CMSとは?代表的な種類と導入時に確認したい3つのポイント

企業がコンテンツマーケティングを推し進める際には、コンテンツ制作と管理のための仕組みをうまく整えておく必要があるでしょう。
この記事では、Webサイトの制作コストを削減したり、サイトの更新を容易にしたりすることができるツールである、CMSを紹介します。
オウンドメディアや自社ブログを作る際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

CMSとは?

CMSとは
©patpitchaya – shutterstock

CMSとは、Contents Management Systemの略称で、HTMLやCSSのような専門的知識がなくても比較的簡単にWebサイトを作成することができるシステムのことです。
CMSを導入していると、画像や文章などを入力するだけで簡単にページの制作や更新などがおこなえます。

CMSを導入するメリット

CMSを導入するメリット
©nelzajamal – shutterstock

CMSを導入することで、コンテンツ制作や管理作業にかかる労力・コストを削減することができます。
ここではCMS導入のメリットをいくつか紹介するので、CMSの特徴を正しく理解し、自社のWebマーケティング強化に活用してみてください。

知識がなくても簡単にコンテンツの作成・更新ができる

Webサイト制作では「HTMLでサイトの基本構造を作成」「CSSでサイトをデザインを設計する」「データをサーバにアップロード」といった専門知識を要する作業が必要でした。
しかし、CMSを導入することで、基本的なPC操作のみでWebサイトの作成や更新ができるようになります。

費用を少なく抑えることができる

Webサイトを運営する際には、自社でサイト開発し、保守運用体制を整える必要があります。
もし自社でサイト開発や運用体制を作ることが難しい場合は、外部業者に委託することになるでしょう。
自社開発であっても外部委託であっても、一から作るとなると費用や工数がかかってしまいます。

しかし、制作するサイトによってはCMSで裏側の仕組みを構築することが可能です。
この場合、一から作るよりも費用や工数を抑えることができます。

テンプレートを活用できる

CMSを導入せず、一からWebサイトを作成している場合は、テーマやデザインを統一するために、何度も細かな修正を繰り返してWebサイト全体を整える必要があります。
しかしCMSにはトップページや一覧ページ、詳細ページなど、1つのWebサイトに必要なページのパターンに対して統一されたデザインパッケージが用意されています。これをテンプレートといいます。

また、テンプレートにはWebサイトのデザインだけではなく、会員ページ向けのログイン機能やECサイトで使われるカート機能などを備えたものもあります。
これらのテンプレートを活用することで、自社にあったWebサイト制作が容易になります。

SEO対策になる

CMSには、リンク切れやタグの貼り忘れを確認、防止する機能が搭載されているものもあります。そのため、Webマーケティングにおいて重要なSEO対策の強化をおこなうことができます。
また、リンク切れやタグの貼り忘れを防ぐことで、UXが向上し、ユーザーの満足度アップにもつながるので、二重の意味でSEO対策になるといえるでしょう。

コンテンツを一元で管理できる

近年多くの企業がオウンドメディアを立ち上げてコンテンツマーケティングに着手していますが、コンテンツの更新頻度の低下やリソース不足などで続けることができず、途中で面倒になって断念しているところも少なくありません。

しかしクラウド型のCMSなどを導入すれば、すべてのコンテンツを一元管理できるため、更新が容易になり、リンク切れやエラー表示などの管理工数も削減することができます。
そのため、少人数でもコンテンツマーケティングを推し進めることが可能になります。

分業体制をとることができる

CMSを導入すればHTMLやCSSのような専門知識がない人でもWebサイトを管理することができます。
そのため、コンテンツ作成担当、コンテンツ更新担当、デザイン担当など、Webサイトの編集権限を各担当に振り分け分業体制で管理することが可能です。

プラグインが豊富

CMSには、多種多様な機能を追加することができるプラグインが充実しており、自分好みにWebサイトをカスタマイズすることができます。
サイトに新たな機能を追加したくなった際は、プラグイン一覧を探すことでたいていの機能は見つけることができるでしょう。

CMSの代表的な機能

CMSの機能
©Black Jack – shutterstock

誰でも簡単にコンテンツ制作・管理がおこなえるように、CMSにはさまざまな機能が備わっています。
ここでは、CMSの代表的な機能を紹介します。

コンテンツ管理機能

Webサイト上のコンテンツを作成したり、これまでに配信したコンテンツを更新、管理することができる機能です。
管理機能はさまざまな種類に分類することができます。

コンテンツ作成機能

画像やテキスト情報を入力するだけでコンテンツを作成し、公開することができる機能です。
公開日時をあらかじめ設定して予約投稿をすることも可能であるため、サイト運営上のスケジュールを管理しやすくなります。

コンテンツ更新機能

専門的な知識やスキルを必要とせず、直感的な操作だけでコンテンツの編集や更新をおこなうことができる機能です。
こういったWordを扱うような感覚で簡単に操作できる機能はWYSIWYG(ウィジウィグ)と呼ばれています。

コンテンツ管理機能

画像やテキストなどのデータを一元管理し、管理画面からコンテンツの公開、非公開、更新などを簡単におこなえる機能です。
これまでのWebサイト管理に比べ、リンク切れなどの確認が容易で、コンテンツの管理にかかる工数が最小限で済みます。

フォーム・簡易ページ作成機能

会員登録フォームページや、サービスの紹介ページといったランディングページなどを簡単に作成できる機能で、作成したページは容易に管理することができます。
また、スマートフォンに対応したタイプのCMSであれば、ページを作成した際に自動でスマートフォン用のページも作成されます。

SEO関連機能

多くのCMSは検索エンジンのガイドラインで推奨されたWebサイトの構造に準処しているので、SEO対策のための機能も豊富です。
例えば、SEO対策で重要な「タグ」や「キーワード設定」についても、編集画面で簡単に設定することができると同時に、サイト内のリンク構造も最適化されています。

アクセス解析機能

Webサイトへのユーザーのアクセスを解析する機能です。どんなユーザーがどこから来たのか、そしてWebサイト上でどんな行動をしたのかなど、サイトへのアクセスやその行動を簡単に解析することができます。
なかにはGoogleが提供しているGoogle Analyticsと連携できるものもあります。

ABテスト機能

CMS上でABテストをおこなえる機能です。ABテストとは2つの施策を同時に打ち出して、どちらの施策の方が効果が高いのかを確かめるためにおこなわれます。
例えば、Webサイト運営では、デザインやレイアウトを変えたページを2つ以上用意してリリースし、どちらの効果がより大きいかを検証することで、どういったものが好まれるのかを分析します。

CMSの種類

CMSの種類
トルテオ編集部

CMSには無料で提供されているオープンソースのものと、企業が独自開発して販売しているものがあります。
有料のCMSはさらに、パッケージ版とクラウド版の2つに分けられ、利用目的によって使い分けられます。

オープンソース

「WordPress」「Joomla!」などが当てはまります。オープンソース型CMSは無料で利用することができますが、有料型のCMSにあるようなサポートは受けることができません
そのため、無料で運用する場合は自社でホームページをホスティングする必要があり、それなりの専門知識を持ったエンジニアも必要になります。

一方で、オープンソース型CMSはソースコードが公開されているので、自社の用途に合わせて自由にカスタマイズできるといったメリットもあります。
そのため、ある程度の専門知識を持った方向けであるといえるでしょう。

独自開発系CMS

「Movable Type」「RCMS」などが当てはまります。
企業が有料で提供している独自開発型CMSは、直接パッケージを購入してシステムをダウンロードするパッケージタイプのものと、月額の更新料を支払って利用するクラウドタイプのものがあります。
この独自開発型CMSは、提供している企業によるサポートが整っており、サーバーが用意されていることがほとんどなので、CMS初心者でも気軽に導入できる場合がほとんどです。

CMSを選ぶ際に意識したいポイント

CMSを選ぶ際に意識したいポイント
©TierneyMJ – shutterstock

ここでは、実際にCMSを導入する際、どういった点を意識しておくべきなのかを紹介します。CMSを導入する際に考えるべきポイントは、「導入目的」「知識量」「サイト規模」の3つです。

CMSを導入する目的を整理しておく

そもそもなぜCMSを導入したいのか、導入する理由や目的を明確にしておく必要があります。
というのも、最初に明確な導入目的を設定しておかないと、不必要な機能ばかりを備えたCMSを導入してしまうこともありうるからです。
目的が単純にホームページを開設するだけなのであれば、オープンソース型のCMSでも十分です。

しかし、オウンドメディアを意識した運用をするのであれば、ブログ機能を備えたものや、スマートフォンに対応した有料型CMSの利用を検討する必要があります。
CMSを導入する目的として、たとえば以下のようなものが挙げられます。

  • 自社ホームページを開設する
  • 自社ホームページにブログ機能を追加する
  • オウンドメディアを意識したホームページを作成する
  • スマートフォンに対応したページを作成する

運営体制側の専門知識量

CMSを導入することで、基本的には簡単にWebサイトを作成することができますが、なかにはある程度の専門知識が必要になるものもあります。
そのため、自社に専門知識を持った人材がいるかどうかで、利用するCMSの種類や機能が変わってきます。

Webサイトを運営する担当者側に専門知識を持った人がいる場合は、オープンソース型のような自由度が高いCMSを導入して、自由にカスタマイズしてもみてもいいでしょう。
しかし、それほど専門知識を持った人がいない場合は、サポート体制が整っていて、かつ簡単に使いこなすことができる有料型CMSを導入するようにしましょう。

運営したいサイトの規模

最後に意識しておきたいポイントは、自社で作成予定のWebサイトの規模です。
大規模なWebサイト向けCMSの場合は、スマホ対応やSEO対策などの機能が充実していて、なかには見込み顧客情報を獲得する機能などを備えているものもあります。

一方で、規模の小さいWebサイト向けのCMSはホームページの作成、更新に必要な機能だけが備わっており、構造がシンプルで扱いやすいという特徴があります。
そのため、これから作成したいWebサイトはどのくらいの規模なのか、どのくらいの規模まで拡大させたいのかといったことを把握しておき、その規模感に合わせて適切なCMSを選ぶようにしましょう。

CMSを導入して、効率よくサイトを運営しよう

近年のWebサイト運営、コンテンツマーケティングにおいて、新しいコンテンツを追加、更新することは重要です。
専門的な知識がなくともコンテンツの管理や追加が簡単にできるCMSは、コンテンツ制作において非常に有用なツールです。
CMSを導入して、自社サイトの更新頻度を高め、コンテンツ制作作業の効率化を図ってみてはいかがでしょうか。

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします