市場調査の方法を種類別に紹介!おすすめ市場調査サービスの紹介もあり

自社製品を新たに開発、販売するときに欠かせない市場調査。
この市場調査をすることによって、どういった顧客がどういった商品を求めているのかを理解できるようになります。
今回は、どのような顧客に自社製品が求められているのかを知るための、適切な市場調査の方法を紹介しましょう。

市場調査とは?

市場調査とは
©Thanakorn.P – shutterstock

市場調査とは、顧客や市場がどのような製品、サービスを求めているのかを調べるためにおこなう調査のことを指します。
企業がマーケティング施策を打ち出したり、新たな製品をリリースしたりする際の参考にするために、この市場調査はおこなわれます。
企業側は、この市場調査の結果を活かすことで、より精度の高いマーケティング施策を打ち出せるようになります。

市場調査とは

市場調査とは、上でも説明したように、市場や顧客のことを理解するための作業のことを指します。
そして、そこで得た意見を参考に、さらに有効なマーケティング施策を打ち出していきます。
基本的に、同じマーケティング施策を打ち出して、常に同じものを顧客に押し付けているだけでは、売上を上げ続けることはできません。

顧客の声に耳を傾けて、柔軟に施策を変更して打ち出し続ける必要があります。
その点で、市場調査は、顧客が何を求めているのかを知るために最適な手段の1つであるといえるでしょう。
例えば、市場調査のなかの代表的なものに顧客満足度調査が挙げられます。

実際に自社製品を使ったり、サービスを受けたりした顧客に対して、使い心地は良かったかどうか、サービスに不満はなかったかどうかなどをアンケートで聞いたり、口コミを集めたりすることで意見を募ります。
このような市場調査をおこなうことで、自社製品やサービスのさらなる向上につなげていくのです。

市場調査とマーケティングリサーチの違い

市場調査とマーケティングリサーチには、それほど大きな違いはありません。
ただし、厳密には、それぞれ異なるものとしてとらえる必要があります。
市場調査は現在の売上金額や数量など、明確なものを参考にして製品そのもののクオリティの向上に役立てるためにおこなわれます。これは現在を軸としておこなわれるものです。

対して、マーケティングリサーチは、顧客の声やデータなど、さまざまなデータを横断的に参考にしながら、数年後などの未来におけるその市場の予測及び考察もその目的としています
そのため、市場調査とマーケティングリサーチはそれぞれ別の役割を持っています。
場面に応じてそれぞれを使い分けたり組み合わせたりすることで、最適なマーケティング施策を打ち出すことができるようになります。

なぜ市場調査をするのか

なぜ市場調査をするのか
©bluedog studio – shutterstock

市場調査は、顧客の間隔を理解し、顧客との距離を近づけるためにおこなわれます、顧客のニーズを理解していない状態では、良いものづくりはできません。
市場調査をおこなうことによって、自社にもっとも適した施策を考えるための参考にすることができるのです。

市場調査の目的①:マーケティング戦略立案のため

マーケティング戦略立案のプロセス
トルテオ編集部

市場調査は、マーケティング戦略を立案するためのファーストステップとしておこなわれます。
まず市場調査をおこなって市場の状況を分析し、その後セグメンテーション、ターゲティングなどの作業を通じて自社のマーケティング戦略構築へと進みます。

市場調査は、自社のマーケティング戦略を効果的なものにするための土台作りとしておこなわれます。
マーケティング戦略立案に至るまでのプロセスに関して、詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事:マーケティングミックス4Pとは?初心者でもビジネスに活かせる4Pの活用方法と事例

市場調査の目的②:顧客の声を商品企画や改良に活かすため

市場調査をおこなうことによって、顧客が感じている不満をすくい上げ、それを実際に商品の改善につなげることができます。
自社内でも商品改良を進めていても、実際に顧客が感じている不満や改善要望はなかなか気付くことができないものであるため、市場調査によって得られる顧客の意見は非常に貴重なものといえるでしょう。

また、顧客の意見から新たな企画を考えることもできます。
どういったものが求められているのかをあらかじめ知っておくことによって、顧客に好まれるであろう商品やサービスの企画のためのヒントにすることができます。
市場調査でしか顧客の声をダイレクトに聞けないことも多くあるため、市場調査はマーケティング戦略において非常に重要なポジションを担っているといえるでしょう。

市場調査をおこなう方法を調査手法別に紹介!

市場調査の種類
トルテオ編集部

市場調査をおこなう方法は多岐にわたるため、それぞれの特徴を把握して、その都度適したものを選んでおこなう必要があります。ここでは、大きく4つに分けて市場調査の方法を紹介します。

<調査手法別>市場調査の方法①:質問法

質問法
©Antonio Guillem – shutterstock

質問法とは、顧客と直接やりとりすることを通じて、意見や感想を引き出す市場調査の方法を指します。

面接調査

面接調査は、調査員が顧客1人ひとりと面接をするように質問をすることで意見を聞く調査方法です。
マンツーマン、もしくは複数人から直接話を聞くことができるため、じっくりと製品やサービスについての感想を聞くことができると同時に、話を掘り下げていくことによって本音を聞きだすことができる可能性が高くなるところが長所であるといえます。

電話調査

電話調査は、顧客に直接電話をかけて、製品やサービスに対する意見や感想を聞く方法のことを指します。
この方法は、電話番号を登録している顧客であれば住んでいる距離に関係なく意見を聞くことができるところに強みがあります。

郵送調査

郵送調査は、企業側から製品やサービスに対する意見、アンケートを書いてもらうシートを添付して顧客に送り、それを再度企業側に送付してもらうという方法です。
これは企業からの質問に対して、顧客が熟考してから答える余裕ができるというところに強みがあります。

留置調査

留置調査は、顧客に回答用紙を渡しておいて後日調査員が顧客宅まで回収に行くという方法です。
これはアンケートに対する回答率がかなり高くなるため、企業にとっての意見を聞くことができる大きな機会となるでしょう。

ファックス調査

ファックス調査は、ファックスでアンケートを送り顧客に回答を送り返してもらうという方法です。
低コストでおこなうことができると同時に、広い範囲の顧客に対してアプローチすることができるところに強みがあります。

インターネット調査

インターネット調査は、顧客にインターネット上でアンケートに答えてもらう調査方法です。
企業がアンケートフォームを独自に開発するか、外注して作ってもらうかという2つのパターンがあります。
インターネットが普及した現代においては、比較的回答率が高くなるところにこの調査方法の強みがあります。

<調査手法別>市場調査の方法②:観察法

観察法
©Africa Studio – shutterstock

観察法は、質問法とは違い実際に顧客と接することはありません。
顧客の動きを観察することによって、商品の売れ行きなどを観察するのが観察法です。
例えば、調査員として店員が店内に立って顧客を観察し、購入された商品や手に取られた商品、あるいは手に取られることのなかった商品を分析することで、具体的なマーケティング施策へとつなげていきます。

<調査手法別>市場調査の方法③:実験法

実験法
©smolaw – shutterstock

実験法は、異なる2つのデータを利用して顧客の反応をうかがう市場調査の方法です。
同じグループとして括った顧客に対して、異なったデータを投げかけた場合の反応を見てマーケティング施策に役立てます。
例えば、一定の顧客層に向けて異なるアンケートハガキを送付した時の返信率の違いを調べたりするのが実験法です。

<調査手法別>市場調査の方法④:統計データ調査法

統計データ調査法
©Chaosamran_Studio – shutterstock

統計データ調査法とは、政府の調査機関や民間団体が専門的に調査して得たデータをもとに、自社が求めているデータを導き出したり調査したりすることです。
これは別の目的で集められたデータを活用するものであるため、自社で調査する必要がない点において、調査にかかる手間や費用がかからないという長所があります。
また、統計データ調査法を活用することで、さまざまな分野の、ありとあらゆるデータを得ることができます。市場調査をする上では、欠かせない情報を得ることができるでしょう。

市場調査をおこなう方法を集められるデータの種類別に紹介!

データの種類
トルテオ編集部

市場調査を通じて得られるデータは、その調査方法によって性質が異なります。
ここでは、データの種類に分けて市場調査の方法をご紹介します。

<得られるデータ別>市場調査の方法①:定量調査

定量調査とは、数値化することができるデータを集めるための調査方法です。
顧客と商品の何らかの関係を数値で抽出し、その関係性を把握することが定量調査の目的です。
定量調査の結果はグラフや図として表され、今後のマーケティング施策に活かされます。

定量調査の例として挙げられるのが、インターネット調査や郵送調査です。
これらの調査方法によって、顧客の製品に対する意識を調べることができます。
製品がどれくらい購入されているか、どの年齢層に購入されているかなど、詳しい値を知ることができるのが定量調査の特徴です。

<得られるデータ別>市場調査の方法②:定性調査

定性調査とは、定量調査だけではわからない、顧客の気持ちや心情を知るためにおこなわれる調査のことを指します。
なぜその製品を買おうと思ったのか、気に入っている点はどこなのかといったことを調査するのが定性調査の目的です。
定性調査をおこなうことによって、製品にさらなる改良・改善を加えることができるようになります。

定性調査の例として挙げられるのが、面接調査や観察法です。
これらの調査方法によって、顧客が製品についてどのように感じているのかを聞き取ったり、汲み取ったりすることができます。
定性調査を活用することで、売上増加に向けての取り組みや指針を決める施策を立てられます。

市場調査をおこなう際の5つの注意点

市場調査時の注意点
トルテオ編集部

市場調査は、むやみにおこなえばいいわけではありません。
注意すべき点を把握しておかないと、結果として意味のないデータが集まったり、やり直しになって無駄なコストがかかってしまったりすることがあります。
ここでは、市場調査をおこなう際に気を付けておきたいポイントを紹介します。

市場調査の注意点①:目的を明確にする

はじめに、そもそも何のために市場調査をするのかという目的を明確にしておく必要があります。
目的が曖昧なままに市場調査を始めてしまうと、何のデータを集めるべきかが明確にならないため、核心に触れない不必要なデータばかりが集まってしまうことがあります。

目的意識がはっきりしていないと、市場調査は失敗してしまいます。
現状、何を必要とするのかを一番先に考えておきましょう。

市場調査の注意点②:費用対効果を意識する

市場調査をおこなうためにはコストが発生します。
自社で市場調査をする場合でも、外部に業務を委託して市場調査をする場合でも、金銭的コストや時間的コストなどが発生することは避けられません。

そのコストを支払ってでも進めるべき価値がある市場調査なのか、そのデータを使って何かに活かすことができるというイメージがきちんとできているのかなど、費用対効果を意識して市場調査を進めるべきでしょう。
そうしないと、費用ばかりが膨らんでしまう可能性があり、良い結果が得られたとしても、それ以上に大赤字となってしまう可能性もあります。

市場調査の注意点③:調査方法をしっかりと設計する

市場調査をする際には、その調査方法をしっかり設計する必要があります。
あまり構想が固まっていないまま調査を進めてしまうと、偏ったデータが集まってしまったり、知らず知らずのうちに答えを誘導するかのような質問になっていて客観性が失われてしまっていたりするなどといった事態が発生してしまいます。

市場調査は、事業立案やマーケティング施策立案のファーストステップとなる根幹の部分です。
この時点で失敗してしまうと、のちに続く施策も全て失敗してしまう可能性があるため、この市場調査における調査方法はしっかりと設計しておきましょう。

市場調査の注意点④:外部リソースもうまく活用する

すべて自社で市場調査をしようとするのではなく、適度に外部調査サービスや外部情報も活用して、効率よく市場調査をおこないましょう
もちろん、外部のリソースを活用すればその分コストはかかってしまいますが、無理にすべてを自社だけでおこなおうとすると、それだけ時間や人的コストがかかってしまいます。

外部調査サービスや外部情報を活用することでしか得られない情報も数多くあるので、自社のみの視点に留まらないためにも、外部データを取り入れる価値は十分にあるでしょう。
費用対効果を意識しつつ、外部データや外部サービスも効率よく活用してみましょう。

市場調査の注意点⑤:仮説検証を意識する

市場調査を始める前に、どういった結果が出るだろうかという仮説をあらかじめ立てておき、その仮説を検証するために市場調査をおこなうのが理想的です。
そうすることで、より精度の高い市場調査を設計することが可能になるでしょう。

何も考えずに市場調査をしてしまうと、調査の結果をどう受け止めるべきなのかわからなくなってしまう可能性があります。
調査の結果を次のマーケティング施策立案に活かすためにも、仮説を立てておいて、それを検証する形で市場調査をおこないましょう。

おすすめ市場調査サービス3選

市場調査を自社のみでおこなわず、外部に委託する際にはそのクオリティやリサーチ機関の信頼度を重視したいという方も多いのではないでしょうか。
ここでは、市場調査を委託するのにおすすめの、市場調査サービスを3つご紹介します。

マクロミル

マクロミル
HPより

➤ 公式サイトでチェック

マクロミル社はインターネットリサーチを得意としている企業です。
低コストでありながら、依頼から最短24時間後に納品されるという素早い対応が多くのユーザーに好まれる理由の一つです。
また、デジタルマーケティングリサーチにおいて、Web広告やWebサイト訪問者に対する行動のリサーチに重きを置いていることが大きな特徴であるといえます。

インテージリサーチ

インテージリサーチ
HPより

➤ 公式サイトでチェック

インテージリサーチは、インテージリサーチ社が提供する市場調査サービスであり、国内外問わず幅広く活動しています。
定量調査、定性調査ともにバランスのとれた実績を誇っており、特に大型施設から小売店のようなショッピング施設の来場者調査や通行量調査に強みがあります。

楽天インサイト

楽天インサイト
HPより

➤ 公式サイトでチェック

楽天インサイトは、楽天インサイト社が提供する市場調査サービスです。
この楽天インサイトはアンケートデータのみではなく、楽天グループ内外のログデータを使うことができるという特徴を持っています。
そのため、幅広いモニターのWeb上での行動を把握することができる上に、楽天グループ内サービスの消費者や顧客への広告、販促も可能です。

インターネットもうまく活用して、効率よく市場調査を!

市場調査は、マーケティング戦略を立案するうえでの根幹となります。
この市場調査の際には、インターネットを活用することで、各省庁や研究機関のデータを手に入れることも可能です。
市場調査をおこなったうえで、そこから得られたデータをうまく活用し、次のマーケティング施策立案へとつなげましょう。

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします