『THE TEAM 5つの法則』から学ぶ、良いチームの「法則」とは?

日々仕事に取り組む上で、ほとんどの場合、チームで物事に取り組むでしょう。
この『THE TEAM』という本では、良いチームを作り上げるための法則を紹介しています。
どのようなチームが良いチームなのか、体系的に学ぶことができる一冊です。

チームを科学する~チームの法則とは~

チームを科学する~チームの法則とは~
©George Rudy – shutterstock

日々生活をするうえで、仕事だけでなくプライベートの場面でも、私たちはしばしばチームで行動を共にします。
そうはいっても、そのチームをいかにして作っていくのかという点に関して学ぶ機会は多くはありません。
もし、良いチームについて語られる場面があったとしても、「精神論」や「経験則」に基づいて語られる場合がほとんどであり、再現性が担保されていないケースがかなり多くあります。

この本では、さまざまな学術的知見を活用しながら、良いチームとはどんなチームなのかという答えを、理論的かつ体系的な「5つの法則」に基づいて、科学的に解き明かされています。
以下では、その5つの法則に沿って、良いチームとは何なのかを紹介します。

チームとグループの違いとは?

チームとグループの違いとは?
©g-stockstudio – shutterstock

みなさんは、チームとグループの違いを知っていますか?
良いチームを作り上げるためのファーストステップとして、まず単なるグループからチームへと変化する必要があると述べています。
そして、この本の著者であるリンクアンドモチベーション社・取締役の麻野氏はチームへ変化するための条件を以下のように述べます。

チームをチームたらしめる必要条件は「共通の目的」です。

引用:『THE TEAM 5つの法則』(著:麻野耕司)

チームがチームたる理由として、メンバーたちを引っ張るための何かしらの「共通の目的」を設定する必要があるといいます。
これが1つめの法則の「Aim(目標設定)の法則」です。
この「Aimの法則」では、適切な目標設定について書かれています。
そもそも、良いチームを作り上げるためには適切な目標設定が必要です。麻野氏は、以下のように述べます。

「目標を確実に達成するのが良いチームだ」
これは必ずしも間違っているわけではありませんが、それ以上に大切なことは、
「目標を適切に設定するのが良いチームだ」
ということなのです。

引用:『THE TEAM 5つの法則』(著:麻野耕司)

適切な目標設定をするためには、「意義目標」「成果目標」「行動目標」という3つの目標のタイプを理解し、そのチームごとに適切な目標を定める必要があります。
そしてこの「Aimの法則」を理解することで、自分のチームの特性から、これら3つの目標全てを設定する必要があるのか、いずれかのみを設定する必要があるのかを把握することができます。

チーム作りでもっとも大切なのは仲間選び

チーム作りでもっとも大切なのは仲間選び
©Jacob Lund – shutterstock

麻野氏は、チーム作りでもっとも大切なのはメンバー選びとメンバー替えであるといいます。
ただ、チームの性質によって適切なメンバー選びやメンバー替えは異なります。
ここで、麻野氏はチームのタイプを4つに分けてそれぞれに適切な仲間選びがあると述べます。
この適切な仲間選びのために押さえておくべき法則が「Boarding(人員選定)の法則」です。

チームの4つのタイプ
トルテオ編集部

それぞれ、環境の変化度合いが大きいか小さいか、人材の連携度合いが大きいか小さいかで4つのタイプに分かれます。
そして、それぞれをサッカー型、野球型、柔道団体戦型、駅伝型と呼んで分類しています。そして麻野氏は以下のように述べます。

一社一社が自分たちの状況に合った組織作りをしていかなければいけません。
チームづくりも同様で、自分たちのチームに合わせたアプローチを選択していくことが重要です。

引用:『THE TEAM 5つの法則』(著:麻野耕司)

チームの特性によって、人員が流動的がいいのか固定されている方がいいのか、また均質的なチームがいいのか多様性に富んだチームがいいのかが異なります。
この「Boardingの法則」を理解することで、チーム作りで一番大事な仲間選びの基本を学ぶことができます。

チーム内の理想的なコミュニケーションとは

チーム内の理想的なコミュニケーションとは
©g-stockstudio – shutterstock

チームの目標が定まり、メンバーが決まったら、次はそのゴールに向けて進むための適切な連携を図る必要があります。
この適切な連携方法、言い換えると適切なコミュニケーション方法に関して「Communication(意思疎通)の法則」としてまとめられています。
最初に麻野氏はチーム内のコミュニケーション方法に関して以下のような誤解があると言います。

「チームにはコミュニケ―ションが多ければ多い方が良い」

引用:『THE TEAM 5つの法則』(著:麻野耕司)

チーム内のコミュニケーションは、必ずしも多ければ多い方が良いとは限りません。多いとそれだけコミュニケーションコストが発生してしまいます。
このコミュニケーションコストをうまく低減させ、かつチーム間でうまく連携をとるための鍵は「ルールづくり」です。
この「Communicationの法則」では、上で紹介した4つのチームタイプそれぞれでどのようなルールを作り、どのようなコミュニケーションをとるべきかが書かれています。
Communicaitonの法則を理解することで、自分のチームに合わせた効果的なルールとコミュニケーションの設計方法を学ぶことができます。

チーム内の意思決定はどのようにおこなうべきか

チーム内の意思決定はどのようにおこなうべきか
©GagoDesign – shutterstock

次に、チームにおける意思決定方法について紹介されています。
チームで何かしらの決断を出すことは、個人で決断するよりも何倍も難しいといえるでしょう。
しかし、意思決定の方法を誤ってしまうとチーム内の雰囲気が悪くなったり、不適切な意思決定をしてしまったりする可能性があります。
麻野氏は、チームにおける意思決定方法に関して以下のような誤解があると言います。

「みんなで話し合って決めるのが良いチームだ」

引用:『THE TEAM 5つの法則』(著:麻野耕司)

通常、意思決定方法には「合議」「多数決」「独裁」の3パターンがあります。
麻野氏は、必ずしも合議形式での意思決定が優れているとは限らないといいます。
それぞれ一長一短のメリット・デメリットがあるというのです。
したがって、意思決定をする際には、その意思決定方法のデメリットをできる限り減らせるような働きかけをする必要があるといいます。

チームで意思決定をする際には、議論や検討を始める前にどの意思決定方法を用いるかを決める、ということが非常に重要です。

引用:『THE TEAM 5つの法則』(著:麻野耕司)

チームで意思決定をする際には、チームの「誰が」「どのように」決めるのかをあらかじめ適切に定めて、チーム内のすれ違いやスタンスのズレをできる限りなくす必要があります。
「Decision(意思決定)の法則」では、チームごとに合わせた最適な意思決定方法の選び方やその意思決定方法に基づいた仕事の進め方が紹介されています。

チームメンバーのモチベーションを高く保つためには

チームメンバーのモチベーションを高く保つためには
©Jirsak – shutterstock

チームメンバーが1つの方向を向いて走り続けるためには、それぞれのメンバーのモチベーションを科学し、動きたくなるような仕組みを作り上げる必要があります。
良いチームを作り上げるための第5の法則、「Engagement(共感創造)の法則」には、チームメンバーのモチベーションを高く保つためのポイントが書かれています。
この「Engagementの法則」において麻野氏は、チームメンバーのモチベ―ションについて以下のように述べます。

チームづくりにとって大切なのは、「チームの活動に参加し、チームとしての成果に貢献する行動を選ぶ」ことに対する「モチベーション」です。

引用:『THE TEAM 5つの法則』(著:麻野耕司)

「個人売上を上げたい」「昇進したい」など、さまざまなモチベーションがありますが、その中でも良いチームを作り上げるためには、チームに貢献しようとするモチベーション(=エンゲージメント)を向上させる必要があるといいます。
そして、そのエンゲージメントは以下のような方程式に分解できると言います。

エンゲージメント=報酬・目標の魅力(やりたい)×達成可能性(やれる)×危機感(やるべき)

引用:『THE TEAM 5つの法則』(著:麻野耕司)

このエンゲージメントのどの部分を高めて総量を上げるかは、組織やチームによって異なります。
いくら報酬・目標の魅力を上げたとしても、チームの性質によってはまったく意味をなさない場合もあるのです。
この「Engagementの法則」を理解することで、効果的なエンゲージメント、チームに対する貢献意欲の高め方を把握することができます。

掛け算型のチームを作り上げよう

麻野氏は、「足し算型のチーム」「割り算型のチーム」「掛け算型のチーム」という3つの概念を紹介します。

足し算型のチーム:1人で出せるパフォーマンスが100だとしたときに、3人集まるとそのチームで300のパフォーマンスが出る
割り算型のチーム:1人で出せるパフォーマンスが100だとしたときに、3人集まると300より少ないパフォーマンスしか出せなくなってしまう
掛け算型のチーム:1人で出せるパフォーマンスが100だとしたときに、3人集まると400、500以上のパフォーマンスを出すことができる

引用:『THE TEAM 5つの法則』(著:麻野耕司)

この本で紹介されているチームの法則を取り入れることで、掛け算型のチームを作り上げることができると麻野氏はいいます。
『THE TEAM』という本を読み、自分の組織に取り入れることで、掛け算型のチームが醸成され、思いもよらなかったような大きなことを成し遂げることができるようになるかもしれません。

THE TEAM 5つの法則
  • 著 者麻野耕司
  • 出版社幻冬舎
  • 発売日2019/4/5

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします