し、課題や問題を洗い出していけば、社内全体でオンライン商談のノウハウやテクニックを培っていくことができます。

オンライン商談を活用して成果を上げよう

いかがでしたか。自社に合ったオンライン商談ツールは見つかりましたか。オンライン商談ツールを選定する際に重要なのは、自社でおこなう商談に必要な機能を明確にしておくことです。

多くのオンライン商談ツールは、事前に使用感を試せるように無料トライアルが提供されています。無料トライアルがなくても、デモで使用感を確認することはできます。これらを使い、本格導入する前に自社に合ったツールなのかどうか、確認しておきましょう。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のためだけでなく、生産性を向上させるツールとして自社に合ったものを選んでみてください。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

セキュリティ・アクセス管理

ービジネスに役立つ情報を発信中ー