インサイドセールスとテレアポの違いとは?おすすめのツールと3つの活用シーン

電話やメールなどの手法を使い、非対面で営業活動をおこなうインサイドセールス。近年では、訪問営業やテレアポをおこなっていた企業でも、インサイドセールスを取り入れつつあります。そんなインサイドセールスですが、テレアポと比べてどのような違いがあるのでしょうか?
ここでは、それぞれの違いと合わせて、インサイドセールスの活用シーンなどを紹介していきます。
※本記事は株式会社ネオラボ提供によるスポンサードコンテンツです。

インサイドセールスとは?

インサイドセールスとは、営業活動の全て、もしくはその一部を非対面でおこなう営業手法のことです。
インサイドセールスと聞くと、多くの人が内勤営業のことと認識しているのではないでしょうか。
一般的に内勤営業は、顧客に電話をかけるテレアポインターや顧客を接客するカウンターセールスのことを指します。インサイドセールスにおいても、テレアポをおこなうことがありますが、両者にはいくつかの違いがあります。

インサイドセールスとテレアポの違い

では、インサイドセールスとテレアポはどのような違いがあるのでしょうか。
ここでは、それぞれの違いについて具体的に解説していきます。

インサイドセールスとテレアポの違い
トルテオ編集部

インサイドセールスとテレアポの違い①:目的

インサイドセールスとテレアポでは、それぞれ目的が異なります。
アポはアポイント獲得を目的としています。テレアポを通じて現在ニーズがある見込み顧客を探し、アポイントの獲得つまり商談の設定をおこないます。

インサイドセールスにおいても、アポイント獲得を目的とすることがありますが、それは1つの活用方法に過ぎません。
テレアポはアポイント獲得だけを目的としているのに対して、インサイドセールスはアポイント獲得も含めたいくつかの異なる目的を持って活用されます。

そのほかの目的には、顧客の掘り起こし、オンラインでの受注などがあります。
ほかにも、商品やサービスに興味は示しているものの、購入する意欲がそこまで高くない顧客を見込み客に育成すること(リードナーチャリング)もおこないます。
購入する意欲を醸成するために、顧客の課題を解決する手段やアイデアを提案して、商品やサービスを購入するまでの道筋を立てていくのです。

インサイドセールスとテレアポの違い②:関わり方

続いては、インサイドセールスとテレアポの顧客との関わり方の違いについて紹介します。
テレアポは前述したとおり、アポイント獲得を目的として電話をかけるため、単発的なコミュニケーションとなります。
その時、もしくは比較的短い期間で、ニーズのある顧客かどうかを見極め、アポイントへとつなげていきます。その時にアポイントにつながらなければ、また新たな見込み顧客を探すことになります。

一方、インサイドセールスはその目的によって顧客との関わり方が異なります。
アポイントの獲得が目的であれば、テレアポと同じような短期的なコミュニケーションもあるでしょう。
また、リードナーチャリングや顧客の掘り起こしなどを目的とする場合は、顧客と長期的なコミュニケーションを取る必要があります。

インサイドセールスとテレアポの違い③:接触方法

インサイドセールスとテレアポは、顧客との接触方法にも違いがあります。
テレアポの場合、顧客と接する方法は電話です。そのため、音声のみの限定的なコミュニケーションになってしまいます。

一方、インサイドセールスは、メールや電話、Web会議などのさまざまな手法で顧客と接触を図ります。
そのため、顧客の状態に応じて接触方法や提供する情報を変えることができ、最適なコミュニケーションが図れます。

インサイドセールスの活用シーン

ここまで、インサイドセールスとテレアポの違いについて紹介してきました。
では、インサイドセールスは具体的にどのような活用シーンで取り入れていけばいいのでしょうか。
ここでは、インサイドセールスを活用すべきシーンを紹介していきたいと思います。

インサイドセールスの活用シーン①:説明が簡単で安価な商材を扱うとき

オンラインでの受注を目的にインサイドセールスの活用を検討する際は、自社が提供する商材がインサイドセールスに向いているかどうかを考える必要があります。
先にも述べたように、インサイドセールスは訪問をして直接顧客に商材の説明をするということはありません。
そのため、説明が簡単でわかりやすい商材がインサイドセールスには向いているといえます。

また、高額な商材の場合、何度も商談を重ねる必要があったり、購入までの決裁に時間がかかったりということもあります。
このような商材をオンライン商談だけで受注することは難しいでしょう。比較的安価な商材であれば、購入までの検討期間も短く、決裁の判断もしやすくなることから、高額商品よりも安価な商品のほうがオンライン商談に向いているといえます。

インサイドセールスの活用シーン②:リードナーチャリングをおこなうとき

リードナーチャリング(見込み顧客の育成)を目的とする場合にも、インサイドセールスは有効です。
リードナーチャリングは、潜在的なニーズを持つ顧客に対してメールや電話、Web会議などで継続的な情報を提供して、見込み顧客へと育成します。
しかし、見込み顧客の育成から受注までを営業担当がおこなうとすれば、手間や時間がかかり、結果として効率の悪い営業になってしまいます。
そこで、インサイドセールスを活用して見込み顧客までの育成をおこない、営業担当に見込み顧客を引き継ぎます。そうすることで、営業担当は見込み顧客を見つけるための訪問や電話の必要がなくなり、見込み顧客との商談やクロージングに集中できるようになります。

このように、リードナーチャリングをおこなう際はインサイドセールスを活用して、営業と役割を分業することで、営業効率の向上を実現することができます。

インサイドセールスの活用シーン③:問い合わせの1次対応をするとき

インサイドセールスは、Webフォームや電話、チャットからの問い合わせに対する1次対応にも活用できます。
問い合わせの内容によっては、「話を聞きたかっただけ」「いつか購入・導入を考えているけど、今は情報収集の段階」など、すぐには商談につながらないものもあります。
これに対して、1件ずつ営業担当が対応していては、受注確率の低い営業に多くの工数を割くことになります。

このようなとき、インサイドセールスを問い合わせ対応として配置することが有効になります。
商談につながらない問い合わせやリードナーチャリングが必要な問い合わせを精査することができ、訪問すべき問い合わせのみを営業担当に供給することで、組織全体の営業効率を向上させることにつながります。
また、訪問前にインサイドセールスが接触することで、多くの情報を収集することができ、質の高い商談が可能になります。さらには受注確率の向上にも貢献できるかもしれません。

インサイドセールス欠かせないオンライン商談ツールとは?

自社にインサイドセールスチームを組織する際、その目的の業務に対応したサービスを検討する必要があります。
例えば、リードナーチャリングを目的とする場合、MA(マーケティングオートメーション)を導入し適切なタイミングで最適なコミュニケーションが取れるように業務プロセスとシステムの設計をする必要があります。
オンラインでの受注を目的とする場合には、オンライン商談ツールが有効です。
オンライン商談ツールとは、オンライン上の相手と音声や映像でコミュニケーションが取れるシステムです。いわゆる、商談に特化したWeb会議システムともいえるでしょう。

1対1のオンライン商談に特化した「Calling Sales」は、4桁の接続ナンバーを発行することで、すぐに商談をはじめることができます。
また、設定したプロフィールを表示する名刺プロフィール機能は、アイスブレイクとして効果的で、商談を円滑に進めやすくなります。

このようなオンライン商談ツールの活用で、商談数の増加を期待することができ、営業効率の向上へとつながっていきます。

インサイドセールスで効率的な営業を実現しよう

いかがでしたか?
インサイドセールスとテレアポの違いについては、大きく異なることがわかります。インサイドセールスは、テレアポとの違いを理解して、適切に活用することが大切です。
営業活動の全て、もしくはその一部でインサイドセールスを活用して、効率的な営業を実現していきましょう。

オンライン商談ツール「Calling Sales」とは(PR)

Calling Salesは、従業員数50名以下から、従業員数5,000名以上まで幅広い企業に導入されているオンライン商談ツールです。
Calling Salesは、商談相手にアプリのインストールやアカウント取得などの負担をかけることはありません。Calling SalesのWebサイトにアクセスして「4桁の番号」を発行してもらえば、すぐに商談が開始できます。
また、資料共有機能やホワイトボード機能など、オンライン商談に特化した機能が充実しており、円滑な商談を実現できます。

営業の人員不足から機会損失が生まれていたRICOH社では、Calling Sales導入後に、月間の商談数が20倍、成約数は3倍まで伸びたといいます。
また、商談のみならずカスタマーサクセスもCallingを活用しており、成約までのリードタイムが半分に短縮するという効果を発揮しているようです。

Calling Salesは、それぞれの企業が抱える課題に対して柔軟に対応することができます。
もし、今おこなっている営業活動のなかで何か課題を抱えているのであれば、Calling Salesを導入してみてはいかがでしょうか。

インサイドセールスに欠かせないCalling Salesはこちら

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします