営業職とは?転職する前に知っておきたい営業職のきついポイントややりがい

今の仕事は自分に合ってないと思いつつも、転職するのに一歩踏み出すことができないという人は数多くいるのではないでしょうか。
「もっと給料を上げたい」「人と直接携わりたい」「PCにずっと向き合う仕事はもう飽きた」といった悩みを持つ人におすすめなのが営業職です。
そもそも営業職とは何をする職種なのか、どんな人なら向いていてどんな人なら向いていないのか、またどんなやりがいがあるのかなど、この記事では営業職にまつわるさまざまな疑問を解消します。

営業職とは?

営業職とは
©Rawpixel.com – shutterstock

ここでは、営業職とはどのような仕事なのかを紹介します。
合わせて、営業職としばしば混同される職種である、販売職との違いについても説明していきます。

営業職とは

営業職とは、顧客や取引先に対してモノやサービスを売る仕事のことです。
ただ、一概に「売る」といってもその仕事の内容はさまざまあり、業界や業種、相対する顧客によって売り方や売るためのコツが大きく異なります。

たとえば医療機器メーカーの営業の場合、医療機器のメリットを医者や看護師さんにわかりやすく説明して医療機器を販売する必要があります。
また生命保険の営業は、個人のお客様に対してその方の人生プランをきちんと理解したうえで、最適な保険サービスを提案する仕事です。
このように同じ営業職でもやる仕事内容はさまざまですが、すべてに通じていえることは「モノやサービスで顧客の悩みを解決すること」だといえるでしょう。

営業職と販売職の違い

ここでは、営業職と販売職の違いを紹介します。
同じように商品を販売する販売職と営業職は何が異なるのでしょうか?

販売職は、店舗に来店した購入意欲のある顧客に対して、どの商品なら喜んでもらえるかを考えて提供することが主な業務です。
つまり顧客を獲得することにそれほどの労力を割く必要はありません。
一方で営業職は、購入意欲のある顧客ばかりを相手にするわけではありません。

最初はまったく興味のない顧客に対しても、興味を持ってもらい購入意欲を高めていくる必要があります。
そのため営業職では、商品やサービスを介して提供できる価値を伝えたり、顧客が抱える悩みをどのように解決できるかを具体的に示したりすることが重要です。

営業職の仕事内容を流れに沿って紹介

営業職の仕事内容を流れに沿って紹介
©GaudiLab – shutter

ここでは営業職の具体的な仕事内容について紹介していきます。
営業職がどのような仕事をしているのかイメージを膨らませていきましょう。

情報収集

最初のステップは情報を収集して、顧客の悩みを知ることです。
さきほどお伝えしたとおり、営業はモノやサービスで顧客の課題を一緒に解決する必要があります。
そのため顧客の悩みがわからないままでは営業の仕事は始まりません。
例えば以下のような方法で、顧客の情報を収集し、顧客のニーズを把握する必要があります。

  • ホームページを確認する
  • 直近の業績、関連する新聞記事、ニュースリリースを確認する
  • 顧客やその周りにいる人々から悩みを直接聞く

顧客との接触・アポイント獲得

顧客の情報収集ができたら、次は実際に接触して商談をするためのアポイントをとることが必要です。
DMを送信したり、テレアポを実施したり、飛び込み営業をしたりするなどさまざまな方法が挙げられるでしょう。
このアポ獲得作業は、かなり精神的にもきつい業務です。
はじめは断られたり怒られたりすることもありますが、めげずにやり続けることが重要です。

商談・コンペ

アポイントが取れたら、その顧客に直接会って商談をします
そのときに意識したいのは以下の3点です。

  • 顧客にどのような悩みがあるのかを先回りして提示する
  • 自社の商品・サービスでその悩みを解決することができることを伝える
  • 悩みを解決できる根拠とその具体策を明確に伝える

商談ではまずはじめに、あらかじめ下準備してきた顧客の悩みの擦り合わせをしていきます。
この際、何が顧客にとっての課題なのかをしっかりと把握する必要があります。
なぜなら、営業の目的は顧客の課題を解決することであり、自社の商品・サービスを売りつけることではないからです。

見積り

商談をしたあとに見積りを出します。
見積りとは自社の商品・サービスを提供するうえで、対価としてどのくらいの金額をいただくかを算出したものです。
この段階までいくと、顧客の興味度合いはかなり高いといえるでしょう。

受注・契約

見積もりに納得していただき受注することが決まった場合、申込書を回収したり、契約書を取り交わしたりします
多くの営業職では、この受注や契約の金額、件数を営業の成果としています。

納品・商品の手配

受注確認を終えたら、実際に商品を納品したり、サービスを提供し始めたりします。
営業職では、受注や契約を成果とすることが多いですが、それを目的にしてはいけません。
あくまでも、商品やサービスを利用してもらい、顧客が価値を感じることがゴールなので、その点には注意しておく必要があります。

アフターフォロー

最後に納品された商品に問題はないか、お客様が快適に利用することができているかを確認し、何か問題が起こった際はアフターフォローとして対応します
また、一流の営業担当は、顧客に定期的に会って雑談をしたり、お客様に誕生日のお祝いの電話をしたりと、相手を喜ばせるためのアクションを継続して続けています。

営業職にはどんな種類がある?

営業職の種類
©MIND AND I – shutterstock

ここでは、営業職にはどんな種類の職種があるのかを紹介します。

新規開拓営業

新規開拓営業とは、今まで関係のない個人や企業に対して取引の窓口を開いていただけるようにする営業のことを指します。
はじめは顧客との関係性がないなかでのスタートなので、相手からすると良くない印象を抱かれるかもしれません。

ただ、新規開拓営業は新たな売上を生み出すことができる可能性を秘めています。
合わせてさまざまな能力が問われるため、新規開拓営業を経験することで営業として飛躍的にスキルアップすることができるでしょう。

既存営業(ルート営業)

こちらは新規開拓とは逆に、すでに取引したことがある顧客に対しておこなう営業です。
今までとは異なる商品・サービスを提案したり、現在提供しているサービスのグレードアップを図ったりなど、より細かなアフターフォローをおこなっていきます。

また、お客様と顔を合わせる頻度が高く、より親密な関係性を構築することができるというのもルート営業の特徴です。
そのため仕事以外の雑談力など、コミュニケーション能力がより試されるといえるでしょう。

インサイドセールス(内勤営業)

インサイドセールスの別名は「内勤営業」といわれています。主にメールや電話を活用してお客様と非対面でコミュニケーションをとります
仕事内容は、顧客からのお問い合わせがあった時に営業をするというものです。
顧客と対面することが少ないうえ、抽象的な要望による問い合わせがほとんどであるため、相手が何を欲しているのかをイメージする仮説思考力と、適切な提案をするための提案力が問われます。

またインサイドセールスは、社内のマーケティング部門から引き継いだ見込み顧客とのやりとりもします。
そのためマーケターと連携をとることが多いのも特徴の1つです。

営業職のやりがい

営業職のやりがい
©Mangostar – shutterstock

ここでは、営業職のやりがいについて紹介します。
「自分はこんなやりがいを求めている」、「こんなやりがいがあると仕事がおもしろくなりそうだ」と感じる方は営業職が向いているかもしれません。

成果が数字で表されるため実力で評価される

どの会社も顧客の課題を解決することで対価を得ているという事実は変わりません。
しかし事務職や人事などの間接部門は、自分の業務が会社に貢献しているのか、直接数字で表しにくい職種であるといえます。

ただ、営業職はほかとは異なり、経営側が掲げた「年間目標」「四半期目標」「月間目標」といった目標を達成したかしていないかで判断されます。
つまり、成果が数字で見えるため、同僚と比べて成果を上げているのか、そうでないのかが一目瞭然です。

顧客に直接携わることができる

営業職は顧客と対話を重ねることで仕事を進めていきます。
そのため人と会話をしてコミュニケーションをとることが好きな人にはおすすめです。
また自社の商品・サービスで顧客の課題を解決することができた時に、一緒に喜びを分かち合うことができるのも営業職の醍醐味です。

社外の人と人脈が築ける

日々の営業活動や、営業外での飲み会やゴルフなど、さまざまな機会でいろいろな人と出会うことができ、社外の人たちとの人脈を築くことができます。
ここでの出会いで人生のターニングポイントとなる人と出会うことも少なくありません。
さまざまな立場の人と交流を深めることで視野が広がるので、人として成長することができると同時に、転職したり何か相談したりする際のパートナーが見つかるかもしれません。

営業職に向いている人

営業に向いている人
©Jirsak – shutterstock

営業職にはどのような人が向いているのでしょうか。
ここでは実際に営業のフィールドで活躍している人を参考に、営業職に向いている人を紹介します。

人と話すのが好きな人

社内外問わず、人と接することが多いのが営業職です。
そのため人と話すことが好きな人は営業職に向いているといえるでしょう。

そもそも、取引先にとって営業職の人はその会社の顔にあたります。話す内容よりも、人として認めてもらえなければそもそも商談はうまくいきません。
営業トークを始める前に、雑談するなかでの何気ない会話や世間話で良好な関係を築くことができる人は営業職に向いているかもしれません。

目標を追うのが好きな人

営業職は基本的に、数値目標を掲げてその目標を達成するために日々邁進し続けます。
したがって目標を達成するために逆算をして、いつまでに何をしたらいいのかを計画立てて実行するのが得意な人は営業に向いているといえるでしょう。
目標やノルマをプレッシャーと捉えるのではなく、緊張感もって仕事ができるモチベーションとして捉えることができる人は、なお営業に向いているかもしれません。

負けず嫌いな人

営業職で成果を出す人は、ほとんどの人が負けず嫌いです。
先にも述べたように、営業は具体的な数値で同僚と比べられる職業です。
そのため常に自分の立ち位置がどのあたりなのか可視化されています。
したがって、ほかの同僚と比較して1位になりたい、負けたくないという負けず嫌いな性格の人は営業職が向いているかもしれません。

まめな人

顧客と良好な関係を築くうえで重要なのが、こまめに連絡を取り合うことです。
週に1回2時間の対話をするより毎日15分の対話をするほうが、より親近感が湧きやすくなり信頼関係を築くことができます。

また同じくらい重要なのが、レスポンスの早さです。なかなか直接会うことが難しいという場合でも早く返答がくると安心感につながります。
そのため、普段から連絡をこまめとる人や、定期的に連絡を取ることができる人は営業に向いているかもしれません。

営業職はきつい?営業職がしんどい、きついと感じるポイント

営業職がつらい
©fizkes – shutterstock

営業職は成果主義であり、仕事に対する意欲のある人にとってはやりがいがある反面、しんどいと感じる場面もたくさんあります。
ここではそんな営業職のしんどい、きついと感じるポイントを紹介していきます。

ノルマを追いかけ続ける必要がある

基本的に、多くの営業職では一定の期間で達成すべき目標がノルマとして設定されます。
その期間内のノルマを達成するために日々業務に取り組む必要があり、目標が達成できていないと常にプレッシャーを感じながら仕事をすることになります。

またその成果が給料に反映されることもあるため、結果が出ていないときのプレッシャーはかなり重いものとなるでしょう。
そのため、プレッシャーを楽しむくらいのスタンスで仕事に取り組める人でないと営業職に向いていないかもしれません。

体力的にきつい

営業は外回りが基本です。会社によっては国内外問わず出張があり、かなりの体力を消耗します。
とくに夏の暑い時期に、複数件連続で徒歩移動をして外回りをする場合もあります。
そのため、ある程度の体力がないとやりきることができないかもしれません。

休みの日も対応しなければならないことがある

顧客があっての営業なので、スケジュールも顧客に合わせることが大前提です。
もし企業相手のBtoBで営業をする場合は、土日休みになるのが一般的ではありますが、BtoCの営業をする場合は土日も出勤して仕事をしなければならないかもしれません。

またさらに、出勤日でなくても顧客からの緊急の連絡があれば対応する必要がある場合もあります。
自社ではなく顧客の都合で予定が決まるので、決まったスケジュールで仕事をしたいという人には向いていないかもしれません。

人間関係の構築が大変

先ほど説明したとおり、営業は顧客との信頼関係を構築することが重要です。
最初はどうしてもテレアポ営業や飛び込み営業を通じて顧客と接点を持ち、その後接点を持った顧客と信頼関係を構築していきます。
そのため、この接点を獲得するためのテレアポや飛び込み営業の過程で顧客から怒られたり叱られたりすることで、精神的につらくなってしまう人もいます。

営業職の給料はどのくらい?

営業職の給料はどのくらい?
©wutzkohphoto – shutterstock

続いては営業職の給料について紹介します。
パーソルキャリア社のリサーチによると、営業職の給料は平均すると以下のようになっています。
年代によってさまざまなですが、基本的にノルマを大幅に達成するとインセンティブが支給されるといった給与体系もあるので、実力次第では大幅に給料をアップさせることも可能です。

平均年収
平均年収 男性平均年収 女性平均年収

444万円

468万円

377万円

世代別平均年収
20代平均年収 30代平均年収 40代平均年収 50代平均年収

372万円

507万円

595万円

698万円

参考:平均年収ランキング 最新版【職種編】|doda

営業職への転職におすすめの転職サービス

ここでは、営業職へ転職する際におすすめの転職サービスを3つ紹介します。

転職エージェントneo

転職エージェントneo
HPより

➤ 公式サイトでチェック

転職エージェントneoはネオキャリア社が提供する転職サービスです。
エージェントが1対1でサポートしてくれるため、どうすれば希望の業界、業種で働くことができるのかアドバイスを聞くことができます。

doda

doda
HPより

➤ 公式サイトでチェック

パーソルキャリア社が運営する転職サービスがdodaです。
求人数が多いうえ、非公開の求人も多く、求める条件での転職先が見つかりやすくなっています。
また、dodaでしか紹介できない会社が多くある点も特徴的です。

いい求人net

いい求人net
HPより

➤ 公式サイトでチェック

hape社が運営する転職サービス、いい求人netは営業に特化した求人サービスです。
営業職には特化しているものの、全体の求人数は少ないので、ほかのサービスと併用して活用するといいかもしれません。

営業職に転職してキャリアアップへ

いかがでしたか。
営業職は特にプレッシャーのかかる仕事であると同時に、契約を結ぶことができると達成感も多く得ることができます。
また、実力次第で多くの報酬を得られることもでき、自身のキャリア形成に良い影響をもたらしてくれる職種であるといえるでしょう。

公式Facebookページでもチェック最新記事をお届けします