テレワークとは?在宅勤務との違いを図解で解説!

新型コロナウイルスの感染拡大により、「テレワーク」という言葉を耳にすることが多くなったのではないでしょうか。テレワークとは、遠隔で働くことです。人と人が集まることを避けなければいけない今、テレワークという働き方は大きな注目を集めています。
今回は、テレワークとは何か、在宅勤務とはどのように違うのかを解説します。テレワークがどのようなものか理解したうえで、新たな働き方として取り入れてみてください。

更新日:2020.6.5

テレワークとは

テレワークとは
©elenabsl – shutterstock

テレワークとは、遠隔で仕事をすることを意味します。テレワークは「Tele(遠隔で) + Work(働く)」を組み合わせたものです。

新型コロナウイルスの感染拡大によってオフィスに集まることが難しくなっており、テレワークの導入を検討する企業は多くなっています。
テレワークを導入することで、企業は通勤時間や交通費を削減できるだけでなく、オフィスを縮小して賃料を抑えることもできます。また、従業員は通勤時間を削減することができるため、自分の時間や家族と過ごす時間を確保することができます。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、働き方の見直しが求められています。この機会に、テレワークという働き方を理解しておきましょう。

【かんたん図解】在宅勤務との違い

【かんたん図解】在宅勤務との違い

テレワークと似た言葉で、「在宅勤務」という言葉があります。
テレワークは遠隔で仕事をする働き方であり、在宅勤務は自宅で仕事をする働き方を指します。
そのため、テレワークは在宅勤務を含む、広い意味での遠隔での働き方を表します。

新型コロナウイルスの感染拡大によって在宅勤務を余儀なくされている今、テレワークは「在宅勤務」という意味合いで使われていることが多いでしょう。

テレワークで新しい働き方を取り入れよう!

いかがでしたか。
企業はテレワークを取り入れることで、新型コロナウイルスの感染拡大防止につなげられるだけでなく、新しい働き方を取り入れることができます。
テレワークを上手く活用すれば、なかなか働きに出られない主婦を採用できたり、地方の優秀な人材を採用できたりといったメリットがあります。また、今いる社員にもテレワークを認めることで、従業員満足度の向上につなげることもできます。

この機会にテレワークの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

\フォローして最新情報を受け取ろう/

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

ービジネスに役立つ情報を発信中ー