生産管理システムとは?製造業に特化した生産管理システム、その機能や導入目的を紹介!

ERPの一部としても提供される生産管理システムは、製造業には欠かせないシステムです。
しかし、生産管理が重要だということは理解していても、具体的にどういった流れで生産管理システムを導入すればいいかわからないという方も多いでしょう。
今回は生産管理システムの概要と特徴、それから生産管理業務とはどういった業務なのかをまとめてみたので、参考にしてみてください。

生産管理システムとは

生産管理システムとは
©Mr.B-king – shutterstock

製造業における生産管理業務は、企業の利益に直結する重要な業務の1つです。
製品の製造工程だけでなく、在庫状況、出荷状況なども含めた広い範囲の業務を管理します。
ここでは、生産管理システムがどういったものかを紹介します。

生産管理とは

生産管理とは、製品ができあがるまでにおこなわれるさまざまな業務を無駄なく管理・計画することです。
単純な製造業務だけでなく、生産計画の立案から納期の設定まで、製造業におけるあらゆる業務を管理します。

生産管理で管理する業務には次のようなものがあります。
それぞれの業務を効率化し、最小の在庫と原価で最高の品質の製品を仕上げるのが最大の目的です。

  • 生産計画の立案
  • 原料や資材の調達
  • 製造工程
  • 在庫管理
  • 品質管理
  • 納期の設定
  • 原価

生産管理システムとは

生産管理システムとは、「在庫」「原価」「納期」「品質」といった、製造業におけるさまざまな情報を総合的に管理し、生産工程を最適化するシステムです。
生産管理システムを導入することで、生産管理業務の効率化や、出荷ミスのような人的ミスの減少、コスト削減といったメリットがあります。

生産管理システムの機能

生産管理システムの機能
©PopTika – shutterstock

生産管理システムを導入する際、どんな機能が必要かを把握しておく必要があります。
ここでは、生産管理システムに搭載されている一般的な機能を紹介します。

生産計画機能

製品の製造工程における「製品の量」と「納期」を基準に、何を、いつまでに、どのくらい製造する必要があるのかという生産計画を立案する機能です。

予算管理機能

製造業における部門ごとの予算管理は、手戻りや修正といった、いわゆる「やり直し」が多い非常に面倒な作業です。
しかし、予算管理機能を使用すれば、これらのやり直しにも効率的に対処でき、予算編成にかかる時間を大幅に削減できます。

資材管理機能

生産計画に対し、製品の製造工程における「原料の量」と「納期」を基準に、何が、いつまでに、どのくらい必要なのかを管理する機能です。

仕入管理機能

相場の変動が激しい原料の買い付け先や、購入時期などを計画的に管理する機能です。
原価管理機能や売掛管理機能が利用できる場合は、次に紹介する販売管理機能と合わせて、仕入れから支払いまでの一連の流れを最適化することができます。

製造管理機能

製造管理機能は、作業の進捗状況や出荷状況などを管理するための機能です。
機械や作業担当者についての細かいデータを設定する機能があるので、適正な人員配置をすることができます。
また、そうすることで誤出荷などの人的ミスを削減し、製造業務における損失を最小限にすることができます。

販売管理機能

販売管理機能には受注管理機能や見積管理機能が備わっており、出荷管理や売上の検収などをおこなうこともできます。

在庫管理機能

製造業において重要な在庫量を適正に保つための機能です。
常に過不足なく在庫量を維持するために、ロットトレース機能などを利用して、「製品番号」「数量」「日時」「買い付け先」といったさまざまな情報をもとに在庫を管理しています。

生産管理システムを導入する目的

生産管理システムを導入する目的
©PopTika – shutterstock

生産管理システムを導入する目的は大きくわけて3つです。
ここでは、3つの目的それぞれについて具体的に解説するので、生産管理システムの導入を検討する際の判断材料として参考にしてみてください。

生産管理の効率化を図るため

生産管理システムを導入することで、これまで手作業でおこなっていた単純作業などの業務を効率化することができるので、これまで単純作業に割いていた時間を別の業務に割くことができるようになります。
例えば、多くの生産管理システムに備わっている不良率管理機能を利用した場合、不良製品の発生原因の究明とその改善を効率よくおこなうことができるので、そこに割かれるはずだった時間と労力をほかの業務に充てることができます。

生産管理業務全体を把握し、整理するため

生産管理や販売管理、在庫管理などさまざまな機能を一元的に備えた生産管理システムを導入すれば、製造業務における各部門の情報を統合的に管理することが可能です。
これにより各部門の生産状況が把握しやすくなるので、業務負荷の平均化を図れたり、何が必要な業務で何が不必要な業務なのかを再整理したりすることができます。

余剰在庫を削減し、コストを削減するため

製造業において、過不足なく在庫を管理することは重要です。
余剰在庫では管理コストがかかり、在庫不足では機会損失が生まれてしまいます。
そのため、生産管理システムを導入して在庫を適正に管理すれば、管理コストの削減につながるだけでなく、在庫切れによってチャンスを不意にすることもなくなるので、会社全体の利益率向上が期待できるでしょう。

生産管理システムを導入する際の注意点

生産管理システムの注意点
©Omelchenko – shutterstock

システムの機能を把握することも重要ですが、そもそも自社にとって何が必要で、何が必要でないかを把握することも重要です。
そこで、ここでは生産管理システムを導入する際の注意点についてまとめてみました。
こちらも生産管理システム導入を検討する際の判断材料として参考にしてみてください。

導入する目的を整理する

生産管理システムを導入する最初のステップとして、まずは導入目的を明確にしておく必要があります。
製造業務における課題は企業によって異なるので、その課題を整理し、自社にとってどんな機能が必要なのかを把握しましょう。

例えば、資材管理や仕入管理、在庫管理など、どの業務を効率化したいのかによって必要となる機能が変わってくるので、自社の生産管理業務に照らしてよく考える必要があります。

目的に合わせた生産管理システムを導入する

生産管理システムにもさまざまな種類があり製品それぞれに特徴があるので、業務目標に合わせてどの生産管理システムを導入するかを選択する必要があります。
具体的な目標として、在庫の削減や納期の短縮、コスト削減などが挙げられます。
「在庫率を3%削減する」「納期を3日短縮する」というように、それぞれに具体的な目標値を設定しておくと導入目的が明確になるでしょう。

自社の生産形態に合うものを選ぶ

生産管理システムを導入する目的と自社に必要な機能が明確になったら、次に考慮すべきは自社の生産方式とのすり合わせです。
製造業における生産方式には大きくわけて下の4つがあり、企業ごとに製品を生産する生産方式は異なります。
自社の方式に合わせた生産管理システムを導入しなければ、その分余計なコストがかかってしまい業務効率化の意味がなくなってしまうので、この点も十分に注意しておきましょう。

  • ライン生産方式
  • ロット式生産方式
  • セル生産方式
  • 個別生産方式

おすすめの生産管理システム

ここでは代表的な生産管理システムを5つ紹介します。
それぞれの生産管理システムの特徴をまとめているので、参考にしてみてください。

WorkGear-B

WorkGear-B
HPより

➤ 公式サイトでチェック

WorkGear-B(ワークギア-B)は中小・零細製造業用の生産管理システムです。
WorkGear-XやWorkGear-Sなど、さまざまなシリーズがあり、それぞれ価格や機能が異なるため、会社の規模に合わせて導入するシステムを選択することができます。
また、売買管理機能、見積管理機能などの連携も可能であるため、生産管理以外の一連の業務も効率化することができます。

GLOVIA G2

FUJITSU GLOVIA G2
HPより

➤ 公式サイトでチェック

GLOVIA G2は、富士通グループが提供している業務管理ソフトウェアパッケージGLOVIA(グロービア)シリーズのうち、生産管理機能に強いERPパッケージです。
まずはプロトタイプの導入・構築から開始して、段階的にシステムの導入範囲を広げていくことで、スムーズな生産管理システムの導入を推奨しているのが特徴です。

EXPLANNER/J

EXPLANNER/J
HPより

➤ 公式サイトでチェック

EXPLANNER/J(エクスプランナーJ)は、NEC社が提供しているEXPLANNERシリーズの製造業向けパッケージです。
基本機能と共に提供されている開発フレームワークを活用することで、ユーザー独自の使い方ができるため、業務の変化に柔軟に対応できるという特徴があります。
また、自動車部品製造業向けのEXPLANNER/Jaや、食品製造業向けのEXPLANNER/Jfといったパッケージも提供されており、多種多様な業種に対応することができます。

Factory-ONE 電脳工場MF

factoryone
HPより

➤ 公式サイトでチェック

Factory-ONE 電脳工場MFは、システムの段階導入方式を採用した中堅・中小企業向けの生産管理システムです。
幅広い業種・業態に対応しており、自社の規模や業務形態に合わせてシステムを可変的に導入することができます。
EXPLANNER/Ai会計と連携することができるので、生産管理から財務管理まで、製造業におけるあらゆるシーンにおける業務を効率化することができます。

NetSuite

netsuite
©HPより

➤ 公式サイトでチェック

NetSuite(ネットスイート)はクラウド上で管理できるERPであり、その一部のコンポーネントとして生産管理システムが提供されています。
海外からでも自由に利用することができると同時に、英語をはじめとした複数の言語や通貨にも対応しており、海外事業部などを有する企業が多く導入しています。

生産管理システムを導入して、生産管理業務を効率化しよう!

これまで、導入コストが高すぎて導入できなかった中小・零細企業でも、段階導入方式を利用することで無理なく生産管理システムを運用することができるようになってきました。
これまでおこなっていた単純作業や手作業を、生産管理システムの導入によって最適化することができれば、人員不足の解消や経費削減などにつなげることができます。
一度ベンダーに相談をして、生産管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします