給与前払いとは?チェックしておきたい注意点やメリット、主要サービスを紹介

「給与前払い」とは何か知っていますか?給与の前払いサービスは、従業員からのニーズが高く、また、企業側にもさまざまな効果をもたらしてくれることから、現在多くの注目を集めています。
今回は、そんな「給与前払い」について、そのメリットや活用する際の注意点などを詳しく紹介していきます。

給与前払いとは?

給与の前払いは企業側からも従業員側からも注目されている給与の支払い方法の1つです。
ここでは、この「給与前払い」について詳しく解説していきます。

給与前払いとは

給与前払いとは、従業員からの申請があった際に、その従業員の労働実績に応じて規定の給与日よりも前に給与の一部を支払うことを指します。
ここでいう労働実績とは、タイムカードなどで記録される勤怠情報のことです。
しばしば給与の前借りと混同されることもありますが、その意味は全く異なります。

給与の前借りはまだ働いていない分の給与を働くであろと推定して先に支払うのに対して、給与の前払いでは働いたという事実をもとに、規定の給与日より先に給与の一部を支払うことになります。
給与の受け取りを多様化してほしいという従業員のニーズを、企業がリスクを伴わずに実現することができるのが給与前払いです。

給与前払いサービスとは

人材不足や働き方改革が進むなかで、従業員の福利厚生を充実させようと多くの企業が給与の前払いに注目しています。
しかし、給与の前払いに対応するためには煩雑な手続きを踏む必要があります。
まず、従業員1人ひとりの勤怠情報を把握し、そこから前払いできる給与を計算します。

そして、従業員の申請に応じて前払い給与を支払い、規定の給与日には前払い給与分を差し引いた分の給与を支払うことになります。
これらを全て手作業で対応するとなると、かなり工数と時間がかかってしまいます。
そこで、このような工数がかかる作業を請け負い、給与の前払いを実現することができるのが給与前払いサービスです。

給与前払いサービス導入のメリット

ここまで、給与の前払いとそのサービスついて説明してきましたが、実際に給与の前払いサービスを活用することでどのような効果がもたらされるのでしょうか。
ここからは、給与前払いサービスを活用するメリットについて紹介します。

求人応募数の増加

人手不足が進む今日、必要な人材が集まらず苦戦している企業も多いのではないでしょうか。
そんな人材確保に悩む企業の一助となるのが給与の前払いサービスです。
特に、アルバイト求人サイトにおいては、「日払い」という検索キーワードは常に上位にランクインしています。

そして、「日払い可能」というキーワードを求人募集の福利厚生欄などに記載するだけで求人の応募数が増加するといわれています。
このように、多くの従業員は「日払い」といったような必要な時に給与を受け取ることができる環境を望んでいます。
給与前払いサービスを導入することで、給与形態において他社との差別化をすることができ、必要人材の確保を有利に進めることができます

従業員の離職防止

従業員が離職することで、新たな人材確保のためにコストが生じるだけでなく、自社で育てるはずだった人材を失うことになります。
給与前払いサービスを導入することで、従業員の離職を防ぐことも期待できます

なぜなら上記で紹介したように、現在、アルバイトの求人市場において「日払い」というキーワードが注目を集めています。
給与前払いサービスによって「日払い」を可能にすることで、アルバイト従業員の定着そして離職防止が期待できるからです。
また、仕事を掛け持ちをしている従業員は、給与の前払いがある勤務先と給与の前払いがない勤務先では前者のほうを優先してシフトを入れる傾向にあるといわれています。

採用コストの削減

採用活動をするためには多くのコストが掛かります。
例えば、求人広告の掲載費や説明会の運営費、応募者対応や面接でかかる人事担当の人件費などです。

給与前払いサービスを導入することで、1回の求人での応募数が増えることが期待できるため、何度も募集をかけなくても必要な人材の確保ができるようになります。
また、定着率を上げることができれば採用活動の回数自体を減らすことができ、採用コストの削減につながります

給与前払いサービスを選ぶときの注意点

多くのメリットのある給与前払いサービスですが導入の際にはいくつか注意しておくと良い点があります。
ここからは、給与前払いサービスを選ぶときに押さえておきたい4つの注意点について紹介します。

サービスを運用する上での使いやすさや利便性

1つ目の注意点は、企業にとって使いやすく、便利なサービスであるかという点です。
先にも紹介したように、前払いを実現しようとする場合、企業には多くの工数が掛かります。
そのため、企業にとって使いやすいサービスであれば、無駄な工数をかけることなく運用することができます。

導入に伴い自社が準備しておくべきことや前払いサービス運用の際に請け負ってもらえる範囲をきちんと確認する必要があります。
また、サポート体制が整っているサービスであれば、運用に困った際でもすぐに解決を手助けしてくれるので、サポート体制についても必ず確認しておきましょう。

さらに、円滑に前払いサービスを活用するためには、勤怠管理システムや給与計算システム、給与の支払い先の銀行などがサービスと連携ができるかどうかが重要です。
自社が利用している勤怠管理システムや給与計算システムと給与前払いサービスを連携できれば大幅に工数を削減することができます。

企業側の導入コストと運用コスト

2つ目の注意点は、前払いサービスを導入する際にどのくらいのコストがかかるのかという点です。
通常、給与前払いサービスを利用する際には、導入コストと運用コストがかかります。
導入コストは通常サービスの利用開始にかかる費用で、サービスによって無料のものから数十万円かかるものまであります。

運用コストは導入後のシステム運用のためにかかる費用で、月額でかかる場合がほとんどです。月額で無料のものから数万円のものまであります。
給与前払いサービスを導入する際には、給与前払いに関して削減できる工数や従業員の満足度などを考慮して費用対効果の高いものを選ぶ必要があります。

従業員側が負担する手数料

給与前払いサービスでは多くの場合、従業員が手数料を負担することになります。この手数料は、給与の前払いを申請して利用した際に生じます。
この手数料があまりにも高いと、従業員にとってサービスを利用しづらくなってしまいます。
サービスを導入しても、従業員が利用しやすいものでなければ意味がありません。
そのため、従業員が負担する手数料についても注意しておく必要があります

従業員の給与受け取りの自由度の高さ

給与前払いサービスを活用することで、企業は給与前払い処理にかかる工数を削減しながら、今まで以上に従業員の給与受け取りの自由度を高めることができます
そのため、365日24時間PC、スマホ、ガラケーなどの端末から申請される前払い情報に自動対応することができるかどうか確認しておくと良いでしょう。
また、従業員が前払い給与を受け取る際に、給与を受け取れる口座が指定されているなど受け取りの方法が制限されないか確認する必要があります。

おすすめ給与前払いサービス5選

ここでは、実際にどのような給与前払いサービスがあるのか、その具体的なサービスを紹介します。

enigma pay

enigma
HPより

➤ 公式サイトでチェック

enigma payは第2回HRテクノロジー大賞「注目スタートアップ賞」を受賞した、業界トップクラスの企業導入数を誇る給与前払いサービスです。
数十名規模の企業から数万名規模の企業まで、幅広い企業に対応しています。
振込業務の必要がなく、各種管理システムとの連携も可能なため企業の担当者の負担の最小化が期待できる給与前払いサービスです。

合わせて、カスタマーセンターによる導入後のサポートやエンジニア体制によるシステムサポートが充実しています。
また、PC、スマホ、ガラケーといったさまざまなデバイスに対応している点も特徴的です。

Payme

Payme
HPより

➤ 公式サイトでチェック

Paymeは導入や運用のコストが一切かからず利用できる前払い給与前払いサービスです。
日系FinTechやラジオ日本など多数のメディアでも紹介され注目を集めています。
企業側の管理画面と従業員側の申請画面の双方において、シンプルで使いやすいUI・UXが設計されており、その使いやすさが人気です。

Paymeでは、基本的に1社に1名のサポート担当者がつくため、サポート面でも安心です。
また、最短で即日引き出しをすることが可能であり、従業員からの満足度も高いことが特徴です。

CYURICA

CYURICA
HPより

➤ 公式サイトでチェック

CYURICAはキュリカードと呼ばれるカードを発行することによって独自の給与前払いサービスを展開しています。
このキュリカードを用いることで、事前申請の手間が削減されると同時に全国47都道府県65,000台以上のATMで365日24時間引き出しをすることが可能です。
また、勤怠データと連携することができるため、即日出金が可能となっており、従業員が負担する手数料も最小限となっている点が特徴的です。

PrePay(プリペイ)

PrePay(プリペイ)
HPより

➤ 公式サイトでチェック

PrePayは、導入コストと運用コストがかからずに利用できる給与前払いサービスです。
勤怠管理システムと連携が可能で、全スタッフの給与前払い一括管理ができます。

シンプルなUIであるためヒューマンエラーを起こすことなく簡単に運用できると同時に、前払い給与の計算や控除額管理など、煩雑な業務を丸投げすることが可能です。
PrePayでは、銀行口座だけでなくチャージ式クレジットカードへの入金も可能となっています。

前払いできるくん

前払いできるくん
HPより

➤ 公式サイトでチェック

前払いできるくんは導入コスト、運用コストなどが無料で利用できる給与前払いサービスです。
最短で1週間での導入が可能となっており、スムーズに利用開始することができます。

従業員からの問い合わせなどは前払いくんの専門スタッフが対応してくれるので、自社で前払い業務を担当する専用の事務員を設ける必要がありません。
また、規定の時間内であれば即時振込にも対応しているので、従業員にとっても利便性が高い給与前払いサービスです。

給与前払いサービスを導入する企業は増加している

アルバイト求人サイトを運営するバイトルによると、「日払い可能」というワードを記載して求人募集をおこなう企業は、2017年9月から2019年3月にかけて約1.5倍増加したというデータが出ています。
給与前払いサービスは注目されているだけでなく、実際に多くの企業で導入が進んでいます。
人手不足で苦戦しているという方は、一度給与前払いサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします