バリューチェーン分析とは?やり方を4つステップで解説、オイシックス他の事例あり

バリューチェーン分析というフレームワークをご存知でしょうか?
バリューチェーン分析は、自社の製品が顧客に届くまでにどういった部門がどのようなビジネス活動をおこなっていて、さらにどういう価値を提供しているのかを理解するためのフレームワークです。
バリューチェーン分析を活用して、自社の強みや弱みを理解してみましょう。

バリューチェーン分析とは

バリューチェーンとは
©stoatphoto – shutterstock

バリューチェーン分析とは自社が持つ「価値」に注目し、その価値がどの部門で生み出されているのかを分析するためのフレームワークです。
バリューチェーンとは製品が顧客に届くまでの各工程のことを指します。

このバリューチェーン分析では、具体的には資材調達、加工・製造工程、マーケティング・営業活動や配送体制など、各ビジネス活動がどのような価値を生んでいるかを分析します。
バリューチェーン分析をおこなうことで、経営戦略の策定に活かすことができるでしょう。

ポーター氏が提唱したバリューチェーン分析

バリューチェーン分析とはマイケル・ポーター氏が提唱した分析フレームワークです。
企業が提供している価値を明確にし、製品やサービスを提供していくなかでどの部門や業務、機能においてその価値が生み出されているのかを分析することができます。
一連の業務の中でどこに価値があるかを把握し、自社の強みを把握しなおすことができるため、経営戦略を策定するうえで効果的な分析手法です。

主活動と支援活動

主活動と支援活動
トルテオ編集部

バリューチェーン分析では事業を大きく2つに分けて分析を進めます。その2つとは「主活動」と「支援活動」です。ここでは、それぞれの活動についてご紹介します。

主活動

主活動とは製品がお客様に届くまでの活動のことを指し、主に以下の部門のような部門が含まれます。

  • 購買物流
  • 製造
  • 出荷物流
  • 販売、マーケティング
  • サービス、アフターサポート

支援活動

支援活動とは製品がお客様に届くまでの流れとは直接は関係ないものの、それを支える活動のことを指し、主に以下のような部門が含まれます。

  • 全般管理
  • 人事、労務管理
  • 技術開発
  • 調達活動

バリューチェーン分析の目的

バリューチェーン分析の目的
©Radachynskyi Serhii – shutterstock

そもそもなぜバリューチェーン分析をおこなうのでしょうか。
ここではバリューチェーン分析をおこなう目的を紹介します。

バリューチェーン分析の目的①:自社の強みや弱みを把握するため

バリューチェーン分析をおこなうことで、顧客に提供している価値がどの部門で生み出されているかを認識することができます。
この際、自社と同様に他社のバリューチェーンも分析して比較することで、自社の強い部門や弱い部門を把握することも可能になります。
こういった比較を通して、強みをさらに活かす戦略を立てたり、弱みとなっている部門に対して他社と同様もしくは上回るための戦略を練ったりすることも可能になります。

バリューチェーン分析の目的②:費用対効果を意識し、リソースを最適に配分するため

バリューチェーン分析に関わらず、ビジネスにおいて何かしらの分析をおこなう際は必ず根拠となるデータが必要です。
このバリューチェーン分析において必要となるデータは「コスト」と「時間」です。
どの部門においてどれだけの費用をかけているか、従業員の労働時間がどのくらいかかっているかを明確にすることで、分析の精度が高まります。

それぞれの部門でかかっているコストや時間を算出することで、費用対効果を把握することができるでしょう。
そうすると、今後どの部門へお金や従業員といったリソースを配置すべきか、戦略を見直すことが可能になります。

バリューチェーン分析の目的③:自社のビジネス活動を流れで把握して再整理できる

バリューチェーン分析をおこなうことにより、自社の製品がお客様に届くまでにどういったビジネス活動を経ているかを再認識することができます。
合わせて、競合他社のバリューチェーン分析もおこなうことにより自社のビジネス活動を他社のものと比較し、自社がどういう立ち位置にいるのかを再整理することができるでしょう。

例えば、バリューチェーン分析をおこなうことで、物流体制は他社も到底及ばないレベルで圧倒的な強みを誇っているが、カスタマーサポートは業界の中でも最下位に近いレベルであるといったことが把握できたりするでしょう。
バリューチェーン分析を通じて、自社の特徴や立ち位置を再認識することができます。

バリューチェーン分析のやり方

バリューチェーン分析のやり方
©patpitchaya – shutterstock

ここではバリューチェーン分析を実際に活用する方法を紹介します。
大きく分けて4つのステップに分けられるため、それぞれのステップごとに詳細を紹介します。

バリューチェーン分析のやり方①:自社のバリューチェーンを把握する

まず自社の現状を把握する必要があります。自社の商品がお客様に届くまでにどのような主活動、支援活動があるか洗い出してみましょう。可能な限りそれらの活動を流れで把握することが大切です。
また、それぞれの活動がどういった価値を提供しているのかも合わせて認識しておく必要があります。
この際、バリューチェーンは業界によって大きく異なるということも認識しておきましょう。

バリューチェーン分析のやり方②:それぞれのビジネス活動のコストを把握する

バリューチェーンの洗い出しができたら、次はその1つひとつの活動にどれだけの「コスト」や「時間」を投資しているのかを算出していきます。
具体的な数字を算出することでどの部門において無駄が発生しているか、またどの部門の費用対効果が高いのかを把握することができます。

複数の部門で1つの作業を実施していたり、1つの部門で複数の作業を実施している場合でも、適宜合算したり按分したりすることで、それぞれの部門のコストを把握できるようにしましょう。
Excelなどの表計算ソフトを利用すると効率的に計算することができます。

バリューチェーン分析のやり方③:自社の強みや弱みを分析する

コストの算出・把握が完了したら次は各ビジネス活動においてどういった強みや弱みがあるのかを分析していきます。
こちらもExcelなどの表計算ソフトがあると便利です。
各ビジネス活動において、どんな強みや弱みがあるのかを自社、競合他社ともに洗い出してみましょう。
この作業はできるだけ大人数で実施するのがおすすめです。

というのも、少人数でこの分析をするとなると偏りのある分析になってしまう可能性があるためです。
また所属する部門や立場によっても物事の捉え方は変わってくるので、できるだけ複数部門のメンバーに実施してもらうのが良いでしょう。
その際は、もちろん主観的ではなく、客観的に分析していくことが重要です。

バリューチェーン分析のやり方④:自社のバリューチェーンをVRIO分析してみる

VRIO分析
トルテオ編集部

続いて自社の強み弱みをさらに分析するためにVRIO分析というフレームワークを紹介します。
VRIO分析とはそもそもどういったものなのか、VRIO分析をどう活用するのかを紹介します。

VRIO分析とは

VRIO(ヴェリオ)分析とは自社が保有する経営資源の競争優位性分析を分析するためのフレームワークです。
VRIOとはValue(価値)、Rareness(希少性)、Imitability(模倣可能性)、Organization(組織)の頭文字から構成されており、この4つの観点から分析を進めていきます。

  • Value(価値):その経営資源は価値があるものか
  • Rareness(希少性):その経営資源に希少性はあるか
  • Inimitability(模倣可能性):その経営資源は他社から真似される可能性はないか
  • Organization(組織):その経営資源を生かす組織体制になっているか

VRIO分析を使って、自社のバリューチェーンの強みを具体化しよう

では具体的にどのようにVRIO分析をすればよいのか紹介します。
まずバリューチェーン分析で洗い出した各ビジネス活動の強みについて、VRIOの4つの観点から5点満点で評価していきます。
そして、それぞれの点数を集計すると、どのビジネス活動が競合に対して優位性を持っているかが明確になります。
また同時にどの部門を改善するべきかも把握することができるでしょう。

例えば他社が真似できない物流体制を持っているのであれば、さらにその物流体制に投資し、規模を大きくすることで希少性が高くなり差別化要素となるかもしれません。
また逆に十分なほど優位性を保てているビジネス活動があれば、人員配置の最適化を実施することで、コスト削減へと繋げることも可能です。

バリューチェーン分析をする際の注意点

バリューチェーン分析の注意点
©kan_chana – shutterstock

ここではバリューチェーン分析をおこなう際に押さえておきたい注意点を紹介します。

バリューチェーン分析をする際の注意点①:時間をかけすぎないようにする

バリューチェーン分析をおこなう際には、あまり時間をかけすぎないように注意しましょう。
分析に必要なさまざまな情報を洗い出そうとするとかなりの時間や労力がかかります。
場合によっては他部門の回答を待たなければならないという状況もありうるでしょう。
バリューチェーン分析はあくまで経営判断をするためのツールの1つにすぎません

刻一刻とビジネスの局面が変わっていくなかで、分析結果が出た頃にはすでに状況が変わっていたとなってしまうようであれば本末転倒です。
分析範囲を特定したり、細かく掘り下げる領域とそれほど掘り下げない領域を分けたりするなどして、事前に大枠を決めておくことで効率よく分析ができるよう工夫しましょう。

バリューチェーン分析をする際の注意点②:客観的に分析する

分析をおこなう際には、客観的に分析する必要があります。
これはバリューチェーン分析に関わらずほかのフレームワークでも同様です。
バリューチェーン分析では、自身が所属する業界について分析をすることになるので、思い込みや希望的な観測が入ってくることも十分にありえます。

また自分自身でも気付いていない思い込みが混じってしまう可能性もあるでしょう。
主観が入ってしまうと、最終的な分析結果が正確でないものになってしまうこともあるので、常に客観的な視点で取り組むことが大切です。

バリューチェーン分析の活用事例

ここでは、実際にバリューチェーン分析を活用してみた場合の例を紹介します。ここでは、オイシックスと青山フラワーマーケットを例に挙げて紹介します。

オイシックスのバリューチェーン分析

オイシックスとは、オイシックス・ラ・大地社が提供する有機野菜のみを取り扱った、食材宅配サービスです。
このオイシックスは独自のバリューチェーンを持つことで、競合他社と差別化を図っており、2008年には独自性のある優れた戦略を実行している企業に送られるポーター賞を受賞しています。

オイシックスのバリューチェーン

オイシックスのバリューチェーン
トルテオ編集部

オイシックスのサービスをバリューチェーンに沿って分析すると、上のように分解できます。
ここにおいて、このバリューチェーンのそれぞれの活動において「安心・安全な食品という信頼の構築」「おいしさの実現」「顧客の利便性」という3つの差別化がうまく図るための施策が打ち出されています。
そうすることで、顧客にオイシックス独自の価値を提供することができ、多くの顧客に支持されているサービスとなっています。

青山フラワーマーケットのバリューチェーン分析

青山フラワーマーケットは、パーク・コーポレーション社が展開している生花を専門とした通販サイトです。この青山フラワーマーケットも独自のバリューチェーンで他社と差別化を図り、2009年にポーター賞を受賞しています。

青山フラワーマーケットのバリューチェーン

青山フラワーマーケットのバリューチェーン
トルテオ編集部

青山フラワーマーケットの生花小売をバリューチェーン分析してみると、上のように分解できます。
そして、「Living With Flowers Everyday(花のある毎日)」という価値を顧客に提供するために、上のバリューチェーンにおいてそれぞれ、さまざまな施策が施されています。

バリューチェーン分析で自社の強みを明らかにしよう

バリューチェーン分析は自社が顧客に提供する価値を基準としてそのビジネス活動1つひとつの強み、弱みを把握する分析手法です。
またVRIO分析と合わせて利用することで競合他社に比べどこが優れているかを理解し、次の一手をどうすべきかといった経営判断へとつなげていくことができます。
合わせてバリューチェーン分析のほかにも4P分析や3C分析のようなフレームワークもあるので、さまざまな分析手法を駆使しながら、自社のビジネスを成功に導いていきましょう。

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします